Ryzen 7 5825U+16GBメモリーで8万9980円! ThinkBook 14 Gen4が高コスパ

ThinkBook 14 Gen4

2022年12月に発売された、レノボの『ThinkBook 14 Gen4 AMD』がお買い得です。Zen3世代のRyzen 5 5625U / Ryzen 7 5825U搭載で、価格は6万円台後半から。同価格帯の他社製品よりも頑丈で、本体品質に優れています。非常にコスパの高い機種です。

ThinkBook 14 Gen4

ThinkBook 14 Gen4

主なモデル

スペック 価格
Ryzen 5 5625U / 8GB / 512GB 6万7760円
Ryzen 7 5825U / 16GB / 512GB 8万9980円

※2023年1月5日時点

※ページが開かない場合は、上記リンクを再度開き直してください

CPUはZen3世代のモバイルRyzen 5000シリーズ。すでにモバイルRyzen 7000シリーズが発表されていますが、国内向けに販売されるのは当分先のこと。いまノートPCが必要なら、安くてそこそこ高性能な機種を選ぶのが得策です。

実際のところThinkBook 14 Gen4 AMDで使われているRyzen 5 5625UとRyzen 7 7825Uは、薄型ノートPC向けCPUとしてはかなり高性能な部類に入ります。大作ゲームや高度な動画編集 / エンコードなどには向きませんが、一般的な作業であれば十分すぎるほど。重い処理でも、快適にこなせるでしょう。

CPU性能

CPU PassMark CPU Mark Score
Ryzen 7 6800U
20595
Ryzen 7 5825U
18247
Core i5-1240P
17642
Ryzen 5 6600U
17473
Core i7-1260P
17010
Core i3-1220P
15310
Ryzen 5 5625U
14645
Core i7-1255U
13720
Core i5-1235U
13550
Core i7-1250U
13081
Ryzen 3 5425U
11544
Core i3-1215U
11523
Core i5-1230U
10583
Core i7-1165G7
10486
Core i5-1135G7
10035
Core i3-1115G4
6229

※スコアはPassMark CPU Benchmarksによる集計値で、実機の結果ではありません

同構成 / 同価格帯の他社製品だと、本体がプラスチック製で安っぽい場合があります。しかしThinkBook 14 Gen4 AMDは天板と底面がアルミ製で、高級感のある仕上がりです。さらに米国国防省が制定する耐久基準『MIL-STD-810H』準拠で、頑丈に作られている点もポイント。※海外の公式スペックに記載

ThinkBook 14 Gen4

同価格帯の他社製品よりも本体品質に優れる点が特徴

メモリー構成はオンボード8GB + メモリースロット8GBまたはなし。8GBモデルを購入しても、自分で16GBに増設できます(底面部のカバーを外す必要あり)。ストレージ用のM.2スロットは2基あるようで、Type-2280が空いているようです。※海外の公式スペックに記載

スペック

OS Windows 11 Home / Pro
ディスプレイ 14インチ 1920×1080 IPS 60Hz 非光沢 NTSC45% タッチ非対応
CPU Ryzen 5 5625U / Ryzen 7 5825U
メモリー 8 / 16GB DDR4-3200 ※オンボード、スロット空き1、最大40GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)
通信 Wi-Fi、Bluetooth、有線LAN(1Gbps)
インターフェース USB3.2 Gen2 Type-C(映像出力対応)×2、USB3.2 Gen1×2、HDMI、有線LAN、SDカードスロット、ヘッドホン端子
生体認証 指紋センサー
サイズ / 重量 幅323×奥行き218×高さ17.9mm / 約1.4kg
バッテリー 約9.8時間(Ryzen 7) / 約8.7時間(Ryzen 5)

前モデルのThinkBook 14 Gen3 AMDとはインターフェース構成とサイズ / 重量が同じ。おそらくキーボードのキー配列も共通だと思われます。

ThinkBook 14 Gen3

キーボードはテンキーなし。一部のキーが隣接している点以外は、あまりクセがない配列です。強いて言うなら、カーソルキーの上下が小さいてことくらい ※写真は前モデルのThinkBook 14 Gen3 AMD

ThinkBook 14 Gen3

インターフェース構成 ※写真は前モデルのThinkBook 14 Gen3 AMD

おすすめは約9万円のRyzen 7モデル。このモデルであれば、重い処理でも当面は快適にこなせるでしょう。Ryzen 5モデルを選ぶなら、メモリーを16GBに増設することをおすすめします。性能と品質面に優れる、コスパの高い機種です。

ThinkBook 14 Gen4

総合的なコスパに優れる良機種

※ページが開かない場合は、上記リンクを再度開き直してください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

お買い得記事一覧

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!