【送料無料】Ryzen 7 PRO 4750GE搭載で税込4万9500円! 超高性能な小型PC「ThinkCentre M75q-2 Tiny」を安く買う方法

ThinkCentre M75q-2 Tiny

実機レビュー公開中

ThinkCentre M75q-2 Tinyの実機を購入&検証しました。外観やパフォーマンスについては以下のリンクからレビューをご覧ください。
ThinkCentre M75q-2 Tiny レビュー

※10/31 追記

Ryzen 7モデルを格安購入する上でもっとも重要なキーである「4GBメモリー」のオプションが利用できなくなってしまいました。現在は「8GBメモリー」に変更することで、税込5万6100円で購入可能です。2~3週間でまた選択できるようになるとは思いますが、5万円代半ばでも十分お買い得だと思います。

~~~ 追記ここまで ~~~

レノボからRyzen搭載の超小型PC「ThinkCentre M75q-2 Tiny (ThinkCentre M75q Gen 2)」が発売されました。通常価格はRyzen 3搭載の最安モデルで税込5万6144円から。しかしちょっとしたワザを使うと、最上位のRyzen 7モデルを税込4万9500円で購入できます。

ThinkCentre M75q-2 Tiny 価格

最上位のRyzen 7モデルが税込&送料無料で4万9500円!

最上位モデルで使われているRyzen 7 PRO 4750GEは8コア16スレッドのAPUで、非常に高性能だと言われています。当サイトでは未検証のため実際の性能は不明ですが、CPUベンチマークサイト「PassMark」によると第10世代のCore i7-10700を上回るスコアが出ているようです。実際にこれだけの性能を発揮できるかはわかりませんが、高いパフォーマンスを期待していいのではないでしょうか。

CPUの性能差

CPU PassMark CPU Markスコア
Ryzen 7 PRO 4750GE ※2
20456
Core i9-9900K
19867
Core i7-10700
19228
Core i7-9700K
17208
Core i7-9700
17114
Core i7-8700
15412
Core i5-10400
12817
Core i5-9400
12179
Ryzen 5 3400G
9383
Core i3-9100
8784
Ryzen 3 3200G
7643

※スコアは当サイト計測値の平均、※2はPassMark CPU Benchmarkの結果を参照しました

これだけ高性能なAPUを搭載したPCが税込4万9500円で買えるのは、はっきり言って異常事態です。実際にはここからメモリーなどを加える必要がありますが、ひとまずのベースモデルとしては破格の値段。なにに使うかは気にせずに、とりあえず1台ゲットしておくことをおすすめします。

価格com限定モデルを選ぶ

ThinkCentre M75q-2 Tinyには「価格.com限定モデル」と呼ばれる特別モデルがあるのですが、特に制限はなく誰でも普通に購入できます。通常販売のモデルよりも価格が安いのでお得です。

ThinkCentre M75q-2 Tiny 価格

通常モデルの値段

ThinkCentre M75q-2 Tiny 価格com

価格.com限定モデルの値段

価格.com限定モデルには、Ryzen 3 / Ryzen 5 / Ryzen 7モデルが用意されています。おすすめは、もっとも性能が高いRyzen 7モデル。値段は7万4800円と表示されていますが、このあと紹介するワザを使うことで、もっと安く入手可能です。

価格com限定モデルの値段

APU/メモリー/ストレージ/OS 税込価格
Ryzen 3/4GB/256GB SSD/Win10 Home 4万9940円
Ryzen 5/8GB/256GB SSD/Win10 Home 5万9950円
Ryzen 7/16GB/256GB SSD/Win10 Home 7万4800円

※2020年10月30日時点、パーツカスタマイズ対応

リンク

価格com限定Ryzen7モデル
価格com限定Ryzen5モデル
価格com限定Ryzen3モデル

パーツをカスタマイズ

省略/ダウングレードするオプション

続いて、注文画面でパーツのカスタマイズを行ないます。そのまま注文してもいいのですが、不要なパーツあるいは交換予定のパーツを省略/ダウングレードしたほうがお得です。

ThinkCentre M75q-2 Tiny カスタマイズ

パーツをダウングレード、あるいは省略することで値段を調整できます

さきほど「おすすめはRyzen 7」と紹介しましたが、これはカスタマイズ時のお得感がもっとも高いためでもあります。以下のようにカスタマイズしたときの値段はRyzen 3モデルで4万4440円、Ryzen 5モデルで4万7850円、Ryzen 7モデルで4万9500円。値段があまり変わらないのであれば、性能の高いモデルを選んだほうがお得というわけです。

最安構成のカスタマイズ

  • ・メモリー →4GBにダウングレード
  • ・キーボード→キーボードなし
  • ・マウス→マウスなし
  • ・バーティカルスタンド→なし
  • ・ツールレス (オープンシャーシ)→なし

ThinkCentre M75q-1 Tiny スタンド

バーティカルスタンドは縦置き設置用。通常利用には特に必要ありません ※写真は旧モデル

ThinkCentre M75q-1 Tiny 分解

ツールレス (オープンシャーシ)は取っ手付きのネジのこと。省略すると本体カバーを外すのにドライバーが必要となるだけです ※写真は旧モデル

追加するオプション

逆に、以下のオプションは追加すると、ThinkCentre M75q-2 Tinyをちょっと便利に使えます。

ワイヤレスLAN (Wi-Fi)

無線LANやBluetooth機器を利用するなら、ワイヤレス機能を追加してください。次世代規格のWi-Fi 6のほうが高速で安定しています (利用には対応ルーターが必要)

ThinkCentre M75q-2 Tiny オプション

標準では無線LAN (Wi-Fi)非対応です

映像出力

ThinkCentre M75q-2 Tinyに標準搭載の端子は、以下の映像出力に対応しています。HDMIでも4K出力は可能ですが、60Hzには対応していません。4K60Hzで表示するには、DisplayPortを使う必要がある点に注意してください。

標準の映像出力

端子 出力
HDMI 4096×2160@24Hz
DisplayPort 3840×2160@60Hz

※2020年10月30日時点

パーツカスタマイズで映像出力端子を追加すると、以下の出力に対応できます。DisplayPort端子は2ポートまで追加可能で、追加の2ポート利用時でも4K@60Hzで出力可能です。ただし3画面出力時は不明。

オプションの映像出力

端子 出力
HDMI 1920×1200@60Hz
DisplayPort 4096×2160@60Hz
USB Type-C 4096×2160@60Hz
VGA 1920×1200@60Hz

※2020年10月30日時点

ThinkCentre M75q-2 Tiny マルチディスプレイ

マルチディスプレイ環境で利用するなら、ディスプレイの仕様に合わせて映像出力端子を追加してください

増設用パーツを購入する

メモリーを増設

最安構成ではメモリーが4GBしかありません。このままでも使えないことはないのですが、メモリーを増設したほうがより快適に使えます。特にメモリーモジュールを2枚利用するとデュアルチャネルで動作するので、より高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。

ストレージを増設

最安構成では、ストレージは256GB M.2 SSDのみです。2.5インチのストレージスペースが空いているので、大容量のHDDもしくはSSDを追加することをおすすめします。

M.2 SSDの容量を変えるには、SSDを交換する必要があります。NVMe対応のSSDケースなどを利用してクローン (コピー)作業を行なったあと、SSDを交換してください。SSDはType 2280かType 2242を利用できます。

リンク

アマゾンでNVMe SSDを探す
アマゾンでNVMe SSDケースを探す

USB Type-C – スリムチップアダプター

ThinkCentre M75q-2 Tinyに標準付属のUSB Type-C端子はデータ通信もしくは外部への給電のみで、電源アダプターとしては利用できません。しかし別売りの「USB Type-C – スリムチップアダプター」を使えば、Type-C機器からの電源供給が行なえるとのことです。

Lenovo USB Type-C - スリムチップアダプター

別売りのLenovo USB Type-C – スリムチップアダプター

要は電源コネクターで使える、Type-Cの変換アダプターということです。実際に利用できるのか、使用時のパフォーマンスに変化はないのかなどさまざまな疑問がありますが、未検証のため細かな仕様はわかりません。当サイトではこのアダプターを注文していますので、検証しだいレビューとして公開します。

リンク

Lenovo USB Type-C – スリムチップアダプター販売ページ

なお当サイトではThinkCentre M75q-2 Tinyを標準構成/最安構成で購入しました。実際の性能やパーツの追加方法などをレビューして公開する予定ですので、しばらくお待ちください。

リンク

価格com限定Ryzen7モデル
価格com限定Ryzen5モデル
価格com限定Ryzen3モデル

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、ぜひフォローをお願いします。

関連記事

デスクトップPCレビュー一覧

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました