デル Dell G7 15 レビュー:高性能&高コスパでゲームや動画編集におすすめ

デル Dell G7 15 レビュー

デルのDell G7 15は、15.6インチの液晶ディスプレイを搭載するハイエンドな高性能ノートPCです。価格は税込11~12万円台からで、CPUは第8世代のCore i5/i7 Hシリーズ。さらに専用グラフィックス機能として、GeForce GTX 1050 Ti/1060を搭載しています。

主なスペック

【主なスペック】CPU:Core i5-8300H/Core i7-8750H / メモリー:8~16GB / ストレージ:SSD+HDD(デュアル) / ディスプレイ:15.6インチ 1920×1080ドット

Dell G7 15の注目ポイント

デスクトップPC並みに高性能

デスクトップPC並みに高性能

CPUとして使われている6コアのCore i7-8750Hは非常に高性能。従来のノートPCはもちろん、デスクトップPCをも性能面で上回っています。

詳しく見る

高性能GPU搭載

高性能GPU搭載

専用グラフィックス機能として、GeForce GTX 1050 Ti/1060に対応。人気ゲームのプレーはもちろん、クリエイティブな作業にもおすすめです。

詳しく見る

シンプルなデザイン

シンプルなデザイン

ゲーミングPCと同レベルの高い性能でありながら本体は派手すぎず、シンプルでスタイリッシュなデザインを採用しています。

詳しく見る

今回はメーカーからお借りしたDell G7 15の実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

※価格や構成は変更される場合があります

お得なキャンペーン実施中!

楽天ポイントプレゼントキャンペーン

スペックとラインナップ

Dell G7 15のスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i5-8300H / Core i7-8750H
メモリー 8~16GB(最大32GB)
ストレージ 128~256GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1050 Ti(4GB) / 1060(6GB) Max-Qデザイン
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチ、1920×1080ドット、IPS、非光沢、タッチ非対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0(Windows 10上では4.1で動作)、1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース Thundebolt3 / USB3.1 Gen2×1(Type-C)、USB3.1 Gen1(フルサイズ)×3、HDMI、有線LAN、SDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力
セキュリティー TPM 2.0、セキュリティースロット、マカフィーリブセーフ 1年版、指紋センサー
カメラ 92万画素
サイズ/重量 幅389×奥行き247.7×高さ24.95mm/約2.63kg~
バッテリー ※駆動時間は非公開

※2018年6月19日時点。構成や価格は変更される場合があります

Dell G7 15のラインナップ

ラインナップは以下の4種です。おすすめは、中位モデルのプレミアム・GTX 1060搭載 VR。GeForce GTX 1060 with Max-Qデザインを搭載しながらも、価格が税込12~13万円台とかなりの高コスパです。

ラインナップ

プレミアム・GTX 1050 Ti搭載
Core i5 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD GeForce GTX 1050 Ti 税込11~12万円台
プラチナ・GTX 1050 Ti搭載
Core i7 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD GeForce GTX 1050 Ti 税込12~13万円台
プレミアム・GTX 1060搭載 VR
Core i5 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD GeForce GTX 1060 税込12~13万円台
プラチナ・256GB SSD+1TB HDD・GTX 1060搭載 VR
Core i7 16GBメモリー 256GB SSD 1TB HDD GeForce GTX 1060 税込14~15万円台

※2018年6月19日時点。価格はタイミングによって変わります

ゲームを楽しみたいのであれば、3D性能の高いGeForce GTX 1060搭載モデルがおすすめです。動画編集や写真の加工など負荷の高いクリエイティブな作業向けであれば、GPUよりもCPU性能のほうが重要。Core i7+GeForce GTX 1050 Ti搭載モデルをおすすめします。

3D機能の性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GTX 1060 with Max-Q(6GB)
9093
GTX 1050 Ti(4GB)
6635

※当サイト計測の平均値


価格はタイミングによって大きく変わります。現在の価格は下記のリンクからセール情報でご確認ください。

Dell G7 15セール情報

本体デザインについて

Dell G7 15の本体カラーは、ブラックとホワイトの2色(購入時に選択可能)。今回はホワイトのモデルを試用しました。本体は大きいながらも、ホワイトのカラーによって圧迫感のない上品な雰囲気に仕上がっています。

本体カラー

ホワイトの本体カラー。ゲームを本格的に楽しめるノートPCとしては、珍しいカラーです

天板のデザイン

天板中央にはブルーのロゴを配置。塗料にはパール系のホワイトが使われており、ややメタリックな輝きがあります

背面のデザイン

ヒンジ部分はシルバーで背面はブラック

前面のデザイン

フロントはブラックで、左右にスピーカーが配置されています

底面部のデザイン

底面部はブラックで、ノートPCとしては標準的な仕上がり

キーボード面のデザイン

キーボード面はやや青みがかったブラック。タッチパッド周辺には、ダイヤモンドカット加工が施されています

パームレストのデザイン

パームレストはアルミ製。天板と底面には樹脂(プラスチック)素材が使われています

接地面積は幅389×奥行き247.7mmで、B4サイズよりもひと回り大きい程度。15.6インチモデルとしては、標準的な大きさです。

B4サイズとの大きさ比較

B4サイズ(B5ノートの見開き)よりもちょっと大きい程度

高さは公称値で24.95mmですが、ゴム足を含めた実測値では最薄部で27mm、最厚部で29.5mmでした。一般的なノートPCと比べるとそれほど薄いわけではありませんが、高性能GPU搭載モデルとしてはかなりスリムです。

高さの実測値

高さは最薄部で実測27mm、最厚部で実測29.5mm

厚さの印象

15.6インチのノートPCとしてはやや厚めですが、高性能GPU搭載モデルとしてはスリム

重量は実測では2.8.14kgでした。ノートPCとしてはかなり重く、手に持つとズッシリと重量感を感じます。

重さの実測値

重量は公称値で最大2.63kg~、実測では2.814kgでした。ACアダプターの重量は692g

ノートPCの平均重量

画面サイズ 平均重量
11.6インチ 1.126kg
12.5インチ 1.131kg
13.3インチ 1.253kg
14インチ 1.518kg
15.6インチ 2.174kg
ノートPC全体 1.551kg

※2017年12月~2018年5月に当サイトが検証したノートPC(2-in-1を含む) 50台ぶんの実測値より

液晶ディスプレイについて

液晶ディスプレイの大きさは、もっともスタンダードな15.6インチです。解像度は1920×1080ドットのフルHD。写真や動画、ゲーム画面が細部まで精細に映し出されます。

液晶ディスプレイのサイズと解像度

画面サイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドット。ハイエンドノートPCとしては標準的なスペックです。

映像の色合いは自然で、発色は良好。コントラストも高く、色にメリハリが感じられます。映像のエッジ部分が強調されているような気がするのですが、もしかすると画像処理が施されているのかもしれません。

液晶ディスプレイの色合い

コントラストが高く、色にメリハリがあります

ただ、画面がちょっと暗めに感じました。作業には十分な明るさですが、輝度が若干低い影響のためか、暖色系の写真が少し青みがかっているように見えます。

映像の色合い

画面は少し暗めの印象。その影響からか、暖色系の色合いがやや薄く感じます

ガンマカーブ

i1 displayProによるガンマカーブ。色のバランスは良好ですが、暗部がやや弱く出ているようです

液晶ディスプレイの表面は光沢なしのノングレア仕上げで、光の映り込みが抑えられています。余計な光が見えないため眼が疲れにくく、長時間作業やゲームに向いています。

非光沢の画面

映り込みを抑えたノングレアディスプレイ

グレアパネルの映り込み

光沢ありのグレア加工の場合だと光や室内が映り込むことがあり、眼精疲労や集中力低下の原因となると言われています ※写真は別の機種

液晶ディスプレイの表面が非光沢のノングレア仕上げであるため、映像はグレア仕上げほど鮮やかではありません。しかし本来の色に近い状態で映し出されるので、写真や動画の編集・加工にも向いています。もちろんゲームや文書の作成にも問題ありません。

キーボードについて

キーボードは、数値入力に便利なテンキー付きです。試用機では日本語配列でしたが、購入時のオプションで英字配列も選べます(別途追加料金が必要)。

Dell G7 15のキーボード

Dell G7 15のキーボード

キーピッチ(キーとキーの間隔)は19mmで、理想的な大きさでした。ちょっと気になったのは、Enterキー周辺で一部のキーが隣接している点です。特に「¥」キーと「BackSpace」キーが小さく、検証中に打ち間違えることがありました。

配列で気になる部分

Enterキー周辺で、一部のキーが隣接しています

キーストロークは、実測で1.5mm程度。ノートPCとしては標準的な深さです。押した瞬間のクリック感はやや固めで、確かな手応えを感じられます。底打ち感はほどほどで、たわみは感じられません。

キーのタイプ感

キーストロークは実測1.5mm程度。入力時に確かな手応えを感じられます

タイプ音は控えめです。軽いタッチで入力すると「カクカクカク」とわずかに音がする程度でした。強めに打つと「トストストス」と多少響きますが、耳障りな音ではありません。しかし周囲に人がいる状況では、弱めのタッチを意識するほうがいいでしょう。

キーボードのタイプ音

軽いタッチならタイプ音はごく控えめです

タッチパッドはややザラつきのある手触りです。周囲にはブルーのダイヤモンドカット加工が施されており、この部分だけきらびやかな印象を受けます。カーソルの反応はなめらかというわけではありませんが、非常に俊敏でキビキビと動作しました。

タッチパッド

ボタン一体型のタッチパッド

ただしボタン部分の押下圧が低く、手のひらが触れるとクリックしたことになってしまうことがあります。ゲームをプレーする際は、タッチパッドを無効化するといいでしょう。

インターフェースと拡張性

インターフェース(端子類)としては、合計4つのUSB端子や有線LAN、HDMIなどが用意されています。光学ドライブは非対応ですが、最近のソフトはダウンロード版が多いので、特に問題はないはず。また最大40GbpsのThunderbolt 3に対応している点もポイントです。

左側面

左側面のインターフェース

    • ① セキュリティースロット
    • ② 電源コネクター
    • ③ 1000BASE-T対応有線LAN
    • ④ USB3.1 Gen1(フルサイズ)
    • ⑤ SDメモリーカードスロット

右側面

右側面のインターフェース

  • ① ヘッドホン出力/マイク入力
  • ② USB3.1 Gen1(フルサイズ)
  • ③ USB3.1/Thunderbolt 3対応Type-C端子
  • ④ HDMI

電源ボタンは指紋センサー内蔵です。あらかじめ指紋を登録しておけば、指で軽く触れるだけでサインインできるので便利です。

指紋センサー

電源ボタンは指紋センサー内蔵

駆動時間や発熱、騒音について

今回の検証ではプラチナ・256GB SSD+1TB HDD・GTX 1060搭載 VRモデルを使いました。主なスペックは以下の表のとおりです。検証/ベンチマーク結果はパーツ構成や個体差、環境、タイミングなどによって大きく変わる点をあらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8750H
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD+1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1060(6GB) with Max-Qデザイン

バッテリー駆動時間計測結果

当サイトでの計測方法でバッテリー駆動時間のテストを行なったところ、最大で9時間3分という結果となりました。ただしBBenchのテストはバッテリー消費が少ないため、実際の利用では数時間程度であると思われます。

バッテリー駆動時間のテスト結果

BBenchによる計測 9時間03分
PCMark 8による計測 ※未計測

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

なお動画変換やゲームなど負荷の高い処理を行なうと、バッテリー駆動時間はさらに短くなる点に注意してください。

CPUと本体の温度について

CPUの温度は、動画変換時および3Dゲーム時に最大100度に達しました。CPU自体はかなりの高温ですが本体の冷却性能は高く、本体が極端に熱くなったり空冷ファンが爆音で動作することはありません。またキーボードの表面は、高負荷時でもほんのり温かい程度でした。

キーボード面の表面温度

キーボード面の表面温度(室温22.4度)

※本体温度の計測方法はコチラ

駆動音の計測結果

駆動音(ファンの回転音や通気口からの排気音)の計測結果は以下のとおり。高負荷時には音が大きく聞こえますが、うるさすぎるほどではありません。また電源を入れた瞬間にもファンが強く回転しますが、10数秒程度でおさまります。

駆動音の計測結果(室温22.4℃)

電源オフ 37.6dBA
待機中 38.1dBA ファンの回転音が聞こえるが、気にならない
動画視聴 41.1dBA 排気音がはっきり聞こえる
動画変換 51.6dBA 排気音がかなり目立つ
3Dゲーム 51.5dBA 同上

ゲームによっては駆動音が大きくなることがあるので、プレー中はヘッドセットの利用をおすすめします。

起動時間について

起動時間(電源ボタンを押してからデスクトップが表示されるまで)は平均15.76秒(高速スタートアップ有効)で、なかなか優秀な結果です。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
16.0秒 15.8秒 15.7秒 15.7秒 15.6秒 15.76

消費電力について

消費電力は、ノートPCとしては高めです。特にGPUが使われる場面では、消費電力が非常に高くなりました。

1分間の平均消費電力(REX-BTWATTCH1による計測)

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
42W 52.8W 98.4W 130.8W

※消費電力の計測方法はコチラ

ベンチマーク結果

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8750H
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD+1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1060(6GB) with Max-Qデザイン

ストレージ性能

試用機で使われていた256GB SSDはSATA接続タイプで、1TB HDDは5400回転タイプでした。それぞれ標準的なアクセス速度です。

CrystalDiskMark

256GB SSD(左)と1TB HDD(右)のアクセス速度

ストレージ別アクセス速度の目安

ストレージ別アクセス速度の目安

CPU性能

試用機で使われていたCore i7-8750Hの性能を計測したところ、ノートPCとしては前例がないほど優れた結果が出ました。ノートPC向けのCPUはデスクトップPC向けよりも性能が低いというのが従来の定説でしたが、それを覆すほどの結果です。

Core i5-8300Hについては未検証ですが、かなり高いパフォーマンスを期待していいでしょう。

CPUの性能比較 その1

CPU CINEBENCH R15のCPUスコア
Core i7-8700 ※2
1419
Dell G7 15(Core i7-8750H)
1064
Core i5-8400 ※2
945
Core i7-7700 ※2
860
Core i7-7700HQ
713
Core i7-8550U
560

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値 ※2 デスクトップPC向けCPU

CPUの性能比較 その2

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i7-8700 ※2
16091
Dell G7 15(Core i7-8750H)
14089
Core i5-8400 ※2
11229
Core i7-7700 ※2
10881
Core i7-7700HQ
9113
Core i7-8550U
8902

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値 ※2 デスクトップPC向けCPU

3D性能

試用機で使われていたGeForce GTX 1060(6GB) with Max-Qデザインは、ノートPC向けとしては非常に高性能です。デスクトップ向けのGeForce GTX 1060よりはやや性能が劣るものの、人気ゲームを快適にプレーできるほどの性能を持っています。

GeForce GTX 1050 Tiも十分な性能ではあるものの、ゲーム向けにはやや非力で楽しめるタイトルが限られてきます。ただしクリエイティブ作業目的(3D制作を除く)であればGTX 1050 Tiでも十分。一般的な動画や画像加工などであれば、GTX 1060ではオーバースペックです。

3D機能の性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
Dell G7 15(GTX 1060)
9872
GTX 1050 Ti
6635
GTX 1050
5275
MX150
3161

※ほかのGPUの結果は当サイト計測の平均値

ゲーム系ベンチマークの結果は、以下のとおりです。中規模クラスまでのタイトルであれば、フルHDの最高画質でも問題なくプレーできます。グラフィックス重視の重量級タイトルでも、画質を調整することで快適に楽しめるでしょう。

ゲーム系ベンチマーク結果(フルHD)

FF15ベンチ FF15ベンチ (DX11) ※重量級
高品質 標準品質 軽量品質
4063(普通) 5835(やや快適) 7431(快適)
FF14ベンチ FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中規模
最高品質 高品質(ノートPC) 標準品質(ノートPC)
10813(非常に快適)※72.698 FPS 13772(非常に快適)※95.491 FPS 15399(非常に快適)※111.742 FPS
Assassin's Creed Origins Assassin’s Creed Origins (DX11) ※重量級
最高 超低
53 FPS 69 FPS 81 FPS
Far Cry5 Far Cry5 (DX11) ※中規模
最高
60 FPS 70 FPS 79 FPS
ROTTR Rise of the Tomb Raider(DX12) ※中規模
最高 最低
64.4 FPS 89.56 FPS 125.33 FPS

クリエイティブ性能

動画編集や写真加工、RAW現像などクリエイティブな作業についてのテストを行なったところ、ノートPCとしては非常に優れた結果となりました。高性能なCPUと専用グラフィックス機能(dGPU)を搭載しているので、さまざまな作業を快適に行なえます。

動画変換

CPUのベンチマークテストではCore i7-8750HはデスクトップPC向けのCore i5-8400よりもスコアが高かったものの、動画変換についてはデスクトップPCのほうが優れた結果が出ました。とは言え、モバイルノートPC向けのCore i5/i7 UシリーズではX264で13~14分、QSVで8~9分程度かかるので、ノートPCとしては非常に高性能です。

動画変換にかかった時間

Dell G7(Core i7-8750H+GTX1060) Magnate MS(Core i5-8500+GTX1050) Inspiron 3470(Core i5-8400)
X264 8分21秒 7分23秒 7分42秒
QSV 6分04秒 ※未計測 5分47秒
NVENC 5分46秒 5分08秒 ※非対応

※5分間の4K映像(XAVC-S、3.51GB)をYouTube向けの1080p(1920×1080ドット)映像に変換するのにかかった時間

なおdGPUとiGPU(CPU内蔵グラフィックス)を切り替えてテストしたところ、それほど大きな差は生じませんでした。ただしNVENC(GeForceシリーズの動画エンコード)を利用すると動画変換にかかる時間が大幅に短縮されるので、dGPU搭載モデルのほうが有利です。

動画変換にかかった時間

iGPU dGPU
X264 8分21秒 8分50秒
QSV 6分04秒 6分11秒
NVENC 5分46秒

※5分間の4K映像(XAVC-S、3.51GB)をYouTube向けの1080p(1920×1080ドット)映像に変換するのにかかった時間

RAW現像

100枚のRAW画像を現像するのにかかった時間は1分20秒でした。単純計算では1枚あたり0.8秒ですので、処理としては非常に高速です。なおこのテストについてもiGPUとdGPUを切り替えてテストを行ないましたが、大きな差は表われませんでした。dGPUの有無は一部のフィルター処理やプレビュー表示で違いが出ますが、現像処理そのものには影響ないようです。

RAW画像の現像にかかった時間

iGPU dGPU
1分20秒 1分19秒

※5184×3456ドットのRAW画像を長辺1920ドット、画質80%、解像度240のJPEGファイルに出力するのにかかった時間(フィルター類適用なし)

総合的なクリエイティブ性能

総合的なクリエイティブ性能を計測する「PCMark 10」の「Digitala Content Creatiuon」を試したところ、dGPUの有効/無効で非常に大きな差が出ています。

dGPU iGPU
Digitala Content Creation(総合スコア) 6252 3073
Photo Editing(写真編集) 7085 3018
Rendering and Visualization(3D制作) 7431 2345
Video Editing(動画編集) 4643 4101

※PCMark 10を使用

テスト結果の詳細を確認すると3D系以外でも、OpenCL(簡単に言うとGPUコアをCPU代わりに演算目的で使う技術)が影響するテストでdGPUありのほうが優れた結果が出ていました。具体的には、ぼかし処理やバッチ変換処理などについてです。

ソフトによってはCUDAを利用する場合もあり、そのときも一部の処理が高速化されます。このようにdGPUを搭載することで、高度な加工処理がスムーズに行なえるのです。

VR性能

Oculus RiftやHTC Vive向けコンテンツの快適さを計測するベンチマークソフトでは、それぞれ問題なく楽しめるという評価が出ています。Windows Mixed Reality Ultaraについては必要スペックがやや低いので、こちらも問題なく楽しめるでしょう。

SteamVRパフォーマンステストの結果

SteamVRパフォーマンステストの結果

VRMark

VRMarkのベンチマーク結果。現状ではOrange Roomの平均FPSが目標FPSを上回っていればOK

Windows Mixed Reality PC Check

Windows Mixed Reality PC Checkの結果

ゲームやクリエイティブな作業に!

CPUとして使われているCore i7-8750H/Core i5-8300Hは性能が非常に高く、デスクトップPC並みのパフォーマンスを期待できます。3D制作や動画編集、高度な画像加工など、さまざまな作業を快適にこなせるでしょう。もちろんゲーム用PCとしてもおすすめです。

個人的には、本体がゲーミングノートPCほど派手ではない点が魅力だと思います。高性能なゲーミングPCを仕事用に使いたいけど、LEDが光るのはちょっと……、という人にピッタリではないでしょうか。

Dell G7 15まとめ

派手すぎないデザインと高いCPU&グラフィックス性能がポイント

Dell G7 15のまとめ

  • デスクトップPC並みに高性能
  • ゲーム以外でも役立つ高性能GPU
  • 派手すぎないシンプルなデザイン

※価格や構成は変更される場合があります

お得なキャンペーン実施中!

楽天ポイントプレゼントキャンペーン

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!