アフィリエイト広告

CHUWI CoreBox 4thレビュー:5万円台で普段使いには十分な高コスパなミニPC

CHUWI CoreBox 4Thレビュー
CHUWI(ツーウェイ)の『CoreBox 4th』は、コンパクトなデスクトップPCです。小さくて設置に場所を取らない点が魅力。2023年3月末時点の価格は5万3000円前後で、一般的なデスクトップPCよりもかなり安く入手できます。

※本記事で使用したテスト機ではUSB4 / Thunderbolt4が搭載されていますが、現在販売中のモデルでは省略されているようです

 

CHUWI CoreBox 4Thレビュー

コンパクトなデスクトップPC『CoreBox 4th』

 

CPUはノートPC向けのCore i3-1215Uで、デスクトップPCとしては控えめな性能です。しかしネットの調べ物やビデオ会議、ちょっとした文書作成などの軽作業には十分。また16GBメモリーを搭載しているので、複数のファイルやソフトを使っても処理が極端に遅くなることがありません。一般的な作業であれば、長時間ガッツリと活用できるでしょう。

 

この記事では筆者が購入した実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

 

スペック

発売 2022年11月
OS Windows 11
CPU Core i3-1215U(6コア/8スレッド、本来はノートPC向け)
チップセット ※CPUに内蔵
グラフィックス UHD Graphics (CPU内蔵)
メモリー 16GB LPDDR5-4800 ※オンボード
ストレージ 512GB SSD
インターフェース USB4(USB PD/映像出力対応)×1【2023年4月時点では省略】、USB3.0×4、3.5mmマイク/ヘッドホン端子×各1、HDMI2.0、DisplayPort、有線LAN
拡張スロット M.2×1(ストレージ用×1)
ドライブベイ 2.5インチ×1
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth、有線LAN(1Gbps)
サイズ / 重量 幅173×奥行き158×高さ73mm / 約865g
電源 90W アダプター

本体デザイン

CoreBox 4thは、非常にコンパクトなミニPCです。縦向きまたは横向きで設置できます。筐体の素材は大部分が樹脂(プラスチック)製ですが、安っぽさはあまり感じられません。4万円台であることを考えれば、大きさ的にも品質的にも十分納得できると思います。

 

CoreBox 4th 外観

CoreBox 4thの外観。本体はグレーまたはシルバーの落ち着いた雰囲気。筐体は天面だけメタル製で、そのほかは樹脂(プラスチック)でできています

 

CoreBox 4th 設置

基本的には横向きに設置

 

CoreBox 4th 

縦向きでも設置可能です

 

CoreBox 4th 設置イメージ

設置イメージ ※ディスプレイは23.8インチ

 

CoreBox 4th 前面

前面には電源ボタンのみ。外観はスッキリとしていますが、実際に使っていると前面にUSB端子が欲しいと思うことが何度かありました

 

CoreBox 4th 背面

背面のインターフェース。USB 4端子はUSB PDと映像出力に対応しています ※現在販売中のモデルはUSB4端子が付いていません

 

CoreBox 4th 側面

側面は通気用のスリットだけで、インターフェース類はありません

 

CoreBox 4th 天面

天面はアルミ製

 

CoreBox 4th 底面

底面は樹脂製で吸気用の通気口が設けられています。最大パフォーマンス時には駆動音がそれなりに聞こえますが、うるさく感じるほどではありませんでした。ただ常時聞こえると、気になるかもしれません

 

CoreBox 4th 重さ

本体の重さは実測で918g

 

CoreBox 4th 電源アダプター

電源アダプターは90Wの丸口タイプ。重さは445g

 

CoreBox 4th ケーブル

付属のACケーブルはプラグが3ピンタイプ。3ピン用のコンセントがないなら、変換アダプターが必要です

本体内部とSSDの増設について

CoreBox 4thは、2.5インチストレージを1基のみ増設可能です。メモリーはオンボード(マザーボード直付け)のため、増設はできません。最近は2.5インチのSATA SSDが非常に安いので、データ保存用に追加するといいでしょう。

 

CoreBox 4th 底面

本体内部にアクセスするには、底面部のカバーを外す必要があります

 

CoreBox 4th ネジ

基本的にはネジを外すだけでOK。ただし4本のネジのうち1本がシールで封印されています。このシールをはがすと、メーカー保証のサポート外となるかもしれません。増設は自己責任で行なってください

 

 

CoreBox 4th カバー取り外し

底面カバーを取り外した状態

 

CoreBox 4th 本体内部

本体内部。SSDはType-2280で、放熱シートで覆われています

 

CoreBox 4th ドライブベイ

底面カバーに、2.5インチストレージ用のドライベイが用意されています

 

CoreBox 4th 付属品

CoreBox 4thに付属のSATAケーブルとネジ

 

CoreBox 4th SSD増設

底面カバーのドライブベイに2.5インチSSDをネジで固定し、ケーブルをつなぎます

 

CoreBox 4th SSD増設

マザーボードのSATAコネクター&電源コネクターにケーブルを接続

 

CoreBox 4th 底面カバー

底面カバーを取り付け。通気口のひとつがSSDでふさがれますが、特に大きな影響は見られませんでした

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i3-1215U(6コア/8スレッド)
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス UHD Graphics(CPU内蔵)

※各種ベンチマークテストは、Windows 11の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で実施しています
※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては使われているCore i3-1215Uは、本来ノートPC向けです。デスクトップPC向けCPUよりも、性能はかなり劣ります。

 

CPU性能(デスクトップPC向けCPUとの比較)

CPU 3DMark Time Spy CPU Score
Core i5-12400
9316
Ryzen 5 5600X
8111
Ryzen 5 5600G
7492
Ryzen 5 4500
6952
Core i3-12100F
6541
Core i3-1215U
5164

※スコアは3DMark公式サイトによる平均値

 

ノートPC向けCPUと比較しても、それほど高性能というわけではありません。しかしベンチマークスコアでは、前世代のCore i5 / i7を上回っています。最新の上位CPUが高性能過ぎるというだけで、Core i3-1215Uでも一般的な作業なら十分です。特に軽めの作業で強く影響するシングルコア性能に関しては、5万円台のPCとしてはなかなか優秀と考えていいでしょう。

 

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Ryzen 7 6800U
10183
Ryzen 7 5825U
9740
Core i7-1260P
9254
Core i5-1240P
8928
Ryzen 5 5625U
8267
Core i7-1255U
7819
Core i5-1235U
7664
Core i3-1215U
6216
CoreBox(Core i3-1215U)
5572
Ryzen 5 7520U
5029
Core i5-1135G7
4932
Core i7-1165G7
4711
Core i3-1115G4
3378

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

 

CPUの性能差 (シングルコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i7-1255U
1743
Core i7-1250U
1726
Core i7-1260P
1680
Core i3-1215U
1623
Core i5-1240P
1606
Core i5-1235U
1589
CoreBox(Core i3-1215U)
1586
Ryzen 7 6800U
1471
Ryzen 7 5825U
1437
Core i7-1165G7
1423
Ryzen 5 5625U
1394
Core i5-1135G7
1349
Core i3-1115G4
1329

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ストレージ性能

ストレージには、PCIe 3.0 x4の512GB NVMe SSDが使われています。アクセス速度はちょっと遅め。このあたりにコストが削減されているのでしょう。とは言え、実際に使っている限りでは、特にストレージの遅さを感じる場面はありませんでした。

 

CoreBox 4th SSD

CoreBox 4thの512GB SSDのアクセス速度

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のUHD Graphicsが使われています。性能は高くはないものの、3Dベンチマークテストでは一般的なUHD Graphicsのスコアよりも高めの結果が出ました。おそらくLPDDR5 16GBメモリーの効果が現われているのだと思われます。とは言え、大作ゲームや高度な動画編集を行なえるほどではありません。

 

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
Radeon 680M(Ryzen7)
2211
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
CoreBox(Core i3,UHD)
1081
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
UHD(Core i3)
900

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

各テストの目標値は上回っており、普通の使い方であればまったく問題ありません。ただしやはり上位CPUを搭載した機種よりも、パフォーマンスは劣ります。とは言え、比較機が7万円台から20万円以上であることを考えれば、4万円台の機種としてはかなり健闘していると考えていいでしょう。コンテンツ制作は苦手ですが、ビデオ会議やネットの調べ物、ビジネス文書の作成には十分です。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
CoreBox8958
Slim5709984
Yoga10606
15-eh10594
Spectre10647
XPS10093
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
CoreBox7178
Slim5709266
Yoga8578
15-eh9536
Spectre6968
XPS6759
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
CoreBox4795
Slim5705987
Yoga7972
15-eh6685
Spectre5997
XPS6342

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック(スリムノートPC)

IdeaPad Slim 570 Ryzen 5 5625U / 8GB / Radeon
Yoga 770 Ryzen 7 6800U / 16GB / Radeon 680M
▶HP Pavilion 15-eh Ryzen 7 5825U / 16GB / Radeon
HP Spectre x360-14 Core i7-1255U / 16GB / Iris Xe
XPS 13 Plus Core i7-1260P / 16GB / Iris Xe

eGPU(GPUボックス)の利用について

CoreBox 4thは、USB4端子を用意しています。USB4は、一部のThunderbolt製品を利用できる場合があるとのこと。試しにCoreBox 4thをThunderbolt 3対応のGPUボックス(今回は『Razer Core X Chroma』を使用)に接続したところ、外付けGPU(eGPU)として利用できました。

 

CoreBox 4th eGPU

CoreBox 4thとGPUボックス(Razer Core X Chrom)をThunderboltで接続。さらにGPUボックスとディスプレイをHDMIで接続しています

 

今回のテストで使用したのは、RTX 3060です。GPUボックスを経由しているため、ベンチマークスコアは一般的なRTX 3060の平均値よりも低めです。しかし内蔵グラフィックス(iGPU)の結果よりも、スコアが大きく向上しています。これほどであれば、ゲームや動画編集などでも活用可能です。

 

GPU性能(DirectX 12,WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphics
RTX 3060平均値
8744
CoreBox(eGPU)
8464
CoreBox(iGPU)
1081

※平均値はUL Solutionsを参照

 

GPU性能(DirectX 11,FHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphics
RTX 3060平均値
22257
CoreBox(eGPU)
19757
CoreBox(eGPU)
3578

※平均値はUL Solutionsを参照

 

実際にゲームを試したところ、それなりに重いゲームでも問題なくプレーできました。CPU性能が低いとFPSがあまり伸びないのですが、ノートPC用のCore i3なので仕方がありません。ゲーミングPCでなくても、eGPUを使うことでゲームをそこそこ楽しめます。

 

エーペックスレジェンズ 射撃訓練場(中量級)

エーペックスレジェンズ

画質 平均FPS / 低位1%
最高画質 83 / 64
最低画質 188.5 / 113.9

※解像度はフルHD。実際のプレーではこの結果よりもFPSが低下します

 

ただしGPUボックスの値段が高いので、あまり現実的ではないかもしれません。現在のGPUボックスの価格は4~5万円程度。さらにグラボの値段が加わるので、RTX 3060ならGPUボックスと合わせて9~12万円程度かかります。CoreBox 4thとの合計は13~16万円台といったところ。普通のRTX 3060搭載ゲーミングPC(ノートPC、またはデスクトップPC)をなんとか買える値段です。

 

すでにグラボやGPUボックスを持っているならアリですが、eGPU目的でCoreBox 4thを健闘するのは避けたほうが無難でしょう。そもそもメーカーがこのような使い方を保証していないので、動けばラッキーぐらいに考えてください。

 

ちなみにUSB4はUSB PDにも対応しています。手持ちの65W充電器でも利用できましたが、パフォーマンスが数パーセント低下しました。性能をフルに活用するなら、付属の電源アダプターを利用するのが確実です。

高いコスパのミニPC

CoreBox 4th

CoreBox 4thの値段は、2023年3月下旬時点で5万3000円前後です。大手メーカー製のデスクトップPCなら、安くても6万円前後から。安いぶんCPU性能が低いわけですが、ネットの調べ物や文書作成には十分です。なにより16GBメモリーを搭載しているので、普段使いで遅く感じることがほぼありません。その点においては、非常にコスパの高い機種だと言っていいでしょう。

 

懸念事項があるとすれば、大手ではなくインディーズメーカーである点でしょうか。保証もサポートも大手より劣るわけではなく、製品の品質や耐久性も悪くはありません。しかし安心感の点で考えれば、大手のほうがより好ましいと考える人はいるはずです。また製品で使われている部品についても、大手のほうが安定はしていると思われます。

 

その点を踏まえた上で、コスパを取るのかどうかを判断してください。筆者としてはCHUWI製品で問題が生じたことはないので、購入はアリだと考えています。とは言え、PCにトラブルは絶対について回るものなので、そのあたりはあらかじめご了承ください。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのTwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

デスクトップPC関連記事一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
デスクトップパソコンレビュー
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました