RTX 3050+Core i7-12700Fで9万9800円! エントリー向けゲーミングPCがアウトレットで安い

Victus 15L (インテル)

HPの公式サイトにて、エントリー(入門)向けのゲーミングPC「Victus 15L (インテル)」のRTX 3050モデルが、9万9800円でアウトレット販売されています。アウトレットと言っても中身は新品で、保証も通常どおり。同構成の他社製品は安くても16~17万円前後で、約10万円は激安レベルです。

Victus 15L (インテル)

エントリー向けゲーミングPC『Victus 15L (インテル)』

GPU(グラフィックス機能)として使われているRTX 3050は、エントリークラスでゲーム性能はやや控えめです。しかしフルHDで画質を落としてゲームを楽しむぶんには、問題ありません。ちょっと重めの人気ゲームでも画質を調整すれば100~144 fpsあたりで楽しめるでしょう。

いまはGTX 1650搭載機でも10万円前後が相場なので、RTX 3050で約10万円は相当高コスパです。

GPU性能(DirectX 12,WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphics
RTX 4090
35782
RTX 4080
27985
RTX 4070 Ti
22670
RTX 3090 Ti
21724
RTX 3090
20531
RTX 3080 Ti
19907
RTX 3080
17658
RTX 3070 Ti
14821
RTX 3070
13680
RTX 3060 Ti
11769
RTX 3060
8744
GTX 1660 Ti
6378
RTX 3050
6202
GTX 1650
3548

※スコアはUL Solutionsによる平均値で、実機の結果ではありません

スペック

OS Windows 11 Home
CPU Core i7-12700F(12コア/20スレッド)
チップセット H670 ※マザーボードは独自仕様
グラフィックス RTX 3050(8GB)
メモリー 16GB ※DDR4-3200、最大32GB、スロット×2
ストレージ 512GB NVMe SSD + 2TB HDD
拡張スロット PCI Express x16×1、PCI Express x4×1、M.2×2
ドライブベイ 3.5インチ×1(空き0)
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.3、1000BASE-T対応有線LAN
サイズ / 重量 幅155mm、奥行き297.3mm、高さ337mm / 約6.31kg
電源 500W 80PLUS Bronze

筐体についてはRyzen + Radeonシリーズ搭載で同型のVictus 15Lのレビュー記事を参考にしてください。

Victus 15L Desktopモデレートモデル(グラフィックスレスエディション)レビュー:エントリー/ミドル向けのベースPC
HPのデスクトップPC「Victus 15L Desktop」には、グラボなしモデル(モデレートモデルまたはグラフィックスレスエディショ……

RTX 3050あたりの性能であれば、エーペックスレジェンドなら最低画質で144 fpsあたり、競技系FPSも画質を落とせば240 fpsあたり、重いゲームでも低画質で平均60 fpsオーバーはいけると思います(あくまでも筆者の感覚でですが)。画質にこだわらないのであれば、非常に高コスパ。ゲーミングPCを安く入手したい人は、ぜひチェックしてみてください。

Victus 15L (インテル)

エントリー向けゲーミングPCとしては相当お買い得!

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

お買い得情報一覧

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!