Core i5ノートPCが税込6万2700円から&オフィス付きノートPCが7万円台から:ThinkPad/IdeaPad旧モデルが大幅割引中

ideapad s540 15

レノボ公式サイトにて、ThinkPadシリーズおよびIdeaPadシリーズの旧モデルが割引価格で販売されています。旧モデルと言っても発売は2019年の春~秋で、CPUはひと世代前のもの。性能的にはまだまだ現役レベルです。

そこで今回は、お得に買える旧モデルをピックアップしました。PCをできるだけ安く入手したい人は、ぜひ参考にしてください。

オフィスなしモデル

IdeaPad S540 (15)

IdeaPad S540 (15)
  • CPU:第10世代Core i3 / i5 / i7
  • メモリー:4 / 8GB
  • ストレージ:SSD
  • 画面:15.6インチ 非光沢 IPS
  • 解像度:1920×1080
  • 重量:約1.8kg
  • バッテリー:最大17.3時間

15インチディスプレイを搭載したスタンダードなノートPC。アルミ素材を使った高品質でスリムなボディと、IPSパネルによる自然な発色の映像が魅力です。テンキーは付いているものの、光学ドライブには対応していません。

安いのはCore i3モデルですが、メモリーが4GBで性能面がちょっと心配です(メモリー増設非対応)。しっかり使うなら、Core i5以上のモデルを選ぶといいでしょう。最上位のCore i7モデルは12GBメモリー&1TB SDDのハイスペック構成で8万円台とお得!

■価格

スペック 税込価格
Core i3-10110U / 4GB / 256GB SSD 5万2470円
Core i5-10210U / 8GB / 256GB SSD 6万2700円
Core i5-10210U / 8GB / 512GB SSD 7万2292円
Core i7-10510U / 12GB / 1TB SSD 8万7450円

※2021年2月22日時点

ThinkPad E14

ThinkPad E14
  • CPU:第10世代Core i3 / i5
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 画面:14インチ 非光沢 IPS
  • 解像度:1920×1080
  • 重量:約1.73kg~
  • バッテリー:最大12.6時間

14インチのスタンダードノートPC。IdeaPadシリーズに比べて頑丈で壊れにくく、キーボードが使いやすい点が特徴です。キーボード主体の作業であれば、ThinkPadシリーズのほうがおすすめ。

おすすめはギリ5万円台のCore i3モデル。CPU性能はそれほど高くはないものの、メモリーとストレージが十分なので軽めの作業なら快適にこなせるでしょう。ガッツリと作業するならCore i5モデルを選んでください。

■価格

スペック 税込価格
Core i3-10110U / 8GB / 256GB SSD 5万9950円
Core i5-10210U / 8GB / 256GB SSD 6万9960円

※2021年2月22日時点

ThinkPad E15

ThinkPad E15
  • CPU:第10世代Core i3 / i5
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 画面:15.6インチ 非光沢 IPS
  • 解像度:1920×1080
  • 重量:約1.9kg~
  • バッテリー:最大12.6時間

15.6インチディスプレイを搭載したスタンダードノートPC。上記14インチタイプとの違いは数値入力に便利なテンキー付いている点と、画面が大きいぶん見やすい点です。またIdeaPadシリーズよりも頑丈かつ使いやすい点がポイント。

ちょっとした文書作成や伝票整理などには、Core i3モデルをおすすめします。画像付きの文書作成やデータ処理などやや重めの作業なら、Core i5モデルを選んでください。

■価格

スペック 税込価格
Core i3-10110U / 8GB / 256GB SSD 6万4900円
Core i5-10210U / 8GB / 256GB SSD 7万7000円

※2021年2月22日時点

オフィス付きモデル

※オフィス付きモデルにはマイクロソフトのOffice Home & Business 2019が付属します。

IdeaPad S540 (15)

IdeaPad S540 (15)
  • CPU:第10世代Core i3 / i5 / i7
  • メモリー:4 / 8GB
  • ストレージ:SSD
  • 画面:15.6インチ 非光沢 IPS
  • 解像度:1920×1080
  • 重量:約1.8kg
  • バッテリー:最大17.3時間

大きくて見やすい15.6インチディスプレイを搭載したスタンダードノートPC。数値入力に便利なテンキー付きに対応していますが、DVDなどの光学ディスクは利用できません。キーストロークは浅いものの、スリムなボディが魅力です。※前述のIdeaPad S540 (15)オフィスなしモデルと同じ

安いのはCore i3モデルですが、しっかり使うならCore i5モデルがおすすめです。上位のCore i7モデルはメモリーやSSDの容量が大きくお得感が高め。

■価格

スペック 税込価格
Core i3-10110U / 4GB / 256GB SSD 7万3370円
Core i5-10210U / 8GB / 256GB SSD 8万2566円
Core i5-10210U / 8GB / 512GB SSD 9万3423円
Core i7-10510U / 12GB / 1TB SSD 10万9296円

※2021年2月22日時点

ThinkPad E14

ThinkPad E14
  • CPU:第10世代Core i5
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 画面:14インチ 非光沢 IPS
  • 解像度:1920×1080
  • 重量:約1.73kg~
  • バッテリー:最大12.6時間

14インチのスタンダードノートPC。前述のThinkPad E14と同じです。キーボードが使いやすいので、オフィスを使った文書作成にはThinkPadシリーズをおすすめします。

この機種はオフィス付きだと、Core i5搭載モデルしか残っていません。値段も10万円近くとそれなりに高いのですが、頑丈さと使いやすさに優れていることを考えれば納得できます。ちなみに大手国内ブランドの同クラス機種だと15万円程度はするでしょう。

■価格

スペック 税込価格
Core i5-10210U / 8GB / 256GB SSD 9万3500円

※2021年2月22日時点

ThinkPad E15

ThinkPad E15
  • CPU:第10世代Core i3 / i5
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 画面:15.6インチ 非光沢 IPS
  • 解像度:1920×1080
  • 重量:約1.9kg~
  • バッテリー:最大12.6時間

15.6インチディスプレイを搭載したスタンダードノートPC。前述のThinkPad E15とまったく同じです。数値入力に便利なテンキーに対応しているため、エクセルを使った伝票整理などが楽に行なえます。

こちらもおすすめはCore i3モデル。ちょっとした文書作成には十分な性能です。データ量の多い作業や画像を使った文書作りには、Core i5モデルをおすすめします。

■価格

スペック 税込価格
Core i3-10110U / 8GB / 256GB SSD 8万4700円
Core i5-10210U / 8GB / 256GB SSD 9万9000円

※2021年2月22日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ThinkPadセール情報まとめ
レノボのおすすめノートPC

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!