デル Alienware Aurora R9 レビュー:とことん高スペックに仕上げられるハイエンドゲーミングPC

デル Alienware Aurora R9 レビュー

デルのAlienware Aurora R9は、ちょっと変わったデザインのゲーミングPCです。スタイリッシュながらもやや愛嬌のある見た目とは裏腹に、パフォーマンス面は超優秀。パーツカスタマイズで、バリバリのハイエンドゲーミングPCに仕上げられます。
Alienware Aurora R9

ポイント

  • 超ハイエンド構成に対応
  • 特徴的な本体デザイン
  • メンテナンスが簡単

Alienware Aurora R9のスペック

CPU ・Core i5-9400
・Core i7-9700
・Core i7-9700K
・Core i9-9900
・Core i9-9900K
メモリー ・8GB
・16GB
・32GB
・64GB
SSD ・なし
・256GB
・512GB
HDD ・なし
・2TB
グラフィックス ・GTX 1650
・GTX 1660 Ti
・GTX 2060 SUPER
・RTX 2070 SUPER
・RTX 2080 SUPER
・RTX 2080 Ti
・RTX 2070 SUPER 2-way SLI
チップセット Z370
電源 850W

※2020年3月18日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター ※独自仕様
SATAポート 4
M.2スロット 2 (Wi-Fi用×1 + ストレージ用×1)
光学ドライブ
ドライブベイ 3.5インチ×1、2.5インチ×2
拡張スロット PCI Express x16×2
PCI Express x4×2
有線LAN 1000Mbps
無線LAN Wi-Fi 6 (11a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth 5.0
USB3.1 Gen1×6 (前面×3、背面×3)
Gen2×1 (背面)
USB3.0
USB2.0 5 (背面)
USB Type-C 3.1 Gen1×1 (前面)
3.1 Gen2×1 (背面)
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI ※GPUによって異なる
VGA (D-sub15)
DisplayPort ※GPUによって異なる
DVI ※GPUによって異なる
シリアルポート
PS/2
サイズ 幅222.8mm
奥行き431.9mm
高さ481.6mm
重量 最大 17.8kg
付属品 電源ケーブルなど
オフィス なし ※オプションで追加可能

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

当サイト限定キャンペーン実施中

デルの公式サイトで税別8万円以上のお買い物をすると、3000円ぶんの楽天スーパーポイントをもらえるキャンペーンが実施されています。金額が税別15万円以上なら、もらえるポイントは7500円ぶん! 詳しくは以下のリンクから、キャンペーン詳細をご確認ください。
税別8万円以上の購入で3000ポイントプレゼント
税別15万円以上の購入で7500ポイントプレゼント

※2020年3月18日時点

関連記事

👉ゲーミングPCのレビュー一覧

本体の外観

Alienware Aurora R9は、デスクトップPCとしては大きめのミドルタワー型に分類されます。ただし一般的なややコンパクト。引き締まったスリムで特徴的なデザインです。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

Alienware Aurora R9 外観

Alienware Aurora R9の外観

Alienware Aurora R9 サイズ

Alienware Aurora R9の設置イメージ ※ディスプレイは23.8インチ。マウスとキーボードは付属しません

Alienware Aurora R9 前面と背面

前面 (左)と背面 (右)。幅は22.28cm

Alienware Aurora R9 フロントパネル

フロントパネルには通気口

Alienware Aurora R9 天面

天面部には大きな排気口

Alienware Aurora R9 底面部

底面部には通気口はありません

Alienware Aurora R9 LED

電源を入れると、フロントパネルのLEDが光ります

Alienware Aurora R9 背面LED

背面部にもLED

インターフェース類

フロントパネルのインターフェース (端子)類は十分な構成です。ただしSDカードスロットや光学ドライブなど、ゲームに必要ないものについては省略されています。

Alienware Aurora R9 フロントパネル

前面のインターフェース

  • ① 電源ボタン
  • ② USB3.1 Gen1
  • ③ USB3.1 Gen1 Type-C
  • ④ マイク入力 / ヘッドホン出力

背面にはかなり多くのインターフェースが用意されています。なお映像出力端子は搭載しているGPU (グラボ)の種類によって異なる点に注意してください。

Alienware Aurora R9 I/Oパネル

背面I/Oパネルのインターフェース ※RTX 2080 Tiモデル

  • ① S/PDIFデジタル出力 (オプティカル/同軸)
  • ② USB2.0
  • ③ 有線LAN
  • ④ DisplayPort ※非使用
  • ⑤ USB 3.1 Gen2 Type-C
  • ⑥ USB 3.1 Gen2 Type-A
  • ⑦ USB 3.1 Gen1
  • ⑧ オーディオ端子類
  • ⑨ Type-C (RTX 2080 Ti)
  • ⑩ DisplayPort (RTX 2080 Ti)
  • ⑪ HDMI (RTX 2080 Ti)
  • ⑫ 電源コネクター

分解方法とパーツ交換について

Alienware Aurora R9はメンテナンスが比較的簡単です。側面のカバーを外したら、グラボやメモリー、2.5/5.5インチストレージはツールレスで交換 / 増設できます。内部のスロットや端子は、ミドルタワーとしてはやや少なめ。と言ってもパーツをガンガン増設しまくる上級者でない限り、特に問題はないでしょう。

Alienware Aurora R9 背面レバー

背面レバー部分のネジを外し、手前に引くと左側面のカバーが外れます

Alienware Aurora R9 カバー

左側面のカバーを外した状態

Alienware Aurora R9 電源を開く

さらに背面のロックを解除してから、電源ユニットの入ったフレームを開きます

Alienware Aurora R9 本体内部

電源部分を開いた状態

Alienware Aurora R9 グラボ

グラボの固定用パーツ。グラボの固定にネジは使われていません

Alienware Aurora R9 グラボ

試用機で使われていたRTX 2080 Ti搭載のグラボ

Alienware Aurora R9 マザーボード

マザーボードはサイズ的にはmicroATXですが、微妙に独自仕様のようにも見えます

Alienware Aurora R9 メモリースロット

メモリースロットは4基

Alienware Aurora R9 CPUクーラー

CPUクーラーは空冷または水冷式で、購入時のカスタマイズオプティカル選択できます ※写真は水冷

Alienware Aurora R9 M.2スロット

ストレージ用のM.2スロットはマザーボード右下

Alienware Aurora R9 拡張スロット

拡張スロットの構成

  • ① PCIExpress x16
  • ② PCIExpress x4

Alienware Aurora R9 スロット

フルサイズのグラボでもギリギリ入りそうなスペース。ただし余裕がないので、最大でも27cm前後のグラボを使ったほうがいいでしょう

Alienware Aurora R9 ドライブベイ

底面部に2.5インチドライブベイ

Alienware Aurora R9 ドライブベイ

フロントパネル側に3.5インチドライブベイがひとつ

Alienware Aurora R9 電源

電源は850W

Alienware Aurora R9 分解

側面が丸みを帯びているので、横に倒すとやや安定感に欠けます

Dell G5 ゲーミング デスクトップのベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 スプレマシー・RTX搭載 ※カスタマイズ済
CPU Core i7-9700K
メモリー 16GB ※8GBからアップグレード
ストレージ 512GB SSD ※2TB HDDからアップグレード
グラフィックス RTX 2080 Ti (11GB)

※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、個体差などによって大きく変わる場合があります

ストレージ性能

Alienware Aurora R9 ストレージ

標準のストレージ構成は2TB HDDですが、購入時のカスタマイズオプションでストレージ構成を変更できます。試用機では512GB SSDにアップグレードされていました。SSDはPCIe 3.0 x4接続で、アクセス速度は超高速。HDDのみの構成よりもSSDのほうがウィンドウズやゲームの起動が速いのでおすすめです。また大作ゲームを複数本インストールするなら、512GB以上の容量を選ぶといいでしょう。

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

CPU性能

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i9-9900K
4244
Alienware Aurora R9 (Core i9-9900K)
4177
Core i7-9700K
3397
Core i7-9700F
3231
Core i7-9700
3190
Core i7-8700
3026
Core i5-9400F
2334
Core i5-9400
2312
Core i3-9100
1592
Pentium G5400
390
Celeron G4930
238

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUには、第9世代のCore i5 / i7 / i9が使われています。最上位のCore i9-9900Kを搭載した試用機でCPU性能を計測したところ、同じCPUの平均値をやや下回りましたが、それでも十分優秀な結果が出ました。RTX 2080やRTX 2080 TiなどのハイエンドGPUを利用するなら、できる限り高性能なCPUを選ぶことをおすすめします。

カスタマイズオプションにはCore i5も用意されていますが、これはGTX 1650やGTX 1660 Tiなどエントリー~ミドルレンジGPUと組み合わせるのに適しています。ミドルハイ~ハイエンドGPUでは、CPU性能がボトルネックとなって本来のパフォーマンスを引き出せない可能性があるので注意してください。

3Dグラフィックス性能

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2080 Ti
32170
Alienware Aurora R9 (RTX 2080 Ti)
30058
RTX 2070 SUPER
25322
RTX 2080
25205
RTX 2070
22856
RTX 2060 SUPER
20640
RTX 2060
17843
GTX 1070
17405
GTX 1660 Ti
15697
GTX 1060
12415
GTX 1650
8893
GTX 1050
6945
UHD 630 (Core i7)
1359

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

RTX 2080 Ti搭載の試用機で3D性能を計測したところ、同じGPUの平均値をやや下回りましたが、非常に優秀な結果でした。ワンランク下でミドルハイのRTX 2070 SUPERと比べても、比較的大きな差があります。これだけの性能であれば、重いゲームでも快適に楽しめるでしょう。

そのほかの狙い目としては、ミドルレンジのRTX 2060 SUPERやミドルハイのRTX 2070 SUPERがおすすめです。GTX 1660 TiやGTX 1650は安いのですが、高級ゲーミングPCブランドであるAlienwareで選ぶ意味はありません。もっと安いモデルが欲しいのであれば、Dell G5 ゲーミング デスクトップ (5090)をおすすめします。

Dell G5 ゲーミング デスクトップ (5090) レビュー:カスタマイズ対応でも価格が安い高コスパゲーミングPC
デルのDell G5 ゲーミング デスクトップは、スタンダードサイズのゲーミングデスクトップPCです。価格が安いながらもパーツカスタ……

作業の快適さ

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
9800
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
8381
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
10424

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCを使った作業の快適さを計測するPCMark 10のテスト結果は上記のとおり。RTX 2080 Ti搭載の試用機では、すべてのテストにおいて目標値を上回りました。特にコンテンツ制作のテスト結果が非常に優秀です。3D制作や動画編集などにも向いています。

そのほかのモデルではスコアがやや落ちると思われますが、それでも一般利用やビジネス利用には問題ないでしょう。ただしエントリー向けのGTX 1650だと、コンテンツ制作のテストで低い結果が出る可能性があります。

Alienware Aurora R9のゲーム性能について

Alienware Aurora R9 ゲーム ベンチマーク

RTX 2080 Ti搭載の試用機でベンチマークテストや実際のゲームでのFPS (画面の動きの速さを表わす目安)を計測したところ、処理の重い重量級のタイトルでも、フルHDで快適に遊べると判断できる結果でした。

ただベンチマークスコアが、思っていたよりも伸びていません。一応最高パフォーマンスを発揮できる状態でテストを行なっているのですが、もしかするとなんらかの設定が影響している可能性があります。

なおそのほかのGPUについては、他機種のベンチマーク結果を参考にしてください。

関連記事

Core i5 + GTX 1650

Core i7 + GTX 1660 Ti

Core i7 + RTX 2060 SUPER

Core i7 + RTX 2070 SUPER

※テストはすべてフルHDで実施

FF15ベンチ (重量級 / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 8661 / 快適
標準品質 11300 / とても快適
軽量品質 12207 / 非常に快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 16456 /非常に快適 / 140.5 FPS
高品質 16870 / 非常に快適 / 147.5 FPS
標準品質 19296 / 非常に快適 / 179.3 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

モンスターハンターワールド:アイスボーン (中重量級 / DX11)

モンスターハンターワールド:アイスボーン
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 67.4 FPS / 51 FPS
69.6 FPS / 62 FPS
69.7 FPS / 91 FPS
71.3 FPS / 56 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 23036 / すごく快適
標準品質 22147 / すごく快適
低品質 23635 / すごく快適

リーグ・オブ・レジェンド (LoL) (超軽量級 / DX9)

リーグ・オブ・レジェンド
モード 平均FPS / 最低FPS
サモナーズリフト (最高画質) 293.5 FPS / 169 FPS
TFT (最高画質) 277.2 FPS / 179 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

フォートナイト (中量級 / DX11)

フォートナイト
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 131.1 FPS / 102 FPS
143.6 FPS / 113 FPS
152.5 FPS / 126 FPS
184.1 FPS / 137 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PUBG (中量級 / DX11)

PUBG
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 127 FPS / 81 FPS
115.4 FPS / 608 FPS
118.8 FPS / 86 FPS
123.5 FPS / 89 FPS
非常に低い 128.8 FPS / 96 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

オーバーウォッチ (軽量級 / DX10)

オーバーウォッチ
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 285.2 FPS / 234 FPS
ウルトラ 289.8 FPS / 221 FPS
293 FPS / 248 FPS
NORMAL 298.4 FPS / 289 FPS
299.5 FPS / 295 FPS

※レンダースケール100%、平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ (中量級 / DX11)

Apex Legends
画質 平均FPS / 最低FPS
最低設定 143.8 FPS / 143 FPS
最高設定 143.8 FPS / 143 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安。FPS上限はデフォルトのまま

アサシンクリード オデッセイ (超重量級 / DX11)

アサシンクリード オデッセイ
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 50 FPS / 29 FPS
66 FPS / 32 FPS
74 FPS / 36 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

価格について

Alienware Aurora R9にはパーツ構成の異なる6種類のモデルが用意されています。スペックと価格は以下の表のとおり。それぞれのモデルではパーツカスタマイズが可能ですが、モデルによっては選択できないパーツもあるので注意してください。なお「フルカスタマイズ」モデルでは、すべてのパーツを選択できます。

主なラインナップ

フルカスタマイズ
Core i5 8GBメモリー HDD 2TB GeForece GTX 1650 14万円台後半
スタンダード
Core i7 8GBメモリー HDD 2TB GTX 1660 16万円台
スタンダード・RTX搭載
Core i7 8GBメモリー HDD 2TB RTX 2060 18万円
プレミアム・RTX搭載
Core i7 8GBメモリー HDD 2TB 22万円台
プラチナ・RTX搭載
Core i7 8GBメモリー HDD 2TB 27万円台
スプレマシー・RTX搭載
Core i7 8GBメモリー HDD 2TB 34万円台

※価格は税込、2020年3月18日時点

価格はタイミングによって大きく変わります。定期的に10~15%オフまたはパーツの無料アップグレードが行われているので、公式サイトをこまめにチェックするといでしょう。

超ハイスペック構成が可能なパワフルゲーミングPC

Alienware Aurora R9 感想

よかった点

RTX 2080 TiやRTX 2070 SUPERの2-way SLI、最大64GBメモリーなど、とことん高スペックに仕上げられる点が魅力です。また斬新なボディもポイント。ほかの人とは違う個性的でパワフルなゲーミングPCが欲しい人におすすめします。

気になる点

標準ではメモリー容量が8GBで、ストレージが2TB HDDである点に注意してください。カスタマイズが前提なのであえて最安パーツで構成されていると思うのですが、カスタマイズなしで手軽に買いたい人もいるのではないでしょうか。ただ、購入後に自前のパーツを追加 / 交換する人にはありがたい仕様かもしれません。

当サイト限定キャンペーン実施中

デルの公式サイトで税別8万円以上のお買い物をすると、3000円ぶんの楽天スーパーポイントをもらえるキャンペーンが実施されています。金額が税別15万円以上なら、もらえるポイントは7500円ぶん! 詳しくは以下のリンクから、キャンペーン詳細をご確認ください。
税別8万円以上の購入で3000ポイントプレゼント
税別15万円以上の購入で7500ポイントプレゼント

※2020年3月18日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、ぜひフォローをお願いします。

関連記事

👉ゲーミングPCのレビュー一覧
👉デスクトップPCレビュー一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました