Ryzen 3 3250Uのベンチマーク (性能テスト) 結果

第2世代Ryzenモバイル Ryzen 3 3250U

AMDのRyzen 3 3250Uは、2020年1月に発表されたノートPC向けのCPU (APU)です。性能よりも価格の安さを重視しているため、格安なノートPCやデスクトップPCで使われています。

Ryzen 3 3250Uのスペック

世代 第2世代Ryzenモバイル (Zen+)
開発コード Picasso
コア数 / スレッド数 2 / 4
動作周波数 2.6GHz
最大動作周波数 3.5GHz
TDP 15W
内蔵グラフィックス AMD Radeon Graphics

CPUとしての総合性能は2021年7月時点で中の下クラスです。ネットの調べものやちょっとした文書作成など、軽めの作業に向いています。ゲームや動画編集などには性能が低すぎて利用できません。

Ryzen 3 3250Uのベンチマークスコア概要

CPU PassMark 9.0 CPU Markスコア
Ryzen 7 5700U
18449
Ryzen 5 5500U
14737
Core i7-1165G7
12643
Core i5-1135G7
11434
Ryzen 3 5300U
9550
Core i3-1115G4
7398
Ryzen 3 3250U
5202
Athlon Silver 3050U
3851
3020e
2989
Celeron N4500
2010

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

この記事ではこれからノートPCを購入しようとしている方のために、Ryzen 3 3250Uの性能について紹介します。

※グラフィックス機能内蔵のAMD製プロセッサーは本来「APU」と呼ばれますが、この記事では初心者の混乱を避けるために「CPU」と表記します

Ryzen 3 3250U概要

Ryzen 3はAMD Ryzenシリーズのなかで下位クラスに位置づけられるCPUです。ほかのクラスに比べて価格が安い代わりに、性能は控えめ。とは言え、重い処理でなければわりと普通に使えます。

CPUの種類

AMD インテル 概要
Athlon Celeron / Pentium とにかく価格の安さを重視
Ryzen 3 Core i3 性能よりも価格の安さを重視
Ryzen 5 Core i5 性能と価格のバランスを重視
Ryzen 7 Core i7 性能を重視
Ryzen 9 Core i9 とにかく性能をとことん重視

Ryzen 3 3250Uは2世代前のZen+ベースで、2019年に発売されたRyzen 3 3200Uの改良版です。CPUスペックはほぼ同じですが、ベンチマークスコアは若干向上しています。

ただし現在はすでにZen 2世代のRyzen 5 5300Uや、Zen 3世代のRyzen 5 5400Uがリリース済みです。最新のRyzen 3搭載機は4~6万円台であるのに対し、Ryzen 3 3250U搭載機は3~5万円台で販売されています。下位のRyzen 3のなかでも、さらに価格と性能を落とした廉価版的な位置付けです。

現在使われているRyzen3の種類

Ryzen 3 3250U Ryzen 3 5300U Ryzen 3 5400U
Zen+ Zen 2 Zen 3
2020年1月発売 2020年1月発売 2021年1月発売
2コア / 4スレッド 4コア / 8スレッド
最大3.5GHz 最大3.8GHz 最大4GHz
TDP 15W
AMD Radeon Graphics

Ryzen 3 3250UのCPU性能

続いて、当サイトで実施したCPUベンチマークテストの結果を紹介します。なおベンチマーク結果は各機種の平均値であり、Ryzen 3 3250U本来の性能を正確に表わすものではありません。また結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などにより大きく変わることがあることをあらかじめご了承ください。

一般ノートPC向けCPUとの比較

スタンダードノートPC / モバイルノートPC向けCPUのなかでは、Ryzen 3 3250Uは中の下クラスです。インテル製CPUで言えば、Celeron以上Core i3未満といったところ。基本的に格安PCで使われていますが、5万円以下のノートPCのなかでは比較的高性能です。

とは言え、高い負荷のかかる処理(3D制作や動画編集、ゲームなど)には基本的に向いていません。ネットの調べものや動画視聴、ちょっとした資料作りなど、軽めの作業向きです。同価格帯のPCで使われているCeleronよりは、多少快適に使えるでしょう。

CPUとの性能比較(総合性能)

CPU PassMark 9.0 CPU Markスコア
Ryzen 7 5700U
18449
Ryzen 7 4700U
15141
Ryzen 5 5500U
14737
Core i7-10710U
13685
Ryzen 5 4500U
12939
Core i7-1165G7
12643
Core i7-1065G7
12016
Core i5-1135G7
11434
Core i5-1035G4
10844
Core i7-10510U
10257
Core i5-1035G1
9667
Ryzen 3 5300U
9550
Core i5-10210U
9329
Ryzen 3 4300U
9154
Core i3-1115G4
7398
Core i3-10110U
5553
Ryzen 3 3250U
5202
Athlon Silver 3050U
3851
3020e
2989
Celeron N4120
2771
Celeron N4500
2010
Celeron N4020
1658

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUとの性能比較(マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Ryzen 7 5700U
3512
Ryzen 5 5500U
2817
Ryzen 7 4700U
2767
Ryzen 5 4500U
2252
Core i7-10710U
2214
Core i5-1135G7
2063
Core i7-1165G7
1963
Core i7-1065G7
1612
Ryzen 3 4300U
1581
Core i7-10510U
1476
Core i5-1035G4
1480
Core i5-1035G1
1437
Core i5-10210U
1408
Core i3-1115G4
1314
Core i3-10110U
918
Ryzen 3 3250U
818
Athlon Silver 3050U
624
Celeron N4120
435
Celeron N4500
426
Celeron N4020
327

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

Ryzen 3 3250Uのグラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のRadeon Graphicsが使われます。現行機種のなかではかなり控えめな性能で、ゲームやクリエイター向けソフトでの効果は期待できません。

なおメモリーがデュアルチャネルで動作すると、グラフィックス性能が向上します。4GB×1や8GB×1よりも、4GB×2のほうが有利です。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
MX450
4900
Iris Xe (Core i7)
4561
MX350
3931
Iris Xe (Core i5)
3478
Radeon (Ryzen 7)
3384
Iris Plus
2880
Radeon (Ryzen 5)
2652
Radeon (Ryzen 3)
2324
Ryzen 3250U(4GB×2)
1498
UHD
1335
Ryzen 3250U(4GB×1)
1088

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

Ryzen 3 3250Uのゲーム性能

ゲーム系ベンチマークを試したところ、4GBメモリーでは軽めのゲームでもやや厳しいものの、4GB×2の構成であればごく軽いゲームなら問題なく楽しめそうです。しかしやや重い中量級タイトル以上では、解像度や画質を大きく下げても厳しいでしょう。基本的にゲーム向けのCPUではありません。

※テストはすべてフルHDで実施

FF15ベンチ (重量級 / DX11)

FF15ベンチ

4GB×1

画質 スコア / 評価
高品質 ※エラーで計測不可能
標準品質 574 / 動作困難
軽量品質 726 / 動作困難

※スコアが6000以上で「快適」

4GB×2

画質 スコア / 評価
高品質 ※エラーで計測不可能
標準品質 749 / 動作困難
軽量品質 1018 / 動作困難

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ

4GB×1

画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 948 / 5.6FPS
高品質 1314 / 8.3FPS
標準品質 1762 / 11.4 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

4GB×2

画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 1310 / 8 FPS
高品質 1535 /  9.6 FPS
標準品質 3046 / 20.2 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ

4GB×1

画質 スコア / 評価
最高品質 3404 / 普通
標準品質 4624 / 普通
低品質 5646 / 快適

4GB×2

画質 スコア / 評価
最高品質 5147 / 快適
標準品質 7060 / とても快適
低品質 8319 / とても快適

Ryzen 3 3250U搭載機種ごとの違い

当サイトでは2021年7月までに、Ryzen 3 3250U搭載モデルを3機種検証しています。検証数は多くありませんが、ある程度は参考になるはずです。今後検証機種が増えれば、データを更新します。

Ryzen 3 3250U搭載機別のベンチマーク結果

機種名 CINEBENCH R20 CPU Mark Fire Strike Graphics score
IdeaPad Slim 350 17 860 4968 1088
ASUS VivoBook 14 M413DA 772 5292 1459
IdeaCentre 350(AMD) 822 5347 1537

※製品名クリックでレビューをご覧いただけます

8GBメモリー搭載機種が狙い目

2021年7月時点でRyzen 3 3250U搭載機種は、3~5万円台で販売されています。安いのは4GBメモリー搭載機ですが、少しでも快適に使いたいなら8GBメモリー搭載機種がおすすめです。4GBメモリーだとうまく使うのに多少のコツが必要ですが、8GBメモリーなら気にする必要はありません。軽めの作業に使えるリーズナブルなノートPCを探している人におすすめします。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

Ryzen関連記事
格安・激安!新品で2~4万円台の安いノートパソコンおすすめ機種

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!