Windows 11 Homeの初期設定時にローカルアカウントを作成する(Microsoftアカウントでサインインしない)方法

Vostro 3510

※2022年4月11日追記

この記事で紹介している方法は、将来的に使えなくなるようです。代わりに以下の方法を試してみてください



※追記終わり

Windows 11 Homeでは、PCの初期設定時にMicrosoftアカウントでのサインインを求められます。しかしあらかじめPCをネットから切断しておけば、ローカルアカウントでの初期設定とサインインが可能です。

Windows 11 セットアップ

まずはPCを起動して、初期設定を始めます

Windows 11 セットアップ

初期設定ではネットにつながないと先に進めません

Windows 11 セットアップ

有線または無線(Wi-Fi)でネットに接続します

Windows 11 セットアップ

ネットにつながったら、「次へ」をクリック

Windows 11 セットアップ

ここですかさずネットから切断します。有線の場合はケーブルを抜き、無線の場合はルーター(親機)の電源をオフにするかWAN接続のケーブルを抜いてください

Windows 11 セットアップ

この画面が表示されたらしばらく待ちます

Windows 11 セットアップ

ライセンス契約画面で「同意」をクリック

Windows 11 セットアップ

「このデバイスを使うのはだれですか?」と表示されれば成功です

Windows 11 セットアップ

あとは画面の指示に従いながら設定を行なえば、ローカルアカウントでWindows 11にサインインできます

Windows 11 Proの場合は「Microsoftアカウントを追加しましょう」の画面で「サインインオプション」を選ぶと、ローカルアカウント(オフラインアカウント)でサインインできます。

なお有線LAN端子のないPCでは有線LAN端子対応のUSBアダプターを使えば、わざわざ無線を無効化する必要はありません。何台もPCを設定(キッティング)する人におすすめのワザです。もしくはスマホやタブレットのテザリングで、接続 / 切断を行なうのもいいでしょう。

Windows 11 セットアップ

USB接続の有線LANアダプターがあれば、ネットからの切断がお手軽

Windows 10の初期設定でローカルアカウントを作成する方法については、以下のリンクから関連記事をご覧ください。

Windows 10の初期化時にMicrosoftアカウントでの強制サインインを回避する方法 (ローカルアカウントを作成する方法)
※2022年1月12日 追記 Windows 11 Homeについては、以下のリンクから関連記事をご覧ください。 ……

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!