HP ENVY Desktop TE01 レビュー:RTX Studio認証でクリエイター向きな高性能デスクトップPC

HP ENVY Desktop TE01 レビュー

日本HPのHP ENVY Desktop TE01は、ミニタワー型のデスクトップPCです。スタイリッシュな外観で本体サイズが小さいにも関わらず、パフォーマンスは非常に優秀。ビジネスからプライベートまで、幅広く活用できます。
HP ENVY Desktop TE01

ポイント

  • コンパクトな本体
  • 高性能GPUに対応
  • RTX Studio認証

HP ENVY Desktop TE01のスペック

CPU ・Core i5-9400
・Core i7-9700
メモリー ・16GB
・32GB
SSD ・256GB
・512GB
HDD 2TB
グラフィックス ・GTX 1650
・GTX 1660 SUPER
・RTX 2060 SUPER
チップセット H370
電源 ・310W (GTX 1650)
・400W (GTX 1660 SPUER)
・500W (RTX 2060 SUPER)

※2020年2月28日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター ※独自仕様
SATAポート 3
M.2スロット 2 (Wi-Fi用×1 + ストレージ用×1)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ドライブベイ 3.5インチ×2
拡張スロット PCI Express x16×1
PCI Express x1×1
有線LAN 1000Mbps
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USB3.1 4 (Gen2×2、Gen1×2、前面)
USB3.0
USB2.0 4 (背面)
USB Type-C 1 (USB3.1 Gen1)
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort ・なし (GTX 1650)
・1 (GTX 1650以外)
DVI
シリアルポート
PS/2
サイズ 幅155mm
奥行き316mm
高さ339mm
重量 ・5.7~6.3kg
付属品 ワイヤレスマウス、ワイヤレスキーボード、電源ケーブルなど
オフィス ※オプションで追加可能

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

特別クーポンで値引き!

税別12万円以上のPCを購入する際は7%オフのクーポンを使うと、セール商品をさらにお得に購入できます。クーポン入手後はこのページに戻り、購入したいモデルを選んでください。
税別10万円以上で5%オフクーポンicon
税別12万円以上で7%オフクーポン

HP ENVY Desktop TE01

HP ENVY Desktop TE01

税込9万6580円~

※2020年2月28日時点

関連記事

👉デスクトップPCのレビュー一覧

本体の外観

HP ENVY Desktop TE01はデスクトップPCの分類的にはミニタワー型ですが、一般的なミニタワー型に比べてかなりコンパクトです。また静音性が高く、デスクに置いても駆動音 (通気口からの排気音やファンの回転音)が気になりません。周辺機器接続用のインターフェース類も充実しています。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

HP ENVY Desktop TE01 外観

HP ENVY Desktop TE01の外観。カラーはナイトフォールブラック。ミニタワー型としてはコンパクトです

HP ENVY Desktop TE01 設置イメージ

設置イメージ。ディスプレイは24.5インチ

HP ENVY Desktop TE01 キーボード マウス

付属のワイヤレスキーボード / マウス。USB端子にレシーバーを挿して利用します

HP ENVY Desktop TE01 前面と背面

前面 (左)と背面 (右)。幅は15.5cmで、一般的なミニタワー型PCよりも2~3cm短め

HP ENVY Desktop TE01 側面

左側面 (左)と右側面 (右)。奥行きは31.cmで高さは33.9cm

HP ENVY Desktop TE01 前面

前面のインターフェース

  • ① 電源ボタン
  • ② ヘッドセット端子
  • ③ USB3.1 Gen1
  • ④ USB3.1 Gen2
  • ⑤ SDカードスロット
  • ⑥ USB3.1 Gen1 Type-C

HP ENVY Desktop TE01 光学ドライブ

前面にはDVDの再生と書き込みが可能な光学ドライブ

HP ENVY Desktop TE01 背面

背面I/Oパネルのインターフェース

  • ① オーディオ端子
  • ② USB2.0
  • ③ 有線LAN
  • ④ HDMI
  • ⑤ DisplayPort ※GTX1660/RTX2060
  • ⑥ DVI

分解方法とパーツ交換について

HP ENVY Desktop TE01は本体がコンパクトなぶん、拡張性はあまり高くありません。拡張スロットやドライブベイは一般的なミニタワー型よりも少なく、またパーツの交換やメンテナンスに手間がかかります。あとからパーツを追加 / 交換しながら使うのではなく、購入したままの状態で使い続ける人向きです。

HP ENVY Desktop TE01 ネジ

各部にはトルクスネジが使われています。分解にはT15トルクスドライバーか細めのマイナスドライバーが必要

HP ENVY Desktop TE01 本体内部

左側面のパネルを外した状態

HP ENVY Desktop TE01 フロントパネル

まずはフロントパネルを外します

HP ENVY Desktop TE01 フレームの取り外し

次にグラボを支えるフレームを取り外します

HP ENVY Desktop TE01 光学ドライブ 取り外し

光学ドライブからケーブルを抜き、前面に押し出して取り出します

HP ENVY Desktop TE01 ドライブベイ取り外し

3.5インチのドライブベイシャシーを取り外します

HP ENVY Desktop TE01 マザーボード

マザーボード全体が現われました

HP ENVY Desktop TE01 メモリースロット

メモリースロットは2基

HP ENVY Desktop TE01 CPUクーラー

CPUクーラーは小型タイプ。背面側に空冷ファンが設置されています

HP ENVY Desktop TE01 M.2スロット

ストレージ用のM.2スロット。SATAポートは3基

HP ENVY Desktop TE01 電源

電源はモデルによって変わります。RTX 2060 SUPER搭載の試用機では、500W (80PLUS GOLD)のユニットが使われていました

HP ENVY Desktop TE01 拡張スロット

拡張スロットの構成

  • ① PCIExpress x1
  • ② PCIExpress x16

HP ENVY Desktop TE01 ドライブベイ

3.5インチドライブベイはシャシーのほかに、フロントパネル側にもひとつ用意されています

HP ENVY Desktop TE01 グラボ

試用機で使われていたRTX 2060 SUPER搭載のグラボ

HP ENVY Desktop TE01のベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 パフォーマンスプラスモデル
CPU Core i7-9700F
メモリー 32GB
ストレージ 512GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス RTX 2060 SUPER (8GB)

※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、個体差などによって大きく変わる場合があります

ストレージ性能

HP ENVY Desktop TE01 アクセス速度

HP ENVY Desktop TE01のストレージ構成は、256 / 512GB SSD + 2TB HDDのデュアルストレージです。試用機で使われていた512GB SSDはPCIe 3.0 x4の超高速タイプ。ストレージ速度を計測したところシーケンシャルリード / ライトの速度はそれほど伸びませんでしたが、十分高速な結果です。

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

CPU性能

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i9-9900K
4278
Core i7-9700K
3326
Core i7-9700F
3231
Core i7-9700
3190
HP Envy Desktop TE01 (Core i7-9700F)
3171
Core i7-8700
3026
Core i7-9700T
2377
Core i5-9400F
2334
Core i5-9400
2312
Core i3-9100
1592
Pentium G5400
390
Celeron G4930
238

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUは第9世代のCore i5-9400またはCore i7-9700です。試用機では内蔵グラフィックス機能なしのCore i7-9700Fが使われていましたが、性能的にはあまり変わりません。

CPU性能を計測するベンチマークテストを行なったところ、デスクトップPC向けとしては非常に優れた結果でした。最高クラスというほどではありませんが、上位の部類に入ります。動画編集やRAW現像、3D制作などの高度な処理でも快適に行なえるでしょう。

下位モデルで使われているCore i5-9400は、Core i7-9700に比べて若干性能が劣ります。しかしPC全体で考えると、これでも十分高性能です。中規模クラスの動画編集や画像加工に向いています。

3Dグラフィックス性能

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2080 Ti
34282
RTX 2070 SUPER
25322
RTX 2080
25205
RTX 2070
22856
HP Envy Desktop TE01 (RTX 2060 SUPER)
20640
RTX 2060
17843
GTX 1660 Ti
15697
GTX 1650
8893
GTX 1050
6945
UHD 630 (Core i7)
1359
UHD 630 (Core i5)
1051

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

3D性能を計測するベンチマークテストでは、非常に優れた結果が出ました。試用機で使われているRTX 2060 SUPERはミドルレンジ (中級)向けのGPUですが、ひと世代前のミドルハイ~ハイエンド相当のスコアです。3D制作や動画編集 / 動画変換などにおいて、高いパフォーマンスを期待していいでしょう。

下位モデルで使われているGTX 1650は、パフォーマンスがやや低めです。中位モデルのGTX 1660 SUPERについては、GTX 1650とGTX 1660 Tiの中間くらいと予想されます。性能的には悪くはありませんが、コンテンツの生産性を上げるという点でRTX 2060搭載モデルがおすすめです。

作業の快適さ

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
10062
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
8881
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
9779

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCを使った作業の快適さを計測するPCMark 10のテスト結果は上記のとおり。RTX 2060 SUPER搭載の試用機では、一般的な利用やビジネス利用、コンテンツ制作などすべてのテストにおいて目標値を上回りました。GTX 1650 / 1660 SUPER搭載モデルではコンテンツ制作のスコアがやや落ちると思われますが、それでも目標値を超えるものと思われます。

ゲーム性能について

HP ENVY Desktop TE01 ゲーム

HP ENVY Desktop TE01は本来ゲーム用PCではありませんが、ゲーム用の高性能なGPUを搭載ているので、ゲームの快適さについても検証しました。

ベンチマークテストや実際のゲームでのFPS (画面の動きの速さを表わす目安)を計測したところ、ほぼすべてのゲームにおいてフルHDで快適と判断できる結果でした。中量級タイトルならWQHD (2560×1440ドット)でも快適に楽しめるかもしれません。FPS / TPSについては144~240Hzの高リフレッシュレート対応ディスプレイがあれば、非常になめらかな動きでゲームをプレーできます。全体的にゲーミングPCとしても優秀な結果です。

※テストはすべてフルHDで実施

FF15ベンチ (重量級 / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 7637 / 快適
標準品質 10430 / とても快適
軽量品質 13353 / 非常に快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 16746 /非常に快適 / 121 FPS
高品質 17195 / 非常に快適 / 128.7 FPS
標準品質 20950 / 非常に快適 / 180.7 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

モンスターハンターワールド:アイスボーン (中重量級 / DX11)

モンスターハンターワールド:アイスボーン
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 75.1 FPS / 66 FPS
101.9 FPS / 93 FPS
107.6 FPS / 98 FPS
121.6 FPS / 112 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 22249 / すごく快適
標準品質 22357 / すごく快適
低品質 23239 / すごく快適

PSO2ベンチ (軽量級 / DX9)

PSO2ベンチ
簡易描画設定 スコア
6 (最高) 35,476
3 52,970
1 (最低) 119,615

※スコア5,000以上が快適に遊べる目安

リーグ・オブ・レジェンド (LoL) (超軽量級 / DX9)

リーグ・オブ・レジェンド
モード 平均FPS / 最低FPS
サモナーズリフト (最高画質) 280.6 FPS / 211 FPS
TFT (最高画質) 243.6 FPS / 178 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

フォートナイト (中量級 / DX11)

フォートナイト
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 131 FPS / 109 FPS
165.6 FPS / 152 FPS
209.2 FPS / 188 FPS
273.1 FPS / 220 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PUBG (中量級 / DX11)

PUBG
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 129.1 FPS / 106 FPS
147.5 FPS / 114 FPS
146.5 FPS / 100 FPS
155.7 FPS / 121 FPS
非常に低い 161.1 FPS / 112 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

オーバーウォッチ (軽量級 / DX10)

オーバーウォッチ
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 197.5 FPS / 165 FPS
ウルトラ 271.3 FPS / 241 FPS
297.5 FPS / 268 FPS
NORMAL 299.8 FPS / 297 FPS
299.8 FPS / 297 FPS

※レンダースケール100%、平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ (中量級 / DX11)

Apex Legends
画質 平均FPS / 最低FPS
最高設定 124.6 FPS / 113 FPS
最低設定 143.7 FPS / 143 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安。FPS上限はデフォルトのまま

アサシンクリード オデッセイ (超重量級 / DX11)

アサシンクリード オデッセイ
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 60 FPS / 33 FPS
97 FPS / 39 FPS
105 FPS / 45 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ファークライ ニュードーン (中重量級 / DX11)

ファークライ ニュードーン
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 96 FPS / 73 FPS
109 FPS / 88 FPS
117 FPS / 93 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (重量級 / DX12)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー
画質 平均FPS
最高 101 FPS
113 FPS
最低 141 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

RTX Studioとは?

HP ENVY Desktop TE01は、NVIDIAが提供する開発者支援プラットフォーム「NVIDIA Studio」対応のRTX Studio製品です。なんのことかさっぱりわからないと思いますが、ものすごく簡単に説明すると「プロクリエイター用ソフトがサクサク動くPC」ということです。

もう少し詳しく説明すると、”NVIDIA Studio”はクリエイター向けソフトをRTXシリーズ用に最適化する仕組みです。この仕組みを取り入れたソフトは、RTXシリーズ搭載機種において処理が高速化されます。それら高速化されたソフトが快適に動きますよ、従来よりも処理が速いですよ、とNVIDIAが保証する太鼓判が”RTX Studio”というブランドなのです。

RTX Studio認証モデルであるHP ENVY Desktop TE01では、プロ向けの動画編集ソフトや画像処理ソフト、CADソフトなどが従来に比べてより高速に処理されます。つまりクリエイターにピッタリなハイパフォーマンスPCということです。

RTX Studioについては別の記事で解説しているので、そちらもぜひ参考にしてください。

「NVIDIA Studio」と「RTX Studio」とはなにか?
2019年5月27日にNVIDIAは、クリエイター用ソフト開発者 / クリエイター向けの支援プラットフォームとして「NVIDIA S……

価格について

HP ENVY Desktop TE01にはパーツ構成の異なる3種類のモデルが用意されています。それぞれのスペックと価格は以下の表のとおり。基本的にスタンダード → パフォーマンス → パフォーマンスプラスの順で高性能です。

主なラインナップ

スタンダードモデル
Core i5 16GBメモリー 256GB SSD HDD 2TB GeForece GTX 1650 9万6580円
パフォーマンスモデル
Core i7  512GB SSD HDD 2TB GTX 1660 13万0970円
パフォーマンスプラスモデル
Core i7 512GB SSD HDD 2TB RTX 2060 15万2453円

※価格は税込、7%オフクーポン適用時、2020年2月28日時点

スタイリッシュなデザインの万能PC

HP ENVY Desktop TE01 感想

よかった点

ミニタワー型よりもコンパクトでスタイリッシュなデザインでありながらも、非常にパワフルである点が魅力です。動画編集や画像加工などはもちろんのこと、ゲーム用として利用するのもいいでしょう。オールマイティーに使える万能PCです。

気になる点

内部の拡張性が低く、メンテナンスに手間がかかる点は少し残念。あとからパーツを追加してパワーアップするような使い方には不向きです。とは言え標準構成でも十分高性能なので、特に困る場面は少ないと思われます。

特別クーポンで値引き!

税別12万円以上のPCを購入する際は7%オフのクーポンを使うと、セール商品をさらにお得に購入できます。クーポン入手後はこのページに戻り、購入したいモデルを選んでください。
税別10万円以上で5%オフクーポンicon
税別12万円以上で7%オフクーポン

HP ENVY Desktop TE01

HP ENVY Desktop TE01

税込9万6580円~

※2020年2月28日時点

関連記事

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、ぜひフォローをお願いします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました