Ryzen 5 3500Uのベンチマーク (性能テスト) 結果

Ryzen 5

AMDのRyzen 5 3500Uは、2019年1月に発表されたノートPC向けのCPU (※)です。主に2019年春以降に発売された薄型のスタンダードノートPCやモバイルノートPCなどで使われています。

※グラフィックス機能が内蔵されたAMD製プロセッサーは本来「APU」と呼ばれますが、この記事ではわかりやすさ優先で「CPU」と表記しています

Ryzen 5 3500Uのスペック

世代 Ryzen Mobile APU 第2世代
開発コード Picasso
コア数 / スレッド数 4 / 8
動作周波数 2.1GHz
最大動作周波数 3.7GHz
TDP 15W
内蔵グラフィックス Radeon Vega 8 Graphics

性能はインテルのCore i5相当、あるいは一部の機能においてはCore i5よりも上と公式にアナウンスされました。発表当時は確かにそうであったものの、すでにインテルから第10世代のCore i5がリリースされている現在においてはパフォーマンス面での価値は以前よりも下がっています。

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i5-1035G4
(第10世代)
11379
Core i5-10210U
(第10世代)
9905
Core i5-1035G1
(第10世代)
9164
Core i5-8265U
(第8世代)
8778
Ryzen 5 3500U
8475
Core i5-8250U
(第8世代)
8385

※スコアは当サイト計測値の平均

Ryzen 5 3500Uの用途

gameゲーム
動画編集動画編集
RAW現像RAW現像
3D制作3D制作
デザインデザイン
イラストイラスト
DTMDTM
ビジネスビジネス

※ノートPC向けCPUとしての評価

この記事ではこれからノートPCを購入しようとしている方のために、Ryzen 5 3500Uの性能について紹介します。

【高コスパ】Core i5 + 8GBメモリー + SSDで安いノートPCおすすめモデルを紹介:最安5万円台の鉄板構成が狙い目!
いまどきのノートPCは、CPUがCore i5でメモリーは8GB、ストレージは256GB SSDの組み合わせが一番人気です。「とりあ……

Ryzen 5 3500U概要

AMDのRyzen Uシリーズは、一般用途向けのスタンダードノートPCや軽量薄型のモバイルノートPCで利用されています。ラインナップはRyzen 3、Ryzen 5、Ryzen 7の3種類。それぞれの位置付けはインテルのCore iプロセッサーと同様と考えていいでしょう。

Ryzen / Core iプロセッサーの種類

AMD インテル
価格重視 Ryzen 3 Core i3
価格と性能のバランス重視 Ryzen 5 Core i5
やや性能重視 Ryzen 7 Core i7
とにかく性能重視 Core i9

Ryzen 5 3500Uは2019年1月にリリースされ、同年春移行のノートPCで使われています。搭載機種はCore i5よりも少ないものの、Core i5搭載機種に比べて価格が安いこともあってコスパの高さを求める人に注目されています。

Ryzen 5 / Core i5搭載機種の価格差

Ryzen 5 Core i5
IdeaPad S540 5万3922円 5万7552円
ENVY x360 15 8万3050円 12万4080円

※2019年11月26日時点、価格は税込

実際には機能や品質、付属品などによって価格は変わりますが、同型であれば概ねRyzen 5搭載機種のほうがCore i5搭載機種よりも価格が安い傾向にあります。

Ryzen 5 3500Uのベンチマーク結果

続いて、当サイトで実施したCPUベンチマークテストの結果を紹介します。なおベンチマーク結果は各機種の平均値であり、Ryzen 5 3500U本来の性能を正確に表わすものではありません。また結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などにより大きく変わることがあることをあらかじめご了承ください。

一般ノートPC向けCPUとの比較

一般用途向けのスタンダードノートPCやモバイルノートPC向けのCPUで比較すると、Ryzen 5 3500Uは平均よりもやや上あたりの性能です。CPUを性能別に上位 / 中位 / 下位に分類すると、上位の下といったところ。一般的には高性能と言っていいでしょう。

CPUの性能比較 (総合性能)

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-1065G7
12518
Core i5-1035G4
11379
Core i7-8565U
9814
Core i5-10210U
9905
Core i5-1035G1
9164
Core i5-8265U
8778
Ryzen 5 3500U
8475
Core i5-8250U
8385
Core i3-8145U
5549
Core i3-10110U
5534
Core i3-8130U
5534
Celeron 4205U
2026
Celeron 3865U
2016
Celeron N4000
1553

※スコアは当サイト計測値の平均

負荷の高い高度な処理に影響するマルチコア性能については、第8世代のCore i5をわずかに上回りました。ただそれでも、第10世代Core i5には及びません。

CPUの性能比較 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i5-1035G4
1649
Core i7-1065G7
1630
Core i7-8565U
1383
Core i5-1035G1
1370
Core i5-10210U
1338
Ryzen 5 3500U
1318
Core i5-8250U
1272
Core i5-8265U
1217
Core i3-10110U
950
Core i3-8145U
769
Celeron N4000
301
Celeron 4205U
293

※スコアは当サイト計測値の平均

とは言えRyzen 5 3500Uのパフォーマンスは、日常的な作業やビジネスには十分です。プロ向けの高度なソフトを使った作業や高度なデータ処理には向きませんが、ちょっとした画像や動画の加工にも問題なく利用できます。

ゲーミングノートPC向けCPUとの比較

PCゲームや動画編集、画像加工などの重い処理では、CPUのマルチコア性能が強く影響します。ゲーミングノートPCやクリエイター向けノートPCで使われるHシリーズと比較すると、Ryzen 5 3500Uは低めの結果となりました。一般的な作業には問題ありませんが、高いパフォーマンスが要求される処理には向いていません。

CPUの性能比較 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i9-9980HK
3558
Core i9-9880H
3402
Core i7-9750H
2721
Core i7-8750H
2625
Core i5-9300H
1947
Ryzen 5 3500U
1318

※スコアは当サイト計測値の平均

デスクトップPC向けCPUとの比較

ノートPCよりも性能の高いデスクトップPC向けCPUと比較すると、総合的な計算性能ではRyzen 5 3500UはCore i3と同程度といったところです。

CPUの性能比較(総合性能)

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-9700
16409
Core i7-8700
15412
Core i5-9400
11718
Core i5-8400
11229
Core i3-9100
8784
Ryzen 5 3500U
8475
Core i3-8100
8026

※スコアは当サイト計測値の平均

Ryzen 5 3500Uのグラフィックス性能

グラフィックス性能のテストでは、優れた結果が出ています。外付けGPUには劣るものの第8世代のUHD Graphics 620や第10世代のUHD Graphicsを大きく上回り、インテルのCPU内蔵グラフィックスとしてはワンランク上のIris Plus Graphicsと同等レベルの結果が出ました。

ただし、重いゲームを快適にプレーできるほどではありません。ドラクエ10やリーグ・オブ・レジェンドなどごく軽めのゲームをフルHDでなんとか、というレベルです。しかしGPUを利用するクリエイター向けソフトでは、UHD / UHD 620よりも高い効果を見込めるでしょう。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8770
GTX 1050
6008
MX250
3711
MX150
3386
Iris Plus (Core i7)
2981
Radeon Vega 8 (Ryzen 5)
2344
Iris Plus (Core i5)
2136
UHD (Ice Lake Core i5)
1396
UHD (Comet Lake Core i5)
1251
UHD 620 (Core i7)
1265
UHD 620 (Core i5)
1186
UHD 620 (Core i5)
1117

※スコアは当サイト計測値の平均

Ryzen 5 3500U搭載機種ごとの違い

当サイトでは2019年11月までに、Ryzen 5 3500U搭載モデルを4機種検証しています。検証数が少ないためデータの精度は高くありませんが、とりあえずの暫定データとして考えてください。今後検証機種が増えれば、データを更新します。

Ryzen 5 3500U搭載機別のベンチマーク結果

機種名 CINEBENCH R20 CPU Mark サイズ
ThinkPad E595 8308 15インチ
IdeaPad S540 (14,AMD) 1430 8369 14インチ
HP ENVY x360 15-ds0000 1365 8906 15インチ
HP ENVY x360 13 1159 8315 13インチ

Ryzen 5 3500U搭載おすすめ機種

IdeaPad S340 (14, AMD)

IdeaPad S340 (14, AMD)
14型
非光沢

税込5万円台前半

  • CPU:Ryzen 5 3500U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:フルHD
  • 重量:1.55kg
  • バッテリー:11時間

14インチのフルHDディスプレイを搭載した機種。Ryzen 5搭載モデルとしては最安ですが、液晶ディスプレイがTNパネルでやや青みがかっています。普通に利用できますが、映像品質よりも価格の安さを優先したい人向けです。

IdeaPad S540 (14, AMD)

IdeaPad S540 (14, AMD)
14型
非光沢

税込5万円台前半

  • CPU:Ryzen 5 3500U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:フルHD
  • 重量:1.5kg
  • バッテリー:10時間

スリムで高品質なアルミ製ボディと、映像の美しいIPSパネルを搭載している点が特徴。サインイン時に便利な指紋センサーも用意されています。キーボードのタイプ感が軽い点が若干気になりますが、総合的には高コスパです。

HP 14s-dk0000

HP 14s-dk0000
14型
光沢

税込5万円台

  • CPU:Ryzen 5 3500U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:フルHD
  • 重量:1.5kg
  • バッテリー:8時間30分

発色に優れるIPSパネルと光沢ありのグレア仕上げによる鮮やかな映像が特徴。有線LAN端子に対応している点もポイントです。ホワイトのボディは上品な仕上がりで、安っぽさはあまり感じられません。キーボードの使い心地も◯。

HP 15-db0000

HP 15-db0000
15.6型
非光沢
DVD

税込5万円台後半

  • CPU:Ryzen 5 3500U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:フルHD
  • 重量:2.0kg
  • バッテリー:8時間

DVDの再生と書き込みが可能な光学ドライブを搭載。数値入力に便利なテンキーも付いた、もっともスタンダードなタイプです。液晶ディスプレイは高精細なフルHDですが、映像は若干青みがかっています。普通のノートPCが欲しい人におすすめ。

HP ENVY x360 13-ar0000

HP ENVY x360 13-ar0000
13.3型
光沢
2in1

税込8万円台

  • CPU:Ryzen 5 3500U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:フルHD
  • 重量:1.28kg
  • バッテリー:14時間30分

13インチのモバイル2-in-1としては破格の値段。値段は中級クラスでも、本体の仕上がりの良さは高級クラス並みです。さらに標準で指紋センサーを搭載しているほか、別売りのアクティブペンを使えば手書き入力も行なえます。コスパの高さはピカイチ!

HP ENVY x360 15-ds0000

HP ENVY x360 15-ds0000
15.6型
光沢
2in1

税込8万円台

  • CPU:Ryzen 5 3500U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:512GB SSD
  • 解像度:フルHD
  • 重量:1.98kg
  • バッテリー:13時間

15.6インチの液晶ディスプレイを搭載した大型2-in-1。同クラス製品のなかでは値段が安いにも関わらず、本体はアルミ製で質感は高め。スリムかつスタイリッシュなデザインです。標準で512GBの大容量SSDを搭載している上に、プラス3300円で16GBメモリーへのアップグレーが可能!

価格の安さで考えるならアリ

前述のとおり現在ではすでにインテルの第10世代Core i5が出回っているため、パフォーマンス的にはひと世代前の感は拭えません。しかし現在販売されているRyzen 5 3500U搭載機種は概ねインテルのCore i5搭載機種よりも安いので、価格の安さを優先するならありでしょう。普段の作業にはしっかり使えることを考えれば、コスパの高いCPUです。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

【高コスパ】Core i5 + 8GBメモリー + SSDで安いノートPCおすすめモデルを紹介:最安5万円台の鉄板構成が狙い目!
いまどきのノートPCは、CPUがCore i5でメモリーは8GB、ストレージは256GB SSDの組み合わせが一番人気です。「とりあ……
スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました