最安3万2120円! ThinkCentre M75q-1 Tinyをとんでもなく安く買う方法

ThinkCentre M75q-1 Tiny レビュー
レノボのThinkCentre M75q-1 Tinyは、超コンパクトなデスクトップPCです。片手で持てるほど小さくても性能は十分で、インターフェース類もしっかり用意されています。デスク上でジャマにならない点が大きな魅力です。

ThinkCentre M75q-1 Tiny

ThinkCentre M75q-1 Tiny ※ディスプレイは別売り

ThinkCentre M75q-1 Tiny レビュー:お手頃価格でしっかり使えるコンパクトPC
レノボのThinkCentre M75q-1 Tinyは、コンパクトサイズのデスクトップPCです。片手で持てるほど小さいにもかかわら……

ThinkCentre M75q-1 Tinyには通常モデルよりも安い「価格.com限定モデル」が用意されています。価格.comのページを経由する必要はなく、通常の検索からダイレクトにページを開いても購入可能です。

 ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格com限定モデル

ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格com限定モデル

リンク

ThinkCentre M75q-1 Tiny:価格.com限定 (レノボ公式サイト)

用意されているのはAthlon 300GE Pro搭載のエントリーモデルと、Ryzen 5 Pro 3400GE搭載のパフォーマンスモデルの2種類。そのうち、もっとも割引率が高くてお得なのがパフォーマンスモデルです。月~木曜日は税込5万2690円で販売されていますが、金曜の夕方~翌週月曜の午前6時まで税込4万9720円に値下げされています。

Ryzen 5搭載モデルのスペックは、メモリー容量が8GBでストレージが256GB SSD。CPU性能は特別高くはないものの、普段使いやビジネスには十分です。これだけの性能のPCが5万円未満で買えるのは非常にお得。

ThinkCentre M75q-1 Tiny パフォーマンスモデルのスペック

プロセッサー Ryzen 5 PRO 3400GE
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
インターフェース ギガビット有線LAN、USB3.1×2、USB2.0×3、HDMI、DisplayPort
無線LAN ※オプションで対応可能
サイズ 幅34.5mm
奥行き182mm
高さ179mm
重量 約1.32kg
付属品 USBマウス、USBキーボード、電源ケーブルなど
オフィス なし ※オプションで追加可能

ThinkCentre M75q-1 Tiny パフォーマンスモデルのベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
結果8046
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
結果6331
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
結果3575

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

パフォーマンスモデルをそのまま購入してもいいのですが、パーツをカスタマイズすればさらに安く購入可能です。さらにポイントサービスを利用すれば、実質金額はさらにダウン。ちょっとしたコツさえ知っていれば、驚くほど安く入手できます。

そこでこの記事ではThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定 パフォーマンスモデルを安く&お得に買う方法について紹介します。購入を検討している方は、ぜひチェックしてください。

ThinkCentre M75q-1 Tiny

ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定 パフォーマンス

税込5万2690円 (平日価格)

税込4万9720円 (週末価格)

※2020年7月11日時点、価格や構成は変更されることがあります

パーツカスタマイズでさらに安く

最小構成で利用するパターン

ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定 パフォーマンスは、購入時のパーツカスタマイズ画面で不要なパーツを省略するとさらに安く購入可能です。もっとも安いパターンだと税込3万2120円。SSDの容量は少ないものの、総合的なパフォーマンスを考えれば、信じられないほど激安です。

3万2120円の最安構成

  • ・M.2 ストレージ・カード→128GB M.2 2242 NVMe
  • ・キーボード→キーボードなし
  • ・マウス→マウスなし
  • ・ダスト・シールド→なし
  • ・バーティカルスタンド→なし
  • ・ツールレス (オープンシャーシ)→なし
ThinkCentre M75q-1 Tiny キーボード マウス

標準付属のUSBキーボードとUSBマウス。不要なら省略可能

ThinkCentre M75q-1 Tiny ダストシールド

ホコリの侵入を防ぐダストシールドはフロントパネル側に設置されています

ThinkCentre M75q-1 Tiny スタンド

縦置き設置用のバーティカル スタンド

ThinkCentre M75q-1 Tiny 分解

ツールレスオープン (オープンシャーシ)を有効にするとネジを手で開け閉めできますが、省略すると本体を開ける際にドライバーが必要です

ストレージの容量不足が気になる場合は、自分で2.5インチストレージを追加するといいでしょう。1TB HDDなら5000円程度、500GB SSDなら7600円程度で購入できます。取り付けや認識、フォーマットなどの作業が必要ですが、カスタマイズオプションで追加すると1万3200円かかるのでチャレンジする価値はあります。

Seagate Barracuda 2.5

Seagate Barracuda 2.5

5,280円(08/08 14:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

M.2 SSDを自分で増設するパターン

最小構成ではSSDの容量が128GBしかありません。2.5インチストレージを追加すれば対応できますが、高速なPCIe接続のSSDを大容量で使いたい人もいるでしょう。そのような場合は、ストレージに1TB HDDを選んでください。以下の構成を選択した場合でも、税込価格は3万2120円です。

1TB HDD搭載仕様の構成例

  • ・ハード・ディスク・ドライブ→1TB ハードディスクドライブ
  • ・M.2 ストレージ・カード→なし
  • ・キーボード→キーボードなし
  • ・マウス→マウスなし
  • ・ダスト・シールド→なし
  • ・バーティカルスタンド→なし
  • ・ツールレス (オープンシャーシ)→なし

SSDを自分で購入する場合は、M.2 PCIe (NVMe)タイプを選んでください。最近は容量が大きくても安いので、大容量タイプをおすすめします。

快適に利用するには、HDDの内容をSSDにコピー (クローン)したあと、起動ドライブをSSDに変更する必要があります。クローンについては、以下のリンクから関連記事を参考にしてください。起動ドライブの変更はBIOS画面から行なえます。

ThinkPad E580でSSD換装&メモリー増設! 手順や効果を解説
ThinkPad E580のストレージをHDDからM.2 SSDに交換してみました。そのメリットと作業の手順、注意事項などを解説しま……

おすすめの追加オプション

最小構成時は無線LANやBluetoothに対応していません。有線LANでネットにつなげられますが、無線LANを利用したい場合は「ワイヤレスLAN / Bluetooth」のなかからいずれかのオプションを選択してください。

ThinkCentre M75q-1 Tiny 無線LAN

特にこだわりがないならどれを選んでもOK

予算に余裕があるなら、メモリー容量を16GBに増設するといいでしょう。ただしカスタマイズオプションから16GBにアップグレードするのは割高。それほど難しくはないので、自分でメモリーを増設してみてはいかがでしょうか。

標準では8GBのモジュールが使われているので、あと8GB足せば16GBで利用できます。ただし同じメモリーを2枚使ったほうがパフォーマンスが高くなるのでおすすめです。余ったメモリーはなにかに使ってください。

メモリーを16GB以上に増設した場合、電源アダプターを65Wから135Wに変えるとパフォーマンスが向上すると言われています。特にグラフィックス性能がパワーアップするようです。気になる人は試してみてはいかがでしょうか。

リンク

ThinkCentre 135W ACアダプター(スリムチップ)

楽天リーベイツでポイント獲得

楽天リーベイツとは、楽天市場以外のショップで購入してもポイントをもらえるサービスです。楽天リーベイツのページを経由してレノボの公式サイトでThinkCentre M75q-1 Tinyを買うと、2~20%ぶんの楽天スーパーポイントが還元されます。

リンク

楽天リーベイツに登録する

楽天リーベイツから価格.com限定モデルのページを開くのは面倒なので、先ほどのカスタマイズ画面で選択した内容を保存しておきましょう。カート画面で「カート保存」を選択するとカスタマイズ内容が記録され、あとで同じ状態に戻すことができます。

ThinkCentre M75q-1 Tiny カート保存

カート画面でカスタマイズ内容を保存します。保存には無料の会員登録が必要

ThinkCentre M75q-1 Tiny カート

「マイアカウント」の「カート履歴」から保存したカスタマイズ内容を復元可能です

そのあと楽天リーベイツのページを開き、レノボの公式サイトを開いてからカートを復元して注文するという流れです。

ThinkCentre M75q-1 Tiny リーベイツ

楽天リーベイツのメニューから「カテゴリー一覧」→「家電・パソコン」を選び、一覧から「レノボ・ショッピング」を選びます

ThinkCentre M75q-1 Tiny リーベイツ

「スグにストアに進む」を押します

ThinkCentre M75q-1 Tiny マイアカウント

レノボの公式サイトに移動したら、マイアカウントを開きます

ThinkCentre M75q-1 Tiny マイアカウント

カート履歴から先ほど保存した内容を復元します

楽天のポイントは不要、あるいは手続きが面倒という場合は、リーベイツを経由せずに購入するといいでしょう。ただしタイミングによっては還元率が10~20%になることもあり、その場合3000~6000円ぶんのポイントをもらえます。かなりお得なので、リーベイツの利用をおすすめします。

リンク

楽天リーベイツに登録する

3万円台のPCでは最高クラスの性能

ThinkCentre M75q-1 Tiny 外観
ThinkCentre M75q-1 Tiny Ryzen 5モデルの最小構成価格は税込3万2120円。他社製品なら5万円以上は確実で、さらにとてもコンパクトである点も魅力です。同価格帯のPCのなかではトップクラスの性能と言っていいでしょう。小さくてコスパの高いデスクトップPCとしておすすめします。

ThinkCentre M75q-1 Tiny

ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定 パフォーマンス

税込5万2690円 (平日価格)

税込4万9720円 (週末価格)

※2020年7月11日時点、価格や構成は変更されることがあります

ThinkCentre M75q-1 Tiny レビュー:お手頃価格でしっかり使えるコンパクトPC
レノボのThinkCentre M75q-1 Tinyは、コンパクトサイズのデスクトップPCです。片手で持てるほど小さいにもかかわら……

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、ぜひフォローをお願いします。

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました