Core i5-8300Hのベンチマーク (性能テスト) 結果

Core i5-8200Yのベンチマーク (性能テスト) 結果

インテルのCore i5-8300Hは、2018年4月に発表された高性能ノートPC向けのCPUです。主に2018年から2019年発売の低価格帯のゲーミングノートPCで使われています。

Core i5-8300Hの概要

世代 第8世代
開発コード Coffee Lake
コア数 / スレッド数 4 / 8
動作周波数 2.30GHz
最大動作周波数 4.00GHz
TDP 45W
内蔵グラフィックス Intel UHD Graphics 630

この記事ではこれからゲーミングノートPC / 高性能ノートPCを購入しようとしている方のために、Core i5-8300Hの性能について紹介します。

関連記事

Core i5-8300Hのベンチマーク結果

まずは、当サイトで実施したCPUベンチマークテストの結果を紹介します。なおベンチマーク結果は各機種の平均値であり、Core i5-8300H本来の性能を正確に表わすものではありません。また結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などにより大きく変わることがあることをあらかじめご了承ください。

ゲーミングノートPC向けCPUとの比較

ゲームの快適さに強く影響するマルチコア性能 (CINEBENCH R15)で見ると、Core i5-8300HはCore i7よりもワンランク下のカテゴリーでありながら、なかなか優秀な結果が出ています。特に2017年~2018年前半にかけてゲーミングノートPCで主流だったCore i7-7700HQをわずかながらも上回っている点がポイント。中量級のゲームをプレーするのであれば、コストパフォーマンスはCore i7-8750Hよりも上です。

CPUの性能比較 (ゲーミングノートPC)

CPU CINEBENCH R15 CPUスコア
Core i9-8950HK (第8世代)
1204
Core i7-8750H (第8世代)
1107
Core i5-8300H (第8世代)
761
Core i7-7700HQ (第7世代)
725
Core i7-6700HQ (第6世代)
676
Core i7-7820HK (第7世代)
662

※2019年4月時点での当サイトの平均値

総合的な計算性能を計測するPassMarkのテストでも、前世代のCore i7を上回る結果となりました。非常に優秀な結果です。

CPUの性能比較 (ゲーミングノートPC)

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i9-8950HK (第8世代)
14769
Core i7-8750H (第8世代)
13430
Core i7-7820HK (第7世代)
10224
Core i5-8300H (第8世代)
9697
Core i7-7700HQ (第7世代)
9381
Core i7-6700HQ (第6世代)
7909

※2019年4月時点での当サイトの平均値

デスクトップPC向けCPUとの比較

Core i5-8300HはノートPC向けとしては優秀ですが、デスクトップPC向けCPUと比べるとさすがにパフォーマンスはやや劣ります。それでも2~3年前にハイエンドモデルで使われていたCore i7-7700に迫る性能です。コストパフォーマンスの面ではデスクトップPCのほうが優れていますが、ノートPCにこだわりたいならCore i5-8300Hを選ぶのもアリでしょう。

CPUの性能比較(デスクトップPC)

CPU CINEBENCH R15 CPUスコア
Core i9-9900K (第9世代)
2030
Core i7-9700K (第9世代)
1528
Core i7-8700 (第8世代)
1393
Core i5-8400 (第8世代)
945
Core i7-7700 (第7世代)
856
Core i7-8300H (第8世代)
761
Core i3-8100 (第8世代)
596
Core i5-7400 (第8世代)
551
Core i3-7100 (第8世代)
419

※2019年4月時点での当サイトの平均値

CPUの性能比較(デスクトップPC)

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i9-9900K (第9世代)
18710
Core i7-9700K (第9世代)
17847
Core i7-8700 (第8世代)
15819
Core i5-8400 (第8世代)
11229
Core i7-7700 (第7世代)
10677
Core i5-8300H (第8世代)
9697
Core i3-8100 (第8世代)
8027
Core i5-7400 (第8世代)
7463
Core i3-7100 (第8世代)
6114

※2019年4月時点での当サイトの平均値

Core i5-8300H搭載機種ごとの違い

当サイトでは2019年4月上旬時点までに、3機種のCore i5-8300H搭載モデルを検証しています。それぞれのベンチマーク結果は以下のとおり。今後Core i5-8300H搭載機種を検証する機会があれば、データを随時更新します。

Core i5-8300H搭載機別のベンチマーク結果

機種名 CINEBENCH R15 CPU Mark サイズ
GALLERIA GCF1050TGF-E 850 10531 15.6インチ
Dell G3 15 823 9944 15.6インチ
ASUS TUF Gaming FX504 611 8616 15.6インチ

※製品名をクリックすると、それぞれのレビュー記事が表示されます

上記の結果をご覧いただくとおわかりのように、同じCore i5-8300Hでもベンチマークスコアが大きく異なります。これは、各モデルごとに「熱対策」が異なるためです。

高性能なCPUでは、非常に高い熱が生じます。高温の状態が長く続くとパーツの劣化や故障につながるため、PCでは熱を抑えるための対策が施されているのです。

熱対策に対する考え方は2種類あり、ひとつは冷却用パーツ (空冷ファンやヒートシンクなど)を駆使して発生した熱を下げる方法です。この方法ではCPUの性能を引き上げられますが、空冷ファンの回転音や排気音が大きいというデメリットがあります。

PCの冷却について

ノートPCの空冷ファン。ゲーミングPCでは回転音や排気音が一般的なノートPCよりも大きめです

もうひとつは、ゲームプレーに影響しない程度にあえてパフォーマンスを落とすことで高い熱が発生しないようにする方法です。この方法では熱によるパーツの劣化を抑えられるメリットがありますが、性能面でやや落ちるというデメリットもあります。

温度を抑える方法

クロック (動作周波数)を抑えることで、温度が高くなりすぎないように調整されたPCの例

実際には両方の手法が採用されているのですが、どちらを重視するかによってそのPCの性格が変わります。ベンチマークスコアが低いからと言って、そのモデルが一概にダメなわけではないのです。

Core i7-8750Hとの比較

ゲーミングノートPC向けとしては、Core i5-8300HよりもCore i7-8750Hのほうがよく使われています。ベンチマーク結果をご覧いただくおわかりのように、Core i7-8750Hのほうが高性能です。

Core i5-8300HとCore i7-8750Hの性能比較

CPU CINEBENCH R15 CPUスコア
Core i7-8750H (第8世代)
1107
Core i5-8300H (第8世代)
761

※2019年4月時点での当サイトの平均値

ゲームではCPU性能が高いほうが有利と言われてます。これはCPUの性能が高いほど、GPUのパフォーマンスを十分に引き出せるからです。

しかし実際にゲーム中のパフォーマンスを計測したところ、確かにCore i7-8750HのほうがFPS (ゲーム画面の描画速度を表わす目安)が優れているのですが、初心者~中級者レベルではプレーそのものが劇的に変わるほどではありませんでした。

ちなみにCore i5-8300H搭載ノートPCで使われるGPUはGeForce GTX 1050 / 1050 Ti / 1060あたりです。GeForce GTX 1070以上やRTXシリーズは、Core i7-8750H搭載機で使われています。

フォートナイト

フォートナイトFPS計測結果(フルHD)

画質 Core i5-8300H Core i7-8750H
エピック(最高画質) 47.45 FPS 53.55 FPS
117.433 FPS 127.7 FPS
低(最低画質) 112.8 FPS 137.8 FPS

※GPUはGeForce GTX 1050 Ti

PUBG

PUBG FPS計測結果(フルHD)

画質 Core i5-8300H Core i7-8750H
ウルトラ(最高画質) 41.3 FPS 40.1 FPS
61.4 FPS 62.3 FPS
非常に低い(最低画質) 74.5 FPS 137.8 FPS

※GPUはGeForce GTX 1050 Ti

関連記事

Dell G3 15 プレミアム 性能レビュー

PCゲーム初心者・中級者向け

Core i5-8300Hの性能はゲーミングPC向けとして高いわけではありません。しかし前世代のCore i7-7700HQよりもパフォーマンスは上で、ゲームをカジュアルに楽しむには十分です。もう少しゲーミング性能を上げたいなら、Core i7-8750Hを選ぶよりもGPUにGeForce GTX 1060を選んだほうがいいでしょう。初心者から中級者向けのゲーミングノートPC用としておすすめです。

クリエイティブ系ソフトを利用するためにノートPCの購入を考えているなら、Core i5-8300HではなくCore i7-8750H搭載モデルをおすすめします。特にプロ向けのソフトではCPU性能によってパフォーマンスが大きく変わるため、作業を快適に行ないたいならCore i7-8750Hと16GB以上のメモリーを搭載したモデルを選んでください。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました