パソコンを学割で買うならレノボの学生ストアがおすすめ!

ThinkPad E14 Gen 3(AMD) レビュー

ノートパソコンを学割でお得に買いたいなら、レノボの「学生ストア」がおすすめです。小学生向けのコンパクトなノートPCから大学生の研究にも使える超高性能PCまで、さまざまな機種が特別価格で販売されています。

リンク

学生ストア(レノボ公式サイト)

ただし、誰でも学割価格で買えるわけではありません。対象は小学生から大学生までの本人か保護者、または予備校生や学校の教職員に限定されているので注意してください。

学生ストアの利用できる人

  • 小学生
  • 中学生
  • 高校生
  • 大学生
  • 大学院生
  • 専門学校の学生
  • 上記の保護者
  • 予備校生
  • 小・中・高・大学・専門学校の教職員

学生ストアでは、対象のノートPCやデスクトップPCを安く購入できます。通常価格との差額は機種によって異なりますが、機種によっては5000円近く変わることもあるのでお得です。

学生ストアの登録方法

学生ストアを利用するには、まずは無料の会員登録を行なってください。登録は名前や住所、学校名などを記述する程度。メーカーから学校側への所在確認はありませんが、後々に学生証などの提示を求められる場合があります。

登録手続きは、以下の手順で行ないます。

レノボ 学生ストア

登録ページで名前や住所、学校名などを入力

レノボ 学生ストア

入力が終わったら、同じページ内の「送信する」を押します

レノボ 学生ストア

表示されたパスコード(英数字)をコピー ※パスコードはメールでも送られてきます

レノボ 学生ストア

ログイン画面でコピーしたパスコードを貼り付け、「ログイン」を押す

レノボ 学生ストア

表示されたページの左上に「学生ストア」と表示されていればOK

学生用パソコンの選び方

壊れにくいパソコンを選ぶ

学生向けパソコン

パソコンの扱いに慣れていない人は、なるべく頑丈な機種を選んでください。落下や水こぼしなどで壊れる場合もあれば、普段の雑な扱いが劣化や故障の原因となる場合もあります。頑丈な機種であれば壊れる心配は少ないのですが、決して壊れないわけではありません。パソコンは高額商品なので、できる限りていねいに扱いましょう。

しっかりした保証を選ぶ

学生向けパソコン

パソコンは大事に使っていても、いつかは壊れるものです。使用頻度が高いほど、そのタイミングは早く訪れます。パソコンは必ず壊れるものとして考え、普段からバックアップなどの作業を行なっておきましょう。

パソコン購入時には、長期間の保証サービスに加入することをおすすめします。通常は1年間ですが、学生生活で使うなら4~5年間の保証を選んでください。また通常保証は自然故障(特に原因のない故障)のみ対象ですが、アクシデント保証に加入すると落下や水こぼし、盗難 / 紛失にも対応できます。

長期保証やアクシデント保証に加入するには、パソコン本体とは別に追加料金が必要です。しかし故障時の修理代は5~10万円程度かかる場合があるので、有料サービスの利用を強くおすすめします。

高性能な機種を選ぶ

学生向けパソコン

パソコンは長期間使い続けるうちに、だんだん遅く感じるようになります。購入時に「なんとか使えるレベル」だと、2~3年後には「遅くてイライラするレベル」になっているかもしれません。予算の許す範囲内で、高性能な機種を選んでください。

性能の目安

CPU Core i7(第11世代以降)、Ryzen 5 / Ryzen 7(4000シリーズ以降)
メモリー 16GB以上
ストレージ SSD 512GB以上 ※外部ストレージを使うなら256GBでもアリ

おすすめの学割ノートPC

一部の機種は購入時に、オフィスの有無やメモリー / ストレージ容量などを選べます。必要に応じてアップグレードしてください(要追加料金)。

レノボ 学生ストア

注文時にソフトや機能のアップグレードが可能

保証サービスの変更も、注文時に行ないます。通常は1年間の基本保証のみですが、できれば4年間のアクシデント保証に変更してください。

レノボ 学生ストア

注文時に保証サービスも変更できます(要追加料金)

ThinkPad E14 Gen 3(AMD)

ThinkPad E14 Gen 3(AMD)
  • CPU:Ryzen 5 5500U
  • 画面:14インチ 非光沢
  • 解像度:フルHD (IPS) ※カスタマイズ
  • メモリー:16GB ※カスタマイズ
  • ストレージ:512GB SSD ※カスタマイズ
  • 重量:約1.64kg
  • バッテリー:14.8~17.7時間

価格

構成 価格
通常保証(1年間) / オフィスなし 9万3687円
通常保証(1年間) / オフィスあり 10万9956円
アクシデント保証(4年間) / オフィスなし 13万3023円
アクシデント保証(4年間) / オフィスあり 14万9292円

※2022年1月17日時点

画面サイズが14インチのスタンダードノートPC。頑丈なボディと使いやすいキーボードが特徴の機種です。購入時にはメモリーを8GBから16GBに、ディスプレイを見づらい「TN」から見やすい「IPS」に変更してください。予算が少し足りない場合は、SSDの容量は256GBのままでいいでしょう。

ThinkPad E14 Gen 3(AMD) 本体カラー

落ち着いたブラックのボディ

ThinkPad E14 Gen 3(AMD) パームレスト

使いやすいキーボード ※テンキーには非対応

ThinkPad E14 Gen 3(AMD) 見やすさ

ディスプレイは明るくて自然な色合いのIPSパネルがおすすめ

ThinkPad E14 Gen 3(AMD) メモリー増設

処理が遅く感じるようになってきたら、自分で購入した大容量メモリーに付け替えるといいでしょう

持ち運びにはやや重く外観も地味ですが、オフィスや4年間のアクシデント保証を付けても値段が比較的安い点が魅力です。CPUとして使われているRyzen 5 5500Uは非常に高性能で、長期間問題なく使えるでしょう。

ThinkPad E14 Gen 3(AMD) レビュー:高性能&使いやすいのに安い14インチノートPC
レノボのThinkPad E14 Gen 3(AMD) は、14インチのディスプレイを搭載するスタンダードタイプのノートPCです。非常に……

Yoga Slim 750i Carbon

Yoga Slim 750i Carbon
  • CPU:Core i7-1165G7
  • 画面:13.3インチ 非光沢
  • 解像度:2560×1600(IPS)
  • メモリー:16GB
  • ストレージ:1TB SSD
  • 重量:966g
  • バッテリー:約14時間

価格

構成 価格
通常保証(1年間) / オフィスなし 16万4956円
通常保証(1年間) / オフィスあり 17万6242円
アクシデント保証(4年間) / オフィスなし 22万4686円
アクシデント保証(4年間) / オフィスあり 23万5972円

※2022年1月17日時点

重量わずか966gの超軽量モバイルノートPC。非常に薄くて軽いので、学校やカフェなどにも気軽に持ち運べます。これだけスリムでも、頑丈で壊れにくい点がポイントです。

レノボ Yoga Slim 750i Carbon レビュー

1kg切りの超軽量ボディ

Yoga Slim 750i Carbon キーボード

普通に使えるキーボード

Yoga Slim 750i Carbon ディスプレイ

2560×1600ドットの高精細ディスプレイ

値段がかなり高いのは、4年間の延長サポートで割引がないため。サポート期間を4年間から3年間に変更すると、3万円程度変わります。サポート期間を短くするのもアリですが、4年保証の追加料金が割引されるまで待ってもいいかもしれません。

レノボYoga Slim 750i Carbonレビュー:966gで超スリム&頑丈な13.3インチモバイルノートPC
レノボのYoga Slim 750i Carbonは、13.3インチで2560×1600ドットの2Kディスプレイを搭載するモバイルノート……

ThinkPad X13 Gen 2 (AMD)

ThinkPad X13
  • CPU:Ryzen PRO 5650U
  • 画面:13.3インチ 非光沢
  • 解像度:1920×1200(IPS)
  • メモリー:16GB ※カスタマイズ
  • ストレージ:512GB SSD ※カスタマイズ
  • LTE:なし ※カスタマイズ
  • 重量:約1.19kg~
  • バッテリー:約13.5時間

価格

構成 価格
通常保証(1年間) / オフィスなし 15万0194円
通常保証(1年間) / オフィスあり 16万7101円
アクシデント保証(4年間) / オフィスなし 19万2401円
アクシデント保証(4年間) / オフィスあり 20万9308円

※2022年1月17日時点

13.3インチの軽量モバイルタイプ。上記Yoga Slim 750i Carbonよりもやや重くて見た目がゴツいのですが、CPU性能が高い上に値段を抑えられる点が魅力です。

ThinkPad X13 Gen 2 軽さ

1kgちょっとの軽量モバイル ※写真は同型のThinkPad X13 Gen2 インテル(以下同様)

ThinkPad X13 Gen 2 キーボード

キーボード

標準ではLTEに対応しているので、「ワイヤレスLANアダプター」を「Wi-Fi 6対応 (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n準拠) 2×2 & Bluetooth® Mediatek製」に変えて省略してください。スマホのテザリングを使ったほうが安上がりですが、必要なら追加したままでもいいでしょう。価格が高い場合は、SSDの容量を256GBのままにすると1万5000円程度抑えられます。

ThinkPad X13 Gen 2 (AMD)登場:Zen3+LPDDR4X対応で爆速化した13.3インチモバイルノートPC
レノボから13.3インチのモバイルノートPC「ThinkPad X13 Gen 2 (AMD)」が発売されました。AMDのZen3こ……

レノボのパソコンを学割価格で購入するには、学生ストアへの登録が必要です。手続きは無料で行なえるので、この機会にぜひ登録してみてください。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

パソコンお買い得情報一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!