最安5万4000円から! しっかり使えるRyzen 3 5300U搭載ノートPCがおすすめ

レノボ IdeaPad Slim 550 (14) レビュー

しっかり使えるノートPCを安く入手したいなら、Ryzen 3 5300U搭載機がおすすめです。RyzenシリーズのなかではRyzen 7 / Ryzen 5に続く下位クラスの位置付けですが、性能はノートPC向けCPU全体では中位クラス。普段使いや文書主体のビジネス作業にはまったく問題ありません。

CPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark 10 CPU Markスコア
Ryzen 7 5800U
19202
Ryzen 7 5700U
18089
Core i7-1185G7
13135
Ryzen 5 5500U
12362
Core i7-1165G7
11723
Core i5-1135G7
11249
Ryzen 3 5300U
9527
Ryzen 5 3500U
7650
Core i3-1115G4
6750
Ryzen 3 3250U
4441
Athlon Silver 3050U
3351
Celeron 6305
2302
Celeron N4500
2284

※スコアは当サイト計測値の平均

少し前のCPUとの比較では、2020~2021年によく使われた第10世代のCore i5や2019年あたりのCore i7-8565U相当。それ以前のCore i5 / Core i7よりもはるかに高性能です。

CPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark 9.0 CPU Markスコア
Ryzen 7 4700U
15141
Core i7-10710U
13685
Ryzen 5 4500U
12939
Core i7-1065G7
12016
Core i5-1035G4
10844
Core i7-10510U
10257
Core i7-8565U
9913
Core i5-1035G1
9667
Ryzen 3 5300U
9550
Core i5-10210U
9329
Ryzen 3 4300U
9154
Core i5-8265U
8673
Core i3-10110U
5553
Ryzen 3 3250U
5202
Celeron 6305
2796
Celeron N4500
2010

※スコアは当サイト計測値の平均

メモリーは8GBもあれば、軽めの作業には問題ありません。ソフトをいくつも開いて重いデータを扱うのであれば16GBは欲しいところですが、ネットの調べ物やオフィスを使った事務書類の作成なら十分でしょう。

ディスプレイには、フルHD以上でIPSパネル(または広視野角パネル)が使われたものをおすすめします。安いノートPCで使われているTNパネルはコントラストが低く、また画面の角度を変えると見づらくなることがあるので注意してください。

CB311-9H-A14P IPS

IPSパネル(左)のほうがTNパネル(右)よりも色が自然です

CB311-9H-A14P 視野角

ディスプレイの角度を変えると、TNパネル(右)では画面が見づらく感じることがあります

いまRyzen 3 5300U搭載で安く買えるのはHPの「HP 15s-eq2000」と、レノボの「IdeaPad Slim 550 14」の2種類。値段はどちらも5万4000円前後です(2022年2月22日時点)。安くてもしっかり使えるノートPCが欲しいなら、この2機種のうちのどちらかを選ぶといいでしょう。

HP 15s-eq2000

HP 15s-eq2000シリーズ

販売価格:5万4000円

15.6インチのフルHDディスプレイを搭載するスタンダードタイプのノートPC。数値入力に便利なテンキーが付いています。本体は樹脂製ですが、見た目はそれほど安っぽくはありません。大きな画面で作業したい人に向いています。

HP 15s-eq2000シリーズ

対象モデルのカラーはナチュラルシルバーとピンクローズの2色

HP 15s-eq2000シリーズ

インターフェース構成

スペック

OS Windows 11 Home
CPU Ryzen 3 5300U
グラフィックス Radeon Graphics
メモリー 8GB(4GB×2)
※DDR4-3200
ストレージ 256GB M.2 SSD
ディスプレイ 15.6インチ 1920×1080 非光沢 広視野角 タッチ非対応
インターフェース USB Type-A×2、USB Type-C×1、HDMI、SDカードスロット、ヘッドホン端子
サイズ 幅358×奥行き242×高さ17.9~19.5mm
重量 約1.6kg
バッテリー 最大9.5時間
オフィス なし

IdeaPad Slim 550 14

IdeaPad Slim 550 (14) ベゼル

販売価格:5万4208円

14インチのフルHDディスプレイを搭載するスタンダードタイプのノートPC。上記15.6インチとの違いは画面がひと回り小さい点と、テンキーが付いていない点です。ただしそのぶん本体はコンパクト。テンキーを使わない人におすすめします。

IdeaPad Slim 550 (14) 外観

天板はアルミ製ですが、そのほかの部分は樹脂(プラスチック)製

IdeaPad Slim 550 (14) キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列

IdeaPad Slim 550 (14) インターフェース

インターフェース構成

IdeaPad Slim 550 (14) 本体内部

メモリースロットがなく、増設には非対応です

スペック

OS Windows 11 Home
CPU Ryzen 3 5300U
グラフィックス Radeon Graphics
メモリー オンボード8GB
ストレージ 256GB M.2 SSD
ディスプレイ 14インチ 1920×1080 非光沢 IPS タッチ非対応
インターフェース USB 3.0×2、USB 3.0 Type-C×1(USB PD / 映像出力対応)、HDMI、SDカードスロット、ヘッドホン端子
サイズ 幅321.6×奥行き211.6×高さ17.9mm
重量 約1.45kg
バッテリー 約14時間
オフィス なし

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

パソコンお買い得情報一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!