ドスパラTHIRDWAVE DX-T5レビュー:Core i5+16GBメモリーで8万円台の高コスパな15.6インチノートPC

ドスパラTHIRDWAVE DX-T5

ドスパラが販売する「THIRDWAVE DX-T5」は、15.6インチディスプレイを搭載するスタンダードタイプのノートPCです。第11世代のCore i5-1135G7と16GBメモリー搭載で、価格が8万円台前半と安い点が魅力。Core i5でも性能は十分で、コスパではCore i7搭載PCを上回ります。

THIRDWAVE DX-T5

THIRDWAVE DX-T5

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

※2021年11月7日時点、価格は税込み&送料込み

THIRDWAVE DX-T5のスペック

OS ・Windows 10 Home
・Windows 11 Home
ディスプレイ 15.6インチ 1920×1080 非光沢
CPU Core i5-1135G7
メモリー 16GB ※DDR4-3200、スロット×2
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス Iris Xe
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1、1000BASE-T 対応有線LAN
インターフェース USB3.2 Gen2×2、USB3.2 Gen2 Type-C×1、HDMI、有線LAN、microSDカードスロット、マイク入力/ヘッドフォン出力共用端子
サイズ / 重量 幅362.2×奥行き247.1×高さ19.5mm / 約1.6kg
バッテリー 8.7時間駆動

※2021年11月7日時点。構成は変更される場合があります

本体デザイン

THIRDWAVE DX-T5 外観

THIRDWAVE DX-T5の外観はとてもシンプルです。ボディは樹脂(プラスチック)製ですが、安っぽさは感じられません。ロゴや装飾などは一切なく、ある意味で潔いデザインです。スタンダードなデザインなので、場所を選ばずに利用できるでしょう。

THIRDWAVE DX-T5 外観

天板は明るめのシルバー

THIRDWAVE DX-T5 天板

ツヤ消しでサラサラとした手触り。指紋の跡はまったく目立ちません

THIRDWAVE DX-T5 パームレスト

キーボード面もシルバーですが、キーはブラック

THIRDWAVE DX-T5 ベゼル

ベゼルは下部がやや太いものの、野暮ったさは感じられません

THIRDWAVE DX-T5 薄さ

15.6インチとしては薄く、細身のフォルムです

THIRDWAVE DX-T5 排気口

排気口からの温風がディスプレイに直接当たります

THIRDWAVE DX-T5 底面

底面部は樹脂製のブラック

THIRDWAVE DX-T5 インターフェース

インターフェースは必要十分な構成

THIRDWAVE DX-T5 スピーカー

スピーカーは底面配置。音の出る部分が接地面でふさがれているので、音はややこもり気味で音量は弱めでした。音の厚みも感じられませんが、ビデオ通話には問題ない品質です

THIRDWAVE DX-T5 電源アダプター

付属の電源アダプターは65Wの丸口タイプ。重さは317g

サイズと重量

THIRDWAVE DX-T5 サイズ

画面の大きい15.6インチタイプは通常そこそこの大きさがありますが、THIRDWAVE DX-T5は比較的コンパクトです。厚さは特別薄いわけではないものの、重量は軽量な部類に入ります。扱いやすい大きさと重さです。

THIRDWAVE DX-T5 サイズ

設置面積は幅(横方向)362.2mm×奥行き(縦方向)247.1mm

THIRDWAVE DX-T5 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。B4サイズよりもひと回り小さい程度です

THIRDWAVE DX-T5 背面

本体背面。厚さは実測で19.9mm、ゴム足を含めた設置時の高さは22.6mm

THIRDWAVE DX-T5 前面

前面からの見た目はスリム

THIRDWAVE DX-T5 重さ

重さは実測で1.6kg。15.6インチタイプとしては軽量です

ディスプレイについて

THIRDWAVE DX-T5 ディスプレイ

ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ノートPCではもっともスタンダードなタイプです。表面は光沢なしのノングレア仕上げ。眼精疲労や集中力低下の原因と言われる”映り込み”が抑えられています。長時間の作業に適したディスプレイです。

THIRDWAVE DX-T5 デスクトップ

デスクトップの文字の大きさは2~2.6mm(スケーリング125%)

パッと見た感じでは、映像に違和感はありません。しかしスマホやタブレットと比べると青みがやや強く出ており、やや暗めに感じました。文字中心の作業には問題ありませんが、色味を重視する作業には色域の広いクリエイター向けの外付けディスプレイを使うといいでしょう。

THIRDWAVE DX-T5 映像品質

映像は青みがやや強く出ています

raytrek R7 映像品質

sRGBカバー率100%の▶raytrek R7の映像

THIRDWAVE DX-T5 映像品質

色は若干寒色系です

THIRDWAVE DX-T5 明るさ

画面はやや暗く感じるものの、文字中心の作業には問題ありません

キーボードについて

THIRDWAVE DX-T5 キーボード

キーボードは日本語配列で、バックライト非対応です。数値入力に便利なテンキーが付いていますが、一般的な4列構成ではなく3列構成である点に注意してください。各キーの並びは標準的ですが、Enterキー左側でいくつかのキーが小さく作られています。

THIRDWAVE DX-T5 配列

ややクセのある3列テンキー。Enterキー周辺の記号キーも小さめです

キーピッチは実測18.7mmで、標準値とされる19mmよりも狭く作られています。実際に入力すると確かに少し窮屈に感じますが、慣れれば普通に使えるでしょう。キーストロークはやや浅めの1.34mm。キーを押した瞬間のクリック感はやや固いものの、押下圧が低いのでタイプ感は軽めです。キーの端を押すとブレるような感覚がありますが、全体的には標準的なタイプ感だと思います。

THIRDWAVE DX-T5 タイプ感

キーストロークはやや浅く、タイプ感は軽めです

タイプ音は、軽い力で入力してもカタカタと聞こえます。うるさくはありませんが、静かな場所では気になるかもしれません。指を打ち下ろすように入力するとタンタンと音が響くので、軽めのタッチ推奨です。

THIRDWAVE DX-T5 タイプ音

タイプ音は比較的静かですが、静かな場所では周囲に聞こえるかもしれません

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i5-1135G7
メモリー 16GB
ストレージ 256GB NVMe SSD
グラフィックス Iris Xe Graphics(CPU内蔵)

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、インテル第11世代Core i5-1135G7が使われています。標準TDPが28Wで薄型ノートPC向きの、いわゆる「Tiger Lake UP3」シリーズ。2021年時点では、もっともよく使われるシリーズです。

CPU性能を計測するベンチマークテストを試したところ、Core i5-1135G7搭載の試用機では非常に優秀な結果でした。上位のCore i7-1165G7の平均値を上回る高いスコアが出ています。CPU性能については十分と言っていいでしょう。

CPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark 10 CPU Markスコア
Ryzen 7 5800U
19202
Ryzen 7 5700U
18089
Core i7-1185G7
13135
Ryzen 5 5500U
12362
THIRDWAVE DX-T5(Core i5-1135G7)
12077
Core i7-1165G7
11723
Core i5-1135G7
11249
Ryzen 3 5300U
9527
Core i3-1115G4
6750
Athlon Silver 3050U
3351
Celeron 6305
2302
Celeron N4500
2284

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のIris Xe Graphicsが使われます。3Dベンチマークテストの結果は、内蔵タイプとしては非常に優秀でした。DDR4メモリーだとスコアが伸びないことが多いのですが、THIRDWAVE DX-T5ではLPDDR4xメモリーに迫る結果が出ています。もしかすると、16GBメモリーを搭載してる点が影響しているのかもしれません。

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
MX450
1996
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
MX350
1382
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
THIRDWAVE DX-T5(Iris Xe,Core i5,16GB DDR4)
1273
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
Iris Plus
812
Radeon (Ryzen 5)
784
Radeon (Ryzen 3)
619
UHD
407

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能差(DirectX 11)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
MX450
4900
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
4734
THIRDWAVE DX-T5(Iris Xe,Core i5,16GB DDR4)
4177
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
4059
MX350
3931
Iris Xe(Core i7+DDR4)
3420
Radeon (Ryzen 7)
3384
Iris Plus
2880
Radeon (Ryzen 5)
2652
Iris Xe(Core i5+DDR4)
2474
Radeon (Ryzen 3)
2324
UHD
1335

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。テスト結果の比較用に同シリーズの上位機種▶THIRDWAVE DX-T7(Core i7-1165G7+16GBメモリー)と、クリエイター向けノートPCの▶raytrek R5-CA(Core i7-10875H+16GBメモリー+RTX 3060)の結果もまとめました。

ベンチマーク結果は、なかなか優秀です。快適に使える目安の目標値を大きく上回り、一般的な作業であれば問題なく行なえます。Core i7-1165G7を搭載した同型のTHIRDWAVE DX-T7とは、スコアは数パーセント程度しか変わりません。重い処理でなければ、Core i5-1135G7搭載のTHIRDWAVE DX-T5のほうが高コスパです。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
DX-T59487
DX-T79784
raytrek9418
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
DX-T56318
DX-T76630
raytrek7927
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
DX-T54737
DX-T74840
raytrek8486

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

起動時間

ウィンドウズの起動時間(バッテリー駆動時)は平均13.76秒でした。最近のSSD搭載ノートPCの平均は15秒前後ですので、起動はやや高速です。待たされている感はほとんどありません。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 14.0秒
2回目 13.9秒
3回目 13.5秒
4回目 14.2秒
5回目 13.2秒
平均 13.76秒

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は公称値で、約8.7時間とされています。しかし公称値は実際の利用を想定した測定結果ではないため、実際の利用では駆動時間が短くなりがちです。

そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、公称値よりも長い9時間32分で休止状態へ移行しました。最大パフォーマンスであることやそもそも持ち歩き用でないことを考えれば、十分な結果と言えるでしょう。電源プランや画面の輝度を変更すれば、駆動時間はさらに延びる可能性があります。

バッテリー駆動時間の計測結果

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 8.7時間
Modern Office (ビジネス作業) 9時間32分
50%充電までにかかった時間 52分
フル充電までにかかった時間 2時間34分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

ゲーム性能

ゲーム系ベンチマークテストを試したところ、ごく軽いドラクエ10ベンチではフルHDの最高画質でも快適に楽しめるとの評価でした。軽めのゲームであれば、解像度や画質の調整で問題なくプレーできるはずです。ただし少し重めのゲームでは、画質や解像度を下げないと厳しいかもしれません。基本的にはごく軽いゲームを息抜き程度でと考えたほうが無難です。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 1459 / 動作困難
標準品質 ※未計測
軽量品質 2468 / 重い

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 3282 / 22.5 FPS
高品質 4393 / 30.2 FPS
標準品質 5486 / 38.2 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 10921 / とても快適
標準品質 12860 / すごく快適
低品質 14265 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

十分な性能の高コスパモデル

THIRDWAVE DX-T5 感想
16GBメモリー搭載で価格が8万1280円(送料込み)と安い点が魅力です。CPUは中位ランクのCore i5-1135G7ですが、ベンチマークテストでは上位のCore i7-1165G7に迫る結果が出ていました。価格と性能のバランスでは、非常に優秀な機種です。

PCの作りとしては標準的です。ディスプレイの青みとキーボード右側の配列がやや気になりますが、慣れれば問題ない範囲でしょう。16GBメモリー搭載で安いことを考えれば、納得できるレベルです。

注文から翌日で発送と、納期が比較的早い点もポイント。最近はPCが品不足で、到着まで1~3ヵ月以上かかることも珍しくありません。スグ手に入る高コスパなモデルとしておすすめします。

※2021年11月7日時点、価格は税込み&送料込み

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ドスパラ関連記事
ノートPCのレビュー一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!