Acer Chromebook 311 CB311-9H-A14P レビュー:3万円台でも意外に使いやすい格安11.6インチノートPC

Acer Chromebook 311 CB311-9H-A14P レビューエイサーの「Acer Chromebook 311 CB311-9H-A14P (以下、”CB311-9H-A14P”)」は、11.6インチサイズのコンパクトなChromebookです。価格が非常に安く、アマゾンや楽天では税込3万2800円で販売されています。

CB311-9H-A14P 外観

CB311-9H-A14P

CB311-9H-A14P Chrome OS

OSはChrome OS

3万円台前半の格安モデルでありながら、ディスプレイにはIPSパネルが使われている点が特徴。この価格帯のモデルでは青みの強いTNパネルが使われることが多いのですが、CB311-9H-A14Pは色の違和感がありません。

CB311-9H-A14P IPS

IPSパネル採用のCB311-9H-A14P (左)と、TNパネルのIdeaPad Slim 350i Chromebook (右)

CB311-9H-A14P 視野角

IPSパネルは視野角が広く、画面を傾けても色や明るさがあまり変わりません

同じ11.6インチの格安ChromebookであるIdeaPad Slim 350i Chromebookと比べても、スペックや使い勝手で優れています。

IdeaPad Slim350i Chromebookとの比較

CB311-9H-A14P IdeaPad Slim 350i
ディスプレイ 11.6インチ 1366×768 非光沢
パネル IPS TN
CPU Celeron N4020
メモリー 4GB (オンボード)
ストレージ 64GB eMMC 32GB eMMC
インターフェース USB Type-C (PD、映像出力対応)×2、USB Type-A×2、microSDカードスロット、ヘッドホン端子
タッチ / ペン 非対応
幅×奥行き 296×199mm 286.7×205.5mm
厚さ 18.15mm 18.1mm
重量 1.06kg 1.12kg
バッテリー 10時間

※2020年11月5日時点

CB311-9H-A14P キーボード

Enterキー周りで違和感のないCB311-9H-A14P (左)と、ややきゅうくつなIdeaPad Slim 350i (右)

CB311-9H-A14Pはとりあえずネットや動画、メール用のPCを安く入手したい人に向いています。ただしタッチ操作に対応していないので、Androidアプリを積極的に利用したいなら2-in-1タイプを選んだほうがいいでしょう。

この記事では筆者が購入したCB311-9H-A14Pの実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

※2020年11月5日時点

Acer Chromebook 311 CB311-9H-A14Pのスペック

OS Google Chrome OS
画面サイズ 11.6インチ
解像度 1366×768
CPU Celeron N4020
メモリー 4GB
ストレージ 64GB eMMC
LTE なし
タッチ / ペン 非対応
幅×奥行き 296×199mm
厚さ 18.15mm
重量 1.06kg
バッテリー 10時間
自動更新ポリシー 2026年6月

※2020年11月5日時点


本体カラー シルバー
表面処理 非光沢
パネルの種類 IPS
光学ドライブ
テンキー
有線LAN
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USB3.1
USB3.0 2
USB2.0
USB Type-C 2 (USB3.1)
Thunderbolt 3
メモリーカード microSD
HDMI
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 720p (92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー

デザインと使いやすさ

軽量コンパクトだけど質感は値段相応

CB311-9H-A14Pの見た目は普通のノートPCですが、手に持ったり開いたりすると少し安っぽさを感じます。本体は樹脂 (プラスチック)製で、多少のベコベコ感がありました。MILスペックなどの堅牢性テストについては、特に公開されていません。低価格モデルならではの、値段相応な仕上がりです。

CB311-9H-A14P 外観

天板と底面部はシルバー

CB311-9H-A14P 天板

表面はツヤ消しで、指紋が目立ちません

CB311-9H-A14P 開閉

ディスプレイの開閉はやや固め

CB311-9H-A14P 角度

画面はほぼ180度まで開きます

CB311-9H-A14P パームレスト

キーボード面はブラック

CB311-9H-A14P パームレスト

パームレストも樹脂製。表面にはヘアライン加工が施されていますが、指紋がわずかに目立ちます

全体的な作りに関しては、3万円程度のモデルであることを考えれば納得できます。しかし、ベゼル (ディスプレイの枠)が太すぎるのは残念。最近は格安モデルでも狭額縁でデザインが洗練されているものが多いのですが、CB311-9H-A14Pはこの部分だけ前時代的です。

CB311-9H-A14P ベゼル

ベゼルが太すぎるあまり、非常に野暮ったく感じます

CB311-9H-A14P ベゼル

ベゼル幅は左右19.9mm、上部21.1mm、下部20.9mm

ベゼルは太いのですが、サイズはコンパクトです。重量も軽く、持ち歩きにも向いています。ただベゼルが細ければ、本体がもう少し軽量コンパクトになったかもしれません。

CB311-9H-A14P 大きさ

設置面積は幅296×奥行き199mm

CB311-9H-A14P 大きさ

A4サイズ (オレンジの部分)とB5サイズ (赤い部分)との比較

CB311-9H-A14P 底面

底面部。ファンレス仕様のため、通気口はありません (左右の穴はスピーカー)

CB311-9H-A14P 厚さ

厚さは公称値で18.15mm、実測で18.1mm

CB311-9H-A14P 背面

底面部のゴム足を含めると20.3mm。設置時はやや厚く感じます

CB311-9H-A14P 前面

前面の見た目はスリム

CB311-9H-A14P 重さ

重さは実測で1.035kg。非常に軽量です

CB311-9H-A14P アダプター

付属の45W Type-C電源アダプター。重さは262g

コントラストはやや低いが違和感のない色合い

ディスプレイのサイズは11.6インチで、解像度は1366×768ドット。1920×1080ドットのフルHDに比べて解像度が低いので、映像はそれほど精細ではありません。とは言え、パッと見で荒く感じるほどでもなく、ざっくりと眺める程度なら気にならないでしょう。

CB311-9H-A14P 画面サイズ

11.6インチの1366×768ドット

サイズと解像度は格安モデルにありがちな組み合わせですが、ディスプレイにIPSパネルが使われている点がほかのモデルとは大きく異なります。前述のとおり映像は自然な色合いで、違和感はありません。

CB311-9H-A14P 映像品質

やや赤みが弱いものの、TNパネルよりははるかに自然な色合い

CB311-9H-A14P IPS

IPSパネル採用のCB311-9H-A14P (左)と、TNパネルのIdeaPad Slim 350i Chromebook (右)

若干コントラストが低くやや暗めに感じますが、TNパネルに比べれば明らかに見やすく感じます。文字もクッキリと表示されるので、読みづらさはありません。個人的にはフルHDのTNパネルよりも、HDのIPSパネルのほうが満足度は高めです。

CB311-9H-A14P コントラスト

非光沢ということもあって、コントラストはやや低め。とは言え、パッと見では違和感はありません

CB311-9H-A14P ノングレア

光沢なしのノングレアで、映り込みが抑えられています

文字はやや小さめで、メニュー画面の文字は1.6~2mm程度でした (拡大率100%)。普通に読める範囲ではありますが、文字が小さく感じる人もいるかもしれません。そのような場合は、デスクトップの拡大率を変更することをおすすめします。

ややクセのあるキーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列です。キーピッチは実測18.2mmで、標準とされる19mmよりもわずかに短め。実際に使ってみると多少窮屈に感じますが、使い続けるうちに慣れるでしょう。配列に変則的な部分はなく、いい意味で標準的です。

CB311-9H-A14P キーボード

日本語配列のキーボード

CB311-9H-A14P 配列

変則的になりがちなEnterキー周辺も標準的な構成

CB311-9H-A14P キートップ

キートップの文字はシルクスクリーン印刷で、長期間ハードに使うとはがれる可能性があります

キーストロークの平均値は1.28mmです。多少のストローク感はあるものの、一般的な1.5mmのストロークに比べると浅く感じます。押した瞬間のクリック感は軽く、全体的な手応えもかなり弱めでした。キーを押し込むようにして入力する人には物足りないかもしれませんが、軽いタッチで入力する人なら違和感は少ないでしょう。

ただタイプ音が若干大きく、軽いタッチでもカタカタと聞こえます。静かな場所では音が気になるかもしれません。

CB311-9H-A14P タイプ感

タイプ感は軽いのですが、音がカタカタと響きます

なおCB311-9H-A14P はタッチ操作には非対応です。PCとして普通に使うぶんには特に問題ありませんが、タッチ操作を前提としたAndroidアプリは操作しづらいかもしれません。

インターフェースは必要最低限

USB端子は合計4ポートで、うち2ポートがType-Cです。11.6型の格安ノートPCとしてはUSB端子が多いのですが、代わりにHDMI端子がありません。端子類は充実しているわけではないのですが、コンパクトな格安タイプであれば仕方がないでしょう。

CB311-9H-A14P インターフェース

CB311-9H-A14P のインターゲース

CB311-9H-A14P Webカメラ

ディスプレイ上部には92万画素のWebカメラ

左右側面にあるUSB Type-CはUSB PD対応で、充電と映像出力に対応しています。ただし18Wの充電アダプター / モバイルバッテリーでは充電時間が長くなるほか、十分なパフォーマンスが得られないかもしれません。標準付属の電源アダプターが45Wなので、45W以上の機器の利用をおすすめします。

USB Type-Cの機能

18W △ (低速充電)
30W
45W
65W
100W
映像出力 (DP Alt)

スピーカーの音質はイマイチです。まずボリュームが十分ではない上、音量を上げるとパームレストが振動します。音はかなりこもった感があり、サラウンド感も感じられません。音に厚みはなく、「とりあえず聞こえる」レベルでした。音楽を聴いたり音声通話を行なうなら、ヘッドセットの着用をおすすめします。

CB311-9H-A14P スピーカー

底面部のスピーカー

パーツの交換や増設には非対応

CB311-9H-A14Pのメモリーとストレージはオンボード (マザーボード直付け)で、パーツの交換や増設には対応していません。底面カバーを開けると、メーカー保証の対象外となってしまうので注意してください。

CB311-9H-A14P ネジ穴

ネジ穴の上に貼られた保護シール。このシールが破れると、メーカー保証が無効になります

CB311-9H-A14P 本体内部

底面カバーを外した状態

CB311-9H-A14P 本体内部

メモリーやストレージ用のスロットはありません

CB311-9H-A14P マザーボード

裏側に設置されたマザーボード

CB311-9H-A14P スピーカー

スピーカーは小型タイプでした

ベンチマーク結果

ここからは、CB311-9H-A14Pのパフォーマンス (性能)について解説します。ベンチマーク結果は環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがある点をあらかじめご了承ください。

Octane 2.0

JavaScritの処理速度を計測する「Google Octane 2.0」のスコアは「16911」でした。性能的にはエントリークラスですが、そのなかでも性能は高めです。言うなれば「下の上」といったところでしょう。

CB311-9H-A14P Octane

Google Octaneの結果

ベンチマークスコアの比較

CPU Octaneスコア
Chromebook Flip C436FA (Core i7-10510U)
48443
HP Chromebook x360 14c (Core i3-10110U)
43914
HP Chromebook x360 14 (Core i5-8250U)
34408
CB311-9H-A14P (Celeron N4020)
16911
IdeaPad Slim 350i Chromebook (Celeron N4020)
15729
低価格Windows PC (Celeron N4000)
14495
Lenovo Chromebook S330(MT8173C)
11460
Chromebook Tablet CT100PA(OP1)
10490

Geekbench 5

CPU性能を計測するGeekbench 5の結果も低めです。ミドルレンジのCore i3 / i5には及ばず、エントリークラスの性能です。

ベンチマークスコアの比較

CPU Geekbench 5 マルチコアスコア
11インチiPad Pro
4668
Chromebook Flip C436FA (Core i7-10510U)
3626
HP Chromebook x360 14 (Core i5-8250U)
2938
HP Chromebook x360 14c (Core i3-10110U)
2209
CB311-9H-A14P (Celeron N4020)
899
Celeron N4020 ※Windows PC
860

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCMark / 3DMark

一般的な作業の快適さを計測するPCMarkの「Work 2.0」ではミドルレンジ~ハイエンドクラスの7割程度、3D性能を計測する3DMarkの「Sling Shot」ではミドルレンジの4割程度の結果でした。エントリークラスとしては妥当な結果と言えるでしょう。性能が高いわけではなく、軽めの作業に適しています。

CB311-9H-A14P PCMark

PCMark (左)と3DMark (右)の結果

起動時間

電源オフの状態から電源ボタンを押してパスワード入力画面が表示されるまでの時間を計測したところ、平均で10.04秒でした。スリープの状態からなら、液晶ディスプレイを開くと瞬時に復帰します。Windows 10搭載の格安ノートPCなら20秒程度かかることを考えれば、この結果は非常に優秀です。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 10.2秒
2回目 9.7秒
3回目 9.9秒
4回目 10.2秒
5回目 10.2秒
平均 10.04秒

バッテリー駆動時間

画面の明るさを60%程度に落とした状態でPCMarkのバッテリーテストを行なったところ、結果は10時間11分でした。ほぼ公称値どおりの結果です。普通に使っているぶんには、丸1日なら十分もつと思われます。

CB311-9H-A14P バッテリー

PCMarkのバッテリーテスト結果

Androidアプリについて

Chrome OSではAndroid端末向けのアプリを利用できますが、すべてのアプリが正常に動作するわけではありません。機種によって動く場合もあれば、動かない場合もあります。

CB311-9H-A14Pでいくつかのアプリを試したところ、Googleの基本アプリはほぼすべて利用できました。ただし起動に若干時間がかかるものがいくつかあり、さらに処理の際にちょっとした間を感じるアプリもあります。

有名どころを10本程度試したところ、ダウンロードできないものがいくつかありました。タイミングやアップデートによっては使えるようになるかもしれません。ただしなかには動かない / 正常に動作しないものもあるはずです。これは実際にアプリを使ってみないとわからないので、使えればラッキーぐらいに考えたほうがいいでしょう。

アプリの動作検証結果

○ Instagram 写真の複数投稿、ストーリーの作成、キャプションの入力など問題なく行なえた
○ Netflix 動画のダウンロード / 視聴は普通に行なえる
○ Disney+ 動画のダウンロード / 視聴は普通に行なえる
○ プライム・ビデオ 動画のダウンロード / 視聴は普通に行なえる
○ Lightroom RAW画像の現像が可能。処理時に一瞬の間があるが遅くはない。ただし大量の画像の現像には不向き
○ Photoshop Express 加工した写真をインスタに投稿までOK。サイズの大きい画像は少し間があるが普通に作業できる
△ PUBGモバイル 起動にメチャメチャ時間がかかる。動きはカクカク。キーボードとマウスで操作できるが扱いにくい
× Kindle ストアでダウンロードできなかった。このアプリが利用できないのはちょっと珍しいかも
× 原神 ダウンロードできなかった
× ZOOM Cloud Meetings ダウンロードできなかった。TeamsやSkypeなどはダウンロード可能

※2020年11月5日時点

使いやすいChromebook入門機

ということで今回はエイサーのAcer Chromebook 311 CB311-9H-A14Pをレビューしました。

3万円台と安いにも関わらず、意外にも使いやすくてイイ感じです。特に画面がIPSパネルである点がいいですね。TNパネルだと本当に見づらいのですが、IPSパネルだと映像の品質面でイラッとする場面はありません。解像度が低いので1画面あたりの情報量は少ないのですが、そのぶん文字もほどよいサイズです。

Acer Chromebook 311 CB311-9H-A14P 感想

見やすいIPSパネルで眼への負担が少なく感じます

これまではレノボのIdeaPad Slim 350iが安くて入門用にピッタリだと思っていたのですが、CB311-9H-A14Pのほうが断然オススメです。映像が見やすくキーボードも多少使いやすく、さらにストレージ容量も大きいといいことずくめ。2000~3000円程度の差であれば、高くてもCB311-9H-A14Pのほうが満足は高いでしょう。

ただ個人的には、太いベゼルが納得いかないんですよね。この半分だったら名機になり得たと思うのですが、その点については今後のモデルに期待しましょう。

※2020年11月5日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。

関連記事

Chromebook関連記事一覧
格安・激安!新品で2~4万円台の安いノートパソコンおすすめ機種

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました