デル ALIENWARE AREA-51 レビュー:最大18コアCPU搭載の超高性能&超巨大なゲーミングPC

デル ALIENWARE AREA-51 レビュー

デルのALIENWARE AREA-51は、非常に存在感のあるデスクトップPCです。本体が巨大であるだけでなく、中身は激しく高性能。最大18コアのCPUに対応する超ハイパフォーマンスモデルなモデルです。

ALIENWARE AREA-51の概要

【主なスペック】CPU:Core i7(6~18コア) / メモリー:8~64GB / ストレージ :SSD / HDD/グラフィックス:GeForce GTX 1050 Ti/1060/1070/1080/1080Ti ※SLI対応

今回はメーカーからお借りした実機を使って、ALIENWARE AREA-51のベンチマーク結果や本体デザインなどをレビューします。

※この記事で取り上げているモデルは2017年9月発売のAREA-51 R4で、現在は2018年2月発売の新モデルAREA-51 R5が発売されています。本体デザインやスペックはほぼ変わりませんが、新モデルのほうが冷却性が高くなっています

デルのデスクトップPCおすすめ機種&セール情報まとめ
高品質&高コスパでなデル製デスクトップPCのなかからおすすめモデルと、現在実施中のセール価格を紹介します。 ※夏のボーナスセール実施中! ……

ALIENWARE AREA-51のスペック

ALIENWARE AREA-51にはあらかじめパーツ構成が決められたモデルと、フルカスタマイズに対応したモデルが用意されています。選択可能なパーツの種類は以下のとおり。カスタマイズなしの最小構成なら税込28万円台からですが、最上位パーツを選ぶと100万円以上になります。それだけ豊富で柔軟なカスタマイズが可能というわけです。

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i7-7800X(6コア)/ Core i7-7820X(8コア) / Core i7-7900X(10コア) / Core i7-7920X(12コア) / Core i7-7940X(14コア) / Core i7-7960X(16コア) / Core i7-7980XE(18コア)
メモリー 8~64GB
ストレージ 2TB HDD または 256~1TB SSD ※SSD+HDD構成も可能
グラフィックス GeForce GTX 1050 Ti(4GB) / GTX 1060(6GB) / GTX 1070(8GB) ※SLI対応 / GTX 1080(8GB) ※SLI対応 / GTX 1080 Ti(11GB) ※SLI対応
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 1000BASE-T対応有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1
インターフェース USB3.1 Gen1(フルサイズ)✕8(前面✕2+背面✕6)、USB3.1 Gen2(フルサイズ)✕1(背面)、USB3.1 Gen2(Type-C)✕1(背面)、USB2.0✕2(背面)、HDMI、DVI、DisplayPort、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、SPDIFデジタル出力、ヘッドホン出力、オーディオ端子類
拡張スロット PCI Express x16✕2、PCI Express x8✕2、PCI Express x4✕1
ドライブベイ 3.5インチ✕3、2.5インチ✕2
電源 850 / 1500W
サイズ/重量 幅638.96×奥行き272.71×高さ569.25mm/約28kg

※2018年2月27日時点。構成や価格は変更される場合があります

18コアCPU

試用機では18コアのCore i7-7980XEが使われていました

3DMarkベンチマーク結果

今回のテストでは、ALIENWARE AREA-51 スプレマシー VRモデルを試用しました。主なスペックは以下のとおり。標準価格65万9980円(税別)の超ハイエンドな最上位モデルです。

■試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-7980XE(18コア)
メモリー 32GB
ストレージ 512GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1080 Ti(11GB)

3D性能を計測する「3DMark」では、非常に優れた結果となりました。

3dmark-001-timespyTime Spy(DX12) 9,294
3dmark firestrikeFire Strike(DX11,FHD) 23,933
3dmark firestrike extremeFire Strike Extreme(DX11,WQHD) 12,684
3dmark firestrike ultraFire Strike Ultra(DX11,4K) 6,791
3dmark skydiverSky Diver(DX10) 60,763
3dmark cloudgateCloud Gate(DX10) 45,288
3dmark icestormIce Storm(DX9) 164,738

VR性能を計測するVRMarkでは、標準的なテストである「Orange Room」で「SUPER」の評価でした。VRコンテンツを快適に楽しめる性能です。

VRMarkベンチマーク結果

VRMarkベンチマーク結果

人気ゲームのベンチマーク結果

国内外で人気のゲームのベンチマーク結果は以下のとおりです。中規模クラスのゲームであれば、4K最高画質でも平均60FPS超えとなりました。しかしグラフィックス重視の重量級ゲームでは、少々厳しいかもしれません。4Kで中~最高画質、あるいはWQHD(2560✕1440ドット)で最高画質あたりでプレーする感じでしょうか。

ちなみに最上位モデルでこの結果ですので、パーツのランクを下げるとFPSは落ちるので注意してください。

■ベンチマーク結果(画質を最高品質に設定)

FF15ベンチ FF15ベンチ (DX11)
4K WQHD フルHD
9142(とても快適) ※未計測 ※未計測
FF14ベンチ FF14:紅蓮のリベレーター(DX11)
4K WQHD フルHD
8503(非常に快適)※平均56.792 FPS  14311(非常に快適)※平均99.781 FPS 16528(非常に快適)※平均121.976 FPS
ドラゴンクエストX ドラゴンクエストX
4K WQHD フルHD
22648(すごく快適) 23440(すごく快適)
Assassin's Creed Origins Assassin’s Creed Origins (DX11)
4K WQHD フルHD
48 FPS 74 FPS 92 FPS
Ghost Recon Wildlands Ghost Recon Wildlands (DX11)
4K WQHD フルHD
36.8 FPS 56.33 FPS 68.83 FPS
ROTTR Rise of the Tomb Raider(DX12)
4K WQHD フルHD
57.77 FPS 106.79 FPS 158.08 FPS
Hitman Hitman (DX12)
4K WQHD フルHD
70.91 FPS 95.97 FPS 99.92 FPS
F1 2017 F1 2017 (DX11)
4K WQHD フルHD
77 FPS 131 FPS 169 FPS

そのほかのベンチマーク結果

システムストレージに使われているSSDは、HDDに比べて非常に高速です。

CrystalDiskMark

512GB NVMe SSDのアクセス速度

CPUの性能を計測する「CINEBENCH R15」では、これまで見たこともないような結果となりました。18コアのCore i9-7980XEは異次元レベルの性能です。

CINEBENCH R15

CPU性能を計測する「CINEBENCH R15」の結果

(参考)ほかのCPUとの違い

CPU CINEBENCH R15 CPUスコア(実測値)
Core i9-7980XE
3333
Core i7-8700K
1436
Core i7-7700K
974
Core i7-7700
920

基本性能を計測する「PassMark PerformanceTest 9.0」では、CPUと3D性能、ストレージが非常に優秀。PC全体のなかでも上位1%の性能ということですから、ほぼ最高クラスです。

PassMark PerformanceTest 9.0

パーツごとの性能を計測する「PassMark PerformanceTest 9.0」の結果

作業の快適さを計測する「PCMark 10」でも、非常に優れた結果が出ています。ゲームだけでなく、あらゆる作業を快適に行なえるでしょう。

PCMark 10

作業の快適さを計測する「PCMark 10」の結果

動画の変換処理も非常に高速。Core i7-7700では7~8分ですので、20%以上も快適です。

動画変換にかかった時間

x264 NVENC
5分58秒 5分03秒

※5分間の4K映像(XAVC-S、3.51GB)をYouTube向けの1080p(1920✕1080ドット)映像に変換するのにかかった時間

各種ベンチマークテストでは、どれも最高クラスの結果が出ています。さすがに高スペックのモデルだけあって、満足できるパフォーマンスです。

消費電力と駆動音、CPU温度について

消費電力はかなり大きい

さまざまな場面での消費電力を計測したところ、以下の結果となりました。消費電力はかなり大きく、待機中でも65Wもあります(ちなみにCore i7ノートPCで動画変換を行なったときの消費電力は40~50W程度)。最高クラスのパフォーマンスを実現するには、それなりの電力も必要と言うことでしょう。

1分間の平均消費電力

構成 待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
Core i9-7980XE+GTX 1080 Ti 65W ※未計測 216W 400W
(参考)Core i7-7700+GTX 1060 48.6W 51.6W 124.2W 133.2W
(参考)Ryzen 5+RX580 42.6W 60W 117W 213.6W

※消費電力の計測方法はコチラ

高負荷時は駆動音が大きい

利用中の駆動音を計測したところ、CPUに高い負荷がかかる場面では音がかなり大きくなりました。近くに設置すると、音が気になるかもしれません。

駆動音の計測結果

電源オフ時 36.8dBA
待機中 47.5dBA ファンの回転音がけっこう聞こえる
動画視聴 ※未計測
動画変換 50~55dBA ファンの回転音と排気音がかなり大きい
3Dゲーム 51~57dBA 同上

※駆動音の計測方法はコチラ

CPU温度はそこそこ高め

テスト/ベンチマーク中のCPU温度は最大で82度でした。大型のデスクトップPCとしては高めです。

CPUの最高温度

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
※未計測 ※未計測 82℃ 70℃

※本体温度の計測方法はコチラ

本体の外観と内部

ALIENWARE AREA-51では、特徴的で巨大なPCケースが使われています。重量は約28kgもあるので、床や丈夫な机の上に設置するといいでしょう。大きくて設置場所に困るかもしれませんが、メンテナンスは比較的容易で拡張性も高く、また余裕のあるエアフローで内部がしっかり冷却されています。

PCケース

本体サイズは幅638.96×奥行き272.71×高さ569.25mm。巨大な三角形型で、ちまたでは「おにぎり」とも呼ばれています

ミドルタワーとの比較

ミドルタワー型PCとのサイズ比較

前面と背面

フロントパネル(左)とバックパネル(右)

フロントパネルのデザイン

おなじみのエイリアンマークが電源ボタン。その右には光学ドライブを配置

前面のインターフェース

前面のインターフェース

I/Oパネル

背面のI/Oパネル

I/Oパネルの照明

LEDによる照明付きで、暗い場所でも端子の位置がわかります

映像出力

グラフィックボードの映像出力端子

本体側面

本体側面

LED

フロントやサイドのLEDが光ります

AlienFX

標準収録の専用ユーティリティーで、光の色や点滅パターンを設定可能

本体内部

サイドカバーを外すと、内部にアクセスできます

電源

電源は1500W(80PLUS GOLD)

CPUとメモリー

CPUとメモリー周り。CPUクーラーは水冷式で、メモリースロットは4ポート

拡張スロット類

拡張スロット類

グラフィックボード

グラフィックボードはGeForce GTX 1080 Ti

反対側の側面には、ドライブベイが用意されています(撮影するのを忘れてしまいました……)。

とことん究極を追求できるPC

ということで、今回はデルの超ハイエンドゲーミングPC「ALIENWARE AREA-51」のレビューをお届けしました。

検証では18コアのCore i7-7980XE搭載機を試用しましたが、ベンチマーク結果はどれも非常に優秀で驚きました。特にCINEBENCH R15のスコアは見たことのないレベルです。

しかし残念ながら、4K最高品質では平均60FPSを超えられないゲームがいくつかありました。試用機ではGeForce GTX 1080 Tiが1枚しか使われていなかったので、GeForce GTX 1080 Tiの2-way SLIであればひょっとして……、とそんな妄想をサクッとかなえてくれる素敵なモデルです。お金さえあれば、ですが。

ALIENWARE AREA-51の概要

とことんこだわりたい人のための最高級ゲーミングPC

ALIENWARE AREA-51のまとめ

  • CPUがとにかく高性能
  • 拡張性が高くメンテナンスも容易
  • デカイ。とにかくデカイ

※記事中の価格や構成は記事執筆時点のもので、変更される場合があります

デルのデスクトップPCおすすめ機種&セール情報まとめ
高品質&高コスパでなデル製デスクトップPCのなかからおすすめモデルと、現在実施中のセール価格を紹介します。 ※夏のボーナスセール実施中! ……

お得なキャンペーン実施中!

楽天ポイントプレゼントキャンペーン

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!