Dell G5 ゲーミング デスクトップ (5090) レビュー:カスタマイズ対応でも価格が安い高コスパゲーミングPC

Dell G5 ゲーミング デスクトップ (5090) レビュー

デルのDell G5 ゲーミング デスクトップは、スタンダードサイズのゲーミングデスクトップPCです。価格が安いながらもパーツカスタマイズが可能で、メモリー容量やストレージ構成を選べる点が魅力。コスパの高いモデルです。
Dell G5 ゲーミング デスクトップ (5090)

ポイント

  • パーツ構成をカスタマイズ可能
  • 高性能GPUに対応
  • ツールレスでメンテナンス可能

Dell G5 ゲーミング デスクトップ (5090)のスペック

CPU ・Core i5-9400
・Core i7-9700
・Core i7-9700K
メモリー ・8GB
・16GB
・32GB
SSD ・なし
・512GB
・1TB
HDD ・なし
・2TB
グラフィックス ・GTX 1650
・GTX 1660 Ti
・GTX 2060
・RTX 2070 SUPER
チップセット H370
電源 460W

※2020年3月8日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター ※独自仕様
SATAポート 3
M.2スロット 2 (Wi-Fi用×1 + ストレージ用×1)
光学ドライブ
ドライブベイ 3.5インチ×1、2.5インチ×2
拡張スロット PCI Express x16×1
PCI Express x4×1
PCI Express x1×1
有線LAN 1000Mbps
無線LAN Wi-Fi 6 (11a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth 5.0
USB3.1 5 (Gen1 前面×1、背面×4)
USB3.0
USB2.0 4 (前面×2、背面×2)
USB Type-C 1 (USB3.1 Gen1 前面)
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort ・なし (GTX 1650)
・1 (GTX 1660 Ti / RTX 2060)
・2 (RTX 2070 SUPER)
DVI 1
シリアルポート
PS/2
サイズ 幅169mm
奥行き308mm
高さ367mm
重量 最小 7.6kg
付属品 USBマウス / キーボード、電源ケーブルなど
オフィス なし

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

当サイト限定キャンペーン実施中

デルの公式サイトで税別8万円以上のお買い物をすると、3000円ぶんの楽天スーパーポイントをもらえるキャンペーンが実施されています。金額が税別15万円以上なら、もらえるポイントは7500円ぶん! 詳しくは以下のリンクから、キャンペーン詳細をご確認ください。
税別8万円以上の購入で3000ポイントプレゼント
税別15万円以上の購入で7500ポイントプレゼント

Dell G5 ゲーミング デスクトップ (5090)

Dell G5 ゲーミング デスクトップ (5090)

税込7万円台~

※2020年3月8日時点

関連記事

👉ゲーミングPCのレビュー一覧

本体の外観

Dell G5 ゲーミング デスクトップは、デスクトップPCとしては標準的な大きさのミニタワー型に分類されます。本体はやや大きめですがそのぶん内部に余裕があり、冷却性能と拡張性に優れる点が特徴です。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

Dell G5 ゲーミング デスクトップ 外観

Dell G5 ゲーミング デスクトップの外観

Dell G5 ゲーミング デスクトップ 設置

設置イメージ ※ディスプレイは23.8インチ

Dell G5 ゲーミング デスクトップ マウス キーボード

付属のUSBマウスとUSBキーボード。ゲーミングタイプではなく、一般向けの製品です

Dell G5 ゲーミング デスクトップ 前面と背面

前面 (左)と背面 (右)。幅は16.9cm

Dell G5 ゲーミング デスクトップ 側面

左側面 (左)と右側面 (右)。奥行きは30.8cmで、高さは36.7cm

Dell G5 ゲーミング デスクトップ サイドパネル

購入時のオプションとして、本体内部が見えるクリアサイドパネルが用意されています ※要追加料金

Dell G5 ゲーミング デスクトップ LED

電源を入れると、フロントパネルのLEDが光ります

Dell G5 ゲーミング デスクトップ LED

クリアサイドパネルタイプは本体内部にもLEDが仕込まれていました

Dell G5 ゲーミング デスクトップ LED

LEDの光は広範囲に広がります

Dell G5 ゲーミング デスクトップ 底面部

天面や底面部には通気口はありません

Dell G5 ゲーミング デスクトップ エアフロー

フロントパネルには各所に通気口が配置されていますが、格子状デザインの影響でほとんど目立ちません。全体的なエアフローは良好

インターフェース類

周辺機器接続用のインターフェース (端子)類は十分な構成です。ただしSDカードスロットや光学ドライブなど、ゲームに必要ないものについては省略されています。

Dell G5 ゲーミング デスクトップ 前面

前面のインターフェース

  • ① 電源ボタン
  • ② マイク入力 / ヘッドホン出力
  • ③ USB2.0
  • ④ USB3.1
  • ⑤ USB3.1 Gen1 Type-C

Dell G5 ゲーミング デスクトップ インターフェース

背面I/Oパネルのインターフェース ※RTX 2070モデル

  • ① オーディオ端子
  • ② USB3.1
  • ③ USB2.0
  • ④ 有線LAN
  • ⑤ DisplayPort ※GTX1650はなし
  • ⑥ HDMI
  • ⑥ DVI

分解方法とパーツ交換について

Dell G5 ゲーミング デスクトップはドライバーなしでもメモリーやストレージ、グラボなどの交換 / メンテナンスが可能なツールレス仕様です。内部は比較的余裕があり、作業は楽に行なえるでしょう。

Dell G5 ゲーミング デスクトップ 本体内部

左のサイドパネルを外した状態

Dell G5 ゲーミング デスクトップ グラボ

グラボは金具による固定式

Dell G5 ゲーミング デスクトップ メモリースロット

メモリースロットは4基で、最大容量は32GB。SATAポートは3つ

Dell G5 ゲーミング デスクトップ CPUクーラー

Core i7-9700K搭載の試用機ではやや大型のCPUクーラーが使われていました。ファンは放熱フィンの内部にあります

Dell G5 ゲーミング デスクトップ 拡張スロット

拡張スロットの構成

  • ① M.2スロット
  • ② PCIExpress x1
  • ③ PCIExpress x16
  • ④ PCIExpress x4

Dell G5 ゲーミング デスクトップ グラボ

グラボはケーブルの取り回しを工夫すれば、ギリギリ25cmくらいまでいけるかもしれません

Dell G5 ゲーミング デスクトップ グラボ

ただしスロットのすぐ横にやや背の高いコンデンサーがあるので、20cm以内のグラボにしておいたほうが無難

Dell G5 ゲーミング デスクトップ ドライブベイ

フロントパネル側に3.5インチドライブベイ

Dell G5 ゲーミング デスクトップ ドライブベイ

上部にはスロット式の2.5インチドライブベイがふたつ

Dell G5 ゲーミング デスクトップ 電源

電源ユニットは金属パーツで覆われています。熱対策のためでしょうか?

Dell G5 ゲーミング デスクトップ 電源

電源ユニットは460Wの80PLUS BRONZE

Dell G5 ゲーミング デスクトップ グラボ

試用機で使われていたRTX 2070搭載のグラボ。サイズは20cm程度

Dell G5 ゲーミング デスクトップのベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 スプレマシー ※カスタマイズ済
CPU Core i7-9700K
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス RTX 2070 (8GB)

※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、個体差などによって大きく変わる場合があります

ストレージ性能

Dell G5 ゲーミング デスクトップ ストレージ

標準のストレージ構成は512GB SSDまたは2TB HDDですが、購入時のカスタマイズオプションでストレージ構成を変更できます。試用機で使われていたのは512GB SSDで、アクセス速度は高速でした。HDDのみの構成よりもSSDのほうがウィンドウズやゲームの起動が速いのでおすすめです。また大作ゲームを複数本インストールするなら、512GB以上の容量を選ぶといいでしょう。

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

CPU性能

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i9-9900K
4278
Dell G5デスクトップ 5090 (Core i7-9700K)
3467
Core i7-9700K
3397
Core i7-9700F
3231
Core i7-9700
3190
Core i7-8700
3026
Core i7-9700T
2377
Core i5-9400F
2334
Core i5-9400
2312
Core i3-9100
1592

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUは第9世代のCore i5-9400またはCore i7-9700 / Core i7-9700Kです。Core i7-9700K搭載の試用機でゲームに強く影響するマルチコア性能を計測したところ、非常に優れた結果がとなりました。上位のCore i9には及ばないものの、動画編集やRAW現像などの重い処理でも活躍するでしょう。中位モデルで使われているCore i7-9700も体感的にはほぼ同程度の性能です。

下位モデルで使われているCore i5-9400は、Core i7-9700に比べて若干性能が劣ります。しかしPC全体で考えると、これでも十分高性能。ゲームでの利用中心であれば、まったく問題ありません。

3Dグラフィックス性能

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2080 Ti
34282
RTX 2070 SUPER
25322
RTX 2080
25205
RTX 2070
22856
Dell G5デスクトップ 5090 (RTX 2070)
22493
RTX 2060 SUPER
20640
RTX 2060
17843
GTX 1660 Ti
15697
GTX 1650
8893
GTX 1050
6945
UHD 630
1359

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

Dell G5 ゲーミング デスクトップの最上位モデルでは本来、GPUとしてRTX 2070 SUPERが使われています。しかし試用機ではひとつ前の世代のRTX 2070が使われていました。そのぶんベンチマーク結果はやや低めですが、実際にはもう少し優れた結果が出るはずです。

ミドルハイ (中上級向け)のRTX 2070は非常に高性能で、パフォーマンス的には申しぶんありません。ほかのモデルで使われているミドルレンジ (中級向け)のRTX 2060 / GTX 1660 Tiでも、ほとんどのゲームをフルHDで快適に楽しめます。エントリー (入門向け)のGTX 1650は性能が高くはありませんが、CPU内蔵のグラフィックス機能よりははるかに高性能です。

作業の快適さ

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
9868
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
9596
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
10220

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCを使った作業の快適さを計測するPCMark 10のテスト結果は上記のとおり。RTX 2070搭載の試用機では、すべてのテストにおいて目標値を上回りました。特にコンテンツ制作のテスト結果が非常に優秀です。3D制作や動画編集などにも向いています。

そのほかのモデルではスコアがやや落ちると思われますが、それでも一般利用やビジネス利用には問題ないでしょう。ただしエントリー向けのGTX 1650だと、コンテンツ制作のテストで低い結果が出る可能性があります。

Dell G5 ゲーミング デスクトップのゲーム性能について

Dell G5 ゲーミング デスクトップ ゲーム

RTX 2070搭載の試用機でベンチマークテストや実際のゲームでのFPS (画面の動きの速さを表わす目安)を計測したところ、処理がかなり重いゲームでもフルHDの最高画質で快適と判断できる結果でした。やや重い程度の中量級タイトルなら、WQHD (2560×1440ドット)でも快適に楽しめるでしょう。

FPS / TPSについては最高画質で144Hzのなめらかな動きを堪能できますが、240Hzとなると画質をグッと落とす必要があるかもしれません。全体的にゲーミングPCとしては優秀な結果です。

RTX 2070の目安

  • ・中量級タイトルをWQHDでプレー
  • ・FPS / TPSを最高画質で144Hz
  • ・重量級タイトルを最高画質でプレー

なおそのほかのGPUについては、他機種のベンチマーク結果を参考にしてください。

関連記事

Core i5 + GTX 1650 (IdeaCentre 720)

Core i7 + GTX 1660 Ti (XPSタワー 8930)

Core i7 + RTX 2060 (XPSタワー 8930)

※テストはすべてフルHDで実施

FF15ベンチ (重量級 / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 8305 / 快適
標準品質 11593 / とても快適
軽量品質 14725 / 非常に快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 16789 /非常に快適 / 124.5 FPS
高品質 17138 / 非常に快適 / 132.1 FPS
標準品質 20890 / 非常に快適 / 185.2 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

モンスターハンターワールド:アイスボーン (中重量級 / DX11)

モンスターハンターワールド:アイスボーン
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 79.6 FPS / 69 FPS
104.6 FPS / 92 FPS
111 FPS / 99 FPS
118.7 FPS / 110 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 22101 / すごく快適
標準品質 22272 / すごく快適
低品質 23111 / すごく快適

PSO2ベンチ (軽量級 / DX9)

PSO2ベンチ
簡易描画設定 スコア
6 (最高) 66,783
3 108,945
1 (最低) 203,101

※スコア5,000以上が快適に遊べる目安

リーグ・オブ・レジェンド (LoL) (超軽量級 / DX9)

リーグ・オブ・レジェンド
モード 平均FPS / 最低FPS
サモナーズリフト (最高画質) 266.5 FPS / 167 FPS
TFT (最高画質) 220.3 FPS / 175 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

フォートナイト (中量級 / DX11)

フォートナイト
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 145.1 FPS / 127 FPS
182.6 FPS / 161 FPS
242.5 FPS / 217 FPS
317.1 FPS / 264 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PUBG (中量級 / DX11)

PUBG
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 139.6 FPS / 108 FPS
158.4 FPS / 128 FPS
170.4 FPS / 134 FPS
167 FPS / 129 FPS
非常に低い 170.8 FPS / 135 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

オーバーウォッチ (軽量級 / DX10)

オーバーウォッチ
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 215.8 FPS / 189 FPS
ウルトラ 293.3 FPS / 265 FPS
299.7 FPS / 297 FPS
NORMAL 299.8 FPS / 298 FPS
299.9 FPS / 298 FPS

※レンダースケール100%、平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ (中量級 / DX11)

Apex Legends
画質 平均FPS / 最低FPS
最低設定 142.5 FPS / 127 FPS
最高設定 143.8 FPS / 143 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安。FPS上限はデフォルトのまま

アサシンクリード オデッセイ (超重量級 / DX11)

アサシンクリード オデッセイ
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 64 FPS / 2 FPS
104 FPS / 42 FPS
113 FPS / 61 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ファークライ ニュードーン (中重量級 / DX11)

ファークライ ニュードーン
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 101 FPS / 76 FPS
114 FPS / 91 FPS
122 FPS / 94 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (重量級 / DX12)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー
画質 平均FPS
最高 107 FPS
117 FPS
最低 137 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

価格について

Dell G5 ゲーミング デスクトップにはパーツ構成の異なる5種類のモデルが用意されています。それぞれのスペックと価格は以下の表のとおり。タイミングによっては納期の早い”即納モデル”や期間限定の特別モデルが販売されていることもあります。

主なラインナップ

フルカスタマイズ
Core i5 8GBメモリー HDD 2TB GeForece GTX 1650 7万円台後半
スタンダード
Core i5 8GBメモリー HDD 2TB GTX 1660 9万円台半ば
プレミアム
Core i7 8GBメモリー HDD 2TB GTX 1660 10万円台後半
プラチナ
Core i7 8GBメモリー HDD 2TB RTX 2060 13万円台
スプレマシー
Core i7 8GBメモリー HDD 2TB 15万円台

※価格は税込、2020年3月8日時点

価格は安いのですが、これはメモリー容量が8GBでストレージが2TB HDDであるためです。快適に利用したいなら、メモリーとストレージのアップグレードおすすめします。

16GBメモリーと512GB SSDに変更すると上記価格にプラス1万5000円程度上乗せされるので、そのあたりの金額で考えたほうがいいでしょう。

カスタマイズ可能な低価格モデル

Dell G5 ゲーミング デスクトップ 感想

よかった点

メンテナンス性が高く、ドライバーなしでもメモリーやグラボ、HDDを交換できるのは魅力です。長年使ってパワー不足を感じたら、パーツを交換してパワーアップするのもいいでしょう。

価格が安い点も大きなメリット。安いモデルはカスタマイズ非対応であることが多いのですが、Dell G5 ゲーミング デスクトップはメモリー容量やストレージ構成を変更可能です。パーツをアップグレードしても、国内BTOパソコンよりも1~2万円安く購入できます。

気になる点

パーツカスタマイズ対応とは言え、標準構成で8GBメモリー + 2TB HDDなのは購入時にミスをする可能性があると思います。またフロントパネルの非対称デザインは斬新なのですが、溝にホコリがたまるかもしれません。

当サイト限定キャンペーン実施中

デルの公式サイトで税別8万円以上のお買い物をすると、3000円ぶんの楽天スーパーポイントをもらえるキャンペーンが実施されています。金額が税別15万円以上なら、もらえるポイントは7500円ぶん! 詳しくは以下のリンクから、キャンペーン詳細をご確認ください。
税別8万円以上の購入で3000ポイントプレゼント
税別15万円以上の購入で7500ポイントプレゼント

Dell G5 ゲーミング デスクトップ (5090)

Dell G5 ゲーミング デスクトップ (5090)

税込7万円台~

※2020年3月8日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、ぜひフォローをお願いします。

関連記事

👉ゲーミングPCのレビュー一覧
👉デスクトップPCレビュー一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました