AMD A9-9420eのベンチマーク (性能テスト) 結果

AMD A9-9420eのベンチマーク (性能テスト) 結果

AMDのA9-9420eは、2017~2018年ごろにリリースされたノートPC向けのCPU (※)です。2018年発売の格安ノートPC / 小型PCで使われています。

CPUに詳しい人なら、AMDのA9と聞いてそこそこの性能ではないかと思うかもしれません。確かにA9シリーズは、価格の割に性能が高い点が特徴です。しかし今回取り上げるA9-9420eは低電圧版であるため、若干性能が劣ります。ノートPC向けCPU全体で見れば「下の中」といったところです。

※本来はグラフィックス機能を内蔵するAMD製プロセッサーのことを「APU」と呼びますが、この記事では混乱を防ぐために「CPU」と表記しています

A9-9420eのスペック

世代 第7世代
開発コード Stoney Ridge
コア数 / スレッド数 2 / 2
動作周波数 1.80GHz
最大動作周波数 2.70GHz
TDP 6W
内蔵グラフィックス Radeon R5 Graphics

A9-9420eの用途

gameゲーム
動画編集動画編集
RAW現像RAW現像
3D制作3D制作
デザインデザイン
イラストイラスト
DTMDTM
ビジネスビジネス

※ノートPC向けCPUとしての評価

この記事ではこれからノートPCを購入しようとしている方のために、AMD A9-9420eの性能について紹介します。

関連記事

AMD A9-9420e概要

AMDのAシリーズは、やや低価格よりなノートPC向けのCPUです。インテルのPentiumシリーズと同じようなものと考えていいでしょう。さらに下位クラスのCPUとしてEシリーズ、上位クラスとしてRyzenシリーズなどが存在します。

AMDノートPC向けプロセッサーの種類

Eシリーズ
(下位)
とにかく価格の安さを重視
Aシリーズ
(中位)
価格の安さを重視しつつ少し高性能
Ryzenシリーズ
(上位)
価格と性能のバランスを重視

ただしE / Aシリーズは2017年以降に新しいCPUが発売されておらず、その代わりとしてAtlonシリーズが発表されています。今後はE / Aシリーズは終了し、Athlon / Ryzenシリーズとして展開されるのかもしれません。

ちなみにワンランク下のA6-9220eはデルのモデルにしか使われていないためデル向けのOEM版だと思われますが、A9-9420eはデルとレノボのモデルで使われているのを確認しました。

A9-9420eとA9-9420の違い

前述のとおりA9-9420eはパフォーマンスを抑えた低電圧版で、これとは別に通常版のA9-9420もリリースされています。末尾に「e」のないA9-9420は動作周波数とTDP (消費電力の目安)が高く、A9-9420eよりも高性能です。性能比では1.3~1.4倍ほど変わります。

A9-9420eとA9-9420の違い

A9-9420e A9-9420
開発コード Stoney Ridge Stoney Ridge
コア数 / スレッド数 2 / 2 2 / 2
動作周波数 1.80GHz 3.00GHz
最大動作周波数 2.70GHz 3.60GHz
TDP 6W 15W
内蔵グラフィックス Radeon R5 Graphics Radeon R4 Graphics

AMD A9-9420eのベンチマーク結果

続いて、当サイトで実施したCPUベンチマークテストの結果を紹介します。なおベンチマーク結果は各機種の平均値であり、A9-9420e本来の性能を正確に表わすものではありません。また結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などにより大きく変わることがあることをあらかじめご了承ください。

一般ノートPC向けCPUとの比較

6万円以上の一般的なノートPCでは、CPUにインテルのCore iシリーズが使われています。このクラスのCPUと比較すると、 A9-9420eの性能はやや低め。インテル製CPUで言うところのPentium / Celeron Uシリーズと同じくらいと言えるでしょう。そのぶん価格が安いので、仕方がないところです。

CPUの性能比較(総合性能)

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-8565U (第8世代)
9679
Core i7-8550U (第8世代)
9009
Core i5-8265U (第8世代)
8595
Core i5-8250U (第8世代)
8328
Core i7-7500U (第7世代)
5564
Core i3-8145U (第8世代)
5549
Core i3-8130U (第8世代)
5527
Core i5-7200U (第7世代)
4949
Core i3-7100U (第7世代)
3785
A9-9420e
2123

※2019年7月時点での当サイトの平均値

格安ノートPC向けCPUとの比較

3~5万円台の格安モデル向けCPUと比べると、A9-9420eの性能は悪くありません。4万円台なら標準的ですが、3万円台なら優秀なほうです。価格によっては、検討する価値があるでしょう。

なお末尾に「e」が付かないA9-9420であれば、格安モデル向けとしてはかなり優秀です。一部の国内ブランドモデルでは5万円以上の価格で販売されていますが、コストパフォーマンスがよくないので性能面だけで見るならおすすめしません。

CPUの性能比較(格安ノートPC)

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i3-7020U
3802
A9-9420
2928
Pentium N5000
2650
Celeron N4100
2569
A6-9220
2465
A9-9420e
2142
Celeron 4205U
2026
Celeron 3865U
2016
E2-9000
1898
A6-9220e
1852
E2-9000e
1727
Celeron N4000
1553
Celeron N3350
1254

※2019年7月時点での当サイトの平均値

グラフィックス性能

A9-9420eではグラフィックス機能として、CPU内蔵のRadeon R5 Graphicsを使います。性能面は悪くないはずなのですが、当サイトのベンチマーク結果ではいまひとつスコアが伸びませんでした(最大で430、最小で337)。それはともかく、ゲームを楽しむには非常に厳しい性能です。

グラフィックス性能比較

CPU 3DMark Fire Strikeスコア
GeForce GTX 1050
5412
GeForce MX250
3261
GeForce MX150
3053
GeForce MX130
1933
Core i7-8565U (UHD 620)
1162
Core i5-8265U (UHD 620)
1061
Core i3-8130U (UHD 620)
945
A9-9420 (Radeon R5)
707
A6-9220 (Radeon R4)
584
Celeron 4205U (UHD 610)
519
A6-9220e (Radeon R4)
462
E2-9000 (Radeon R2)
424
A9-9420e (Radeon R5)
384
Celeron N4000 (UHD 600)
369
E2-9000e (Radeon R2)
263

※2019年7月時点での当サイトの平均値

AMD A9-9420e搭載機種ごとの違い

当サイトでは2019年7月時点までに、A9-9420e搭載モデルを2機種3台検証しています。検証台数は多くないのですが、A9-9420eが使われている機種自体が少ないため、これ以上の検証は難しいかもしれません。とりあえずは暫定データとして参考にしてください。

A9-9420e搭載機のベンチマーク結果

機種名 CINEBENCH R15 CPU Mark サイズ
Inspiron 11 3000 2-in-1 (3185) 97 2142 11.6インチ
Inspiron 11 3000 (3180) 94 2141 11.6インチ
Inspiron 11 3000 (3180) 92 2105 11.6インチ

※製品名をクリックすると各機種のレビュー記事に移動します

価格しだいではアリ

2019年7月時点において、A9-9420e搭載ノートPCはデルの2機種のみ販売されています。クラムシェル型のInspiron 11 3000 (3180)なら4GBメモリー+128GB eMMCの構成で税込3万5889円。2-in-1タイプのInspiron 11 3000 2-in-1 (3185)なら税込4万5123円です。CPU性能がCeleron Uシリーズクラスであることを考えれば、けっこうコスパが高いと思います。

関連記事

Inspiron 11 3000 (3180)の価格
Inspiron 11 3000 2-in-1 (3185)の価格

アマゾンでは4万円台半ばで販売されていますが、セール期間中に割引販売されることがあるので、こちらもチェックしておくといいでしょう。

ただし A9-9420e搭載モデルは、それほど性能が高いわけではありません。少しでも快適に使いたい場合は、以下の設定を試してみてください。そうすれば極端に待ち時間が長くなることはなく、ネットの閲覧や動画視聴などの軽めの作業には問題なく使えるでしょう。

格安PCをうまく使うコツ

  • ・電源プラン / オプションを「高パフォーマンス」に変更
  • ・不要なソフト / アプリを削除
  • ・アプリの自動更新を無効化
  • ・動作の軽いセキュリティー対策ソフトを使用

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました