【週末限定】Ryzen 5モデル値下げ&Ryzen 7 PRO 4750G搭載で最安ほぼ5万円から:ThinkCentre M75s / M75tが週末価格で販売中

ThinkCentre M75t Gen2

レノボの公式サイトにて、スリム型PC「ThinkCentre M75s Small Gen2(以下、M75s Gen2)」とミニタワー型PC「ThinkCentre M75t Mini-Tower Gen2(以下、M75t Gen2)」の限定モデルが値下げされています。週末のみの特別価格で、値下げ期間は2/22(月)の午前6時まで。

なおM75s Gen2のRyzen 5モデルが、2/18から550円値下がりしました。ほかのモデルについては変わりません。

M75s Gen2価格com限定モデル

APU/メモリー/ストレージ 税込価格
Ryzen 5 PRO 4650G/8GB/256GB SSD 6万2700円 → 5万9950円
Ryzen 7 PRO 4750G/16GB/256GB SSD 7万9860円 → 7万8760円

※2021年2月20日時点

ページが表示されないときはコチラ

ThinkCentre M75s Small Gen2 価格com限定 Ryzen 5モデル
ThinkCentre M75s Small Gen2 価格com限定 Ryzen 7モデル

M75t Gen2価格com限定モデル

APU/メモリー/ストレージ 税込価格
Ryzen 5 PRO 4650G/8GB/256GB SSD 6万4900円 → 5万9950円
Ryzen 7 PRO 4750G/16GB/256GB SSD 8万2500円 → 7万9970円

※2021年2月20日時点

ページが表示されないときはコチラ

ThinkCentre M75t Mini-Tower Gen2 価格com限定 Ryzen 5モデル
ThinkCentre M75t Mini-Tower Gen2 価格com限定 Ryzen 7モデル

APUとして使われているRyzen PROシリーズは非常に高性能です。ただしAPU自体にメーカーによるロック(PROシリーズの機能によるもの?)が施されている可能性があります。同じくRyzen PROシリーズを搭載するM75q Gen2のユーザーからは、本体に搭載されていたCPUがほかのマザーボードでは動作しないと報告されていました。CPUを抜き取って利用するのではなく、あくまでも購入時の本体で使うことをおすすめします。

CPUの性能比較

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Ryzen 7 4700G
4953
Core i7-10700KF
4922
Core i7-10700
4177
Ryzen 7 PRO 4750GE
4093
Core i7-9700
3189
Core i5-10400
3176
Ryzen 5 3500
2594
Core i5-9400
2357

※スコアは当サイト計測値の平均

M75s Gen2 / M75t Gen2をさらに安く買う方法

もっとも安い最小構成

価格.com限定モデルではパーツを省略/ダウングレードすると、価格を大きく下げることができます。標準モデルよりも値引き額が大きく、必要最低限の構成(最小構成)に変更すると、元の値段よりもかなり安く購入可能です。

M75s Gen2最小構成時の値段

APU/メモリー/ストレージ/省略オプション 税込価格
Ryzen 5 / 8GB / 1TB HDD / マウス & キーボード & 本体スタンド 4万4550円
Ryzen 7 / 8GB / 1TB HDD /マウス & キーボード & 本体スタンド 5万0160円

※2021年2月20日時点

M75t Gen2最小構成時の値段

APU/メモリー/ストレージ/省略オプション 税込価格
Ryzen 5 / 8GB / 1TB HDD / マウス & キーボード 4万5650円
Ryzen 7 / 8GB / 1TB HDD /マウス & キーボード 5万2470円

※2021年2月20日時点

ストレージを1TB HDDのみにする場合は、まず「1st ハード・ディスク・ドライブ」を1TB HDDに変更し、つぎに「3rd ハード・ディスク・ドライブ」を「なし」に変更してください。

SSDを交換しやすいおすすめ構成

SSDなしのHDDのみ構成だと、あとからSSDを増設する際に取り付けが非常に面倒です(詳しくは後述)。そこでストレージには128GB SSDを選び、あとで大容量タイプに換装するのがいいでしょう(この方法は実機では未確認ですが、おそらく大丈夫のはずです)。

オプション

SSD固定用のブラケットを入手するために、あえてSSD構成を選びます

また同じ理由でWi-Fiカードも付けておいたほうが無難です。ただしオプションとして用意されているWi-FiカードはWi-Fi 6対応ではなく、Wi-Fi 5までである点に注意してください。どうしてもWi-Fi 6を使いたい場合は自分でカードを換装するか、PCIe接続の拡張ボードを使う必要があります。

オプション

Wi-Fiカードもブラケット入手のために追加

それぞれのおすすめ構成時の価格は以下のとおりです。

M75s Gen2最小構成時の値段

APU/メモリー/ストレージ/オプション 税込価格
Ryzen 5 / 8GB / 128GB SSD / マウス & キーボード & 本体スタンドなし、Wi-Fiあり 4万8950円
Ryzen 7 / 8GB / 128GB SSD /マウス & キーボード & 本体スタンドなし、Wi-Fiあり 5万4560円

※2021年2月20日時点

M75t Gen2最小構成時の値段

APU/メモリー/ストレージ/省略オプション 税込価格
Ryzen 5 / 8GB / 128GB SSD / マウス & キーボードなし、Wi-Fiあり 5万0050円
Ryzen 7 / 8GB / 128GB SSD /マウス & キーボードなし、Wi-Fiあり 5万6870円

※2021年2月20日時点

購入時の注意点について

M75s Gen2に関する注意点

M75s Gen2を最小構成で購入すると、M.2 SSDをうまく取り付けられません。これは本来あるべきM.2 SSD用のブラケットが省略されているためです。DIYで乗り切る、あるいは別機種用のブラケットを利用するなどの多少の改造で解決できます。もしくは2.5インチSSDやPCIアダプターでSSDを使うのもいいでしょう。

M75s Gen2 M.2スロット

最小構成ではSSDを固定するM.2用ブラケットがありません

またPCI Express x16スロットが用意されているものの、ロープロファイルで15.6cm以内の条件に合う有効なグラボが存在しません。旧型GPUを搭載したグラボなら使える可能性がありますが、パフォーマンスが低下する可能性があります。今後条件に合うグラボが発売される可能性はあるものの、現時点ではグラボの利用は考えないほうがいいでしょう。電源容量をムリにアップグレードする必要はないと思います。

M75s Gen2 拡張スロット

ロープロファイルで15.6cm以内&1~2スロット占有タイプのグラボが必要

注意点の詳細と現時点で判明している解決策については、別の記事にまとめています。

ThinkCentre M75s Small Gen2パーツ増設時の注意点について【随時更新中】
レノボの「ThinkCentre M75s Gmall Gen2(以下、M75s Gen2)」は、Ryzen PRO 4000Gシリ……

M75t Gen2に関する注意点

M75s Gen2と同様、SSDなしのHDDのみ構成で注文するとSSD固定用のブラケットが付属しません。そのままではM.2スロットにSSDやWi-Fiカードを使えないので注意してください。

M75t SSD

HDDのみ構成だと、SSD固定用のブラケットが付属しません

別の機種用のブラケットを両面テープで固定したら、SSDをセットできました。このように多少の改造が必要になりそうです。改造の手間を省くなら、最初からSSDありでの購入をおすすめします。

M75t SSD

ブラケットを両面テープで固定した上で、SSDを挿しました

PCI Expressスロットには、長さ21.5cmまでのグラボをセットできます。ただしグラボの幅が12cm程度を超えると内部フレームと干渉してカバーを閉められなくなるので注意してください。

M75t グラボ

幅が12cmを超えるグラボはフレームと干渉します

そのほかの注意点および解決方法については別の記事にまとめています。購入前にチェックしておいてください。

ThinkCentre M75t Mini-Tower Gen2購入時&パーツ増設時の注意点について
レノボの「ThinkCentre M75t Mini-Tower Gen2(以下、M75t Gen2)」は、Ryzen PRO 40……

M75s Gen2とM75t Gen2の違い

M75s Gen2とM75t Gen 2は細かな部分でいろいろ異なりますが、大まかには本体サイズが違うと意識すればいいでしょう。スリム型のM75sには15.6cm以下の拡張ボード(ロープロファイル)しか入りませんが、少し大きめのM75tなら21.5cm以下の拡張ボードが入ります。

ThinkCentre M75s Small Gen2

ThinkCentre M75s Small Gen2 ※ディスプレイは別売り

ThinkCentre M75t Gen2

ThinkCentre M75t Gen2 ※ディスプレイは別売り

それぞれの細かな仕様については、以下のリンクから解説記事をご覧ください。

ThinkCentre M75s Small Gen2登場!8コア16スレッドRyzen 7 PRO 4750G搭載のスリム型PCが4万円台から
レノボから幅9.25cmのスリム型PC「ThinkCentre M75s Small Gen2」が発売されました。APU(CPU)は……
ThinkCentre M75t Mini-Tower Gen2登場! Ryzen 7 PRO 4750G搭載でほぼ5万円から&グラボ増設対応
レノボからミニタワー型のデスクトップPC「ThinkCentre M75t Mini-Tower Gen2(以下、ThinkCent……

納期について

納期は「最短3~4週間程度で出荷予定」とされていますが、海外の工場から船便で輸送されるため実際には1ヵ月程度かかります。筆者の場合だとM75s Gen2を12/4に注文して、1/6に到着しました。

しかしM75t Gen2に関しては12/8に注文して、1/26に到着しました。注文から2ヵ月弱かかっています。もしかするとM75tは納品までに、かなり時間がかかるかもしれません。またパーツカスタマイズの内容によってはさらに時間がかかる場合があるので注意してください。

M75s 納期

M75s Gen 2の注文から納品まで約1ヵ月かかります

それぞれの外観や実際のパフォーマンスついてはレビューとして公開する予定ですので、しばらくお待ちください。

6コア/8コアのRyzenを搭載したM75s Gen2 / M75t Gen2は、間違いなくお買い得です。最小構成で購入してメモリーを128GBに増設しても、10万円前後で収まります。この機会に超高性能なデスクトップPCを入手してみてはいかがでしょうか?

リンク

ThinkCentre M75s Small Gen2 価格com限定 Ryzen 5モデル
ThinkCentre M75s Small Gen2 価格com限定 Ryzen 7モデル

ThinkCentre M75t Mini-Tower Gen2 価格com限定 Ryzen 5モデル
ThinkCentre M75t Mini-Tower Gen2 価格com限定 Ryzen 7モデル

またLenovo V55tという機種も、Ryzen 7 4700G搭載ながら最安4万9500円で購入できます。こちらはM75シリーズよりも安いぶん、パーツカスタマイズの選択肢が少なめです。詳しくは以下のリンクからレビュー記事をご覧ください。

Lenovo V55t Mini-Tower レビュー:税込4万9500円でRyzen 7 4700G搭載! 爆安&超高性能なデスクトップPC
レノボのLenovo V55t Mini-Tower(以下、Lenovo V55t)は、シンプルなミニタワー型のデスクトップPCです。機……

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

デスクトップPCレビュー一覧
ThinkCentre関連記事一覧
デスクトップPCレビュー一覧

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました