デル Dell G5 15 レビュー:GTX1060搭載機としては最安クラスの高コスパノートPC

デル Dell G5 15 レビュー

デルのDell G5 15は、15.6インチの液晶ディスプレイを搭載した初心者~中級者向けのゲーミングノートPCです。特徴は専用グラフィックス機能(以下、”GPU”)としてGeForce GTX 1060 with Max-Qデザイン搭載モデルを選べる点。フォートナイトやPUBGなど、いま人気のゲームを高画質で快適に楽しめます。

Dell G5 15 スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i5/7 メモリー:8~16GB / ストレージ:SSD/HDD / ディスプレイ:15.6インチ フルHD IPS

パワフルなGTX1060対応

Dell G5 15 特徴 パワフルなGTX1060対応

ミドルレンジ(中級者)向けGPUのGeForece GTX 1060 with Max-Qデザインに対応。人気のゲームをより高画質で快適にプレーできます。

デュアルファン搭載で熱対策もOK

Dell G5 15 特徴 デュアルファン搭載で熱対策もOK

ふたつの空冷ファンと大型のヒートパイプを使用することで、高い冷却効果を実現。高負荷なゲームでもパフォーマンスを落とすことなく楽しめます。

動画編集にも使える高性能CPU

Dell G5 15 特徴 動画編集や写真加工にも利用可能

6コア12スレッドの高性能CPUを採用することで、デスクトップPC並みの高い性能を発揮できます。動画編集や高度な画像処理用にもオススメ!

気になるゲーム性能ですが、人気ゲームを楽しむには十分なパフォーマンスです。

Core i7-8750H+GeForce GTX 1060 with Max-Qデザイン搭載の「プラチナモデル」で実際にフォートナイトをプレーしてFPS(描画速度の目安)を計測したところ、最高画質の「エピック」で平均FPSが73.817という結果でした。理想とされる平均60FPSを大きく上回っています。

他機種ではひとつランクが低いGPUのGeForce GTX 1050 Tiでも、画質を落とせば問題なくプレーでる結果が出ています。おそらくDell G5 15でも同じでしょう。

フォートナイト

フォートナイトFPS計測結果(フルHD)

画質 GTX 1060 with Max-Qデザイン GTX 1050 Ti ※
エピック(最高画質) 73.817 FPS 53.55 FPS
140.95 FPS 127.7 FPS
低(最低画質) 146.217 FPS 137.8 FPS

※Dell G3 15の結果

PUBGについては画質「高」で平均FPSが77.217でした。最高画質の「ウルトラ」ではちょっと厳しいのですが、比較的高い画質でゲームを楽しめます。

PUBG

PUBG FPS計測結果(フルHD)

画質 GTX 1060 with Max-Qデザイン GTX 1050 Ti ※
ウルトラ(最高画質) 48.867 FPS 40.1 FPS
77.217 FPS ※未計測
83.217 FPS 62.3 FPS
非常に低い(最低画質) 122.5 FPS 137.8 FPS

※Dell G3 15の結果

ということで今回はメーカーからお借りしたDell G5 15の実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

※価格や構成は変更される場合があります

関連記事

スペックとラインナップ

Dell Gシリーズは、高性能なCPUとGPU(専用グラフィックスチップ)を搭載したハイパフォーマンスなノートPCです。高い性能を必要とするPCゲームや動画編集、本格的な画像加工などに向いています。にも関わらず、値段が比較的安く抑えられている点が魅力です。

Dell Gシリーズとしては「Dell G5」のほかに、「Dell G3」と「Dell G7」が発売されています。さらにDell G3シリーズについては、液晶ディスプレイが15.6インチのタイプと17.3インチタイプの2種類を用意。それぞれのモデルは以下のように位置付けられています。

Dell Gシリーズのラインナップ

機種名 画面サイズ 対象 性能 関連記事
Dell G3 15 15.6インチ 初心者向け そこそこ高い レビュー
Dell G5 15 15.6インチ 初心者~中級者 わりと高い ※この記事
Dell G7 15 15.6インチ 中級者 けっこう高い レビュー
Dell G3 17 17.3インチ 初心者~中級者 意外に高い 解説記事

※2018年9月25日時点。構成は変更される場合があります

関連記事

Dell Gシリーズの特徴と違い

Dell G5 15のスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i5-8300H / Core i7-8750H
メモリー 8~16GB
ストレージ SSD または SSD+HDD
グラフィックス GeForce GTX 1050 Ti(4GB) / 1060 with Max-Qデザイン(6GB)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチ、1920×1080ドット、IPS、非光沢、タッチ非対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0、1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース USB3.1 Gen1(フルサイズ)×3、USB3.1 / Thunderbolt 3兼用 Type-C×1、USB2.0×2、HDMI、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力/マイク入力
セキュリティ機能 セキュリティースロット、TPM 2.0、マカフィー リブセーフ(12ヵ月版)
カメラ 92万画素
サイズ/重量 幅389×奥行き274.7×高さ29.95mm/約2.65kg
オフィス オプション
バッテリー 56Whr ※駆動時間は非公開

※2018年9月25日時点。構成は変更される場合があります

Dell G5 15ではCPUにCore i5-8300Hを搭載した「プレミアムモデル」とCore i7-8750Hを搭載した「プラチナモデル」が用意されています。性能が高いのはCore i7-8750Hですが、ゲームが目的であればCore i5-8300Hでも十分。動画編集や写真加工などに利用するなら、Core i7-8750H搭載モデルがおすすめです。

CPU性能比較(CPU Mark)

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-8750H
13522
Core i5-8300H
10238

※スコアは当サイト計測の平均値で、Dell G5 15の実際の性能を表わすものではありません

GPUとしてはGeForce GTX 1050 Ti(4GB)と、GeForce GTX 1060 with Max-Qデザイン(6GB)が用意されています。ゲームを高画質で楽しみたいなら、GTX 1060 with Max-Qデザイン搭載モデルがおすすめ。画質にこだわらないならGTX 1050 Tiでも十分です。

GPU性能比較(3DMark)

CPU Fire Strikeスコア
GTX 1060
9701
GTX 1060 with Max-Qデザイン
9279
GTX 1050 Ti
6804
GTX 1050
5326

※スコアは当サイト計測の平均値で、Dell G5 15の実際の性能を表わすものではありません

ラインナップ

Dell G5 15には、パーツ構成の異なる3種類のモデルが用意されています。それぞれの主な仕様と価格は以下のとおり。パーツカスタマイズには対応していないため、あとからメモリーやストレージを追加/変更する場合は、自分で改造する必要があります。

ラインナップ(全3モデル)

プレミアム・256GB PCIe SSD・GTX 1050Ti 搭載
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD GeForce GTX 1050 Ti 税込10~11万円台
プレミアム・128GB PCIe SSD+1TB HDD・GTX 1060 搭載 VR
Core i5 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD GeForce GTX 1060 税込12万円台
プラチナ・256GB PCIe SSD+1TB HDD・GTX 1060 搭載 VR
Core i7 16GBメモリー 256GB SSD 1TB HDD GeForce GTX 1060 税込14~15万円台

※2018年9月25日時点。価格はタイミングによって変わります

価格はそのとき実施されているセールやキャンペーンによって大きく変わります。現在の価格については、別記事のセール情報をご確認ください。

関連記事

Dell G5 15のセール情報

ベンチマーク結果

今回の検証では、Core i7-8750H+GeForce GTX 1060 with Max-Qデザイン搭載の「プラチナ・256GB PCIe SSD+1TB HDD・GTX 1060 搭載 VR」モデルを使いました。主なスペックは以下の表のとおり。ベンチマーク結果はパーツ構成や個体差、環境、タイミングなどさまざまな要素によって大きく変わる点をあらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8750H
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1060 with Max-Qデザイン(6GB内蔵)

3D性能

総合的な3D性能を計測する「3DMark」を試したところ、ノートPCとしては非常に優れた結果となりました。Max-QデザインのGPUは本体を薄型化するために通常のGPUよりもやや低い結果になることが多いのですが、Dell G5 15ではパフォーマンスの低下が見られません。おそらく高い冷却性能によって、パフォーマンスの低下を抑えているものと思われます。

3D機能の性能比較

CPU Fire Strikeスコア
Dell G5 15(GTX 1060 with Max-Qデザイン)
9836
GTX 1060
9701
GTX 1060 with Max-Qデザイン
9279
GTX 1050 Ti
6804
GTX 1050
5326

※そのほかのGPUスコアは当サイト計測の平均値

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム用ベンチマークを試したところ、比較的高いグラフィックス性能を必要とする中量級クラスでも最高画質で(ほぼ)快適にプレーできる結果が出ました。重量級タイトルについては画質や解像度を下げることで、そこそこ快適に動作するでしょう。

なおGeForce GTX 1050 Tiについては、ほかのモデル(Dell G3 15)で中量級タイトルなら中画質で平均60FPSオーバーという結果が出ています。画質にこだわらない、もしくは重いゲームをプレーしないのであれば、価格の安いモデルを選ぶのもアリです。

ゲーム系ベンチマーク結果

FF15ベンチ
FF15 (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 高品質 4043(普通)
標準品質 5884(やや快適)
軽量品質 7741(快適)
FF14ベンチ
FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 10866(非常に快適) ※73.104 FPS
高品質(ノートPC) 13984(非常に快適) ※96.45 FPS
標準品質(ノートPC) 15737(非常に快適) ※113.699 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 19111(すごく快適)
標準品質 19368(すごく快適)
低品質 20129(すごく快適)
Assassin's Creed Origins
アサシンクリード オリジンズ (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 52 FPS
69FPS
超低 82 FPS
Far Cry5
Far Cry5 (DX11) ※中規模
1920×1080 (フルHD) 最高 59 FPS
70 FPS
78 FPS
SOTTR
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー(DX12) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 45 FPS
55 FPS
最低 82 FPS

ストレージ性能

公式サイトではSSDはPCIe(NVMe)接続と書かれていますが、試用機にはSATA接続のSSDが使われていました。Dell G3やDell G7でも同様にSATA接続のSSDが使われていたので、もしかすると仕様としてはPCIeに対応しているけど、実際に使われているのはSATA接続タイプということなのでしょうか。SATA接続タイプのアクセス速度はPCIe接続に比べてグッと落ちますが、HDDよりもはるかに高速です。

Dell G5 15 ストレージのアクセス速度(CrystalDiskMark)

256GB SSD(左)と1TB HDD(右)のアクセス速度

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度の違い

CPU性能

試用機で使われていたCore i7-8750Hは非常に高性能で、CPU性能を計測するベンチマークテストではデスクトップPC向けCPUを大きく上回る結果が出ています。ワンランク下のCore i5-8300Hでも前世代のCore i7より性能が高く、デスクトップPC向けCPUに迫るパフォーマンスです。ゲームはもちろん、動画編集や高度な写真加工でも威力を発揮するでしょう。

CPU性能比較 その1

名称 CINEBENCH R15スコア マルチコア
Core i7-8700 ※2
1419
Dell G5 15(Core i7-8750H)
1171
Core i7-8750H
1122
Core i5-8400 ※2
945
Core i7-7700 ※2
860
Core i5-8300H
837
Core i7-7700HQ
725
Core i7-8550U
567

※そのほかのCPUのスコアは当サイト計測の平均値 ※2デスクトップPC向けCPU

CPU性能比較 その2

名称 PassMark CPU Mark
Core i7-8700 ※2
15300
Dell G5 15(Core i7-8750H)
14235
Core i7-8750H
13522
Core i5-8400 ※2
11229
Core i7-7700 ※2
10775
Core i5-8300H
10238
Core i7-7700HQ
9381
Core i7-8550U
9045

※そのほかのCPUのスコアは当サイト計測の平均値 ※2デスクトップPC向けCPU

本体の大きさやデザイン

Dell G5 15の本体デザインは、比較的落ち着いた印象です。前面と背面はややメカっぽいのですが、ほかのゲーミングノートPCのようにLEDで光ることはなく、シーンを選ばずに利用できます。

Dell G5 15 本体カラー

本体カラーはブラック(左)とレッド(右)の2色

Dell G5 15 本体カラーブラック

今回は本体カラーがブラックのモデルを検証しました

Dell G5 15 天板のデザイン

天板中央にはロゴを配置

Dell G5 15 ボディの素材

ボディには樹脂(プラスチック)が使われていますが、安っぽさは感じられません

Dell G5 15 底面部

底面部も樹脂製のブラック

Dell G5 15 キーボード面

キーボード面は天板と同じく、サラサラとした手触り

Dell G5 15 スピーカー

スピーカーは前面左右

Dell G5 15 排気口

排気口は背面

Dell G5 15 ベゼル幅

液晶ディスプレイのベゼル(枠)はやや太めですが、違和感はありません

本体サイズはちょっと大きめです。標準的な15.6インチタイプよりもひと回り大きいのですが、ゲーミングノートPCとしては普通の大きさと言えるでしょう。高さは公称値で29.95mmですが、設置時にはゴム足の高さが含まれるので実測31.5mmとやや厚め。とは言え、据え置き利用であれば気になりません。

Dell G5 15 フットプリント

接地面積

Dell G5 15 サイズ感

大きさはB4サイズよりもひと回り大きめ

Dell G5 15 前面と背面

前面と背面

Dell G5 15 高さの実測

ゴム足を含めた設置時の高さは実測で31.5mm

Dell G5 15 重量

重量は公称値で2.65kgm実測では2.795kgでした

ノートPCの平均重量

画面サイズ 平均重量
11.6インチ 1.126kg
12.5インチ 1.131kg
13.3インチ 1.253kg
14インチ 1.518kg
15.6インチ 2.174kg
ノートPC全体 1.551kg

※2017年12月~2018年5月に当サイトが検証したノートPC(2-in-1を含む) 50台ぶんの実測値より

Dell G5 15 電源アダプター

付属の電源アダプターは重量694g

画面の色と見やすさ

画面サイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ゲーミングノートPCとしては標準的なスペックです。リフレッシュレート(画面の書き換え速度)は60Hzで、一般的なディスプレイと同じ。最近は上級ゲーマー向けにリフレッシュレートの高い(120Hz以上)のノートPCもありますが、初心者~中級者には十分です。

Dell G5 15 液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイの大きさは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD

液晶ディスプレイには、発色に優れるIPSパネルが使われています。色合いは自然で色のメリハリが効いているので、ゲームや動画、写真などを色鮮やかな映像で楽しめるでしょう。特別明るいわけではありませんが、ゲームや作業には十分な明るさでした。

Dell G5 15 液晶パネル

コントラストが高く、自然な発色が特徴のIPSパネルを使用

Dell G5 15 ガンマカーブ

i1Display Proによる映像のガンマカーブ。暗部が少し調整されていますが、色のバランスは良好です

Dell G5 15 暗部の描写

画面は暗いわけではないのですが暗い部分が潰れて見えるので、ゲームによっては明るさを調整したほうがいいかもしれません

IPSパネルは一般的に応答速度が遅く、残像が見えることがあると言われています。しかしDell G5 15でいくつかゲームを試してみましたが、残像や映像の乱れは感じられませんでした。

画面は光沢のないノングレア仕上げです。光の映り込みが抑えられるので眼が疲れにくく、長時間のゲームや作業に向いています。

Dell G5 15 ノングレア

非光沢と光沢の違い

キーボードの使いやすさ

キーボードはテンキー付きです。標準仕様の日本語キーボードはバックライトに対応していませんが、オプションの英字配列キーボードはバックライトに対応しています。

Dell G5 15 キーボード

Dell G5 15のキーボード

キーピッチ(キーとキーの間隔)は、理想とされる19mmです。ただキートップが約14mmと小さく、ゲームのプレーにはもう少し大きいほうが操作しやすいと思います。

気になるのはEnterキー周辺で一部のキーが隣接している点と、「¥」キーおよびBackSpaceキーが小さい点です。ゲームにはあまり関係ありませんが、文書作成では慣れるまで打ち間違いがあるかもしれません。

Dell G5 15 キー配列で気になる部分

配列で気になる部分

キーストローク(キーを押し込む深さ)は、実測で1.5mm弱でした。おそらく1.3~1.4mm程度だと思われます。ストロークが浅いのでタイプ感が感じられず、少し物足りなさを感じました。

Dell G5 15 キーストローク

キーストロークは1.5mm弱でやや浅め。操作に支障はありませんが、個人的にはもう少しストロークが深いほうが好みです

Dell G5 15 タッチパッド

タッチパッドは十分な大きさで、反応も良好。ただゲーミングノートPCではマウス中心で操作することになるでしょう

端子類の種類と使いやすさ

インターフェース(端子類)は多いわけではありませんが、ゲーミングノートPCとしては十分な構成です。なかでも特に、40Gbpsの高速なThunderbolt 3に対応している点がポイント。なお光学ドライブには非対応である点に注意してください。

Dell G5 15 左側面

左側面のインターフェース

  • ① セキュリティースロット ※盗難防止用
  • ② 電源コネクター
  • ③ 1000BASE-T対応有線LAN
  • ④ USB3.1 Gen1
  • ⑤ SDメモリーカードスロット

Dell G5 15 右側面

右側面のインターフェース

  • ① ヘッドホン出力/マイク入力
  • ② USB3.1 Gen1
  • ③ USB3.1 / Thunderbolt 3兼用Type-C
  • ④ HDMI

Dell G5 15 電源ボタン

指紋センサー付きの電源ボタン。あらかじめ指紋を登録しておけば、素早くサインインできます

Dell G5 15は底面部のカバーを外すことで、簡単に内部へアクセスできます。SSDの換装やメモリーの増設・交換も可能ですが、自分で改造するとメーカー保証のサポート外となる点に注意してください。

Dell G5 15 本体内部

底面カバーを取り外した状態

Dell G5 15 メモリースロット

メモリースロットは2基

Dell G5 15 ストレージ

ストレージは2.5インチとM.2を利用できます

Dell G5 15 冷却機能

高い冷却性能を実現するために、ふたつの空冷ファンと大きめのヒートパイプを装備

発熱や騒音、消費電力について

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8750H
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1060 with Max-Qデザイン(6GB内蔵)

本体の温度について

アサシンクリードオリジンズ(アサクリ)のベンチマークとFF14ベンチ、および動画エンコード中のキーボード面の温度を計測したところ、最大で48℃と非常に高温になりました。ただしゲーム中に触れ続けるWASDキーのあたりは40℃前後と低くなっており、触れると多少温かく感じる程度です。

表面温度(室温29℃) ※画像クリックで拡大

アサクリベンチ FF14ベンチ 動画変換
Dell G5 15 キーボード面の温度最大48.4℃ Dell G5 15 キーボード面の温度最大48℃ Dell G5 15 キーボード面の温度最大43.2℃

駆動音の計測結果

ゲーム中の駆動音(ファンの回転音や通気口からの排気音)は少し大きめでした。本体内蔵のスピーカーでは細かい音を聞き取れないので、ゲーム中はヘッドセットの着用をおすすめします。

駆動音の計測結果(室温29℃)

電源オフ 37.5dBA
アサクリ 52.0dBA 排気音がけっこう目立つ
FF14 51.5dBA 同上
動画変換 50.5dBA 同上

消費電力について

ゲーム中の消費電力はかなり高めです。重いゲームほど電力消費が大きくなりますが、そのぶんパフォーマンスが高いことを考えればやむを得ないでしょう。

1分間の平均消費電力(REX-BTWATTCH1による計測)

アサクリ FF14 動画変換
143.4W 1104W 94.2W

※消費電力の計測方法はコチラ

起動時間について

起動時間(電源ボタンを押してからデスクトップが表示されるまで)は平均18.34秒(高速スタートアップ有効)でした。SSD搭載機の平均(16~17秒程度)よりもわずかに起動が遅いのですが、気になるほどではありません

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
19.2秒 19.5秒 17.8秒 17.7秒 17.5秒 18.34秒

動画変換や写真加工の快適さ

動画出力(書き出し)

動画出力(書き出し)
動画編集の書き出しは非常に高速です。高性能なCore i7とGTX1060の効果が十分に現われています。

動画出力にかかった時間

かかった時間
Dell G5 15(Core i7-8750H+GTX1060) 4分12秒
Dell G3 15(Core i7-8750H+GTX1050 Ti) 5分58秒

※「Adobe Premiere Pro CC 2018」を使って、FF14ベンチをキャプチャーした6分44秒のフルHD動画に画像とテロップ、音声を追加した合計7分のゲーム実況風動画を作成。書き出し設定は「H.264」で、「YouTube 1080p HD」のプリセットを使用。CUDAのハードウェアエンコードで処理。

動画変換

動画変換
動画変換についても、CUDAを使った処理が非常に高速です。本格的な作業でもストレスなく使えるレベルだと言えます。

動画変換にかかった時間

CUDA ソフトウェア
Dell G5 15(Core i7-8750H+GTX1060) 3分10秒 6分54秒
m-Book W(Core i7-8750H+GTX1050) 3分47秒 6分46秒

※Adobe Media Encorder CCで5分間の4K映像(XAVC-S、3.51GB)をプリセット「YouTube 1080p HD」でCUDAのハードウェアエンコードで変換するのにかかった時間

RAW現像

RAW現像
100枚のRAW画像を現像するのにかかった時間は1分23秒でした。GPUはRAW現像自体の処理時間に影響しませんが、プレビューやカタログ表示などが高速化される効果があります。

RAW画像の現像にかかった時間

Dell G5 15(Core i7-8750H+GTX1060) Dell G3 15(Core i7-8750H+GTX1050 Ti) m-Book B506H(Core i7-8550U)
1分23秒 2分32秒 2分29秒

※Adobe Photoshop Lightroom Classic CCで5184×3456ドットのRAW画像を長辺1920ドット、画質80%、解像度240、シャープ出力 強のJPEGファイルに出力するのにかかった時間(フィルター類適用なし)

総合的なクリエイティブ性能

PCMark10

筆者の目安としては、各スコアが3000を超えれば本格的な作業をなんとか行なえるレベルだと考えています。試用機ではどのテストも3000を大きく上回っており、クリエイティブな作業には十分な性能です。

PCMark 10ベンチマーク結果(一部抜粋)

Digitala Content Creation(総合スコア) 6435
Photo Editing(写真編集) 7629
Rendering and Visualization(3D制作) 7724
Video Editing(動画編集) 4523

GTX1060搭載機としては最安クラス

ということで、今回は Dell G5 15のレビューをお届けしました。

画質にこだわらなければGeForce GTX 1050 Tiでも十分ですが(GTX 1050だと厳しめ)、やはりゲームはできる限りキレイな画面で遊びたいもの。その点において、GeForece GTX 1060 with Max-Qデザインを搭載可能なDell G5 15選ぶ意味は十分あります。

しかもCore i5搭載モデルなら、実売価格は税込みで12万円台。他社メーカーの同クラス製品に比べて2~3万円程度安いのは大きな魅力です。ゲームだけならCore i5でも十分ですが、動画編集を行なうならCore i7がおすすめ。ワンランク上のゲーム/動画編集用PCとしておすすめします。

Dell G5 15 感想

安く買えるGTX 1060搭載機としてアリ!

Dell G5 15のまとめ

  • GeForce GTX 1060 with Max-Qデザイン対応
  • デスクトップ並みに高性能
  • 他社製品よりも安い!

※価格や構成は変更される場合があります

当サイトでは高性能ノートPCから2~3万円台の格安ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました