デル ALIENWARE AURORA R8 レビュー:RTX2080 SLIも可能なカスタマイズ性重視のゲーミングPC

デル ALIENWARE Aurora R8 レビュー
デルのALIENWARE AURORA R8は、柔軟なカスタマイズに対応するゲーミングデスクトップPCです。CPUやGPU、メモリー容量などの選択肢が多く、ユーザーのこだわりを手軽に実現できる点が魅力。ハイエンド向けのゲーミングPCとしては本体デザインがスタイリッシュで、ゴツさを感じさせない点もポイントです。

ALIENWARE Aurora R8 スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i5 / i7 / i9、メモリー:8~64GB、ストレージ :HDD / SSD、グラフィックス:GeForce GTX / RTXシリーズ

この記事ではメーカーからお借りしたALIENWARE AURORA R8の実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

※2019年3月15日時点。構成や価格は変更される場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください

ALIENWARE AURORA R8のスペック

OS ・Windows 10 Home
・Windows 10 Pro
CPU ・Core i5-8400
・Core i7-8700
・Core i7-9700K
・Core i9-9900K
チップセット Intel Z370 Chipset
メモリー ・8GB
・16GB
・32GB
・64GB
ストレージ ・HDD:なし / 2TB
・SSD:128GB ~ 2TB
※デュアル可
グラフィックス ・GeForce GTX 1050 Ti (4GB)
・GeForce GTX 1060 (6GB)
・GeForce GTX 1070 (8GB)
・GeForce GTX 1080 (8GB)
・GeForce RTX 2070 OC (8GB)
・GeForce RTX 2080 OC (8GB)
・GeForce RTX 2080 Ti (11GB)
・GeForce RTX 2080 OC 2-way SLI
光学ドライブ ・DVDスーパーマルチドライブ
・ブルーレイディスクドライブ
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、
Bluetooth 4.1、
1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース USB3.1 Gen1 (フルサイズ)×6 (前面×3+背面×3)、
USB3.1 Gen2 (フルサイズ)×1(背面)、
USB3.1 Gen2 (Type-C)×1 (背面)、
USB3.1 Gen1 (Type-C)×1 (前面)、
USB2.0×5 (背面)、
有線LAN、
ヘッドホン出力/マイク入力、
オーディオ端子類、
S/PDIFデジタル出力 (同軸/光学) ※7.1ch対応
※映像出力はグラフィックス機能によって異なります
拡張スロット PCI Express x16 ×2、
PCI Express x4 ×2、
M.2 2230スロット (WLAN用)×1、
M.2 2280スロット (ストレージ用)×1
ドライブベイ 3.5インチ×1、
2.5インチ×2
電源 850W
サイズ 幅212×奥行き360.5×高さ472.52mm
重量 約14.819kg
セキュリティー TPM2.0
サポート メーカー保証1年間

※2019年3月15日時点。構成は変更される場合があります

スペック上の注意点

  • キーボード/マウスなし
  • SDカードスロット非搭載
  • 購入時に空冷から液冷を選択 (シャーシ オプション)

ALIENWARE AURORA R8の価格

ALIENWARE AURORA R8には、パーツ構成の異なる4種類のモデルが用意されています。注意していただきたいのは、標準構成ではすべて8GBメモリー+2TB HDDである点。CPUとGPUの性能をフルに発揮するならメモリーは16GB以上に、ストレージにはSSDを追加することをおすすめします

なおもっとも価格の安い「フルカスタマイズ」モデルは、すべてのパーツオプションを選択できるモデルです。そのほかのモデルでは、選択できないパーツがあります。

ラインナップ

プレミアム・RTX搭載
Core i7 8GBメモリー HDD 2TB  税込22万円台~
プラチナ・RTX搭載
Core i7 8GBメモリー HDD 2TB  税込25万円台~
スプレマシー・RTX搭載
Core i9 8GBメモリー HDD 2TB RTX 2080 Ti 税込34万円台~
フルカスタマイズ
Core i5 8GBメモリー HDD 2TB GeForce GTX 1050 Ti 税込13万8294円

※2019年3月15日時点

価格はそのとき実施されているキャンペーンによって大きく変わります。現在の価格については公式サイトでご確認ください。

リンク

NEW ALIENWARE AURORA スプレマシー VR(R8) (2018年11月20日発売)

ALIENWARE AURORA R8の本体デザイン

ALIENWARE AURORA R8は、デスクトップPCとしてはかなり大きめの「ミドルタワー型」に分類されます。本体は非常に大きいのですが、標準的なミドルタワー型に比べればコンパクトです。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

ALIENWARE AURORA R8 外観

ミドルタワー型のPCケース。宇宙船のようなデザインです

設置イメージ

設置イメージ ※液晶ディスプレイは21.5インチ

ALIENWARE AURORA R8 フロントパネルとバックパネル

前面(左)と背面(右)。幅は212mmで高さは472.52mm

ALIENWARE AURORA R8 側面

左側面(左)と右側面(右)。奥行きは360.5mm

ALIENWARE AURORA R8 LEDイルミネーション

電源を入れると、側面のラインと電源ボタンが光ります。色は標準収録のアプリで変更可能

ALIENWARE AURORA R8 天面部

天面部にはインターフェース

ALIENWARE AURORA R8 取っ手

後方に取っ手のようなものがありますが、樹脂製で強度はあまり高くありません

ALIENWARE AURORA R8のインターフェース

インターフェース(端子類)はとても充実しています。USB端子は全部で14ポート。こんなに必要かどうかはさておき、USB端子の数が少なくて困ることはないでしょう。またS/PDIFデジタル出力にも対応しているほか、スピーカーを用意すれば7.1chのサラウンド環境も実現可能です。

映像出力はグラフィックス機能によって異なります。GTXシリーズの場合はDisplayPort、HDMI、DVI-Dの構成で、RTXシリーズの場合はDisplayPort、HDMI、USB Type-Cの構成です。なおSDカードスロットには非対応である点に注意してください。

ALIENWARE AURORA R8 前面

前面のインターフェース

  • ① USB3.1 Gen1
  • ② マイク入力 / ヘッドホン出力
  • ② USB3.1 Gen1 Type-C

ALIENWARE AURORA R8 I/Oパネル

背面I/Oパネルのインターフェース

  • ① オプティカル S/PDIFポート
  • ② 同軸S/PDIFポート
  • ③ USB2.0×5
  • ④ 1000BASE-T対応有線LAN
  • ⑤ DisplayPort ※非使用
  • ⑥ USB3.1 Gen2 Type-C
  • ⑦ USB3.1 Gen2
  • ⑧ USB3.1 Gen1×3
  • ⑨ オーディオ端子類
  • ⑩ USB Type-C ※映像出力
  • ⑪ DisplayPort
  • ⑫ HDMI
  • ⑬ 電源コネクター
  • ⑭ 電源診断ボタン

ALIENWARE AURORA R8 光学ドライブ

前面上部には光学ドライブ

ALIENWARE AURORA R8の本体内部とパーツ交換について

ALIENWARE AURORA R8ではミドルタワー型の大型筐体が使われていますが、ケースがいくらか小さいぶん、ドライブベイの数が多くはありません。とは言え最大4台のストレージを利用できるので、特に問題はないでしょう。

メンテナンスは非常に簡単で、ネジは背面レバーの1本程度。パーツを簡単に交換、増設できます(パーツによってはネジが必要です)。

ALIENWARE AURORA R8 左側面

左のサイドパネルを外した状態

ALIENWARE AURORA R8 SHADOWCAT

ケースに刻まれた謎の文字。実はこれは「SHADOWCAT」と書かれており、ALIENWARE AURORAのコードネームを表わします

ALIENWARE AURORA R8 電源ユニットの開閉

電源ユニットをフレームごと引き出すことで、マザーボードが現われます

ALIENWARE AURORA R8 マザーボード

マザーボードはmicroATX

ALIENWARE AURORA R8 CPUとメモリー

CPUとメモリー周り。メモリースロットは4基

ALIENWARE AURORA R8 CPUクーラー

追加オプションとして用意されている液体冷却のCPUクーラー

ALIENWARE AURORA R8 拡張スロット

マザーボードのスロット類

  • ① PCI Express x16
  • ② PCI Express x4

ALIENWARE AURORA R8 M.2スロット

M.2スロットはPCIe (NVMe) / Optane対応。SATAポートは4つ

ALIENWARE AURORA R8 グラボ用パーツ

グラフィックボードはプラスチックのパーツで支えられています

ALIENWARE AURORA R8 パーツの取り外し

パーツは手で簡単に外れます

ALIENWARE AURORA R8 グラボ

試用機で使われていたGeForce RTX 2080

ALIENWARE AURORA R8 電源

電源は850W

ALIENWARE AURORA R8 ドライブベイ

本体下部に2.5インチドライブベイ

ALIENWARE AURORA R8 ドライブベイ

3.5インチドライブベイはフロントパネルの裏

ALIENWARE AURORA R8のベンチマーク結果

テスト機の主なスペックは以下のとおり。ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります。あらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i9-9900K
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD+2TB HDD
グラフィックス GeForce RTX 2080 OC(8GB)

ストレージ性能

試用機で使われていた512GBのSSDはPCIe (NVMe)接続で、アクセス速度は爆速です。ゲームはもちろん、ウィンドウズや負荷の高いソフトも快適に利用できるでしょう。

実は今回の検証の前にALIENWARE AURORA R8を8GBメモリー+2TB HDDの構成で借りたのですが、HDDへのアクセスが頻繁に発生しハイエンドモデルとは思えないほど動きがもっさりとしていました。標準構成では8GBメモリー+2TB HDDの構成ですが、16GB以上のメモリーとSSDの追加を強くおすすめします

ALIENWARE AURORA R8 ストレージのアクセス速度(CrystalDiskMark)

512GB SSD(左)と2TB HDD(右)のアクセス速度(CrystalDiskMark)

ストレージのアクセス速度

CPU性能

試用機で使われていたCore i9-9900Kは8コア16スレッドの超高性能CPUで、マルチコア性能を計測するCINEBENCH R15のテストでは非常に優れた結果が出ました。

ただしシングルコア性能まで含めたPassMarkのテストでは、Core i7-9700Kの平均値よりも若干低い結果が出ています。本体がスリムなので、おそらく内部の熱が上がりすぎないようにパフォーマンスを調整しているのかもしれません。とは言えその差はわずかですし、高温によるパーツの劣化を抑えられることを考えれば納得できる範囲です。

ALIENWARE AURORA R8ではCore i5-8400やCore i7-8700も選択できますが、グラフィックス機能にRTXシリーズを選択するなら、第9世代のCore i9-9900KまたはCore i7-9700Kをおすすめします。これはCPU性能が高いほど、高性能GPUのパワーを十分に引き出せるからです。

CPUの性能比較 その1

CPU CINEBENCH R15のCPUスコア
Core i9-9900K
2030
ALIENWARE AURORA R8 (Core i9-9900K)
1991
Core i7-9700K
1529
Core i7-8700
1370
Core i5-8400
945
Core i7-7700
860

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値

CPUの性能比較 その2

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i9-9900K
19213
Core i7-9700K
17831
ALIENWARE AURORA R8 (Core i9-9900K)
17326
Core i7-8700
15300
Core i7-8700K
14689
Core i5-8400
11229
Core i7-7700
10881

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値

なおCPUに高い負荷がかかると、駆動音(ファンの回転音や排気音)がかなり大きくなりました。重量級のゲームではヘッドセットとしていれば気にならないレベルですが、動画の出力やエンコードなどでは音が気になるかもしれません。

駆動音の計測結果(室温22℃)

電源オフ 36.6dBA
待機中 42.7dBA ファンの音が聞こえるがうるさくはない
CINEBENCH R15実行時 71.3dBA ビックリするほど音が大きい

ALIENWARE AURORA R8のゲーム性能

試用機で使われていたGeForce RTX 2080の3Dベンチマークの結果は以下のとおり。3DMarkのFireStrikeではGeForce GTX 1080 Tiのほうが若干スコアが高いのですが、これはビデオメモリーの違いによるものでしょう。

今後発売される重量級ゲームを楽しみたいのなら、最新のRTXシリーズ (2070以上)がおすすめです。現在人気のゲームが中心でなおかつコスパを重視するのであれば、GTX 1070 / 1080あたりを選ぶといいでしょう。ローエンド~ミドルレンジのGTX 1050 Ti / 1060も選択肢として用意されていますが、ハイエンドなALIENWARE AURO R8で使うならGPUもハイエンドクラスを選ぶべきだと思います。

3D機能の性能比較 その1

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GTX 2080 Ti(11GB)
27118
GTX 1080 Ti(11GB)
22960
ALIENWARE AURORA R8(RTX 2080 8GB)
21980
RTX 2070(8GB)
19918
GTX 1080(8GB)
16792
GTX 1070(8GB)
15393
GTX 1060(6GB)
10393

※ほかのGPUの結果は当サイト計測の平均値

3D機能の性能比較 その2

GPU 3DMark Port Royalのスコア
RTX 2080 Ti
7724
ALIENWARE AURORA R8(RTX 2080)
5710
RTX 2070
4719

※ほかのGPUの結果は当サイト計測値

ゲーム系ベンチマークテストの結果は以下のとおりです。RTX 2080であれば、重量級ゲームでもフルHDの最高画質でも楽しめます。4K解像度ではタイトルによっては画質をかなり落とす必要がありそうです。

ゲーム系ベンチマーク結果

FF15ベンチ
FF15 (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 高品質 9113(とても快適)
標準品質 12270(非常に快適)
軽量品質 14330(非常に快適)
3840×2160 (4K) 高品質 4277(普通)
標準品質 5144(やや快適)
軽量品質 7201(快適)
FF14ベンチ
FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 17932(非常に快適) ※127.357 FPS
高品質 18477(非常に快適) ※133.205 FPS
標準品質 21641(非常に快適) ※164.201 FPS
3840×2160 (4K) 最高品質 7919(非常に快適) ※52.886 FPS
高品質 9227(非常に快適) ※61.536 FPS
標準品質 16014(非常に快適) ※108.553 FPS
Assassin's Creed Odyssey
アサシンクリード オデッセイ (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 57 FPS
90 FPS
93 FPS
3840×2160 (4K) 最高 37 FPS
55 FPS
62 FPS
Far Cry New Dawn
Far Cry New Dawn (DX11) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高 101 FPS
114 FPS
123 FPS
SOTTR
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー(DX12) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 114 FPS
121 FPS
最低 141 FPS

※平均60FPS以上が快適に遊べる性能の目安

とことんこだわれる柔軟なカスタマイズが魅力

ということで、今回はALIENWARE AURORA R8のレビューをお届けしました。

このモデルの魅力は、豊富なカスタマイズオプションでとことん性能にこだわれる点です。特にひとつのモデルでGPUの選択肢をこれだけ用意しているモデルはなかなかありません。たとえばCore i9+64GBメモリー+2TB SSD&HDD+RTX 2080 2-way SLIなんて超絶ハイスペック構成も実現できます。もっとも、価格は80万円を超えますが……。

それはともかく、ALIENWARE AURORA R8はユーザーのこだわりを手軽に実現できるモデルです。パーツの組み合わせやパフォーマンスを重視したい人におすすめします。標準では8GBメモリー+HDDの構成なので、16GB以上のメモリーとSSD追加のアップグレードをお忘れなく!

ALIENWARE AURORA R8 まとめ

豊富なカスタマイズメニューでこだわり仕様にできる点が魅力!

※2019年3月15日時点。構成や価格は変更される場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました