ASUS TUF Gaming FX504 レビュー:耐久性が高く長期間安心して使えるゲーミングノートPC

ASUS TUF Gaming FX504GD レビュー
ASUSの『ASUS TUF Gaming FX504 (以下、”ASUS FX504″)』は、15.6インチのフルHDディスプレイを搭載したゲーミングノートPCです。専用グラフィックス機能 (GPU)はGeForce GTX 1050 / 1050 Tiで、パフォーマンスはエントリーユーザー(初心者)向け。『League of Legends』など軽めのゲームをプレーするのに向いています。

FX504GD スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i5-8300H / Core i7-8750H、メモリー:8 / 16GB 、ストレージ:SSD / HDD、 グラフィックス:GeForce GTX 1050(2GB) / 1050 Ti (4GB)、ディスプレイ:15.6インチ 1920×1080ドット

注目ポイント

万全の熱対策

ASUS FX504 特徴 耐久性の高さが魅力

ふたつの空冷ファンを利用することで、本体内部を効果的に冷却。さらにホコリやゴミを外部へと排出する機能にも対応しています。内部の熱が抑えられるのでパーツが劣化しにくく、長期間安定した動作を期待できます。

タイプ感に優れる英字配列キーボード

ASUS FX504 特徴 英字配列キーボード

デザインと使い勝手に優れる英字配列のキーボードを採用。キーストロークは約2mmでタイプ感がいい上に、耐久性にも優れています。

ゲームを2本無料でもらえる

FX504GD Age of Empires: Definitive Edition

一部のモデルでは「Age of Empires : Definitive Edition」と「Gears of War 4」を無料でダウンロードできます。これはうれしい!

ASUS TUF Gaming FX504の評価

ASUS FX504の評価

総合評価: 3.5/5.0

(評者:こまめブログ)

デザイン 外観は控えめながらもスタイリッシュな印象。本体はやや大きめ
性能 ノートPCとしては高性能だが、ゲーミングPCとしてはエントリー向け
使いやすさ 端子類は必要十分。英字キーボードは使い勝手は悪くないが慣れが必要
軽さ 重さは実測で約2.2kg。ゲーム用としては軽い
画面 鮮やかで違和感のない色合い。ゲーム用としては標準的

今回はメーカーからお借りしたASUS FX504の実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

ASUS TUF Gaming FX504GD

ASUS TUF Gaming FX504

税込9万2340円~

※2019年2月25日時点の価格。最新の価格やキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください

ASUS TUF Gaming FX504のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i5-8300H
Core i7-8750H
メモリー 8GB
16GB
ストレージ 1TB SSHD
256GB SSD (PCIe)
128GB SSD (PCIe) + 1TB HDD
256GB SSD (PCIe) + 1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1050 (2GB)
GeForce GTX 1050 Ti (4GB)
ディスプレイ 15.6インチ、
1920×1080ドット、
非光沢、タッチ非対応 / 対応
光学ドライブ なし
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、
Bluetooth 4.1、
1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース USB3.0 Gen1  (フルサイズ) ×2、
USB2.0 ×1、
HDMI、有線LAN、
ヘッドホン出力
セキュリティー TPM2.0、
セキュリティースロット
カメラ 92万画素
サイズ 幅384×奥行き262×高さ25mm
重量 約2.3kg
バッテリー駆動時間 約4.1時間
オフィス なし
サポート メーカー保証1年間

※2019年2月25日時点。構成は変更される場合があります

ASUS TUF Gaming FX504の価格

ASUS FX504には、CPUやGPUなどパーツ構成の異なる7種類のモデルが用意されています。それぞれの主なスペックと価格は以下のとおり。パーツカスタマイズには非対応で、基本的には英字配列キーボードである点に注意してください。

ASUS TUF Gaming FX504のラインナップ

FX504GD-I5S2YA
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD GeForce GTX 1050 税込9万2340円 ※2
FX504GD-I5H1JP ※日本語キーボード
Core i5 8GBメモリー  GeForce GTX 1050 税込10万0555円
FX504GE-I5H1
Core i5 8GBメモリー GeForce GTX 1050 Ti 税込10万3140円 ※2
FX504GD-I5G1050
Core i5 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD GeForce GTX 1050 税込11万8606円 ※3
FX504GE-I7H1S2
Core i7 16GBメモリー 256GB SSD 1TB HDD GeForce GTX 1050 Ti 税込13万5540円 ※2
FX504GE-I5H1S1
Core i5 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD GeForce GTX 1050 Ti 税込14万2344円 ※3
FX504GD-I7G1050
Core i7 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD GeForce GTX 1050 税込15万1740円

※2019年2月25日時点 ※2はアウトレット品の価格 ※3はドスパラで販売されているモデル

春の新生活応援OUTLETセール実施中

ASUSの直販サイト「ASUS Store」にて、アウトレット品のセール販売が行なわれています。期間は2019年3月31日まで。アウトレットと言っても箱が汚れたり変形していたりする程度で、中身は新品同様。ただでさえお得なアウトレット品を、さらに安く入手できるチャンスです。詳しくは以下のリンクから直販サイトをご確認ください。
ASUS Store アウトレットコーナー
icon

2本のゲームを無料でもらえる!

ASUS FX504の一部モデルでは、「Age of Empires : Definitive Edition」と「Gears of War 4」の無料ダウンロードが可能です。どちらも本来は有料ソフトなので、、とてもお得!

ゲームをもらえるモデル

  • FX504GD-I5G1050
  • FX504GD-I5G1050B
  • FX504GD-I5S2YA
  • FX504GD-I7G1050

入手条件やダウンロード方法の詳細については、公式サイトでご確認ください。

リンク

ASUS TUF Gaming ノート PC に特典として付属しているゲームをインストールする方法

本体の大きさやデザイン

ASUS FX504にはLEDイルミネーションなどの装飾はなく、ゲーミングPCとしては控えめな外観です。と言っても地味なわけではなく、アクセントカラーの赤が映えるスタイリッシュなデザインを採用しています。

ASUS FX504 外観

ASUS FX504の外観

ASUS FX504 天板のデザイン

天板部分の凹凸とヘアライン加工によって、先進的なイメージを演出しています

ASUS FX504 ボディの素材

ボディカラーはブラックで、アクセントとしてレッドを使用。素材には樹脂が使われています

ASUS FX504 キーボード面

キーボード面のデザイン。キー側面の赤がとても印象的

ASUS FX504 ベゼル幅

液晶ディスプレイのベゼル(枠)幅は左右19.5mm、上部24mm。やや太めの印象

ASUS FX504 底面部

底面部には大型の通気口

ASUS FX504 デザイン

ややゴツさがあるものの、アクセントカラーのレッドによって野暮ったさが払拭されています

またASUS FX504は、”アンチダストクーリング”と呼ばれるホコリやゴミを排出する機能に対応している点が特徴です。内部にホコリが溜まりにくいので熱でパーツが壊れる心配が少なく、PCを長期間安定した状態で利用できます。

ASUS TUF Gaming FX504 フォルム

デュアルファンで内部を効果的に冷却するとともに、ホコリやゴミを排出するアンチダストクーリングにも対応しています

本体はやや大きめです。ただそのぶん、頑丈に作られている印象を受けました。ゲーミングノートPCとしては軽いので、知人宅やイベント会場などに持ち出して使うのもいいでしょう。

ASUS FX504 本体サイズ

本体サイズ

ASUS FX504 大きさ

サイズ感はB4サイズとA3サイズの中間くらい。15.6インチタイプとしては大きめです

ASUS FX504 前面と背面

前面と背面

ASUS FX504 薄さ

高さの公称値は25mm、ゴム足を含めた設置時の高さは実測27.5mmでした

ASUS FX504 重さ

重量は実測2.201kg

ノートPCの平均重量

画面サイズ 平均重量
11.6インチ 1.06kg
12.5インチ 1.095kg
13.3インチ 1.209kg
14インチ 1.582kg
15.6インチ (スタンダード) 2.131kg
15.6インチ (ゲーミング) 2.413kg

※2018年に当サイトが検証したノートPC(2-in-1を含む) の実測値より

ASUS FX504 電源アダプター

付属の電源アダプター。重さは実測499g

画面の色と見やすさ

液晶ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ゲーミングノートPCとしては、標準的なスペックです。

ASUS FX504 液晶ディスプレイ

画面サイズは15.6インチで解像度は1920×1080ドット

ASUS FX504 フルHD

リフレッシュレートは60Hz。スタンダードな液晶ディスプレイです

ASUS FX504 IPS相当のパネル

映像は自然な色合い。特に公表されていませんが、IPS相当だと思います

ASUS FX504 ガンマカーブ

i1Display Proによるガンマカーブ。色のバランスは良好

ASUS FX504 明るさ

画面の輝度は実測213nit。画面がやや暗いのですが、暗いシーンが見づらく感じることはありませんでした

ASUS FX504 ノングレア

液晶ディスプレイ表面は映り込みを抑えた非光沢(ノングレア)タイプ

キーボードの使いやすさ

ASUS FX504のキーボードは基本的に英字配列です(一部のモデルを除く)。日本語配列のキーボードとは記号の位置やEnterキー周辺の配列が異なるので注意してください。配列が異なるだけで、日本語での入力は可能です。

英字配列は日本語配列よりも見た目がスッキリとしているほか、記号の並び順がわかりやすいので使いやすいという人もいます。使い慣れないうちは違和感があるかもしれませんが、見た目がカッコイイのでこの機会に英字配列に移行するのもアリかもしれません。

ASUS FX504 キーボード

英字配列のキーボード

ASUS FX504 キー配列

特にEnterキー周辺のキー配列が日本語は配列と異なります

ASUS FX504 バックライト

キーボードバックライトに対応

キーピッチ(キーとキーの間隔)は19mmで十分なサイズ。キーストロークは約2mmで、ややたわみがあるものの、タイプ感は良好です。タイプ音は軽めのタッチなら非常に静かで、音がほとんど気になりません。強くタイプしても「トントン」というタイプ音で、うるさくは感じませんでした。

ASUS FX504 キー

キーサイドは赤。キートップがわずかに湾曲しています

ASUS FX504 タイプ感

ストロークが深いので、タイプ時の手応えは十分感じられます。タイプ音も静か

キーの同時認識は概ね4キー程度まででした。ただしキーの組み合わせによっては、2キーまでしか認識されない場合があります。たとえばShift+Zキーを押しながらWやSを押しても認識されませんでした(AやDは認識される)。ゲームによっては、キーカスタマイズが必要になるかもしれません。

とは言え、Ctrl+Shift+W+D+スペースのような一般的な組み合わせは正しく認識できているので、たいていのゲームでは問題なく使えるでしょう。

ASUS FX504 WASDキー

ゲームでよく使うWASDキーのデザインがほかのキーと異なります

ASUS FX504 タッチパッド

タッチパッドはボタン一体型

端子類の種類と使いやすさ

インターフェース(端子類)は多くはありませんが、十分な構成です。ただしSDカードスロットと光学ドライブには対応してない点に注意してください。

ASUS FX504 左側面

左側面のインターフェース

  • ① 電源コネクター
  • ② 1000BASE-T対応有線LAN
  • ③ HDMI
  • ④ USB2.0
  • ④ USB3.0
  • ④ ヘッドホン出力

ASUS FX504 右側面

右側面のインターフェース

  • ① セキュリティースロット(盗難防止用)

ベンチマーク結果

今回のテストでは、GeForce GTX 1050搭載のFX504GD-I5S2YAを使いました。ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります。あらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i5-8300H
メモリー 8GB
ストレージ 250GB SSD
グラフィックス GeForce GTX 1050(2GB)

ストレージ性能

試用機で使われていたSSDはサムスンのPM961(MZVLW256HEHP)で、転送モードは爆速タイプのPCIe 3.0 x4です(個体によってはほかのSSDが使われている場合があります)。アクセス速度が非常に速く、快適な動作を期待できます。

FX504GD ストレージのアクセス速度(CrystalDiskMark)

256GB SSDのアクセス速度(CrystalDiskMark)

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度の違い

ただし256GBの容量は、ゲーミングPCとしてはそれほど大きくありません。たとえば50GB超の大作ゲームを3本程度インストールすると、ストレージの空き容量が少なくなってしまいます。20GB程度の中規模クラスのタイトルなら、数本インストールしても問題ないでしょう。大容量のゲームを楽しむなら、SSD+HDD搭載のモデルがおすすめです。

FX504GD 空き容量

AAAクラスの大作ゲームを3本入れると、残り容量が20GB程度

FX504GD 空き容量

20GB程度の中規模クラスなら数本インストール可能です

CPU性能

試用機で使われているCore i5-8300Hは、4コア/8スレッドで動作するCPUです。本来はゲーミングPC向けの高性能なCPUですが、CPUベンチマークの結果は同じCore i5-8300Hの平均値よりも16%程度低く、スタンダードノートPC向けのCore i7-8565U/i7-8550Uを下回りました。CPUの熱が上がりすぎるのを防ぐために、パフォーマンスが調整されているのかもしれません。

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i9-9900K ※2
20094
Core i7-9700K ※2
17831
Core i7-8700 ※2
15300
Core i7-8750H
13484
Core i5-8300H
10238
Core i7-8565U
9691
Core i7-8550U
9127
ASUS FX504GD (Core i5-8300H)
8616

※そのほかのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値 ※2デスクトップ向けCPU

ただ軽量クラスのゲームであれば、CPU性能が大きく影響することはありません。またパフォーマンスを抑えることで内部が高温になりすぎるのを防げるため、その結果としてパーツが長持ちすることもあります。

グラフィックス性能について

総合的な3D性能を計測する「3DMark」では、同じGeForce GTX 1050の平均値を若干上回っています。とは言え、中量級クラスのタイトルを快適にプレーするには、やや厳しい性能です。FF14などの中量級クラスも視野に入れるなら、GeForce GTX 1050 Ti搭載モデルをおすすめします。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GTX 1070
14715
GTX 1060
10187
GTX 1050 Ti
6742
ASUS FX504GD (GTX 1050)
5522
GTX 1050
5275

※そのほかのGPUのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

ゲームを快適に遊べるGPUの目安(フルHD時)

ゲームの重さ 画質 推奨GPU
重量級
FF15、Assassin’s Creed Origins、Ghost Recon Wildlands、黒い砂漠など
高画質 GTX 1080以上
標準画質 GTX 1070以上
低画質 GTX 1060以上
中量級
FF14、PUBG、Fortnite、OverWatch、AVAなど
高画質 GTX 1060以上
標準画質 GTX 1050 Ti以上
低画質 GTX 1050以上
軽量級
ドラクエ10、League of Legends、ガンダムオンライン、CSO、PSO2など
高画質 GTX 1050 Ti以上
標準画質 GTX 1050以上
低画質 GTX 1050以上

※ 当サイトの検証結果を元にした指針で、実際のゲームの動作を保証するものではありません

ゲーム系ベンチマークの結果

ゲームごとの快適さを専用ベンチマークを試したところ、やや重めの中量級タイトルで少々厳しい結果となりました。GeForce GTX 1050 Ti搭載機であれば、画質を調整することである程度快適に動作するはずです。

ゲーム系ベンチマーク結果

FF15ベンチ
FF15 (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 高品質 2071(重い)
標準品質 3236(普通)
軽量品質 4470(普通)
FF14ベンチ
FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 6348(とても快適) ※42.794 FPS
高品質(ノートPC) 9341(非常に快適) ※63.556 FPS
標準品質(ノートPC) 11342(非常に快適) ※80.112 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 16452(すごく快適)
標準品質 17007(すごく快適)
低品質 18241(すごく快適)
Assassin's Creed Odyssey
アサシンクリード オデッセイ (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 21 FPS
35 FPS
47 FPS
Assassin's Creed Origins
アサシンクリード オリジンズ (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 23 FPS
37 FPS
超低 46 FPS
Far Cry5
Far Cry5 (DX11) ※中規模
1920×1080 (フルHD) 最高 29 FPS
36 FPS
44 FPS
Far Cry New Dawn
Far Cry New Dawn (DX11) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高 31 FPS
40 FPS
44 FPS
SOTTR
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー(DX12) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 ※起動できず
29 FPS
最低 41 FPS
ROTTR
ライズ オブ ザ トゥームレイダー(DX12) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高 28.37 FPS
46.86 FPS
最低 57.77 FPS

※平均60 FPS以上が理想

フォートナイトを実際にプレーしてFPS(描画速度の目安)を計測したところ、プリセットの画質「中」で平均60FPSを上回りました。「低」に変更すればよりスムーズに動きますが、このゲームでは画質が低いと遠方のターゲットを捉えづらいのでおすすめしません。フォートナイトをプレーしたいのであれば、GeForce GTX 1050 Ti以上のGPUを搭載したモデルをおすすめします。

FX504GD フォートナイトFPS計測結果

フォートナイトFPS計測結果

エピック(最高画質) 41.4 FPS
54.367 FPS
77.5 FPS
低(最低画質) 87.633 FPS

PUBGでも同様に、平均60FPSを超えるには画質をかなり落とす必要があります。そこまでしてプレーするくらいであれば、多少予算が高くなっても上位GPU搭載モデルを選ぶべきでしょう。

FX504GD PUBG FPS計測結果

PUBG FPS計測結果(フルHD)

ウルトラ(最高画質) 38.550 FPS
45.233 FPS
45.400 FPS
50.433 FPS
非常に低い(最低画質) 62.967 FPS

しかしRTSやMOBAなどのゲームであれば、まったく問題はありません。そもそもこれらのゲームはCPU内蔵のIntel UHD Graphics 630でもプレーできますが、GeForce GTX 1050を利用することでCPUやメモリーにほとんど負担をかけずに快適にプレーできるでしょう。特に複数のプレーヤーが入り乱れる混戦時でも、フレームレートが落ちて不利になる場面はないはずです。

FX504GD Age of Empires: Definitive Edition

「Age of Empires: Definitive Edition」のオフラインソロプレーは平均59.19 FPS。上限の60 FPSにほぼ張り付き状態です。

FX504GD League of Legends

MOBAの「League of Legends」は最高画質でも平均198.19 FPSで非常に快適

なお負荷の高い処理では、排気音が少し大きく聞こえます。軽いゲームなら気になりませんが、高負荷のゲームをプレーする際にはゲーミングヘッドセットの利用をおすすめします。

関連記事

おすすめのゲーミングヘッドセット

耐久性の高いゲーミングノートPC

ということで、今回はASUS TUF Gaming FX504のレビューをお届けしました。

GeForce GTX 1050 / 1050 Ti搭載ということでゲーム性能としてはエントリー~ミドルロー程度で、あくまでも軽めのゲーム向きです。RTSやMOBAなら1050搭載モデルを、フォートナイトやエーペックスレジェンズなどのバトロワ系で画質にこだわらないなら1050 Ti搭載モデルをおすすめします。

また1050 Ti搭載機としては珍しく、16GBメモリーのモデルが用意されているのもポイントです。このモデルはCPUがCore i7-8750Hなので、動画編集や画像加工などのクリエイティブな用途にも活用できるでしょう。

試用機ではパフォーマンスがやや低い結果となりましたが、これは内部の熱を抑えてパーツの故障を防ぐためだと思われます。さらにホコリを外部へと排出するダストクーリングシステムや冷却効果の高いデュアルファンを採用することで、より高い耐久性を実現している点も魅力。長期間安心して使いたい人におすすめします。

ASUS FX504 まとめ

パーツの寿命を延ばす安心機能と熱対策により高い耐久性を実現

春の新生活応援OUTLETセール実施中

ASUSの直販サイト「ASUS Store」にて、アウトレット品のセール販売が行なわれています。期間は2019年3月31日まで。アウトレットと言っても箱が汚れたり変形していたりする程度で、中身は新品同様。ただでさえお得なアウトレット品を、さらに安く入手できるチャンスです。詳しくは以下のリンクから直販サイトをご確認ください。
ASUS Store アウトレットコーナー
icon

ASUS TUF Gaming FX504GD

ASUS TUF Gaming FX504

税込9万2340円~

※2019年2月25日時点の価格。最新の価格やキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました