デルAlienware m15 Ryzen Edition R5レビュー:しっかりした性能&作りのミドルレンジゲーミングノートPC

デルAlienware m15 Ryzen Edition R5レビュー

デルのAlienware m15 Ryzen Edition R5は、AMD Zen3世代のRyzenシリーズとGeForce RTX 30 Laptopシリーズを搭載するゲーミングノートPCです。グレード的にはミドルレンジか(中級)からアッパーミドル(中上級)向けで、スペックも作りもしっかりしている点が特徴。記事執筆時点(2022年1月中旬)では、15~25万円台で購入できます。

デルAlienware m15 Ryzen Edition R5レビュー

Alienware m15 Ryzen Edition R5

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

スペック

OS Windows 11 Home
ディスプレイ 15.6インチ 非光沢 タッチ非対応
パネル 1920×1080 165Hz / 2560×1440 240Hz G-Sync対応
CPU Ryzen 7 5800H / Ryzen 9 5900HX
メモリー 16 / 32GB DDR4-3200
ストレージ 512GB / 1TB SSD
グラフィックス RTX 3050 Ti(4GB) / RTX 3060(6GB)/RTX 3070(8GB)
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0、有線LAN(2.5Gbps)
インターフェース USB3.2 Gen1(フルサイズ)×3、USB3.2 Gen2 Type-C×1、HDMI2.1、有線LAN、マイク入力/ヘッドフォン出力
生体認証 なし
サイズ / 重量 幅356.2×奥行き272.5×高さ12.9~22.85mm / 約2.42~2.69kg
バッテリー 6セル86WHr ※駆動時間は非公開

本体デザイン

Alienware m15 Ryzen Edition R5

Alienware m15 Ryzen Edition R5の外観

Alienware m15 Ryzen Edition R5 カラー

試用機の本体カラーは正式には「ダークサイドオブザムーン」ですが、ダークグレーと思えばOK。指紋の跡が少し残ります

Alienware m15 Ryzen Edition R5 キーボード

キーボード面

Alienware m15 Ryzen Edition R5 バックライト

キーボードは4ゾーンのRGBバックライト対応

Alienware m15 Ryzen Edition R5 電源ボタン

電源ボタンはAlienwareシリーズのシンボルであるエイリアンマーク

Alienware m15 Ryzen Edition R5 ベゼル

ベゼルは細めですが、下部のヒンジがややゴツく作られています

Alienware m15 Ryzen Edition R5 インターフェース

インターフェースは十分な構成。ただしRyzen搭載ノートPCはThunderboltには非対応です

Alienware m15 Ryzen Edition R5 電源アダプター

付属の電源アダプターは丸口タイプ。重さは1.032kgで、かなり巨大です

Alienware m15 Ryzen Edition R5 スピーカー

スピーカーは底面配置。音はややこもって聞こえるので、ヘッドセットの着用をおすすめします

Alienware m15 Ryzen Edition R5 排気口

排気口は左右側面と背面

Alienware m15 Ryzen Edition R5 排気口

キーボード上部にもエアフロー用の通気口

Alienware m15 Ryzen Edition R5 吸気口

底面には吸気口

基本的な作りは、エントリー(入門)向けのDell G15(5510 / 5511)とほぼ同じです。

Dell G15(5510/5511)レビュー

Dell G15

Dell G15(5510/5511)レビュー:エントリー~ミドルレンジ向けの15.6インチゲーミングノートPC
デルのDell G15 (5510/5511)は、インテルのCoreプロセッサとRTX 3050~3060を搭載するゲーミングノート……

サイズと重量

Alienware m15 Ryzen Edition R5 サイズ

本体サイズは幅356.2×奥行き272.5mm

Alienware m15 Ryzen Edition R5 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。大きさ的にはB4用紙よりふたまわり大きい印象です

Alienware m15 Ryzen Edition R5 厚さ

厚さは実測で22.6mm、ゴム足を含めた設置時の高さは27.3mm

Alienware m15 Ryzen Edition R5 見た目

ゲーミングノートPCとしては標準的な厚みですが、設置面積が大きいため数値以上にスリムに感じます

Alienware m15 Ryzen Edition R5 重さ

重さは実測で2.453kg。最近の機種としてはやや重いのですが、これは本体がやや大きめのため

ディスプレイについて

Alienware m15 Ryzen Edition R5 ディスプレイ

画面サイズは15.6インチ。解像度は1920×1080ドットのフルHDと、2560×1440ドットのWQHDの2種類を用意

Alienware m15 Ryzen Edition R5 リフレッシュレート

フルHDモデルのリフレッシュレートは165Hzで、WQHDモデルは240Hz。165Hzでもゲーム画面の動きは十分すぎるほどなめらかです

Alienware m15 Ryzen Edition R5 映像

色域は公称値でsRGB 100%。違和感のない自然な色合いです

Alienware m15 Ryzen Edition R5 明るさ

明るさは公称値で300nit。試用機では標準的な明るさに感じました。ゲームはもちろん、文字中心の作業にも問題なく使えます

Alienware m15 Ryzen Edition R5 ゲーム

高リフレッシュレートのディスプレイは描画の遅延がなく、プレーを有利に進められます

キーボードについて

Alienware m15 Ryzen Edition R5 キーボード

キーボードはテンキーなし。注文時に日本語配列か英字配列を選択できます。すべてのキーの同時押しを認識するNキーロールオーバー対応

Alienware m15 Ryzen Edition R5 配列

配列派標準的ですが、右端だけ特殊キーが縦に並んできます

Alienware m15 Ryzen Edition R5 キー

キーストロークは1.8mm。Cherryのメカニカルスイッチ採用で、しっかりした手応えを感じます。クリック感はやや固く、押下圧もやや強め

Alienware m15 Ryzen Edition R5 タイプ音

指を打ち下ろすようなタイピングでもタイプ感はハッキリとしています。タイプ音は軽い力でもカタカタと聞こえますが、うるさくはありません

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 9 5900HX
メモリー 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
グラフィックス RTX 3070 (8GB)
最大グラフィックスパワー 130W

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、AMD Zen3世代のRyzen 9 5900HXまたはRyzen 7 5800H(いずれも8コア16スレッド)が使われています。Ryzen 9であれば、現行のゲーミングノートPC向けCPUとしてはトップクラスの性能です(記事執筆時点)。Ryzen 7 5800Hも十分高性能で、どちらもゲーム用としては十分なパフォーマンスと言っていいでしょう。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Ryzen 9 5900HX
5025
Alienware m15(Ryzen 9 5900HX)
4945
Core i7-11800H
4736
Ryzen 7 5800H
4681
Ryzen 7 4800H
4307
Ryzen 9 4900HS
4266
Core i9-11900H
4210
Core i7-10870H
3679
Core i9-10885H
3504
Ryzen 5 4600H
3303
Core i5-11400H
2992
Core i7-10750H
2825
Core i5-10500H
2638

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としてはエントリー向けのRTX 3050 Ti、ミドルレンジのRTX 3060、ミドルハイ(アッパーミドル)のRTX 3070の3種類が用意されています。RTX 3070搭載の試用機で3Dベンチマークテストを行なったところ、同じGPUの平均値を超える優れた結果が出ました。おそらくCPUとして使われているRyzen 9 5900HXの高いパフォーマンスが影響しているのでしょう。ゲームをガッツリ楽しむのであれば、この組み合わせがもっともおすすめです。

ちなみにRTX 3060でも、重いゲームをフルHDの高画質で快適に楽しめます。エントリー向けのRTX 3050 Tiでも重いゲームをプレー可能ですが、ここで予算をケチるよりもミドルレンジ以上を選んだほうが満足感は高いはず。予算を安く押さえたいのであれば、ワンランク下の「Dell G15」シリーズを選んでください。

Dell G15(5510/5511)レビュー:エントリー~ミドルレンジ向けの15.6インチゲーミングノートPC
デルのDell G15 (5510/5511)は、インテルのCoreプロセッサとRTX 3050~3060を搭載するゲーミングノート……

GPUの性能 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
RTX 3080
11612
Alienware m15(RTX 3070)
10621
RTX 3070
9707
RTX 2080
9599
RTX 3060
8297
RTX 2070
7660
RTX 2060
5860
GTX 1660 Ti
5626
RTX 3050 Ti
5207
RTX 3050
4426
GTX 1650 Ti
3686
GTX 1650
3178
Iris Xe (Core i7)
1250
Radeon (Ryzen 7)
1000

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能 (DirectX 11、フルHD)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 3080
28274
Alienware m15(RTX 3070)
26166
RTX 3070
25161
RTX 2080
25078
RTX 3060
21476
RTX 2070
20037
RTX 2060
15685
GTX 1660 Ti
14451
RTX 3050 Ti
13528
RTX 3050
11051
GTX 1650 Ti
10123
GTX 1650
8758
Iris Xe (Core i7)
4486
Radeon (Ryzen 7)
3384

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

レイトレーシング性能もハイエンドGPUに迫るほどのスコアでなかなか優秀です。タイトルによっては、美しい映像を堪能できるでしょう。

GPUの性能 (レイトレーシング)

GPU 3DMark Port Royal Graphicsスコア
RTX 3080
7148
Alienware m15(RTX 3070)
6449
RTX 3070
5957
RTX 2080
5675
RTX 3060
4909
RTX 2070
4498
RTX 2060
3330
GTX 1660 Ti
1487
RTX 3050 Ti
585
RTX 3050
537

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。

CPU / GPUともに高性能な試用機では、非常に優れた結果が出ました。Ryzenはソフトの相性があるものの、ほとんどの作業は概ね快適に行なえるはずです。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
AW m159809
DX-T79784
IdeaPad9925
Ins16p9667
raytrek9418
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
AW m159729
DX-T76630
IdeaPad9276
Ins16p8530
raytrek7927
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
AW m159729
DX-T74840
IdeaPad6814
Ins16p8109
raytrek8486

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

THIRDWAVE DX-T7 Core i7-1165G7 / 16GB
IdeaPad Slim 560 Pro Ryzen 7 5800H / 16GB / GTX 1650
Inspiron 16 Plus Core i7-11800 / 16GB / RTX 3050
raytrek R5-CA Core i7-10875H / 16GB / RTX 3060

ゲーム性能

RTX 3070搭載モデルであれば、重量級タイトルでも最高画質で平均60 FPS程度で楽しめます。RTX 3060であれば、画質を調整すれば問題ないでしょう。RTX 3050 Tiなら、タイトルによっては画質を調整する必要がありそうです。

人気のバトロワ系FPS / TPSについては、中量級のFF14あたりを参考にしてください。最高画質でも100Hzオーバーはいけそうですが、ミドル~ミドルハイで165Hzもしくはそれ以上を目指すのであれば多少の画質調整は必要です。RTX 3050 Tiで高リフレッシュレートを堪能するのであれば、画質をかなり落とす必要があります。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ

画質 スコア / 評価
高品質 8607 / 快適
標準品質 11619 / とても快適
軽量品質 11885 / とても快適

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

GPU FF15ベンチのスコア目安(高画質)
RTX 3080
12484
RTX 2080
9427
RTX 3070
7818
RTX 3060
7792
RTX 2070
7530
RTX 2060
5584
GTX 1660 Ti
5605
RTX 3050 Ti
4855
RTX 3050
4122
GTX 1650 Ti
3801.5
GTX 1650
3472.5
Iris Xe (Core i7)
1347
Radeon (Ryzen 7)
1027

※スコアは当サイト計測値の平均

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 16448 / 122.2 FPS
高品質 15489 / 114.8 FPS
標準品質 16742 / 123.6 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GPU FF14ベンチのFPS目安(最高画質)
RTX 3080
134
RTX 2080
130.8
RTX 3070
131.25
RTX 3060
119.2
RTX 2070
109.1
RTX 2060
90.3
GTX 1660 Ti
95.15
RTX 3050 Ti
92.5
RTX 3050
76.3
GTX 1650 Ti
69.65
GTX 1650
63.05
Iris Xe (Core i7)
17.2
Radeon (Ryzen 7)
17.9

※スコアは当サイト計測値の平均

ファークライ6(ちょっと重い / DX12)

ファークライ6

 レイトレ無効

設定 平均FPS / 最小FPS
最高 76 FPS / 62 FPS
85 FPS / 50 FPS
92 FPS / 57 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

レイトレ有効

設定 平均FPS / 最小FPS
最高 60 FPS / 29 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

サイバーパンク2077 (重い / DX12)

サイバーパンク2077

画質 / DLSS 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ / オフ 57.9 FPS / 37.9 FPS
高 / オフ 60.1 FPS / 38.1 FPS
レイトレーシングウルトラ / 自動 35.4 FPS / 27.6 FPS
レイトレーシング中 / 自動 39.7 FPS / 27.6 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GPU ゲーム中のFPS目安(最高画質、レイトレオフ、DLSS有効)
RTX 3080
68.8
RTX 3070
74.5
RTX 3060
77.7
RTX 2060
41.5
RTX 3050 Ti
55
GTX 1650 Ti
18.2
GTX 1650
16.8

※スコアは当サイト計測値の平均

アサシン クリード ヴァルハラ (重い / DX12、DLLS非対応)

アサシン クリード ヴァルハラ

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 74 FPS / 36 FPS
93 FPS / 38 FPS
102 FPS / 50 FPS

※DLSS非対応、平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GPU FF15ベンチのスコア目安(高画質)
RTX 3080
74
RTX 3070
68
RTX 3060
63
RTX 3050 Ti
35
RTX 3050
21
GTX 1650 Ti
22
GTX 1650
33

※スコアは当サイト計測値の平均

ゲームをガッツリ楽しみたい人向け

Alienware m15 Ryzen Edition R5 感想

165Hz / 240Hzの高リフレッシュレートと、Nキーロールオーバーに対応している点が好印象です。最近はゲーミングノートPCでもキーボードが貧弱な機種が多いのですが、Alienware m15 Ryzen Edition R5であれば操作に関してのストレスはだいぶ少ないでしょう。本体はやや大きいものの、特別気になるほどではありません。

記事執筆時点ではRTX 3050 Ti搭載の下位モデルが16万円前後で、RTX 3060搭載の中位モデルが17万円台前半、RTX 3070搭載モデルが24万円台です。さらにその上の240Hz対応最上位モデルは25万円台で販売されています。狙うならRTX 3060かRTX 3070モデルがおすすめ。ゲーミングノートPCとしてしっかり作られているだけに、中途半端に安いモデルを買うよりは上位モデルを選ぶべきです。ゲームをガッツリ楽しみたい人におすすめします。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ゲーミングノートPC関連記事一覧
リンクシェア レビュー・アフィリエイト

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!