ThinkCentre M75q-2 Tinyに2.5インチSSD/HDDを増設する

ThinkCentre M75q-2 Tinyに2.5インチSSD/HDDを増設する

レノボの小型デスクトップPC「ThinkCentre M75q-2 Tiny(M75q Gen2 Tiny)」には、2.5インチのSSDやHDDを増設可能です。購入時のカスタマイズオプションでも追加できますが、自分で取り付けたほうがはるかに安くすみます。作業も簡単なのでおすすめです。

ThinkCentre M75q Tiny Gen2レビュー:8コアRyzen 7 PRO 4750GE搭載でも最安5万円台の超コスパなミニPC
レノボのThinkCentre M75q Tiny Gen2(ThinkCentre M75q-2 Tiny)は、超コンパクトなデスクト……

ストレージを選ぶ

ThinkCentre M75q-2 Tinyで使えるのは、2.5インチサイズのノートPC用SSDまたはHDDです。厚さが7~15mmのものがありますが、7mmと9.5mmは利用できることを確認しました。選ぶ際は9.5mm以下のものを購入してください。

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

2.5インチサイズのノートPC用ストレージ

SSDとHDDをどちらを選ぶかについては、データの保存が目的であれば通常は安くて長期保存向きのHDDを選ぶといいでしょう。

ただし最近はSSDの値段が下がっているので、1TBであればSSDを選ぶのもアリです。SSDのほうがアクセス速度が速く、ファイルの読み書きが迅速に行なわれます。

なおSSDはM.2タイプのものも利用できますが、今回は2.5インチタイプのみ扱います。

パーツ取り付け

まずはSSDをThinkCentre M75q-2 Tiny本体に取り付けます。と言っても作業は簡単です。PCの自作/改造の経験がない人でも、問題なくできるでしょう。なお取り付けの際は静電気でパーツやPCを破損しないよう、鉄のものに触るか手袋をはめるなどして対策しておいてください。

ThinkCentre M75q-2 Tiny 分解

背面のネジをネジを外し、カバーを外します

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

本体内部に収納されている2.5インチ用のブラケット(マウンタ)とコネクター。コネクターがマザーボードに取り付けられているときは、そのまま外さないでください

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

筆者の機体はフラットケーブルが外れていたので、マザーボードのフラットケーブル用SATAコネクターに取り付けます

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

ブラケットを7mm厚のSSDに取り付けた状態。ドライバーなしで固定できます

ThinkCentre M75q-2 Tiny ブラケット

こちらは9.5mm厚のHDDに取り付けた状態

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

フラットケーブルのコネクターをストレージに差し込み、ブラケットを本体内部にセット。カバーを取り付ければ物理的な作業は終了

前モデルでの9~9.5mm厚ストレージの取り付けについて

ThinkCentre M75q-2 Tinyの2.5インチ用ブラケット(マウンタ)は、前モデルThinkCentre M75q-1 Tinyのブラケットと、若干形状が変わっていました。

ThinkCentre M75q-2 Tiny ブラケット

左がM75q-1用で右がM75q-2用

前モデルThinkCentre M75q-1 Tinyでは、9.5mm厚ストレージは使えないという話がありました。しかしかなり無茶なレベルでブラケットをひん曲げれば、9.5mm厚でもなんとか納まります。ただ破損を防止するという観点で、「9.5mm厚は使えない」と表現しても差し支えないでしょう。

ThinkCentre M75q-1 Tiny ブラケット

ThinkCentre M75q-1 Tinyのブラケットにはツメがあるため、9.5mm厚を納めにくくできています

ThinkCentre M75q-1 Tiny ブラケット

プラスチック製のブラケットを強引にひん曲げることで納まりました。ただし推奨はしません

ThinkCentre M75q-1 Tiny ブラケット

ブラケットに入りさえすれば、ThinkCentre M75q-1 Tiny内部にも納まります

認識とドライブ作成

取り付けたストレージは、そのままではWindows 10で使えません。システムに認識させた上で、ドライブとして割り当てる必要があります。

と言ってもこの作業も難しくはなく、ボタンやメニューををポチポチ押すだけ。次の手順のとおりに作業を進めてください。

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

エクスプローラーを起動し、「PC」の右クリ区メニューから「管理」を選択

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

管理ツールが起動したら、「記憶域」の「ディスクの管理」をクリック。「ディスクの初期化」では「GPT」を選び「OK」をクリック

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

追加された未割り当てのディスクの上で右クリックし、メニューから「新しいシンプルボリューム」を選択

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

ウィザードが表示されたら「次へ」

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

自動的に最大容量が割り当てられるので、そのまま「次へ」をクリック

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

ドライブレターを割り当て。とりあえず「D」でOK。ほかのドライブに使っているならE以降の文字を選ぶ。「次へ」をクリック

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

フォーマットの形式はそのままでOK。必要ならボリュームラベルの「ボリューム」を任意の文字に変える。「次へ」をクリック

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

「完了」をクリック

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

Dドライブが新たに追加されました

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

エクスプローラー上でも追加したストレージを確認できます

ThinkCentre M75q-2 Tiny SSD

追加したMX500 1TB SSDのアクセス速度。一般的なHDDよりも2.5~4倍程度高速

これで2.5インチストレージの追加は完了です。

追加したストレージには写真や動画、編集中のデータなどを保存するといいでしょう。また万が一に備えて、システムのバックアップや復元ポイントを取っておくのも有効な使い方です。ThinkCentre M75q-2 Tinyを最小構成で購入するとM.2接続の256GB SSDしか載っていないので、容量不足解消のためにも増設をおすすめします。

当サイトでは2~3万円台の格安PCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ThinkCentre M75q-2 Tiny レビュー
3~5万円台の安いデスクトップパソコンおすすめ機種
デスクトップPCレビュー一覧

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました