ドスパラ GALLERIA GCF1070NF レビュー:120Hz対応&GTX1070搭載の大画面ゲーミングノートPC

ドスパラ GALLERIA GCF1070NF レビュー

最大10%のポイント還元中!

5/10~5/30のキャンペーン期間中にドスパラでパソコンを購入すると、抽選で1000名に最大10%ぶんのポイントを還元中! 詳しくは以下のリンクから、キャンペーン情報をご確認ください。
キャンペーン情報をチェック

ドスパラのGALLERIA GCF1070NFは、専用グラフィックス(GPU)としてGeForce GTX 1070(8GB)を搭載したゲーミングノートPCです。最大の特徴は、17.3インチでリフレッシュレート(画面の書き換え速度)120Hzの液晶ディスプレイを搭載している点。実際にゲームを試したところ画面がとても見やすく、プレーを有利に進められるように感じました。

GALLERIA GCF1070NF スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i7-8750H、メモリー:8GB 、ストレージ:250GB SSD+1TB HDD、 グラフィックス:GeForce GTX 1070(8GB)、ディスプレイ:17.3インチ 1920×1080ドット 120Hz

GALLERIA GCF1070NFの注目ポイント

17.3インチで120Hz

GALLERIA GCF1070NF  特徴

リフレッシュレートは120Hzで、標準的な60Hzのディスプレイの2倍。カクつきがなく、動きがとても滑らかです。また17.3インチの画面は一般的な15.6インチよりもひと回り大きいので、遠くのターゲットもよりハッキリと表示されます。

キーボードはSteelSeries製

GALLERIA GCF1070NF  特徴

ゲーミングデバイスメーカーとして実績のあるSteelSeriesのキーボードを採用。タイプ感がよく、ゲームプレーでストレスを感じません。RGB LEDバックライトにも対応!

GALLERIA GCF1070NFの評価

GALLERIA GCF1070NF 評価

総合評価: 3.8/5.0

(評者:こまめブログ)

デザイン 大きくて無骨なデザインだが、ゲーミングPCとしてはシンプルで好感が持てる
性能 高性能なCPUとGPUを搭載。ベンチマーク結果も優秀
使いやすさ キー配列にやや違和感があるが、タイプ感はいい。端子類も十分
軽さ 重さはほぼ3kg。17.3インチのゲーミングノートPCなのでかなり重い
画面 若干いろが不自然だが、ゲーム用には最適。描画がとてもなめらか!

今回はメーカーからお借りしたGALLERIA GCF1070NFモデルの実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

GALLERIA GCF1070NF

GALLERIA GCF1070NF

税込22万8938円から

※価格や構成は変更される場合があります

GALLERIA GCF1070NFのスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU 第8世代 Core i7-8750H
メモリー 8GB(最大32GB)
ストレージ 250GB SSD(M.2 SATA)+1TB HDD ※カスタマイズ可
グラフィックス GeForce GTX 1070(8GB)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 17.3インチ、1920×1080ドット、非光沢、ペン/タッチ非対応、リフレッシュレート120Hz
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2、1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース USB3.0(フルサイズ)×2、USB3.0(Type-C)×1、USB2.0×1、HDMI、miniDisplayPort、有線LAN、SDカードリーダー、ヘッドホン出力
セキュリティー TPM 2.0、セキュリティーロック、マカフィー・リブセーフ 12ヵ月版
カメラ HD(92万画素相当)
サイズ/重量 幅419×奥行き294×高さ30~34mm/約2.9kg
バッテリー駆動時間 ※非公開
オフィス ※オプション
サポート メーカー保証1年間

※2018年12月26日時点。構成は変更される場合があります

購入時のカスタマイズ画面で、メモリーやSSDの容量をアップグレードできます。オプションとして用意されているSSDはSATA接続のみで、超高速なPCIe接続のSSDは用意されていません。また光学ドライブは非搭載である点に注意してください。

本体の大きさやデザイン

GALLERIA GCF1070NFの本体デザインは、ブラックの落ち着いた雰囲気です。やや無骨なフォルムではあるものの、見た目は普通のノートPC。ゲーミングPCならではのギラギラとした派手さはありません。高い性能を活かして、動画編集などに利用するのもいいでしょう。

GALLERIA GCF1070NF  本体カラー

本体カラーはブラック

GALLERIA GCF1070NF  天板のデザイン

天板中央にはGALLERIAのロゴ

GALLERIA GCF1070NF  ボディの素材

天板には金属素材を使用。頑丈な上に質感が高い点がポイント

GALLERIA GCF1070NF  キーボード面

キーボード面も天板と同じ仕上がり。金属製のため、放熱効果が高そうです

GALLERIA GCF1070NF  タッチパッド

タッチパッド周辺にはダイヤモンドカット加工

GALLERIA GCF1070NF  ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル(枠)幅は太めですが、気になるほどではありません

GALLERIA GCF1070NF  底面部

底面部は樹脂製。本体内部を冷却するために、大きな通気口が設けられています

17.3インチの液晶ディスプレイが使われているため、本体サイズはかなり大きめです。重量も重いのですが、高性能なゲーミングノートPCであることを考えれば仕方がないでしょう。

GALLERIA GCF1070NF  本体サイズ

本体サイズ

GALLERIA GCF1070NF  大きさ

大きさはほぼA3サイズ(A4用紙2枚ぶん)

GALLERIA GCF1070NF  前面と背面

前面と背面

GALLERIA GCF1070NF  厚さ

高さは公称値で34mm。ゴム足を含めた設置時の高さは39mm程度です

GALLERIA GCF1070NF  ゴム足

底面部のゴム足には本体の保護と、接地面とのあいだにすき間を作ることで冷却効果を高める役割があります

GALLERIA GCF1070NF  重さ

重量は実測で2.934kg

GALLERIA GCF1070NF  電源アダプター

付属の電源アダプターは実測951g

画面の色と見やすさ

液晶ディスプレイのサイズは17.3インチです。一般的な15.6インチに比べて画面がひと回り大きいため、文字や画像などが見やすいメリットがあります。ゲームにおいては遠くの敵がより大きく表示されるため、対戦プレーを有利に進められるでしょう。

15.6型と17.3型の大きさ比較

15.6インチと17.3インチの大きさの違い

解像度は1920×1080ドットで、ゲーム向けとしては標準的なスペックです。リフレッシュレート(画面の書き換え速度)は120Hzで、標準的なディスプレイ(60Hz)の2倍。ゲーミングディスプレイを体験したことがない人にはイメージしづらいかもしれませんが、動きの滑らかさがまるで違います。120Hzを体験したあとに通常の60Hzの画面を見ると、まるでパラパラ漫画のような”間”を感じるでしょう。

GALLERIA GCF1070NF 液晶ディスプレイ

画面の大きさは17.3インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。120Hzの高リフレッシュレートに対応しています

映像はゲーム中には違和感を感じませんが、写真や動画を見るとやや青みが強く出ていることがわかります。またガンマ値が高く、明るいけれどもコントラストが低い不自然な色合いでした。ただしこれはゲーム向けに調整されているためで、暗いシーンでも敵やアイテムがわかりやすいメリットがあります。

GALLERIA GCF1070NF 映像品質

写真を映し出してみると、青みが強く出ていました

GALLERIA GCF1070NF ガンマカーブ

i1Display Proによる液晶ディスプレイのガンマカーブ。青い線が下方向に突出しているのは、青みが強いことを表わします

GALLERIA GCF1070NF 明るさ

ガンマ値が高いので物陰や暗い場所でも周囲をハッキリと見渡せます

キーボードの使いやすさ

キーボードはテンキーありの日本語配列で、LEDバックライトに対応しています。キーピッチは実測で18.5mmでした。Enterキー周辺の配列がかなり特殊で、ちょっと違和感があります。筆者としては個人的にDeleteキーとカーソルキーの「→」キーが使いづらく感じました。

GALLERIA GCF1070NF キーボード

GALLERIA GCF1070NFのキーボード

GALLERIA GCF1070NF 配列で気になる部分

キー配列で気になる部分。Windowsキーが左側ではなく右側にあるのも特殊です

タイプ感は良好です。キーボードは著名ゲーミングデバイスメーカーのSteelSeries製で、キーピッチは実測18.5mm、キーストロークは実測約2mmでした。押し込む力は弱めですが、押した瞬間に固めのクリック感があるので確かな手応えを感じられます。

GALLERIA GCF1070NF キーボード

キーボードはSteelSeries製

GALLERIA GCF1070NF バックライト

RGB LEDによるバックライトに対応。GALLERIA GCF1070NFで唯一、ゲーミングPCっぽい部分です

GALLERIA GCF1060GF バックライトの色

標準収録のユーティリティーでバックライトの色を変更できます

キーの同時押しについては、7~9キーまで確認しました。内部の配線によって、認識可能なキーの組み合わせが変わるものと思われます。Ctrl+Shift+スペース+W+D+Q+Eの同時押しで正しく認識されたので、普通のゲームプレーであれば問題ないはずです。

GALLERIA GCF1070NF タッチパッド

タッチパッドはボタン分離型。キーボード操作時に反応してしまうため、ゲーム中は無効化することをおすすめします

端子類の種類と使いやすさ

インターフェース(端子類)は十分な構成です。ただ端子類が左側に集中しているので、環境によってはケーブル類の取り回しが不便かもしれません。また光学ドライブには対応していない点に注意してください。

GALLERIA GCF1070NF 左側面

左側面のインターフェース

  • ① セキュリティースロット(盗難防止用)
  • ② 1000BASE-T対応有線LAN
  • ③ USB3.0
  • ④ HDMI
  • ⑤ mini DisplayPort
  • ⑥ USB3.0
  • ⑦ USB3.0(Type-C)
  • ⑧ ヘッドホン出力/マイク入力

GALLERIA GCF1070NF 右側面

右側面のインターフェース

  • ① USB2.0
  • ② SDカードスロット
  • ③ 電源コネクター

ベンチマーク結果

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8750H
メモリー 16GB
ストレージ 250GB SSD+1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1070(8GB)

ストレージ性能

250GBのSSDはSATA接続タイプです。シーケンシャルリードは標準的ですが、シーケンシャルライトが少し遅め。1TB HDDのアクセス速度は標準的でした。

GALLERIA GCF1070NF ストレージのアクセス速度(CrystalDiskMark)

250GB SSD(左)と1TB HDD(右)のアクセス速度

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度の違い

CPU性能

GALLERIA GCF1070NFで使われているCore i7-8750Hは、非常に高性能なCPUです。ノートPC向けでありながら、パフォーマンスはデスクトップPC並み。ゲームだけでなく、動画編集やRAW現像、高度なデータ処理などにも活用できます。

CPUベンチマークを試したところ、Core i7-8750Hの平均値を上回る結果が出ました。試用機の機嫌が良かったからかもしれませんが、本体が大きいので内部に熱がこもりにくく、そのぶんパフォーマンスが向上している可能性もあります。

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i7-8700 ※2
15300
GALLERIA GCF1070NF (Core i7-8750H)
14083
Core i7-8750H
13459
Core i5-8400 ※2
11228
Core i7-7700 ※2
10880
Core i5-8300H
10238
Core i7-7700HQ
9381
Core i7-8550U
9127

※そのほかのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

グラフィックス性能について

総合的な3D性能を計測する「3DMark」でも、GeForce GTX 1070の平均値を上回る結果が出ています。高いグラフィックス処理を要する重いゲームでも、快適に楽しめるでしょう。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GALLERIA GCF1070NF(GTX 1070)
14715
GTX 1070
13206
GTX 1060
10187
GTX 1050 Ti
6742
GTX 1050
5275

※そのほかのGPUのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

ゲームを快適に遊べるGPUの目安(フルHD時)

ゲームの重さ 画質 推奨GPU
重量級
FF15、Assassin’s Creed Origins、Ghost Recon Wildlands、黒い砂漠など
高画質 GTX 1080以上
標準画質 GTX 1070以上
低画質 GTX 1060以上
中量級
FF14、PUBG、Fortnite、OverWatch、AVAなど
高画質 GTX 1060以上
標準画質 GTX 1050 Ti以上
低画質 GTX 1050以上
軽量級
ドラクエ10、League of Legends、ガンダムオンライン、CSO、PSO2など
高画質 GTX 1050 Ti以上
標準画質 GTX 1050以上
低画質 GTX 1050以上

※ 当サイトの検証結果を元にした指針で、実際のゲームの動作を保証するものではありません

ゲーム系ベンチマーク結果

FF15ベンチ
FF15 (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 高品質 5174(やや快適)
標準品質 5157(やや快適)
軽量品質 5108(やや快適)
FF14ベンチ
FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 13766(非常に快適) ※95.444 FPS
高品質(ノートPC) 15388(非常に快適) ※111.282 FPS
標準品質(ノートPC) 16350(非常に快適) ※120.524 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 19420(すごく快適)
標準品質 19644(すごく快適)
低品質 20250(すごく快適)
Assassin's Creed Odyssey
アサシンクリード オデッセイ (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 50 FPS
79 FPS
86 FPS
Assassin's Creed Origins
アサシンクリード オリジンズ (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 66 FPS
80 FPS
超低 85 FPS
Far Cry5
Far Cry5 (DX11) ※中規模
1920×1080 (フルHD) 最高 77 FPS
87 FPS
93 FPS
SOTTR
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー(DX12) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 65 FPS
76 FPS
最低 106 FPS
ROTTR
ライズ オブ ザ トゥームレイダー(DX12) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高 102.24 FPS
121.87 FPS
最低 138.3 FPS

※平均60 FPS以上が理想

フォートナイトを実際にプレーしてFPS(描画速度の目安)を計測したところ、最高画質の「エピック」で101.9 FPSという結果でした。GeForce GTX 1070(8GB)なら、最高画質でも120Hzの高リフレッシュレートの液晶ディスプレイを活かせます。

GALLERIA GCF1070NF フォートナイトFPS計測結果

フォートナイトFPS計測結果(フルHD)

エピック(最高画質) 101.9 FPS
142.3 FPS
192.7 FPS
低(最低画質) 172.1 FPS

PUBGについても同様に、最高画質で100 FPSを上回りました。実際にプレーすると動きがとてもなめらかで、シビアな対戦プレーを有利に進められる気がします。

GALLERIA GCF1070NF PUBG FPS計測結果

PUBG FPS計測結果(フルHD)

ウルトラ(最高画質) 100.5 FPS
130.1 FPS
120.6 FPS
非常に低い(最低画質) 121.2 FPS

ゲーム中の駆動音(ファンの回転音や排気音)はかなり大きく、フォートナイトのプレー時で50dBA程度でした(待機時は36dBA程度)。ただしゲーミングヘッドセットを使っていれば、駆動音はほとんど気になりません。ゲーミングヘッドセットは敵の位置を音で把握するのに有利なので、少し高品質なものをおすすめします。

またゲーム中はWASDキーのあたりが、ちょっと熱く感じました。熱が気になるなら、キーボード上部にあるボタンを押して、空冷ファンを強制駆動するといいでしょう。そのぶん駆動音は大きくなりますがゲーミングヘッドセットをしていれば気になりませんし、なにより指先が熱く感じることもありません。

GALLERIA GCF1070NF 空冷ファン駆動ボタン

キーボード右上のボタン類。左のボタンを押すと空冷ファンが強く駆動し、キーボード面や本体内部の熱が下がります

なめらかで大きな画面は対戦で有利

ということで、今回はドスパラのGALLERIA GCF1070NFのレビューをお届けしました。

ベンチマークや検証という名目でいろいろゲームを試したのですが、17.3インチの大画面と120Hzの高リフレッシュレートは確実にゲームに有利です。本格的にゲームを楽しみたい人におすすめします。

たとえばフォートナイトでとても遠くの敵を狙うとき、15.6インチではゴマ粒ぐらいの大きさでも17.3インチなら米粒ぐらいに大きく表示されるので、そのぶん仕留めやすく感じます(ちょっと大げさかもしれませんが、あくまでも例えですので)。

また動きが滑らかだと眼が疲れにくく酔いにくい上に、ターゲットの移動先をより正確に予測できるような気がします。

17.3インチタイプは本体サイズが大きくて重いのですが、15.6インチよりもゲームをうまくプレーできるように感じました。また映像に迫力があり、よりゲームに集中できるでしょう。本気でゲームに取り組みたい人におすすめのモデルです。

GALLERIA GCF1070NF 感想まとめ

人気の対戦ゲームでは大きくて動きが滑らかな画面がとても有利!

GALLERIA GCF1070NF

GALLERIA GCF1070NF

税込22万8938円から

※価格や構成は変更される場合があります

それでもやっぱり本体は小さいほうがいいという人には、15.6インチタイプのGALLERIA GCF1060GFをおすすめします。こちらはGeForce GTX 1060(6GB)搭載で120Hzに対応した、少し安いモデルです。

GALLERIA GCF1060GF

GALLERIA GCF1060GF

税込18万0338円から

※価格や構成は変更される場合があります

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

\おすすめ記事/

マカフィーリブセーフ
 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました