Acer Chromebook 712 C871T-A38Nレビュー:頑丈で壊れにくく高性能なお手ごろ12インチ

Acer Chromebook 712 C871T-A38Nレビュー
エイサーのAcer Chromebook 712 C871T-A38Nは、12インチのディスプレイを搭載するノートPCです。外観はややゴツいのですが、とにかく頑丈である点がポイント。持ち歩き用や子供用のノートPCにも向いています。

Acer Chromebook 712 C871T-A38N

Acer Chromebook 712 C871T-A38N

Acer Chromebook 712 C871T-A38Nのスペック

OS Chrome OS
画面サイズ 14インチ
解像度 1366×912
CPU Core i3-10110U
メモリー 8GB
※オンボード
ストレージ 32GB eMMC
HDD なし
グラフィックス UHD(CPU内蔵)
LTE
堅牢性テスト MIL-STD 810G
色域 / 明るさ
幅×奥行き 296×229mm
厚さ 21.5mm
重量 約1.4kg
バッテリー 約12時間
自動更新ポリシー 2028年6月

※2021年7月22日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ブラック
画面の表面 非光沢
パネルの種類 IPS
タッチ / ペン タッチ対応
光学ドライブ
テンキー
有線LAN
無線LAN Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0
USB3.1
USB3.0 1
USB2.0
USB Type-C 2(USB3.1 Gen1、PD/DP対応)
Thunderbolt 4
メモリーカード microSD
HDMI
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ HD 720p(92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー
付属品 ACアダプターなど
オフィス なし

この記事では筆者が購入したAcer Chromebook 712 C871T-A38Nの実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

Acer Chromebook 712

Acer Chromebook 712 C871T-A38N

4万5000円前後

※2021年7月22日時点

※本製品はChrome OSを搭載したノートPCです。Windows向けのソフトは利用できないので注意してください。

ラインナップについて

エイサーのChromebook 712シリーズには、全部で4種類のモデルが用意されています。それぞれの違いは、CPUとメモリー/ストレージの容量のみ。重量やサイズ、インターフェース構成などは同じです。微妙にわかりづらいので、購入の際はこの3点に注意してください。

Chromebook 712のラインナップ

型番 CPU メモリー eMMC
C871T-A38P Core i3-10110U 8GB 64GB
C871T-A38N Core i3-10110U 8GB 32GB
C871T-A14P Celeron 5205U 4GB 64GB
C871T-A14N Celeron 5205U 4GB 32GB

デザインと使いやすさ

外観について

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 外観

Acer Chromebook 712 C871T-A38Nの最大の特徴は、”頑丈”である点です。

米国防総省制定の耐久基準「MIL-STD 810G」準拠で、高さ約122cmからの落下にも耐える高い堅牢性(壊れにくさ)を誇ります(絶対に壊れないわけではありません)。キーボードは耐水仕様で、最大330mlの水をこぼしても底面下部から排水可能。丈夫で壊れにくく作られています。

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 側面

側面には落下時の衝撃を軽減するゴム製バンパー

Acer Chromebook 712 C871T-A38N ディスプレイ角度

ディスプレイは最大180度まで開閉可能。勢いよく開いても、ヒンジが壊れることがありません

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 排水機構

底面部に設けられた排水用の穴。キーボードに水をこぼしても、この部分から排水可能です

頑丈である点を重視しているため、外観はかなりゴツく作られています。本体は厚くベゼルも太め。ボディは樹脂(プラスチック)製で、安っぽく感じられました。「ゴツいけど超頑丈」を許容できる人向けです。

Acer Chromebook 712 C871T-A38N カラー

本体カラーはブラック。ボディには樹脂(プラスチック)が使われています

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 天板

天板はザラつきのある手触り。グリップ感を高めることで、落下を防止するためだと思われます。指紋や油脂の跡が少し目立ち気味

Acer Chromebook 712 C871T-A38N パームレスト

パームレストも天板と同じ仕上がりですが、こちらのほうがやや固めに作られています

Acer Chromebook 712 C871T-A38N ベゼル

ベゼルは極太。左右の太さ20mm以上で、狭額縁デザインの機種と比べると2~3倍以上の太さです

HP Chromebook 14a ベゼル

こちらは狭額縁デザインのHP Chormebook 14a。左右のベゼルは8mm程度

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 排気口

排気口は背面部分。使用中はディスプレイに温風が当たります

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 底面

底面部には排気口。格子状のテクスチャー加工により、グリップ感が高められています

Acer Chromebook 712 C871T-A38N サイズ

設置面積は幅(横方向)296mm×奥行き(縦方向)229mm

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 厚さ

厚さは実測で21.7mm、ゴム足を含めた設置時の高さは25.4mm

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 背面

本体背面。かなり分厚い印象です

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 前面

本体前面

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 重さ

重さは実測で1.315kg。十分持ち歩ける範囲

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 電源アダプター

付属の電源アダプターは45WのType-C。重さは260g

ディスプレイについて

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 画面サイズ

ディスプレイのサイズは12インチで、解像度は1366×912ドット。アスペクト比(画面の縦横比率)が3:2で、一般的な16:9よりも縦長です。そのぶん文章の表示行数が増えるので、作業効率がアップすると言われています。

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 画面

拡大率は100%の等倍表示。文字はやや小さめです

ディスプレイには、自然な発色と広い視野角が特徴のIPSパネルが使われています。格安機種でよく使われるTNパネルに比べると色にメリハリがあり、色合いも自然です。

ただし普通のWindowsノートPCと比べると、映像品質はやや劣り気味。画面がわずかに暗く、文字もかすれたように見えました。とは言え非光沢のタッチパネルはコントラストが低くなりがちなので、ある程度は仕方がないかもしれません。

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 映像品質

一見すると違和感のない映像ですが、ほかのPCと比べると画面が暗く色もやや寒色系です

TNパネルとIPSパネルの色合いの違い

TNパネルとIPSパネルの色合いの違い ※写真は別の機種

Acer Chromebook 712 C871T-A38N コントラスト

コントラストも低めで、色のメリハリがあまり感じられません

キーボードについて

Acer Chromebook 712 C871T-A38N キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列で、バックライトには非対応です。キー配列はほぼ標準的ですが、EnterキーとBackSpaceキー、「¥」キーがかなり小さく作られています。筆者の場合Enterキーの下部が小指よりも狭いので、若干押しづらく感じました。小指を右上方向にズラすことを意識したほうがいいかもしれません。

ちなみに、電源ボタンはキーボード右上に配置されています。押し間違えることがあるかもしれませんが、長押ししないと反応しないので問題はありません。

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 配列

Enterキー周りがやや窮屈

キーピッチは実測で19mm。キーボードとしては標準的な間隔です。キーストロークは実測で平均1.46mm。キーを押し込んでいる最中に一度止まり、さらに押し込むとわずかに沈むように感じました。この作りによりストロークがやや浅く感じるものの、キーを叩いたときの底打ち感はあまりありません。また指を押し戻す力もわずかに感じられ、指の上げ下ろしを意識しなくても普通に入力できます。軸にわずかなブレがあるものの、格安機種としては悪くないタイプ感です。

Acer Chromebook 712 C871T-A38N タイプ感

ストローク感はやや浅めですが、底打ち感は控えめ。手応えもしっかりと感じられます

タイプ音は軽い力でもカツカツと聞こえます。特に高音域の音が気になりました。強く叩くとドンドンと響くので、軽いタッチ推奨です。

Acer Chromebook 712 C871T-A38N タイプ音

軽い力でもカツカツと聞こえます。周囲への配慮が必要かもしれません

インターフェース/機能について

Acer Chromebook 712 C871T-A38N インターフェース

インターフェース構成は控えめですが、格安タイプとしては標準的です。USB端子は合計3ポートで、うち1ポートがフルサイズ、残り2ポートがType-C。あとはmicroSDカードスロットとヘッドホン端子が用意されています。やや物足りない印象ですが、最近はワイヤレスの周辺機器も多いので、それらを使えば問題ないでしょう。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 △ ※低電力
USB PD 30W充電
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
USB PD 100W充電
映像出力

Acer Chromebook 712 C871T-A38N スピーカー

スピーカーは底面配置。こもり気味で厚みのない安っぽい音ですが、ビデオ会議や音声通話には問題なく使えるでしょう

ベンチマーク結果

ここからは、Acer Chromebook 712 C871T-A38Nのパフォーマンス (性能)について解説します。ベンチマーク結果は環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがある点をあらかじめご了承ください。

試用機のスペック

型番 C871T-A38N
CPU Core i3-10110U
メモリー 8GB
ストレージ 32GB eMMC
グラフィックス UHD Graphics(CPU内蔵)

Octane 2.0

CPUとしては、インテルの第10世代Core i3-10110U(2コア4スレッド)が使われています。位置付け的にはミドルレンジ(中級)向けですが、JavaScritの処理速度を計測する「Google Octane 2.0」を試したところ、ハイエンド向けのCore i7搭載機と変わらない結果が出ました。Chrome OSはブラウザーベースで作業する機会が多いので、その点においてはコスパが高いと言えます。

ベンチマークスコアの比較

CPU Octane 2.0スコア
HP x360 13c (Core i7-10510U)
48847
ASUS Flip C436FA (Core i7-10510U)
48443
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
44600
HP x360 14c (Core i3-10110U)
43914
HP x360 14 (Core i5-8250U)
34408
HP 14a(Pentium N5030)
21124
HP 14b (Pentium N5000)
19455
Acer CB311 (Celeron N4020)
16911
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
16810
IdeaPad Slim 350i (Celeron N4020)
15729
ASUS C223NA (Celeron N3350)
11585
S330(MT8173C)
11460
Acer Tablet CT100PA(OP1)
10490
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
10076
IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
9934
Acer Spin 311 (MediaTek M8183C)
9870

CrXPRT 2

「CrXPRT 2」はChrome OS機器の総合性能の計測する、HTML 5ベースのベンチマークテストです。Core i5 / Core i7搭載機では未計測のためハイエンド機種との違いはわかりませんが、Celeron / PentiumあるいはArm系CPU(MediaTekなど)搭載のエントリー(入門)向け機種よりもはるかに高性能です。

ベンチマークスコアの比較

CPU CrXPRT 2 Performanceスコア
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
110
HP 14a(Pentium N5030)
70
HP 14b (Pentium N5000)
66
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
55
IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
40
ASUS CM3 (MediaTek MT8183)
39
ASUS C223NA (Celeron N3350)
37

GeekBench 5

Core i3-10110Uは2コア4スレッドのCPUです。CPUのマルチコア / シングルコア性能を計測する「GeekBench 5」ではエントリー向けCPUと変わらない結果が出ていますが、これはエントリー向けのなかに4コアあるいは8コアのCPUが含まれているため。ただし純粋にCPU性能が求められる重い処理では、Core i5やCore i7には劣ります。とは言え一般的な使い方であれば、そこまで高い性能が必要とされる場面は少ないでしょう。

ベンチマークスコアの比較

CPU Geekbench 5 マルチコアスコア
ASUS Flip C436FA (Core i7-10510U)
3626
HP x360 13c (Core i7-10510U)
3146
HP x360 14 (Core i5-8250U)
2938
HP x360 14c (Core i3-10110U)
2209
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
1812
HP 14b (Pentium N5000)
1503
HP 14a(Pentium N5030)
1428
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
1422
IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
1403
Acer Spin 311 (MediaTek M8183C)
918
Acer CB311 (Celeron N4020)
899
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
880
ASUS C223NA (Celeron N3350)
514

ベンチマークスコアの比較

CPU Geekbench 5 シングルコアスコア
HP x360 14c (Core i3-10110U)
1015
HP x360 14 (Core i5-8250U)
921
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
826
HP 14a(Pentium N5030)
511
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
461
HP 14b (Pentium N5000)
447
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
301
IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
292
ASUS C223NA (Celeron N3350)
270

PCMark / 3DMark

アプリによる軽めの作業の快適さを計測するPCMarkでは、エントリー向け機種とあまり変わらないスコアでした。CoreプロセッサやCeleron / Pentiumなどのx86系CPUは、ARM系に比べてアプリとの相性が強く影響します。そのあたりが影響しているのかもしれません。それでも、いま市場に多く出回っているARM系搭載格安機種よりは高性能です。

ベンチマークスコアの比較

CPU PCMark Work 2.0スコア
ASUS Flip C436FA (Core i7-10510U)
11966
HP x360 14c (Core i3-10110U)
11792
HP x360 14 (Core i5-8250U)
10653
HP x360 13c (Core i7-10510U)
10010
HP 14a(Pentium N5030)
9455
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
9150
HP 14b (Pentium N5000)
8714
Acer CB311 (Celeron N4020)
8564
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
8249
IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
6743
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
6655
Acer Spin 311 (MediaTek M8183C)
6307
ASUS C223NA (Celeron N3350)
5195

グラフィックス性能を計測する3DMarkでは、そこそこ高めの結果でした。3Dグラフィックスではメモリー性能が強く影響するので、その点が原因かもしれません。もちろんCPU内蔵のグラフィックス機能が、ほかの格安CPUよりも高性能という理由もあります。

ベンチマークスコアの比較

CPU 3DMakr Sling Shotスコア
HP x360 13c (Core i7-10510U)
5522
ASUS Flip C436FA (Core i7-10510U)
4648
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
4243
HP x360 14c (Core i3-10110U)
4172
HP 14b (Pentium N5000)
2780
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
2538
HP 14a(Pentium N5030)
2203
Acer CB311 (Celeron N4020)
1871
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
1796
Acer Spin 311 (MediaTek M8183C)
1458
ASUS C223NA (Celeron N3350)
1445

起動時間

電源オフの状態から電源ボタンを押してパスワード入力画面が表示されるまでの時間を計測したところ、平均で8.12秒でした。Chromebookとしては標準よりもやや速めの結果です。Windows PCではSSD搭載機種で平均15秒前後、速い機種でも8~9秒程度。待たされている感はほとんどありません。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 8.7秒
2回目 9.0秒
3回目 7.8秒
4回目 7.6秒
5回目 7.5秒
平均 8.12秒

とにかく頑丈なミドルレンジ

Acer Chromebook 712 C871T-A38N 感想

よかった点

頑丈で壊れにくく、その上高性能な点が魅力です。実売価格は4万5000円程度。セールの際には大きく値引きされたり、大量のポイント還元でよりお得に購入できることがあります。それらをうまく使えば、非常にコスパの高い機種です。2~3万円の激安機種を選ぶよりも、Acer Chromebook 712 C871T-A38Nのほうが結果的には満足感が高いでしょう。

気になる点

最大の弱点は、カッコよくない点です。また基本的には格安機種よりもサクサク動きますが、高速というほどではありません。なにかの拍子に一瞬の間を感じることがたびたびありました。

それと起動時に、空冷ファンの音が少し聞こえます。うるさくはないのですがChromebookにはファンレスも多いので、ほかと比べて気になる程度です。

Acer Chromebook 712

Acer Chromebook 712 C871T-A38N

4万5000円前後

※2021年7月22日時点

アマゾンではCore i3 + 8GBメモリー + 64GB eMMCモデルが、4万5000円前後で販売されています(2021年7月22日時点)。

楽天ではCore i3 + 8GBメモリー + 32GB eMMCモデルが4万7000円程度、Core i3 + 8GBメモリー + 64GB eMMCモデルが5万円前後で販売中です。タイミングや条件によってはポイント還元を含めて実質3万円台で購入できる場合があります。

リンク

楽天でAcer Chromebook 712 C871T Core i3モデルを探す

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

Chromebook関連記事一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!