デルAlienware Aurora R12レビュー:Core i9+RTX 3090も選択可能なハイエンドゲーミングPC

デルAlienware Aurora R12レビュー
デルのAlienware Aurora R12は、ユニークな本体デザインが特徴のゲーミングPCです。丸みを帯びた愛嬌のある見た目とは裏腹に、パフォーマンス面は超優秀。パーツカスタマイズで、バリバリのハイエンドゲーミングPCに仕上げられます。

Alienware Aurora R12

Alienware Aurora R12

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

※2021年9月16日時点

Alienware Aurora R12のスペック

OS ・Windows 10 Home
・Windows 10 Pro
APU ・Core i5-11400F
・Core i7-11700F
・Core i7-11700KF
・Core i9-11900F
・Core i9-11900KF
メモリー 16~128GB
※スロット4基、DDR4-3200、最大128GB
ストレージ ・2TB HDD(標準)
・SSDのみ
・SSD+HDD
グラフィックス ・GTX 1660 Ti
・RTX 3060
・RTX 3060 Ti
・RTX 3070
・RTX 3080
・RTX 3080 Ti
・RTX 3090
電源 1000W
サイズ 幅222.8mm
奥行き431.9mm
高さ481.6mm
容量:33.8L
重量 約17.8kg

※2021年9月16日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター Micro ATX ※独自仕様?
SATAポート 4
M.2スロット 2 (Wi-Fi用×1、ストレージ用×1)
光学ドライブ なし
ドライブベイ 2.5インチ×2
3.5インチ×1
拡張スロット PCI Express x16 Gen4×2
PCI Express x4 ×2
有線LAN 2.5Gbps
無線LAN Wi-Fi 6(IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth 5.1
USB3.2 7(Gen1:前面3+背面3、Gen2:背面1)
USB3.0
USB2.0 6(背面)
USB Type-C 2(USB3.2 Gen1 前面、USB3.2 Gen2 背面)
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort 3
DVI
シリアルポート
PS/2
付属品 電源アダプターなど
オフィス ※オプション

本体の外観

サイズについて

Alienware Aurora R12の筐体はかなり巨大です。デスクトップPCのなかではミドルタワー型に分類されるだけあって、かなりの存在感があります。そのぶん接地面積も広いので、十分なスペースを確保したほうがいいでしょう。重量は17.8kgあるので、持ち上げるときは腰を痛めないよう注意してください。

Alienware Aurora R12 外観

Alienware Aurora R12の外観

Alienware Aurora R12 サイズ感

設置イメージ ※ディスプレイは23.8インチ

Alienware Aurora R12 前面と背面

前面と背面。電源を入れると、フロントパネルのLEDが点灯します

Alienware Aurora R12 側面

左右側面

Alienware Aurora R12 天面

天面には通気口

Alienware Aurora R12 底面

底面部

インターフェースについて

周辺機器接続用のインターフェース(端子類)は、数も種類も十分な構成です。特に困る場面はないでしょう。ただし光学ドライブ非搭載である点に注意してください。

Alienware Aurora R12 前面

前面のインターフェース

  • ① 電源ボタン
  • ② USB3.2 Gen1
  • ③ USB3.2 Gen1 Type-C
  • ④ ヘッドホン出力/マイク入力

Alienware Aurora R12 背面

背面のインターフェース

  • ① SPDIFデジタル出力(同軸)
  • ② SPDIFデジタル出力(オプティカル)
  • ③ USB2.0×6+有線LAN
  • ④ USB3.2 Gen2 Type-C
  • ⑤ USB3.2 Gen2
  • ⑥ USB 3.1 Gen1×3
  • ⑦ オーディオ端子類
  • ⑧ HDMI
  • ⑨ DisplayPort

分解方法とパーツ交換について

側面のパネルを外すと、内部のメンテナンスやパーツ交換などが行なえます。背面レバーのネジを外すだけで、あとは基本的にツールレスで作業が可能です。側面パネルを外したあと、スイングアームを電源ユニットごと開くことでマザーボードにアクセスできます。

Alienware Aurora R12 本体内部

側面のパネルを外した状態

Alienware Aurora R12 電源

電源ユニットをフレームごと動かします

Alienware Aurora R12 マザーボード

この状態で、マザーボードにアクセス可能

Alienware Aurora R12 マザーボード

マザーボードはMicroATXに見えますが、細かい部分で独自仕様を採用している可能性があります

Alienware Aurora R12 CPUクーラー

試用機では水冷式のCPUクーラーが使われていました。注文時のオプションで空冷/水冷を選択可能です

Alienware Aurora R12 メモリースロット

メモリースロットは4基。規格はDDR4 3200で、最大容量は128GB

Alienware Aurora R12 グラボ

試用機に取り付けられていたRTX 3090のグラボ。グラボを支えるグラフィックスカードブラケットはツールレスで取り外し可能

Alienware Aurora R12 ドライブベイ

底面部には2.5インチドライブベイ×2

Alienware Aurora R12 ドライブベイ

前面側に3.5インチドライブベイ

ベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 スプレマシー ※カスタマイズ済み
CPU Core i9-11900KF
メモリー 32GB
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス GeForce RTX 3090

※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

ストレージ性能

ストレージの標準構成は2TB HDDです。そのままではアクセス速度が遅すぎるので、かならずSSDを追加してください。試用機で使われていた512GB SSDはPCIe 3.0 x4接続の超高速タイプで、アクセス速度は優秀でした。負荷の高いテストを連続して行なうとシーケンシャルアクセスの速度が若干低下するのですが、ゲームでは特に影響ないでしょう。大容量のデータを長時間連続で書き込むような作業では、アクセス速度が低下する可能性があります。

Alienware Aurora R12 ベンチマーク

512GB SSDのアクセス速度。左が通常計測時で、右が高負荷時

CPU性能

試用機では第11世代(Rocket Lake-S)のCore i9-11900KFが使われていました。CPU性能を計測するベンチマークテストでは非常に高い結果が出ていますが、ガチガチの水冷PC▶「サイコム G-Master Hydro Z590-Mini」で使われていたCore i7-11700Kのほうが高いスコアが出ています。とは言えパフォーマンスは非常に高く、ゲームや動画編集などに向いています。

CPUの性能比較

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i7-11700K
5741
Alienware Aurora R12(Core i9-11900KF)
5345
Ryzen 7 4700G
4953
Core i7-10700KF
4922
Ryzen 7 PRO 4750G
4705
Ryzen 7 PRO 4750GE
4093
Core i7-10700
3856
Ryzen 5 PRO 4650G
3507
Ryzen 5 PRO 4650GE
3291
Core i5-10400
3176
Ryzen 5 3500
2594
Ryzen 3 PRO 4350G
2343

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

試用機ではグラフィックス機能として、NVIDIA GeForce RTX 3090が使われていました。ハイエンドGPUだけあって、ゲーム/一般向けとしては最高クラスのパフォーマンスです。4K解像度でのプレーや、レイトレーシング対応タイトルを十分に堪能できるでしょう。

GPUの性能比較 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
Alienware Aurora R12(RTX 3090)
18521
RTX 3080
16515
RTX 2080 Ti
13077
RTX 3070
13072
RTX 2080 SUPER
11327
RTX 2080
10305
RTX 2070 SUPER
10151
RTX 2070
8738
RTX 2060 SUPER
8289
RTX 2060
6754
GTX 1660 Ti
6238
GTX 1660
5303
GTX 1650 SUPER
4614
GTX 1650
3383

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能比較 (DirectX 11、フルHD)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
Alienware Aurora R12(RTX 3090)
44130
RTX 3080
39977
RTX 3070
32448
RTX 2080 Ti
32170
RTX 2080 SUPER
27932
RTX 2080
25358
RTX 2070 SUPER
25322
RTX 2070
22766
RTX 2060 SUPER
20640
RTX 2060
17645
GTX 1660 Ti
15747
GTX 1660
13004
GTX 1650 SUPER
11853
GTX 1650
9005

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能比較 (レイトレーシング)

GPU 3DMark Port Royalスコア
Alienware Aurora R12(RTX 3090)
12485
RTX 3080
10813
RTX 3070
8109
RTX 2080 Ti
7911
RTX 2080 SUPER
6883
RTX 2080
5926
RTX 2070 SUPER
5996
RTX 2070
4922
RTX 2060 SUPER
4858
RTX 2060
4164
GTX 1660 Ti
1610
GTX 1660
1405

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

クリエイティブ性能

UL Procyonは、アドビ製プロクリエイター向けソフトの快適さを計測するベンチマークテストです。「Photo Editing」ではPhotoshopとLightroom Classicを、「Video Editing」ではPremiere Proを利用します。テスト結果の比較用にGPUなしのデスクトップPC▶Lenovo V55t Mini-Tower(Ryzen 7 4700G+16GBメモリー)と、ハイエンドゲーミングノートPCの▶ROG Strix SCAR 15 G533QS(Ryzen 9 5900HX+ 32GBメモリー+RTX 3080 )の結果もまとめました。

Procyonベンチマーク結果

テスト スコア
Photo Editing
試用機7925
v55t5378
Strix SCAR 156811
Image Retouching
試用機7631
v55t5264
Strix SCAR 156896
Batch Processing
試用機8232
v55t5495
Strix SCAR 156728
Video Editing
試用機6262
v55t2366
Strix SCAR 155901

さすがに試用機はCore i9 + RTX 3090の組み合わせだけあって、非常に優秀な結果です。特に動画編集性能を表わす「Video Editing」で高いスコアが出ています。クリエイティブな用途でも十分に活用できるでしょう。

本体の熱と騒音について

CINEBENCH R23を10分間実行し続けた際のCPU温度を計測したところ、CPUは平均74.7度ででした。数値としては低めに抑えられています。処理の序盤だけクロックがグッと上がり、22~23秒経過すると4GHz前後に抑えられているようです。おそらく熱が高くなり過ぎるのを防いでいるのでしょう。

Alienware Aurora R12 ベンチマーク

FF15ベンチを10分間実行し続けた際のCPUクロックとCPU温度、GPU温度の推移

駆動音(排気音やファンの回転音)は大きく聞こえました。ただ思ったほどムチャな音ではありません。ヘッドホンを着用すれば気にならない程度です。空冷式のCPUクーラーだと、水冷式よりも駆動音が大きく聞こえるでしょう。

駆動音の計測結果

電源オフ 37.1dBA
通常時 48.3dBA それなりに大きい音が聞こえる。排気音が中心
高負荷時 49dBA 通常時とあまり変わらないが、水冷式特有のモーター音のような音が聞こえる

ゲーム系ベンチマーク結果

RTX 3090搭載モデルでゲーム系ベンチマークテストを試したところ、一般的なゲームであれば4K解像度で快適なプレーが見込めそうです。レイトレ対応ゲームであれば、フルHDで快適に楽しめるでしょう。4Kレイトレはタイトルによっては厳しそうです。

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ

フルHD

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 23512 / 172.5 FPS
高品質 23782 / 174.8 FPS
標準品質 24645 / 181.4 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

4K

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 15219 / 104.4 FPS
高品質 16336 / 113.1 FPS
標準品質 21824 / 159.6 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ

フルHD

画質 スコア / 評価
最高品質 24213 / すごく快適
標準品質 24354 / すごく快適
低品質 24714 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

4K

画質 スコア / 評価
最高品質 23790 / すごく快適
標準品質 23995 / すごく快適
低品質 24454 / すごく快適

※3240×2160ドットの結果

PSO2 ニュージェネシスベンチ(やや重い / DX11)

PSO2 ニュージェネシスベンチ

フルHD

画質 スコア / 平均FPS
ウルトラ 30658
45856
最低 49760

※5000以上が快適に遊べる目安

フルHD

画質設定 平均FPS
ウルトラ 26374
44998
最低 49616

※5000以上が快適に遊べる目安

サイバーパンク2077 (重い / DX12)

サイバーパンク2077

FPS計測結果 ※テクスチャの質:高

画質設定 平均FPS / 最低FPS
フルHD/レイトレーシングウルトラ/DLSS:自動 72.5 FPS / 39.1 FPS
4K/レイトレーシングウルトラ/DLSS:自動 54.7 FPS / 36.5 FPS
4K/レイトレーシングウルトラ/DLSS:クオリティ 38.8 FPS / 28 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

フルHD

画質設定 平均FPS
画質:ウルトラ/DLSS:ウルトラパフォーマンス 55 FPS
画質:中/DLSS:ウルトラパフォーマンス 71.5 FPS
画質:レイトレーシングウルトラ/DLSS:ウルトラパフォーマンス 40.9 FPS
画質:レイトレーシング中/DLSS:ウルトラパフォーマンス 40.5 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

アサシン クリード ヴァルハラ (重い / DX12)

アサシン クリード ヴァルハラ

フルHD

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 86 FPS / 44 FPS
109 FPS / 66 FPS
122FPS / 79 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

4K

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 56 FPS / 33 FPS
73 FPS / 48 FPS
85 FPS /  37 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

とことんパワフルに仕上げられる大手メーカー製PC

Alienware Aurora R12

よかった点

柔軟なパーツカスタマイズに対応している点が魅力です。BTOメーカーほどではありませんが、グローバルメーカーでこれだけのカスタマイズに対応しているところはありません。メーカーの規模が大きいだけあって、組み合わせによっては価格も抑えられています。たまに値引き額の大きいセールが行なわれるのも魅力。グローバル規模のブランド力と価格を重視したい人向けです。

気になる点

海外で組み立てるので、到着までに時間がかかります。特にいまはどこもパーツ不足で、2ヵ月程度かかる点に注意してください(2021年9月中旬時点)。

※2021年9月16日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ゲーミングPC関連記事一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!