Celeron N2830とCeleron N2840の性能差は?Atom Z3700シリーズとの違いも比較

Celeron

3~5万円台で販売されている格安PCの多くは、CPUとしてCeleron N2830かCeleron N2840を採用しています。それぞれのCPUはどれくらいの性能なのか、ほかのCPUと比べて性能が高いのかどうかが、いまひとつわかりづらいところ。そこで今回は、Celeron N2830とCeleron N2840に加え、タブレットでよく利用されているAtom Z3795やAtom Z3735Fなどのスペックとベンチマーク結果を比較します。

Celeron性能比較(ノートPC向け)
ノートPCで使われているCeleronシリーズの性能を比較!

Bay Trail世代の主要CPUを比較

まずはBay Trail世代のCPU(SoC)のなかから、現行モデルに比較的よく使われているCeleron N2830とCeleron N2840、Celeron N2940、Atom Z3795、Atom Z3735Fについて、それぞれのスペックを比べてみましょう。

Bay Trail世代の主要CPUのスペック
CPU名 Celeron N2830 Celeron N2840 Celeron N2940 Atom Z3795 Atom Z3735F
開発コード Bay Trail-M Bay Trail-T(Bay Trail Refresh)
公開 2014年第1四半期 2014年第3四半期 2014年第3四半期 2014年第1四半期 2014年第1四半期
コア数/スレッド数 2/2 4/4
動作周波数 2.16GHz 2.16GHz 1.83GHz 1.59GHz 1.33GHz
TDP(SDP) 7.5W(4.5W) -(2W)
キャッシュメモリー 1MB 2MB
グラフィックス Intel HD Graphics(CPU内蔵)
グラフィックス動作周波数 311MHz 313MHz 311MHz
グラフィックス最大動作周波数 750MHz 792MHz 854MHz 778MHz 646MHz

上記の表からそれぞれの違いを簡単にまとめると、以下のようになります。

Celeron N2830/N2840の特徴

  • Celeronはモバイル(ノートPC)向けで、Atomはタブレット向け
  • Celeron N2830とCeleron N2840は、内蔵グラフィックス(iGPU)の最大動作周波数がわずかに異なるのみ
  • Celeron N2830とCeleron N2840はデュアルコア、そのほかはクアッドコア
  • Celeron N2830とCeleron N2840はキャッシュメモリーが1MBで、そのほかは2MB

ざっくりと説明すると、ノートPC向けとしてはCeleron N2830とCeleron N2840が下位CPUでCeleron N2940が上位CPU、タブレット向けではAtom Z3795が上位CPUでAtom Z3735Fが下位CPUということです。

ここで注目したいのは、Celeron N2830とCeleron N2840がデュアルコアで、キャッシュメモリーが1MBである点です。動作周波数はほかのCPUよりも高いのですが、CPUの性能はコアの数に影響されることが多いため、作業の内容によってはタブレット向けのAtomよりも性能が劣る可能性もあります。必ずしも「CeleronだからAtomよりも高性能」という訳ではない点に注意してください。

Celeron N2830とCeleron N2840のベンチマーク結果を比較

続いて、各CPUのベンチマーク結果を比べてみましょう。以下の表は、ベンチマーク結果比較サイト「PassMark CPU Benchmarks」と「Geekbench Browser」に掲載されているデータを独自に集計したものです。それぞれのサイトでは何台ものPCでテストした結果を集計し、平均値を割り出しています。テストした機種によって結果が大きく変わるため、必ずしも正しい結果であるとは限りません。また結果は日々更新され続けているため、タイミングによっては今回紹介する値と異なる場合があります。あくまでも参考程度に捉えてください。

Geekbench3ベンチマーク結果

「Geekbench 3」ベンチマーク結果 ※データ参照元:Geekbench Browser

PassMarkベンチマーク結果

「PassMark」ベンチマーク結果 ※データ参照元:PassMark CPU Benchmarks

参考までに、Haswell世代のCore i3-4005Uのベンチマーク結果も含めています。Core i5やCore i7については、Core i3の結果よりも(かなり)上と考えてください。

Geekbench 3の結果では多少の差が出ていますが(おそらくテスト機種の違いによるもの)、Celeron N2830とCeleron N2840はほぼ同程度の性能と言っていいでしょう。Celeron N2940はクアッドコアだけあって、さすがにこのなかでは高いスコアが出ています。意外なのは、Atomシリーズのスコアが高めだった点です。上位CPUのAtom Z3795はCeleron N2830/N2840よりもスコアで上回り、Atom Z3735FについてはGeekbench 3のマルチコアのテストで高い結果が出ています。作業内容によっては、タブレットのほうが快適に行なえるかもしれません。

Celeron N2830とCeleron N2840ならどちらを選んでも変わらない

スペックやベンチマーク結果を比較するとわかるように、Celeron N2830とCeleron N2840の性能はほとんど変わりません。PCを購入する際は、CPUの違いではなくメモリー容量やストレージの種類で選んだほうがいいでしょう。

Celeron N2940についてはクアッドコアCPUということもあり、Celeron N2830/N2840よりも高性能です。どちらかで迷っているのであれば、Celeron N2940をオススメします。なおCeleron N2940を搭載した格安PCのレビューを掲載していますので、そちらの記事も参考にしてください。

Celeron N2940の性能は?格安ノートPC「LuvBook B」でベンチマーク結果を検証!
マウスコンピューターの「LuvBook B」は、最小構成価格3万7800円からとコストパフォーマンスの高い14型ノートPCです。CPUとして採用されているCeleron N2940(1.83GHz)は4~8万円程度の格安なノートPCでときおり見かけますが、搭載モデルが多くないため、どれくらいの性能を持っているのかイメージしづらい人も多いでしょう。そこで今回は、メーカーからお借りした「Luvbook B」シリーズのSSD&DVDドライブ搭載モデル「LB-B400S-SSD」を使って、Celeron N2940の性能とマシンそのものベンチマーク結果を検証します。

タブレットか格安PCかで悩んでいる場合は、タブレットがAtom Z3795搭載でメモリー容量4GBならアリだと思います。Celeron N2840よりも快適な動作を見込めるでしょう。価格やキーボード、インターフェース構成などから、自分に合ったPCを選んでください。

Celeron性能比較(ノートPC向け)
ノートPCで使われているCeleronシリーズの性能を比較!

Celeron搭載の格安モデルを紹介

ほかの記事では、Celeronシリーズを搭載した格安なノートパソコンを紹介しています。安いパソコンをお探しの方は、ぜひご覧ください。

オフィス付きノートパソコンのおすすめ機種まとめ【2020年】:エクセル・ワード搭載の高コスパ&高性能なノートPCを紹介
エクセルやワード、パワーポイント (パワポ)が付属するノートPCのなかから、10万円以下で買える高コスパ・高性能な機種を紹介します。……
格安・激安!新品で2~4万円台の安いノートパソコンおすすめ機種【2020年】
税込 & 送料込で2~4万円台の超激安ノートPCを紹介! 少しでも安く買いたい人、ノートPCの選び方がわからない人はぜひ参考にしてく……
スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました