ThinkPad E15 Gen3 Ryzen 5モデルが6万7870円! 16GBに増設しても7万2000円程度

期間限定セール情報

ThinkPad E15 Gen3
レノボの15.6インチノートPC「ThinkPad E15 Gen3」のRyzen 5 5500Uモデルを、6万7870円で購入可能です。メモリーは8GBですが、自分で16GBに増設してもプラス4000円程度。合計7万2000円前後で、Ryzen 5 5500U + 16GBメモリーの高性能PCが手に入ります。

ThinkPad E15 Gen3

ThinkPad E15 Gen3

ベースにするのは、12GBメモリーを搭載したモデル。通常価格7万4470円の構成からパーツカスタマイズ画面でメモリーを12GB→8GBにダウングレードすると、価格が6万7870円に下がります。この状態で購入して、自分で16GBに増設するというわけです。

対象モデルのスペック

OS Windows 11 Home
ディスプレイ 15.6インチ 1920×1080 非光沢 IPS タッチ非対応
CPU Ryzen 5 5500U
メモリー 12GB ※オンボード8GB + スロット4GB、DDR4 3200
SSD 256GB
通信 Wi-Fi 6 + Bluetooth 5.1
インターフェース USB3.2 Gen1 Type-C×1、USB3.2 Gen1×1、USB2.0×1、HDMI、有線LAN、ヘッドホン端子
生体認証 ※オプション
サイズ / 重さ 幅365×奥行き240×高さ18.9mm / 約1.7kg
バッテリー 約13.2時間
オフィス ※オプション

ThinkPad E15 Gen3

パーツカスタマイズで、スロットの4GBメモリーを「なし」に変更

12GBメモリーのままで購入してもいいのですが、自分でメモリーを増設したほうが安上がりです。ただしメモリーを増設したままでは、メーカー保証のサポート外となる場合があるので注意してください(外せばOKという話もありますが未確認です)。

🔽クリックで販売ページへ

ThinkPad E15 Gen3

ThinkPad E15 Gen3の日本語キーボード

ThinkPad E15 Gen3

Enterキー周辺がやや窮屈です

ThinkPad E14 Gen3本体と8GBメモリーを買っても、合計金額は7万2000円程度。Ryzen 5 5500Uは性能が非常に高く、16GBメモリーもあればCore i7搭載機を同等以上のパフォーマンスを発揮できます。高性能なノートPCを安く入手したい人におすすめです。

ThinkPad E15 Gen3

Ryzen 5 5500U + 16GBメモリーでも十分すぎるほど高性能です

なおオフィスを追加したり指紋センサー / バックライトなどを追加する場合は、ほかのモデルのほうがオプションの追加料金が安くすむ場合があります。ただしメモリーは8GBなので注意してください。

リンク

ThinkPad E15 Gen3 そのほかのモデル

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

ThinkPadセール情報まとめ
レノボのおすすめノートPC

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!