Surface Go と Surface Pro の違いを写真で解説!

Surface Go と Surface Pro の違いを写真で解説

本体サイズや液晶ディスプレイ、キーボードの使い勝手など、Surface GoとSurface Proの違いを実機を使って写真で解説します。スペックだけでは違いがわかりづらいという方は、ぜひ参考にしてださい。

性能の違いについては、別の記事で詳しく解説しています。ベンチマーク結果の違いなどについて知りたい方は、以下のリンクから関連記事をご覧ください。

Surface Goのベンチマーク結果をSurface Pro & Laptopと比較!
筆者が購入したSurface Goの128GB SSD搭載モデルで、各種ベンチマークソフトを試しました。当サイトでは過去にほかのSu……

Surface GoとSurface Proのスペックの違い

まずは、Surface GoとSurface Proのスペックの違いから。それぞれの主な仕様は、以下のとおりです。

Surface GoとSurface Proの違い

Surface Go
Surface Go
Surface Pro
Surface Pro
発売日 2018年8月 2017年6月
実売価格 税込6万9984円~ 税込11万4264円~
画面サイズ 10インチ 12.3インチ
解像度 1800×1200ドット 2736×1824ドット
大きさ
(本体のみ)
幅175mm
奥行き245mm
高さ8.3mm
幅292mm
奥行き201mm
高さ8.5mm
重さ
(本体のみ)
522g 768~782g
CPU Pentium Gold 4415Y Core m3-7Y30
Core i5-7300UU
Core i7-7660U
メモリー 4/8GB 4/8/16GB
ストレージ 64GB eMMC
128GB SSD
128GB~1TB SSD
インターフェース USB3.0(Type-C)×1
Surface Connect
microSDカードスロット
USB3.0(フルサイズ)×1
MiniDisplayPort
Surface Connect
microSDカードスロット
駆動時間 最大9時間 最大13.5時間

各モデルの詳細なスペックについては、以下のリンクから関連記事でご確認ください。

関連記事

Surface Goの詳細スペック
Surface Proの詳細スペック

本体サイズと重量の違い

Surface Goは液晶ディスプレイが小さいぶん、Surface Proよりもコンパクトです。

urface GoとSurface Proの比較 サイズ

左がSurface Goで、右がSurface Pro

urface GoとSurface Proの比較 サイズ

2台を重ねると、Surface GoはSurface Proよりふた回り以上小さいことがわかります

urface GoとSurface Pro サイズ

Surface GoはB5サイズ相当で、一般的な大学ノートよりちょっと小さい程度

大きさ比較

Surface ProはA4用紙よりもひと回り小さい程度です

Surface GoとSurface Proの比較 大きさ

Surface Go(右)とSurface Pro(左)

Surface GoとSurface Proの比較 厚さ

本体はSurface Proのほうが0.2mm厚いのですが、実際に手に持ってみると違いはあまり感じられません

重さは小さいSurface Goのほうが当然軽いわけですが、実際に手に持つと違いがはっきりと感じられます。特にタイプカバーをセットした状態ではSurface Proはちょっとズッシリ感があるのに対して、Surface Goは腕に負担がなく軽々と持ち上げられました。

Surface GoとSurface Proの比較 本体の重さ

本体のみの重さはSuraface Goが実測525gで、Surface Proは実測764g。その差は239g

Surface GoとSurface Proの比較 タイプカバー込みの重さ

タイプカバー込みだとSurface Goが実測765gで、Surface Proは実測1065g。差は300g

タイプカバーの違い

Surface GoとSurface Proのタイプカバーは、どちらもバックライトに対応しています。タッチパッドはSurface Pro用が実測で幅101.5×奥行き54.5mmで、Surface Go用が幅98.5×奥行き56.5mmでした。

Surface GoとSurface Proの比較 タイプカバー

Surface Go用のタイプカバー(左)と、Surface Pro用タイプカバー(右)

Surface GoとSurface Proの比較 タイプカバーのサイズ

本体サイズと同様、タイプカバーもふた回り以上大きさが異なります

Surface Go用タイプカバーのキーピッチは、実測で16.5mmでした。以前にSurface Goの発表会に参加したときはスタッフの方から「キーピッチは19mm」と聞いていたのですが、実際には狭くなっています。

Surface Pro用はキー自体が大きく間隔も十分なので、違和感なく入力できます。Surface Go用では窮屈に感じるものの、指先でタイプするように意識すれば問題なく利用できるでしょう。ただしファンクションキーや四隅の特殊キーが小さいので、この部分については打ちづらく感じます。

Surface GoとSurface Proの比較 タイプカバーのキーピッチ

キーピッチはSuraface Pro用が実測19mmであるのに対して、Surface Go用では実測16.5mmでした

Surface GoとSurface Proの比較 タイプカバーのキーピッチ

Surface goとSurface Proのキーの写真を重ねてみた様子。下にうっすらと見えるほうがSurface Pro用で、それぞれキーの大きさと間隔が違うことがわかります

キーストロークは実測で1mm強です。正確に計測できませんでしたが、もしかすると1.2~1.3mm程度かもしれません。実際にキーを押すと、ほんのわずかにSurface Pro用タイプカバーよりも浅く感じます。

とは言え、タイプ感自体は悪くありません。Surface Go向けではキーを押した瞬間のクリック感がSurface Pro向けよりもちょっとだけ固く、はっきりとした手応えを感じられます。またSurface Proよりもたわみが小さい点も好印象です。人によってはこっちのほうが好みということもあるでしょう。

ただしそのぶんタイプ音が大きめです。Surface Pro用では「トクトクトク」という控えめな音であるのに対して、Surface Goでは「カツカツカツ」とはっきり聞こえました。軽めのタッチで入力しても音が聞こえるので、静音性についてはSurface Proのほうが上です。

ファーストインプレッション的には、Surface Go用/Pro用どちらも甲乙つけがたいというのが正直な感想です。タイプ感ならSurface Go用、キーピッチと静音性ならSurface Pro用といったところでしょうか。

ちなみにタイプカバーは、Surface Go用とPro用で互換性はありません。かならずどちらも専用のものを使う必要があります。

Surface GoとSurface Proの比較 キーボード接続端子

Surface Go(上)とSurface Pro(下)のキーボード接続端子

Surface GoとSurface Proの比較 タイプカバーの利用

Surface GoとSurface Proでは端子の形状とガイド穴の位置が異なるため、それぞれのタイプカバーを流用できません

液晶ディスプレイの違い

液晶ディスプレイはSurface Goが10インチで1800×1200ドット、Surface Proが12.3インチの2736×1824ドットです。

Surface GoとSurface Proの比較 液晶ディスプレイのスペック

左がSurface Proで、右がSurface Go

明るい画像を映すとわかるのですが、Surface Goのほうがベゼルが太くなっています。見た目は2011年発売のiPad 2のような感じです。ベゼル幅は実測で左右16.5mm、上下17mmでした。最近流行りのスタイルではありませんが、ベゼルを狭くするとタイプカバーも小さくなり、そのぶんキーボードが使いづらくなってしまうことを考えれば仕方がないでしょう。

Surface GoとSurface Proの比較 ベゼル幅

Surface Goはベゼル幅がだいぶ太く感じます

スケーリング(デスクトップの拡大率)はSurface Goでは150%、Surface Proでは200%に設定されており、ブラウザー1画面あたりの文字量はあまり変わりません。しかし文字の大きさはSurface Proが2.5mmであるのに対して、Surface Goは2mm強と若干小さく表示されます。見づらく感じるなら、スケーリングを175%以上に変えるといいでしょう。

Surface GoとSurface Proの比較 デスクトップ

文字の大きさの違いはわずかですが、体感的には解像度の高いSurface Proのほうがデスクトップを広く使える気がします

映像はパッと見ただけでは、違いはわかりません。しかし2台を並べてよく見てみると、Surface Proのほうが若干コントラストが高いように感じました。またSurface Goのほうがやや暖色系ですが、Surface ProのカラープロファイルをsRGBではなくEnhancedに変えると似たような色合いになります。

Surface GoとSurface Proの比較 映像品質

左はSurface Pro(カラープロファイルはsRGB)で、右がSurface Go

Surface GoとSurface Proの比較 映像品質

Surface Proのほうがわずかに明るく、コントラストが高いように感じます

Surface GoとSurface Proの比較 ガンマカーブ

i1Display Proによるガンマカーブ。色のバランスはどちらも似ています ※クリックで拡大

細かなデザインの違い

Surface GoはSurface Proをそのまま小さくしたように見えるのですが、細かな部分が少し違っています。

Surface GoとSurface Proの比較 アンテナライン

Wi-Fiの電波を通しやすくするために使われる樹脂素材がSurface Proでは側面で目立たないのに対して、Surface Goでは背面上部にかなり目立つ状態で使われています

Surface GoとSurface Proの比較 アンテナライン

Surface Goは背面の濃いグレーが目立ちますが、違和感を感じるほどではありません

Surface GoとSurface Proの比較 通気口

Surface Pro(下)では側面に通気口が用意されていますが、Surface Go(上)はスキマがなく見た目がスッキリとしています

Surface GoとSurface Proの比較 電源アダプター

電源アダプターはどちらも同じ形状でした

ライトに使うならGo、じっくり使うならPro

小さくて軽いSurface Goは、外出先や自宅でちょっと作業するのに向いています。じっくりと本格的に作業するのであれば、画面やキーボードが大きくて使いやすく性能の高いSurface Proのほうがおすすめです。用途に応じて、自分に合った機種を選んでください。

Surface Go

Surface Go

※キーボードは別売り

なお当サイトでは今後Surface Goのより詳細なレビュー記事を公開する予定です。またSurface Goだけでなく、そのほかのPCのレビューやお買い得情報なども随時公開しています。記事を公開しだい当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました