CHUWI UBook Pro レビュー:税込3万円台のSurface Pro風タブレット

CHUWI UBook Pro レビュー

CHUWI UBook Proは、Windows 10搭載のタブレットPCです。Surface Proと同じ画面サイズ / 比率ですが、値段は3万円台とSurface Proの3割未満。そのぶん性能は低めですが、動画視聴やネットなど軽めの作業には十分使えます。
CHUWI UBook Pro

ポイント

  • とにかく安い!
  • 意外に高品質なボディ
  • 8GBメモリー&256GB SSD搭載

CHUWI MiniBookのスペック

画面サイズ 12.3インチ
解像度 1920×1280
CPU ・Core m3-8100Y
・Celeron N4100
メモリー ・8GB
・16GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス ・UHD 615(Core m3)
・UHD 600 (Celeron)
LTE 非対応
幅×奥行き 292×207mm
厚さ 8.5mm
重量 約780g
バッテリー 9時間

※2019年12月20日時点


本体カラー グレー
画面の表面 光沢
パネルの種類 IPS
タッチ / ペン 対応 (ペンは別売り)
光学ドライブ
テンキー
有線LAN
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USB3.1
USB3.0 2
USB2.0
USB Type-C 1
Thunderbolt 3
メモリーカード microSD
HDMI 1 (Micro)
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ フロント:200万画素
リア:500万画素
顔認証カメラ
指紋センサー
オフィス なし

この記事ではメーカーからお借りした実機について、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

CHUWI UBook Pro

CHUWI UBook Pro

デザインと使いやすさ

Surface Pro風のタブレットPC

CHUWI UBook Pro 外観

CHUWI UBook Proは、12.3インチのWindows 10タブレットです。本体カラーはグレーで、背面にはアルミ素材が使われています。背面のキックスタンドを利用すれば自立が可能で、画面サイズや機能的にはSurface Proに似ています。値段は全然違うのですが、値段の低いCHUWI UBook Proのほうでも安っぽさは感じられません。

CHUWI UBook Pro Surface Pro 比較

Surface Pro 7 (左)とCHUWI UBook Pro (右)

CHUWI UBook Pro Surface Pro 比較

背面のキックスタンドは形状が異なります

CHUWI UBook Pro 背面

背面は質感と剛性に優れるアルミ製。側面は樹脂製です

CHUWI UBook Pro キックスタンド

キックスタンドは細身ですが金属製で頑丈な作り

CHUWI UBook Pro キックスタンド

キックスタンドを利用することで自立可能です

CHUWI UBook Pro 角度

最大角度は145度。この状態でディスプレイに触れるとグラグラと揺れます

CHUWI UBook Pro ベゼル

ベゼル (枠)幅は左右16.3mm、上部16.3mm。やや太めです

本体サイズと重さ

CHUWI UBook Pro 大きさ

大きさは幅292×奥行き207mm。ほぼA4サイズ (幅297×奥行き210mm)と考えていいでしょう。厚みは実測値で9.2mmでタブレットとしてはそれほど薄くはないのですが、フットプリントがタブレットとしては大きいので見た目はスリムに感じます。重量も実測766gと持ち歩きは苦になりません。

CHUWI UBook Pro サイズ

大きさはほぼA4サイズ (オレンジの部分)と同じ

CHUWI UBook Pro 厚さ

厚さは公称値で8.5mm、実測では最厚部で9.2mmでした

画面サイズ

CHUWI UBook Pro 画面サイズ

液晶ディスプレイの大きさは12.3インチ。アスペクト比は3:2で、画面の大きさはSurface Proと同じです。ただし解像度は1920×1280ドットで、精細さの点ではSurface Proの2736 x 1824ドットに劣ります。とは言え、値段の差を考えれば納得できる範囲でしょう。

CHUWI UBook Pro Surface Pro比較

Surface Pro 7 (左)のほうが高精細かつ色が鮮やかですですが、7万円以上の値段差があることを考えれば仕方がありません

映像品質

CHUWI UBook Pro 映像品質

液晶ディスプレイには、自然な発色と広い視野角のIPSパネルが使われています。写真や動画で映像を確認したところ、特に違和感はありませんでした。スマホに比べれば画面はやや暗めですが、動画視聴や普段の作業には問題ない明るさです。ただちょっと厳しめで見れば、わずかに赤みが弱い気がします。

CHUWI UBook Pro 映像品質

十分な明るさで、コントラストもまずまず

キーボードとペンは別売り

CHUWI UBook Proにはカバーとして使えるバックライト付きキーボードと手書き入力用のペンが別売りのアクセサリーとして用意されています。ノートPCとして利用するなら、本体と合わせて購入することをおすすめします。

インターフェース

CHUWI UBook Pro インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース (端子類)は、タブレットとしては充実しています。特にフルサイズのUSB端子が付いている点がポイント。専用のキーボードカバーがなくても、USB接続の気0ボードとマウスを利用できます。ただUSB端子は側面上部に配置されているので、USB機器を接続すると画面周りがケーブルでゴチャついて感じるかもしれません。

USB Type-Cの機能

USB PD 18W充電
USB PD 30W充電
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
映像出力

USB Type-C端子は18W以上の充電器で充電できました。映像出力にも対応しています。

スピーカーの品質

CHUWI UBook Pro スピーカー

正直なところ、スピーカーの音質はよくありません。音の厚みはなく、サラウンド感もイマイチ。動画視聴やビデオチャットなどには問題ありませんが、音楽を楽しむのには向いていません。またキックスタンドを収納するとスピーカーがスタンド部分で覆われてしまうので、タブレット時にはややこもった音に聞こえます。本体の値段の安さを考えれば仕方がないでしょう。

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Celeron N4100
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス UHD 600

※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、個体差などによって大きく変わる場合があります

CPU性能

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-1065G7
12518
Core i5-1035G4
11379
Core i7-10510U
11309
Core i5-10210U
9988
Core i7-8565U
9814
Core i5-1035G1
9164
Core i5-8265U
8593
Ryzen 5 3500U
8475
Core i3-8145U
5549
Core i3-10110U
5534
Core m3-8100Y
4172
Core i3-7020U
3769
Celeron N4100
2569
Celeron 4205U
2026
CHUWI Ubook Pro (Celeron N4100)
1984
Celeron N4000
1553

※スコアは当サイト計測値の平均

CPU性能はかなり低めです。スタンダードノートPC / モバイルノートPC向けCPUのなかでは下位クラスのパフォーマンスで、ベンチマークテストでもそれなりの結果となりました。同じCeleron N4100の平均値を下回っていますが、これだけ薄くて安いことを考えれば仕方がない結果です。

実際に使ったところでは、確かに操作や処理にワンテンポの間が空くように感じました。ただ8GBメモリーと256GB SSDを搭載しているので、4GBメモリー+HDD搭載の格安ノートPCよりは比較的スムーズに動きます。3万円台の格安PCのなかでは、レスポンスは悪くありません。

グラフィックス性能

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8770
GTX 1050
6008
MX250
3711
Iris Plus (Core i7)
2981
Iris Plus (Core i5)
2136
UHD (Ice Lake Core i5)
1396
UHD (Comet Lake Core i7)
1331
UHD 620 (Core i7)
1265
UHD (Comet Lake Core i5)
1263
UHD 620 (Core i5)
1186
UHD 620 (Core i3)
975
CHUWI Ubook Pro (UHD 600)
344

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能についてもごく控えめです。3Dグラフィックス性能を計測するベンチマークテストでは、最低クラスの結果でした。性能は低いのですが、ゲームをプレーしないのであれば特に気にする必要はありません。

ゲーミング性能

PCゲームのなかでは非常に軽いドラクエ10のベンチマークソフトを試したところ、解像度を1280×720ドットに落としても「やや重い」(下から3番目の評価)という結果でした。ゲームのプレーについては考えないほうが無難です。

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 1857 / 重い
標準品質 2247 / やや重い
低品質 2848 / やや重い

※1280×720ドットでテストを実施

起動時間

ウィンドウズの起動時間は平均23.14秒でした。最近は10秒を切る機種も増えてきていることを考えれば速くはないのですが、HDD搭載機種の平均が40秒以上なので (筆者調べ)、格安PCとしては優秀です。なおスリープ時のネット接続&高速復帰のモダンスタンバイ (コネクテッドスタンバイ)には対応していません。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 23.5秒
2回目 22.9秒
3回目 22.8秒
4回目 23.5秒
5回目 23.0秒
平均 23.14秒

ストレージ性能

CHUWI UBook Pro アクセス速度

ストレージは、HDDやeMMCよりもアクセスが高速なSSDです。試用機でSATA接続の256GBのSSDが使われていましたが、アクセス速度は標準的なSATA接続SSDの半分程度。ファイルのやり取りにわずかな間を感じますが、遅さを感じることなく普通に使えます。

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間の公称値は9時間とされています。実際の駆動時間を計測したところ、電源モードを最大パフォーマンスにした状態でビデオチャットやWeb閲覧、文書作成などを行なうテストでは7時間31分でした。やや高めのパフォーマンスで動画を再生すると8時間37分です。概ね7~8時間程度と考えたほうがいいでしょう。長くはありませんが、問題なく使えるバッテリー性能です。

バッテリー駆動時間の計測結果

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 (4K) 9時間
Modern Office (ビジネス作業) 7時間31分
Video (動画視聴) 8時間37分
Idle (待機) ※未計測
フル充電までにかかった時間 2時間48分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

安さがうれしいSurface風タブレット

CHUWI UBook Pro 感想

よかった点

なんと言っても、3万円台という価格の安さは魅力です。CPU性能が低くても、値段が安いことを考えれば納得できます。Surface Proは安いモデルでも10万円以上ですから、浮いたお金を別のことに使えると考えればアリではないでしょうか。ネットや動画中心なら、まったく問題ありません。

気になった点

動画視聴にはややスピーカーが弱い気がします。また専用キーボードが英字配列のみなので、日本語配列に慣れている人には抵抗があるかもしれません。

CHUWI UBook Pro

CHUWI UBook Pro

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました