ドスパラ Monarch-X ZK レビュー:Core i7-8700K搭載のハイエンドデスクトップPC

ドスパラ Monarch-X ZK レビュー

ドスパラのMonarch-X ZK(モナーク エックス ZK)はCPU性能と拡張性に優れたデスクトップPCです。第8世代のCore i7-8700Kを標準搭載することで、高いパフォーマンスを実現。本体は大型ではありますが、そのぶん拡張スロットやドライブベイが豊富で、将来的なパーツアップグレードにも十分対応できます。

スペック概要

【標準構成時の主なスペック】CPU:Core i7-8700K / メモリー:8GB / ストレージ :240GB SSD / グラフィックス:Intel UHD Graphics 630(CPU内蔵)

Monarch-X ZKの特徴

第8世代Core i7-8700K搭載

第8世代Core i7-8700K搭載

6コア12スレッドでオーバークロック対応のCore i7-8700Kを標準搭載。非常に高い性能で、動画編集などの高度な作業も快適に行なえます。

詳しく見る

高い拡張性

高い拡張性

インターフェースが豊富で拡張スロット、ドライブベイの数も多い点が魅力です。さらにPCIe Gen3 x4対応のM.2スロットの2基搭載しています。

詳しく見る

優れた冷却性能

優れた冷却性能

12cmの大型空冷ファンや高性能なCPUクーラーを搭載。メッシュパネルを使った高い冷却性能がポイントです。

詳しく見る

今回はメーカーからお借りした実機を使って、Monarch-X ZKの本体デザインや性能などをレビューします。

ドスパラ Monarch-X ZK

Monarch-X ZK

税込13万円台半ばから

ドスパラのデスクトップPCまとめ&各モデルの比較
ドスパラのスタンダードデスクトップPC各モデルの特徴や機能、価格などをまとめて紹介!

Monarch-X ZKのスペック

OS Windows 10 Home ※Proに変更可
CPU Core i7-8700K
メモリー 8GB(最大64GB) ※最大64GBまで変更可
ストレージ 240GB SSD ※カスタマイズ可、PCIe M.2やHDDの追加も可能
グラフィックス Intel UHD Graphics 630(CPU内蔵)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ ※カスタマイズ可
通信機能 1000BASE-T対応有線LAN ※無線LAN(Wi-Fi)の利用には別途子機が必要
インターフェース USB3.0×7(前面×2+背面×5)、USB3.0 Type-C×1(背面)、USB2.0×2(前面)、VGA(D-sub15ピン)、HDMI、DVI、有線LAN、PS/2×1、ヘッドホン出力/マイク入力、オーディオ端子類
拡張スロット PCI Express x16 ×1、PCI Express x4 ×1、PCI Express x1 ×3、PCI、SATA✕6(M.2排他)、M.2×2
ドライブベイ 5インチ×5、3.5インチ シャドウ×5
電源 650W(80PLUS BRONZE) ※カスタマイズ可、最大750W(80PLUS GOLD)
サイズ/重量 幅207×奥行き520.7×高さ450.2mm/約13.9kg

※2018年5月4日時点。構成や価格は変更される場合があります

付属のキーボードとマウス

付属のキーボードとマウス

パーツアップグレード対応

Monarch-X ZKは標準でメモリー容量が8GB、ストレージが240GB SSDですが、購入時の注文画面でパーツをアップグレードできます。基本パーツ以外にもCPUクーラーの種類やPCケースなど、非常に豊富なオプションが用意されているのが特徴です。

パーツのアップグレード

メモリーやストレージのほか、空冷ファンや光学ドライブなども変更可能

標準の構成でも十分パワフルですが、パーツをアップグレードすることでより快適に使えます。パーツの選び方がわからない人は、以下の内容を参考にしてください。

主なパーツの選び方

OS 基本的にはWindows 10 HomeでOK。Hyper-V(仮想マシン)などの高度な機能を使うならProを選択
CPUグリス 変更の必要なし。ものすごくこだわりたい人向け
電源 予算があるなら80PLUS GOLD/PLATINUMがおすすめ
メモリー 8GBでもOKだが、高性能CPUを活かした作業には16GB以上を推奨
ストレージ 標準搭載の240GBでは容量が少ないので、大容量HDDの追加がおすすめ。SSDをPCIe NVMeのM.2 SSDに変更すれば、より快適に使える
光学ドライブ ブルーレイを再生したりバックアップに使うなら変更する
ハードディスクの追加、パーティション よくわからないなら、そのままでも可
その他ケースやファンなど 好みに応じて変更する程度。オーバークロックを検討しているなら、高性能な静音ファンへの変更を

本体の外観と内部

ミドルタワー型の大型PC

Monarch-X ZKは、「ミドルタワー型」と呼ばれる大型サイズのデスクトップPCです。重量は約13.9kg(標準構成時)と重いので、大きめのデスクに設置するといいでしょう。スペースの関係でデスクの下に設置する場合は、ホコリ対策のために小さめの台の上などに置くことをおすすめします。

主なシリーズの特徴

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

設置イメージ

23.8インチディスプレイを使った設置イメージ

前面と背面

フロントパネル(左)とバックパネル(右)

前面

前面のインターフェース ※個体によって変わる場合があります

  • ① USB2.0
  • ② USB3.0
  • ③ ヘッドホン出力/マイク入力
  • ④ リセットボタン
  • ⑤ 電源ボタン

I/Oパネル

背面I/Oパネルのインターフェース ※個体によって変わる場合があります

  • ① USB3.0
  • ② PS/2端子
  • ③ DVI端子
  • ④ VGA(D-sub15ピン)
  • ⑤ HDMI端子
  • ⑥ USB3.0 Type-C
  • ⑦ USB3.0
  • ⑧ USB3.0
  • ⑨ 1000BASE-T対応有線LAN
  • ⑩ オーディオ端子類

光学ドライブ

上部には光学ドライブ。標準ではDVDスーパーマルチドライブ

左側面

左側面には大型の通気口

メッシュパネル

フロントにメッシュパネルを使うことで、高い冷却性能を実現しています

拡張スロットとドライブベイが多い

本体が大きいだけあって、内部にはかなり余裕があります。エアフロー(冷却のための空気の流れ)のとおりもよく、高い冷却効果を期待できるでしょう。またパーツのチェックや交換などのメンテナンス作業も楽に行なえます。

注目したいのは、拡張スロットとドライブベイが充実している点です。PCIe Gen3 x4対応のM.2スロットには超高速なSSDを利用できる上に、PCI Express x16スロットには大型のグラフィックボードをセットできます。ドライブベイは合計10個で、複数のストレージを利用するRAID構成にも問題なく対応可能です。

本体内部

左側面のサイドパネルを外した状態

CPUとメモリー周り

静音パックまんぞくコースによる大型のCPUクーラー。メモリースロットは4基

メモリー

試用機ではメモリーにHyperX FURY DDR4が使われていました ※個体によって異なる場合があります

空冷ファン

PCケースの背面と天面に大型の空冷ファンを設置

電源

標準構成時の電源はDELTA 650W 静音電源(80PLUS BRONZE)

拡張スロット

マザーボードはASRock Z370 Pro 4 ※個体によって異なる場合があります

拡張スロット構成

  • ①、⑦ M.2スロット(PCIe Gen3 x4対応)
  • ②、④、⑥ PCI Express x1
  • ③ PCI Express x16
  • ⑤ PCI Express x4
  • ⑧ PCI

ドライブベイ

5インチドライブベイ×5

シャドウベイ

3.5インチシャドウベイ×5

消費電力と駆動音、CPU温度について

今回の検証では、Monarch-X ZKを標準構成で使用しました。なお検証結果はパーツ構成や個体差、環境、タイミングなどによって大きく変わることがあります。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8700K
メモリー 8GB
ストレージ 240GB SSD
グラフィックス Intel HD Graphics 630(CPU内蔵)

消費電力について

Monarch-X ZKは6コア12スレッドの非常に高性能なCore i7-8700Kを搭載しているため、消費電力は高めです。低負荷時は前世代のCore i7-7700とあまり変わりませんが、高負荷時には消費電力が大きくなっています。そのぶんパフォーマンスも向上しているので、やむを得ないでしょう。

1分間の平均消費電力

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
Monarch-X ZK(Core i7-8700K) 27.6W 30W 127.8W 69.6W
Monarch GE(Core i7-7700) 27.6W 31.8W 105.6W 60.6W

※消費電力の計測方法はコチラ

作業中の駆動音について

駆動音(ファンの回転音や排気音など)は高負荷時でも低負荷時とあまり変わりません。ただし低負荷時でも音がハッキリと聞こえます。作業に差し支えるほどではないのですが、少しでも静かにしたい場合は、静音効果の高い空冷ファンや電力効率のいい電源を選ぶといいでしょう。

駆動音の計測結果

電源オフ 36.8dBA
待機中 50.8dBA 低い回転音がわずかに聞こえる
動画視聴 51.3dBA 同上
動画変換 52.2dBA 同上
3Dゲーム 51.4dBA 同上

※駆動音の計測方法はコチラ

CPU温度について

CPUの最大温度は100度で(動画変換時)、かなりの高音です。内部が高温になりすぎるとパーツの劣化が進むため、高い負荷の作業が中心なら冷却対策を考えたほうがいいかもしれません。

CPUの最高温度

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
50℃ 49℃ 100℃ 92℃

※本体温度の計測方法はコチラ

起動について

起動時間(電源ボタンを押してからデスクトップが表示されるまでの時間)は、平均で16.14秒でした。体感的にも起動は速く、使いたいときにすぐ使い始められます。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
18.5秒 15.8秒 15.6秒 15.6秒 15.2秒 16.14秒

Monarch GEのベンチマーク結果

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8700K
メモリー 8GB
ストレージ 240GB SSD
グラフィックス Intel HD Graphics 630(CPU内蔵)

ストレージ性能

標準搭載の240GB SSDはSATA接続で、SSDとしては標準的なアクセス速度です。

アクセス速度としては十分ですが、ガッツリ使い込むには容量がちょっと足りません。既存のPCからストレージを移動するか、大容量のHDDを追加するといいでしょう。SSDをM.2 NVMeに変更すれば、より快適に使えます。

CrystalDiskMark

240GB SSDのアクセス速度

ストレージ別アクセス速度の目安

ストレージ別アクセス速度の目安

CPU性能

Monarch-X ZKに搭載されているCore i7-8700Kは、非常に高性能なCPUです。前世代のCore i7-7700は4コア8スレッドでしたがCore i7-8700Kは6コア12スレッドで動作するということもあり、ベンチマークテストでは高いスコアが出ています。

CPUの性能比較

CPU CINEBENCH R15のCPUスコア
Core i7-8700K
1429
Monarch-X ZK(Core i7-8700K)
1422
Core i7-8700
1419
Core i7-7700
879

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値

PassMarkの評価

CPU性能はPC全体において上位1%以内の非常に優れたスコア

CPUの性能比較

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i7-8700K
16342
Monarch-X ZK(Core i7-8700K)
16091
Core i7-8700
16091
Core i7-7700
10909

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値

動画変換にかかる時間も、前世代のCPUから大きく短縮しています。コア数が増えているため、マルチコアで動作する高度な処理にはCore i7-8700Kのほうが有利です。

動画変換にかかった時間

Core i7-8700K Core i7-7700
X264 5分53秒 7分55秒
QSV(CPU内蔵機能を使った動画変換) 4分44秒 5分21秒

※5分間の4K映像(XAVC-S、3.51GB)をYouTube向けの1080p(1920✕1080ドット)映像に変換するのにかかった時間

3D性能

グラフィックス機能としてはCPU内蔵のIntel UHD Graphics 630を使います。人気ゲームをストレスなく楽しむにはパワー不足ですが、負荷の軽いゲームであれば解像度や画質を調整することで問題なくプレー可能です。ゲームをプレーしないのであれば、特に気にする必要はありません。

3DMark

「3DMark」の「Fire Strike」ベンチマーク結果と、ほかのGPUとの性能差 ※当サイト計測の平均値

ゲーム系ベンチマーク結果(1920×1080ドット)

FF14ベンチ FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中規模クラスの目安
最高品質 高品質 標準品質
1326(設定変更が必要)※8.263 FPS 1452(設定変更が必要)※9.142 FPS 2918(やや快適)※19.431 FPS
ドラゴンクエストX ドラゴンクエストX ※軽めのゲームの目安
最高品質 標準品質 低品質
6471(快適) 8427(とても快適) 10348(すごく快適)

※FF14ベンチが標準品質で「やや快適」という評価ですが、実際には画面がかなりカクつきます

パーツ追加であらゆる用途に使える

Monarch-X ZKはCPU性能が非常に高く、動画編集やデータ量の多い事務処理、高度な科学技術計算などに向いています。もちろん、日常作業を快適に行ないたい人にもおすすめ。CPU性能に妥協したくない人のためのモデルです。

ただしバリバリ使うには、メモリーとストレージの容量がやや控えめ。ジックリ使うならメモリー容量は16GB以上にした上で、大容量のHDDを追加するといいでしょう。もしくはいま使っているPCのパーツを追加するのもアリです。

またdGPU(専用グラフィックス機能)非搭載のMonarch-X ZKは本来ゲーム向けのモデルではありませんが、グラフィックボードを追加することでゲーミングPCとしても利用できます。

Monarch-X ZKまとめ

動画編集や高度な作業におすすめ。グラフィックボードを追加してゲーミングPCとして使うのもアリ

Monarch-X ZKのまとめ

  • 高性能CPUを搭載
  • 高い拡張性
  • 柔軟なパーツカスタマイズ

ドスパラ Monarch-X ZK

Monarch-X ZK

税込13万円台半ばから

※記事中の価格や構成は、記事執筆時のものです。予告なく変更される場合もございますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!