アフィリエイト広告

新型POCKETALK W登場!画面が大きくなって使いやすくなった小型翻訳機

POCKETALK W

ポケトークWのアップデートについて

2019年1月25日にソースネクストが総務省から要請を受けた電波法によって定められている技術基準への適合措置については、同日に配信されたソフトウェアのアップデートによって解決します。お手持ちのポケトークWに最新のアップデートが適用されていない場合は、ポケトークWをWi-Fiに接続した上でアップデートを実行してください。

「POCKETALK W」ソフトウェア更新のお知らせ(2019/01/25)
ポケトークWのWiFi接続方法
ポケトークW ソフトウェア更新(システムアップデート)の手順

ソースネクストは2018年7月26日、小型翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)」の新モデルとして「POCKETALK W(ポケトークW)」を発表しました。価格はグローバル通信2年付き(グローバルSIM付き)モデルが税別2万9880円、Wi-Fiモデルが税別2万4800円。発売日は2018年9月7日で、公式サイトでは予約販売が始まっています。

 

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

新モデル「POCKETALK W」の大きな特徴は、液晶ディスプレイが大型化されさらにタッチ操作に対応した点です。また対応言語が旧モデルの63言語から74言語に増えています。

POCKETALK W対応言語一覧

 

タッチ操作に対応したほか、画面が大きくなったので使いやすくなりました

 

そのほかの特徴については、以下のとおりです。

 

POCKETALK Wのポイント

  • ・4G LTE対応で翻訳速度が平均2.5倍に向上
  • ・Bluetoothで外部スピーカーに接続可能
  • ・音声で言語を切り替えられる
  • ・eSIM内蔵でSIMカードの交換が不要(同梱モデルのみ)
  • ・充電端子がUSB Type-Cに変わった
  • ・翻訳履歴をほかの端末のブラウザーで確認可能に
  • ・スピーカーが0.8W×1から1.5W×2にパワーアップ

 

従来のPOCKETALKとの違いは、以下の表のとおりです。本体サイズはほとんど変わりませんが、重さが10g重くなっています。

 

POCKETALK WとPOCKETALKの比較

POCKETALK W
POCKETALK W
POCKETALK
POCKETALK
税別価格 2万4800円から 2万4800円から
液晶ディスプレイ 2.4インチ(320×240ドット) 1.3インチ(320×320ドット)
SIMカードスロット ナノSIM/内蔵eSIM(同梱モデルのみ) ナノSIM
Bluetooth 対応 ※対応しているが使用不可
Wi-Fi 対応 対応
充電端子 USB Type-C microUSB
サイズ 幅59.8mm
奥行き110mm
厚さ15.8mm
幅60mm
奥行き110mm
厚さ16mm
重さ 約100g 約90g
ストラップホール あり なし

 

個人的には画面が大きくなって、しかもタッチ操作に対応したのがかなりうれしいですね。前モデルは正直なところ使いづらかったですから。

 

POCKETALK W(左)は、前モデルに比べて画面サイズが約3.2倍に大型化されています

 

またスピーカー出力が0.8W×1から1.5W×2に変わったことで、より大きな音で音声を再生できるようになった点もポイントです。前モデルでは屋内では十分だったものの、騒がしい屋外ではちょっと聞き取りづらかったこともありました。

 

個人的に気になるのは、グローバル通信2年付きモデルに「eSIM」が内蔵されている点です。eSIMとは端末に内蔵されているSIMカード代わりのもの。従来はグローバルSIMを使うために小さなナノSIMカードをPOCKETALKにセットする必要がありましたが、eSIM内蔵モデルではカードを抜き差しする必要がありません。更新をどのように行なうのかは不明ですが、面倒な作業が不要となるのはうれしいですよね。

 

筆者はPOCKETALKのグローバルSIM付きモデルを持っているためPOCKETALK WはWi-Fiモデルでいいかなと思っていたのですが、グローバル通信2年付きモデルがeSIM内蔵ということに気がついて注文し直しました。

POCKETALK Wの注文手順

POCKETALK Wはスマホやタブレット、パソコンのブラウザーから注文できます。まずは公式サイトにアクセスしてください。

公式サイトのトップページから、以下の手順で注文します。

 

トップページの「ご予約はこちら」を押して、次のページで「予約する」を押します

 

SIM付きモデルを選ぶ場合は「グローバル通信2年付き」を押して黄色くします。Wi-Fiモデルの場合は「グローバル通信なし」を押して黄色い状態にしてください。このあと画面下部の「次へ」を押します

 

本体カラーと専用ケースの色を選び、「次へ」を押します

 

本体カラーとしてはホワイトとブラック、ゴールドの3色が用意されています

 

専用ケースは全部で7色。毛0スがいらない場合は「選択しない」を選びます

 

画面保護シールとアクセサリー類の有無を選びます。選択し終わったらそれぞれの画面で「次へ」を押してください

 

有料保証サービスの有無を選びます。「申し込む」または「申し込まない」のどちらかを押して黄色い状態にしたあと、「次へ」を押します

 

注文内容が表示されます。内容に間違いがなければ「上記内容で購入手続きへ」を押します

 

ここからは発送先と支払い方法を入力します。過去にソースネクストで買い物をしたことがあるなら、ソースネクストIDとパスワードを入力してください

 

名前やメールアドレス、住所などのほかに、ソースネクストID用のパスワードを入力します

 

支払い方法を選択します。クレジットカードの場合はカード番号や有効期限などを入力してください。コンビニ払いや代引きなども利用できます

 

すべて入力し終わったら「注文」を押します

 

個数や色を間違って注文してしまった場合は、以下の問い合わせフォームから注文をキャンセルできます。

また注文時に「3Dセキュア認証がキャンセルされました」と表示される場合は、ブラウザーをパソコンのインターネットエクスプローラーに変えて再度注文しなおしてみてください。

 

使用しているクレジットカードによっては、Google Chromeなどのブラウザーで注文できない場合があります

 

筆者はPOCKETALK Wを注文しましたので、製品が届きしだい詳しいレビュー記事を公開する予定です。当サイトのtwitterアカウントでは更新情報などをつぶやいていますので、いち早く情報を入手したい方はフォローをお願いいたします。。

ポケトークW(POCKETALK W)購入レビュー:翻訳精度や使いやすさ&使いみちを徹底チェック!
ソースネクストの「ポケトークW(POCKETALK W)」は、手のひらサイズの音声翻訳機です。たとえば海外旅行に行ったときに現地の言葉がわからなくても、ポケトークWを使えば言いたいことを相手に使えることができます。外国語がわからなくても全然...
記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
ニュース
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました