dynabook DZ83/J レビュー:2種類のキーボードが付属する異色の2-in-1タブレット

dynabook DZ/J レビュー

人気モデルが最大5000円引き!

dynabookシリーズの15.6インチ/13.3インチモデルが最大5000円引きで買える、当サイト向けの限定ページが公開中です。さらにいまなら純正ワイヤレスマウスもプレンゼント! 詳しくは以下のリンクから、キャンペーン情報をご確認ください。
dynabookが最大5000円オフで買える特別キャンペーン実施中

Dynabook株式会社(旧東芝クライアントソリューション)のdynabook DZ83/Jは、付属のキーボードを接続することでノートPCとしても使える2-in-1タイプのタブレットPCです。画面の大きさは13.3インチで、一般的なタブレットPCよりも大きくて見やすい点が魅力。またモデルによってはキーボードが2種類付属します。

dynabook DZ/J スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i3/i5/i7、メモリー:4/8/16GB 、ストレージ:128GB~1TB SSD、ディスプレイ:13.3インチ フルHD

dynabook DZ83/Jの注目ポイント

使いやすい13.3インチタブレット

dynabook DZ/J 特徴 使いやすい13.3インチタブレット

タブレットPCとしてはちょっと大きな13.3インチサイズ。10~12インチタイプに比べて文字やアイコンが大きく表示されるので、扱いやすい点が魅力です。

2種類のキーボードに対応

dynabook DZ/J 特徴 2種類のキーボードに対応

カバーとしても使える薄型キーボードが標準付属。さらにノートPCとして使えるキーボードドック付きのモデルも用意されています。

dynabook DZ83/Jの評価

dynabook DZ/Jの評価

総合評価: 3.8/5.0

(評者:こまめブログ)

デザイン マグネシウム製のボディは頑丈で質感が高い。薄型キーボード装着時はスリム
性能 ストレージ性能は高いが、CPUベンチマークはふるわず。熱対策の影響か?
使いやすさ キーボードドックを使えば端子類は多い。キーの使用感はまずまず
軽さ キーボード装着時の重量は1.2kg未満。標準的だが2-in-1としては健闘している
画面 半光沢フィルムを使うことで見やすさと鮮やかさを両立。タブレットとしては見やすい

今回はdynabook DZ83/Jの実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

dynabook DZ/J

dynabook DZ83/J

税込11万7504円~

※会員登録後の価格

※2019年1月11日時点。現在の価格は公式サイトの販売ページでご確認ください

dynabook DZ83/Jのスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU 第8世代 Core i3-8130U / Core i5-8250U / Core i7-8550U
メモリー 4 / 8 / 16GB
ストレージ 128GB~1TB SSD ※1TB SSDのみPCIe接続
グラフィックス Intel UHD Graphics 620(CPU内蔵)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3インチ、1920×1080ドット、非光沢、ペン/タッチ対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2、1000BASE-T対応有線LAN(キーボードドック接続時)
インターフェース タブレット本体:USB3.1 Gen2(Type-C)×1、ヘッドホン出力
キーボードドック接続時:USB3.0×2、HDMI、VGA(D-sub15ピン)、有線LAN
セキュリティー TPM 2.0、指紋センサー、セキュリティースロット、ウイルスバスタークラウド 90日版
カメラ フロント:200万画素/リア:500万画素
サイズ/重量 タブレット本体:幅316×奥行き207×高さ9.1mm/約799g
薄型・軽量キーボード接続時:幅316×奥行き212.5×高さ15.1mm/約1.179kg
キーボードドック接続時:幅316×奥行き217×高さ22.1mm/約1.229kg
バッテリー駆動時間 約10時間
オフィス ※付属モデルあり
サポート メーカー保証1年間

※2019年1月11日時点。構成は変更される場合があります

dynabook DZ83/Jの2種類のタイプ

dynabook DZ83/Jには、「軽量・薄型重視タイプ」と「インターフェース重視タイプ」の2種類が用意されています。それぞれの違いは、付属のキーボードが異なる点。軽量・薄型重視タイプには「軽量・薄型キーボード」が付属し、インターフェース重視タイプでは「軽量・薄型キーボード」と「キーボードドック」のふたつが付属します。

dynabook DZ83/J 付属キーボード

タイプによって付属するキーボードが異なります

軽量・薄型キーボードは、快適に持ち運ぶことを前提としたカバー付きのキーボードです。基本的にはすべてのモデルに付属します。

dynabook DZ83/J 軽量・薄型キーボード

軽量・薄型キーボード

dynabook DZ83/J 軽量薄型キーボードの端子類

軽量・薄型キーボードには端子類は用意されていません ※写真は本体装着時

dynabook DZ83/J 軽量・薄型キーボードの使用例

軽量・薄型キーボードを装着した状態。そのままでは自立しないので、タブレット側背面のキックスタンドを使用します

キーボードドックは普通のノートPCのように使うためのキーボードです。端子類が充実しているのが特徴。購入時に「インターフェース重視タイプ」を選ぶと付属します。

dynabook DZ83/J キーボードドック

こちらはキーボードドック。キー配列は軽量・薄型キーボードと同じ

dynabook DZ83/J キーボードドック

キーボードドックにはUSB端子×3、VGA(D-sub15ピン)、有線LANなどが搭載されています ※写真は本体装着時

dynabook DZ83/J キーボードドック

キーボードドックを装着した状態。ノートPCのように利用できます

Core i3モデルとCore i7モデルでは、インターフェース重視タイプ(キーボード2つ)のみ販売されています。基本的に軽量・薄型重視タイプを選べるのは、Core i5モデルだけです。またCPUの種類よって、選択できるメモリー容量やストレージ容量が異なります。

構成例

Core i3構成 ※インターフェース重視
Core i3 4GBメモリー 128GB SSD 税込11万7504円
Core i5構成 ※軽量・薄型重視
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 税込12万9384円
Core i5構成 ※インターフェース重視
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 税込14万5584円
Core i7構成 ※インターフェース重視
Core i7 8GBメモリー 256GB SSD 税込15万6384円
Core i7最強構成 ※インターフェース重視
Core i7 16GBメモリー 1TB SSD 税込20万6064円

※2019年1月14日時点

本体の大きさやデザイン

dynabook DZ83/Jの本体カラーはオニクスブルーのみ。一見するとブラックのように見えますが、光が当たるとやや青っぽく見えます。ボディには軽くて頑丈なマグネシウムが使われており、質感は上々。落ち着いた雰囲気のモデルです。

dynabook DZ83/J 本体カラー

本体カラーはオニキスブルーですが、一見するとブラックのようです

dynabook DZ83/J 本体カラー

光が当たると、少し青っぽく見えます ※写真はキーボードドック接続時

dynabook DZ83/J キックスタンド

背面のキックスタンドを使えば、本体のみで自立可能

dynabook DZ83/J 本体サイズ

本体サイズ

dynabook DZ83/J 大きさ

A4用紙よりも横幅が少し長い程度の大きさ

dynabook DZ83/J 薄さ

天面(上)と底面(下)。高さは9.1mmで特別薄いわけではありませんが、接地面積が大きいのでかなりスリムに見えます

dynabook DZ83/J 重さ

タブレットのみの重さは公称値で799g、実測では771gでした

dynabook DZ83/J 電源アダプター

付属の電源アダプター。重さは実測239g

dynabook DZ83/J ペン入力

タッチ操作やペン入力に対応。ペンは標準で付属しています

キーボードの使いやすさ

前述のとおり、dynabook DZ83/Jには2種類のキーボードが用意されています。キー配列はどちらもまったく同じですが、軽量・薄型キーボードのほうで若干のたわみを感じました。

dynabook DZ83/J 軽量・薄型キーボード

軽量・薄型キーボード

軽量・薄型キーボード キー配列

Enterキー周辺のキーがやや小さめです

dynabook DZ83/J 軽量・薄型キーボード

軽量・薄型キーボードは、本体カバーとしても利用できます

dynabook DZ83/J 厚さ

閉じた状態の厚みは実測で約10mm

dynabook DZ83/J 軽量・薄型キーボードの使用例

一部を本体側にくっつけることで、キーボードを傾斜させて利用可能です。ただしこの場合だとタイプ音がやや大きく、入力時にたわみを感じます

dynabook DZ83/J キーボード面

キーボード面の仕上がりは本体背面と同じ

dynabook DZ83/J 重さ

軽量薄型キーボード装着時の重さは実測で1.143kg

dynabook DZ83/J キーボードドック

こちらはインターフェース重視タイプに付属するキーボードドック。キーの配列やサイズは軽量・薄型キーボードとほぼ同じです

dynabook DZ83/J 閉じた状態

キーボードを閉じることで、普通のノートPCのように持ち運べます。設置時の高さは実測で26mmでした

dynabook DZ83/J キーボードドック

キーボードドック側に重心がかたよっているので、背面のキックスタンド使わなくても自立可能です

dynabook DZ83/J 設置

ただし角度によってはキーボードが少し浮いてしまいます

dynabook DZ83/J 設置時の傾き

キックスタンドを使えばある程度まで開けますが、開きすぎるとやはりキーボード側が浮いてしまいました

dynabook DZ83/J キーボード面

キーボード面は本体背面と同じ仕上がり。タッチパッド下部にシルバーの部品が使われている点が軽量薄型キーボードと異なります

dynabook DZ83/J タブレットの取り外し

キーボード上部のスライドスイッチを操作することで、キーボードドックから液晶ディスプレイを取り外し可能

dynabook DZ83/J 軽さ

キーボードドック装着時の重さは実測1.192kg

画面の色と見やすさ

液晶ディスプレイの大きさは13.3インチで解像度は1920×1080ドットです。ハイエンド向けのモバイルノートPCとしては標準的なスペックですが、タブレットとしては画面はやや大きめ。そのぶん文字やボタンが大きく表示される上に、動画の迫力も増すのが魅力です。

dynabook DZ83/J 液晶ディスプレイ

タブレットとしては大きめの13.3インチで、解像度は1920×1080ドット

映像は自然な色合いで鮮やかですが、画面がやや暗く感じました。と言っても、作業には十分な明るさです。

dynabook DZ83/J 映像品質

写真は自然な色合いで映し出されます

dynabook DZ83/J ガンマカーブ

i1DisplayProによるガンマカーブ。やや偏りはあるものの、総合的には色のバランスは良好です

液晶ディスプレイの表面には保護フィルムが貼られており、その影響で光沢が抑えられています。と言っても映り込みを完全に抑えるほどではなく、光沢と非光沢の中間くらい(半光沢)でした。

dynabook DZ83/J 半光沢

画面には半光沢フィルムが貼られています

端子類の種類と使いやすさ

タブレット側のインターフェース(端子類)は多くありません。とは言え、タブレットとして利用するなら十分です。

dynabook DZ83/J 左側面

タブレット左側面のインターフェース

  • ① 電源ボタン
  • ② 音量調節ボタン

dynabook DZ83/J 右側面

タブレット右側面のインターフェース

  • ① USB Type-C
  • ② ヘッドホン出力

dynabook DZ83/J 底面部

タブレット底面部のインターフェース

  • ① USB Type-C

軽量・薄型キーボードには、インターフェース類は用意されていません。

dynabook DZ83/J 軽量薄型キーボード

軽量薄型キーボードには端子類がありません

キーボードドックにはUSB端子×3、有線LAN、VGA(D-sub15ピン)、HDMIなど、多くの端子が用意されています。

dynabook DZ83/J キーボードドック

キーボードドック左側面のインターフェース

  • ① セキュリティスロット ※盗難防止用
  • ② セキュリティロックスイッチ ※タブレット固定用
  • ③ VGA(D-sub15ピン)
  • ④ HDMI

dynabook DZ83/J キーボードドック右側面

キーボードドック右側面のインターフェース

  • ① USB3.0
  • ② 1000BASE-T対応有線LAN
  • ③ USB Type-C

ベンチマーク結果

今回のテストでは、Core i7搭載モデルを使いました。主なスペックは以下のとおりです。なおベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります。あらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8550U
メモリー 16GB
ストレージ 1TB SSD(PCIe)
グラフィックス Intel UHD Graphics 620(CPU内蔵)

ストレージ性能

試用機で使われていた1TB SSDはPCIe Gen3 x4接続タイプで、アクセス速度は非常に高速です。ただそ512GB以下のSSDについてはSATA接続ですので、アクセス速度はこの結果よりも落ちると思われます。

dynabook DZ83/J ストレージのアクセス速度(CrystalDiskMark)

1TB SSDのアクセス速度(CrystalDiskMark)

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度の違い

ウィンドウズの起動時間は、平均で11.68秒でした。SATA接続SSD搭載機の平均(16~17秒)よりも速く、ウィンドウズを快適に利用できるでしょう。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
12.5秒 11.7秒 11.5秒 11.4秒 11.3秒 11.68秒

CPU性能

CPU性能を計測するベンチマークテストでは、同じCore i7-8550Uの平均値を21%下回る結果となりました。おそらくこれは本体(タブレット)内部の熱を抑えるためでしょう。あえてパフォーマンスを落とすことで、内部が熱くなりすぎるのを防いでいると思われます。

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i7-8550U
9075
Core i5-8250U
8437
dynabook DZ83/J(Core i7-8550U)
7198
Core i7-7500U
5564

※そのほかのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

最新CPUとしては性能は低めですが、2年前に使われていたCore i7-7500Uよりは高性能です。動画編集や高度な画像編集にはあまり向いていませんが、ネットや文書作成など一般的な作業であれば快適にこなせるでしょう。

グラフィックス性能について

3D性能についても、かなり低めの結果となりました。標準的なCore i7-8550Uであれば軽めの3Dゲームならなんとか動きますが、dynabook DZ83/Jでは厳しそうです。もっとも、ゲームをプレーしないのであれば気にする必要はありません。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
UHD 620(Core i7-8550U)
1203
dynabook DZ83/J(Core i7-8550U)
870

※そのほかのGPUのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

ビジネスシーン向けの2-in-1タブレット

ということで、今回はdynabook DZ83/Jのレビューをお届けしました。

キーボードが2種類付属する点は非常にユニークですが、それで使いやすさが向上しているわけではない点が非常に残念です。特にキーボードドックは設置時にバランスに気をつけないとグラつくことがあり、少し違和感を感じます。軽量薄型キーボードだけのほうはグラつきがないので、余計にストレスを感じてしまうことがありました。

またCPU性能も思ったより高くなく、重い処理をガッツリこなすには不向きです。普通の作業には問題ないのですが、クラムシェル型ノートPCとして使えるぶん、ほかのモデルに比べてパワー不足感が否めません。

ただし端子類が充実している点は高く評価できます。13.3インチタイプで有線LANとVGA(D-sub15ピン)に対応するモデルは少なく、特にビジネスシーンでは活躍するでしょう。またタブレットPCは11~12インチタイプが中心で、13.3インチタイプはあまりありません。画面が大きくて見やすいので、タッチ操作を使ったプレゼンなどでの活用も考えられます。その意味で、dynabook DZ83/Jはビジネス向けの2-in-1タブレットだと言えます。

dynabook DZ83/J まとめ

プライベートよりもビジネスシーンでの利用に向いています

dynabook DZ/J

dynabook DZ83/J

税込11万7504円~

※会員登録後の価格

※2019年1月11日時点。現在の価格は公式サイトの販売ページでご確認ください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

\おすすめ記事/

マカフィーリブセーフ
 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました