【週末限定】第12世代Core i7-12700搭載で7万6670円! ThinkCentre Neo 50t Gen3が激安販売中

ThinkCentre Neo 50t Gen3

毎週土日に値下げ

この記事で紹介している価格は、毎週土日に行なわれる週末セール価格のものです。平日では値段が若干高くなるのでご注意ください。

2022年1月下旬に発売されたレノボのミニタワー型デスクトップPC「ThinkCentre Neo 50t Tower Gen 3(ThinkCentre Neo 50t Mini-Tower)」がお買い得です。

販売価格はCore i5モデルで6万5560円、Core i7モデルで9万7570円。これでも十分安いのですが、一部のパーツを省略 / ダウングレードするとCore i5モデルを5万円台、Core i7モデルを7万円台で購入できます。

最小構成時の価格

構成 価格
Core i5-12400 / 8GB / 256GB SSD / ODD&Wi-Fi&キーボード&マウスなし 5万7860円
Core i7-12700 / 8GB / 256GB SSD / ODD&Wi-Fi&キーボード&マウスなし 7万6670円

おすすめはCore i7モデル。第12世代のCore i7-12700のBOXが4万4000円前後で販売されていることを考えれば、残りのパーツ一式は実質的に3万3000円程度。そう考えると激安と言っていいでしょう。

ThinkCentre Neo 50t Gen3

第12世代Core i7搭載PCとしては最安!

ThinkCentre Neo 50t Gen3

ミニタワー型のデスクトップPC

ThinkCentre Neo 50t Gen3

前面と背面のインターフェース類

スペック

OS Windows 11 Home / Pro
APU 第12世代Core i5-12400 / Core i7-12700
チップセット Intel B660
グラフィックス UHD 730(Core i5) / UHD 770(Core i7)
メモリー 8~64GB ※スロット4、DDR4 3200
ストレージ SSD / SSD + HDD
光学ドライブ なし / DVDドライブ(読み込み専用)/ DVDスーパーマルチドライブ
インターフェース USB3.2 Gen1×2 (前面)、USB3.2 Gen2×2 (前面)、USB3.1 Gen1 Type-C×1 (前面)、USB2.0×4 (背面)、HDMI、DisplayPort 1.4、VGA(D-sub15ピン)、シリアルポート、有線LAN、SDカードスロット、マイク入力/ヘッドホン出力、マイク入力 ※オプションによって変更される場合があります
ドライブベイ 3.5インチ×1
ワイヤレス通信 なし / Wi-Fi 5相当 / Wi-Fi 6
拡張スロット PCI Express x16 ×1、PCI Express x1 ×1、※フルハイト対応(奥行き215.5mm以内)
M.2スロット 2(Wi-Fi用+ストレージ用)
電源 260W / 310W / 380W
幅×奥行き×高さ 145×297.1×346mm
重量 約5.5kg
付属品 USBキーボード、USBマウス、電源ケーブルなど ※カスタマイズで省略可能
オフィス ※オプション

Core i7モデルの場合、標準構成からパーツカスタマイズ画面で以下のパーツをダウングレード / 省略します。

変更するパーツ

  • ●メモリー → 8GB
  • ●Optical Device →なし
  • ●キーボード → なし
  • ●マウス → なし

上記構成に変更したのちカート画面でEクーポンを適用すると、価格が7万6670円に変更されます。あとはそのまま購入手続きを進めればOKです。

ThinkCentre Neo 50t Gen3

この構成で購入手続きを進めればOK

購入した機材が届いたら、自分でメモリーやストレージを追加してください。8GBメモリーを追加して16GBにしてもかかる費用は4000円程度なので、自分で改造したほうが安くすみます。ただしPCを改造するとメーカー保証のサポート外となる場合があるので、自己責任の上でお願いします。

また必要に応じてパーツを追加/アップグレードしてください。このとき改造前提で使うなら、有償サポートはよく考えたほうがいいでしょう(追加したパーツを外せば有効という説もありますが、未確認です)。

ThinkCentre Neo 50t Gen3

電源容量は最大380Wまでアップグレード可能。380Wにすれば、GTX 1650 SUPERあたりなら利用できます(サイズ内に収まるグラボがあれば)

ThinkCentre Neo 50t Gen3

Wi-Fiはあると便利ですがやや高め。自分でWi-Fiカードを増設するのもアリ

第12世代のCore i7-12700は12コア(Pコア8+Eコア4)で、従来のCore i9を大きく上回るほどのパフォーマンスと言われています。そんな高性能なCPUを搭載したPCで7万6670円は激安と言っていいでしょう。自分でメモリーやSSDを追加すれば、超高性能PCを安く仕上げられます。

ThinkCentre Neo 50t Gen3

改造前提で利用するのがおすすめ

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

パソコンお買い得情報一覧

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!