ポケトークWで初代ポケトーク(旧モデル)のグローバルSIMカードを使う方法

ポケトークWで初代ポケトーク(旧モデル)のグローバルSIMカードを使う方法

ポケトークW(POCKETALK W)はスマホと同様にSIMカードでデータ通信を行ない、ネットの翻訳サービスを利用して音声を翻訳します。

2種類のモデルのうちグローバル通信2年付きモデルでは「eSIM」と呼ばれるSIMカードを内蔵しているため、別途SIMカードを用意する必要はありません。しかしグローバル通信なし(SIMなし)モデルをWi-Fiのない環境で使うには、データ通信が可能なSIMカードが必要です。

MVNOの格安SIMを利用してもいいのですが、もし古いポケトークの「専用グローバルSIM(2年)」を持っているなら、そのSIMカードをそのままポケトークWで利用するのもアリです。実際に試してみましたが旧モデルのSIMカードはLTE通信に対応しているため、ポケトークW内蔵のeSIMと通信速度はほぼ変わりませんでした。

ポケトーク SIMカード

初代ポケトークの専用グローバルSIM(2年)

まだ利用期間は残っているはずですから、このSIMカードをそのまま使えばポケトークWへの買い替え費用を安く抑えられます。余った旧モデルの本体は、買い替え応援キャンペーンiconで下取りに出すといいでしょう。SIMカードなしの状態なら1万25000円で買い取ってもらえるので、さらにお得です。

関連リンク

そこで今回は旧モデルの古いポケトークを持っている人のために、新しいポケトークWで専用グローバルSIMを使う方法について解説します。

古いポケトークからSIMカードを外す

まずは前モデルのポケトークにセットされている専用グローバルSIMを本体から取り外します。前モデルを専用グローバルSIMなしで購入した場合は、SIMカードはありません。

旧ポケトーク カバーの取り外し

①旧ポケトークの背面にある「SIM」と書かれたカバーを外します

旧ポケトーク SIMカードの取り外し

②金具を上方向に少しずらします

旧ポケトーク SIMカードの取り出し

③軽い力で金具を持ち上げ、SIMカードを取り出します

旧ポケトーク グローバル通信SIM

④取り出したナノSIMサイズのカード。金属部分には触れないようにしてください

ポケトークWにSIMカードをセットする

次に、取り出したSIMカードをポケトークWににセットします。トラブルを防ぐためにあらかじめポケトークWの電源を落とし、さらにほかの物に触れるなどして体から静電気を逃しておきましょう。

ポケトークW 初期設定 電源を入れる

①作業の前に右側面の電源ボタンを長押しして、電源をオフにします

ポケトークW SIMカードのをセット

②左側面(裏側からは右側面)のカバーを外し、SIMカードを写真の向きでセットします

ポケトークW SIMカードのをセット

③背面からはこんな感じ

ポケトークW SIMカードをセット

④前面からはカードの金属部分が見えるようにセットします

ポケトークW SIMカードをセットした状態

⑤カチッと音がするまで奥に押し込みます。取り出す際はさらにSIMカードを押してロックを解除してください

ポケトークW 電源を入れる

ふたたび電源ボタンを長押しして、電源をオンにします

SIMカードを有効にする

SIMカードを本体に挿しただけではまだ利用できません。データ通信を行なうために、SIMカードを有効にする必要があります。

旧ポケトークから取り出した専用グローバルSIMであれば、APNやユーザー名、パスワードなどを入力する必要はありません。ただしMVNOの格安SIMなどを使う場合は、APNなどの接続情報を手動で入力する必要があります。

ポケトークW 設定画面を開く

①画面左上のハンバーガーアイコン(三本の横選)をタッチして、設定画面を開きます

ポケトークW データ通信の設定

②左上の「データ通信」をタッチします

ポケトークW SIMカードの選択

③「SIMスロット」と書かれた部分をタッチます ※「内蔵グローバルSIM」と表示されているのは、グローバル通信付きモデルで検証しているためです

ポケトークW SIMカードの選択

④「SIMスロット」が選択されたら、もう一度この部分をタッチします

ポケトークW APNの有効化

⑤「POCKETALK SIM」の右側にある「◯」をタッチして有効にしたあと、左上の「<」タッチして前の画面に戻ります

ポケトークW SIMカードを有効化

⑥1分程度待つと、スロットにセットしたSIMカードが有効になります。画面左上の「<」をタッチして設定画面に戻れば、作業は完了です

旧モデルのSIMカードをセットしても、データ通信のアンテナには「4G」と書かれていました。どうやら旧モデル本体は3G通信にしか対応していないかったものの、専用グローバルSIMは3G通信とLTE通信に対応していていたようです。

ポケトークW 旧モデルのSIMカードはLTE対応

旧モデルのSIMカードをセットしても、「データ通信」の部分には「4G」と表示されています

試しにポケトークW内蔵のeSIMと旧モデルの専用グローバルSIMで翻訳速度を比較したところ、スピードはほぼ変わりませんでした。

調べてみると、どうやらソラコムの「グローバル向けAir SIM (カード型 SIM)」が使われているようですね。このSIMカードは3GとLTEのほかに2GBにも対応しています。

関連リンク

ということで、今回はポケトークWで旧モデルの専用グローバルSIMを使う方法いついて紹介しました。

当サイトでは今後も、ポケトークWの詳しい使い方や翻訳精度の検証結果などを公開していく予定です。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

ポケトークW

ポケトークW

税込2万6870円(SIMなし)

税込3万2270円(SIM付き)

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました