富士通 ESPRIMO WF2/B3 レビュー:大画面&高音質なAV特化型オールインワンPC

富士通 ESPRIMO WF2/B3 レビュー

富士通のESPRIMO(エスプリモ) WF2/B3は、映像と音質にこだわった液晶ディスプレイ一体型のデスクトップPCです。画面は大迫力の27インチフルHDディスプレイ。さらにハイレゾ音源対応で10Wサブウーファー付きの2.1chステレオスピーカーを搭載しています。

ESPRIMO WF2/B3のスペック概要

【主なスペック】CPU:Core i7-7700HQ、メモリー:4~32GB、ストレージ :HDD / SSD / ディスプレイ:27インチ フルHD / グラフィックス:Intel HD Graphics 630

ESPRIMO WF2/B3の特徴

27インチの狭額ディスプレイ

27インチの狭額ディスプレイ

迫力のある27インチの大型ディスプレイを搭載。画面が大きくてもベゼルが細いので圧迫感はなく、外観はスッキリとしています。

詳しく見る

大迫力のハイレゾ対応スピーカー

大迫力のハイレゾ対応スピーカー

ハイレゾ対応スピーカーを搭載。4W+4Wのステレオスピーカーと10Wのサブウーファーにより、クリアーで迫力のあるサウンドを楽しめます。

詳しく見る

TV機能とHDMI入力に対応

TV機能とHDMI入力に対応

テレビ機能を追加すれば番組の視聴や録画が可能。HDMI入力にも対応しているので、ゲーム機やネットワークプレーヤーも利用できます。

詳しく見る

今回はESPRIMO WF2/B3の実機を使って、本体デザインや性能などをレビューします。

富士通 ESPRIMO WF2/B3

ESPRIMO WF2/B3

税込14万円前後から

シークレットクーポン利用時

富士通パソコン LIFEBOOK/ESPRIMOシリーズまとめ【特別割引クーポンあり】
国内大手PCメーカーの富士通(富士通クライアントコンピューティング)から発売されているノートPC「LIFEBOOK(ライフブック)」……

ESPRIMO WF2/B3のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-7700HQ
メモリー 4 / 8 / 16 / 32GB(最大32GB)
ストレージ 1 / 3TB HDD または 256GB SSD + 1TB HDD / 256GB SSD + 3TB HDD / 512GB SSD + 3TB HDD
ディスプレイ 27インチ、1920×1080ドット、IPS、光沢、タッチ非対応
グラフィックス Intel HD Graphics 630
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ / ブルーレイディスクドライブ
通信機能 1000BASE-T対応有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN + Bluetooth 4.1
Webカメラ 92万画素、赤外線カメラ(Windows Hello対応)
TV機能 なし / デジタル3波TVチューナー×2(ダブル録画対応)
セキュリティ マカフィーリブセーフ(3年版)
インターフェース USB3.1 Gen2 (フルサイズ)×2(背面)、USB3.0×2(前面)/、HDMI(入力×1+出力×1)、有線LAN、SDメモリーカードリーダー、ヘッドホン出力/マイク入力、アンテナ入力+miniB-CASカードスロット(TV機能選択時)
サイズ/重量 幅616×奥行き227×高さ468mm/約12.5kg ※最小傾斜時
付属品 ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス、miniB-CASカード+リモコン(TV機能選択時)

※2018年5月8日時点。構成や価格は変更される場合があります

付属のキーボードとマウス

付属のワイヤレスキーボードとワイヤレスマウス

パーツカスタマイズ例

ESPRIMO WF2/B3は、注文時にメモリー容量やストレージ構成などを選択できます。TV機能は標準では「なし」になっているので、必要な場合は追加してください。

パーツカスタマイズ

購入画面でメモリー容量やストレージ構成、TV機能の有無などを選択します

構成例と価格の目安(CPUはすべてCore i7-7700HQ)

最安構成
4GBメモリー 1TB HDD 税込14万0965円
TV機能付き最安構成
4GBメモリー 1TB HDD TVチューナー 税込14万6659円
おすすめ構成
8GBメモリー 256GB SSD 3TB HDD TVチューナー 税込18万2429円
ハイエンド構成
16GBメモリー 512GB SSD 3TB HDD TVチューナー ブルーレイディスクドライブ 税込21万6068円

※2018年5月8日時点。シークレットクーポン適用時

注文時に「電話サポート」の「ミニマムサポート」を選ぶと1年間無料の電話サポートが初回から有料になる代わりに、上記の価格からさらに5000円が割り引かれます。電話サポートが不要なら、価格を安くできるのでお得です。

ミニマムサポート

電話サポートが有料になる代わりに、価格が5000円割引に

WF2/B3とWF1/B3の違い

富士通からは液晶ディスプレイ一体型のデスクトップPCとしてESPRIMO WF2/B3のほかに、ESPRIMO WF1/B3という機種も発売されています。それぞれの違いは、以下の表のとおり。ESPRIMO WF2/B3は機能や品質面で優れる上位モデルと考えるといいでしょう。

ESPRIMO WF2/B3とWF1/B3の比較

WF2/B3ESPRIMO WF2/B3 WF1/B3ESPRIMO WF1/B3
ディスプレイ 27インチ
1920×1080ドット
23.8インチ
1920×1080ドット
TV機能 デジタル3波
TVチューナー×2
対応
デジタル3波
TVチューナー×2
対応
スピーカー 4W+4W
10W(サブウーファー)
2.1chステレオスピーカー
ハイレゾ音源対応
3W+3W
ステレオスピーカー
HDMI入力 対応 非対応
大きさ 幅616mm
奥行き227mm
高さ468mm
幅558mm
奥行き167mm
高さ370mm
重さ 12.5kg 6.5kg
富士通 ESPRIMO WF1/B3 レビュー:スタイリッシュなTV機能対応一体型PC
富士通のESPRIMO WF1/B3は、23.8インチの液晶ディスプレイを搭載した一体型のデスクトップPCです。大きな特徴は、液晶デ……

本体の外観について

狭額デザインの大型ディスプレイを搭載

ESPRIMO WF2/B3は、本体と液晶ディスプレイがひとつにまとまった「一体型(オールインワン、AIO)」タイプのデスクトップPCです。配線は基本的に電源ケーブルをつなぐだけ(TV機能利用時は別途アンテナ線を接続)なので、とても簡単。キーボードとマウスもワイヤレスタイプで、接続設定をすませればケーブルの取り回しは必要ありません。この手軽さが、一体型の魅力です。

液晶ディスプレイは27インチ(27型)の大型タイプです。モバイル用として標準的な13.3インチディスプレイ4画面ぶんの大きさと考えると、サイズ感をイメージしやすいでしょう。画面が大きいため映像に迫力があり、文字も大きくて見やすく感じます。ただし解像度が1920×1080ドットのフルHDであるため、多少のドット感がありました。

外観の特徴

27インチでフルHDの大型ディスプレイを搭載。本体カラーはオーシャンブラック

液晶ディスプレイのベゼル(枠)は公称値で7mm、実測で7.5mm程度でした。非常に細く、画面周りがスッキリとしています。

ベゼル幅

液晶ディスプレイのベゼル(枠)幅は実測で7.5mm

本体カラーはオーシャンブラック。落ち着いた雰囲気で、書斎などに設置しても違和感はありません。ただ画面と本体下部が大きいので、それなりのインパクトはあります。

背面のデザイン

背面の外観。本体下部はスタンドとしても機能するため、少しドッシリとしています

キーボード収納スペース

底面部のスペースにはキーボードを収納可能

チルト角度

液晶ディスプレイのチルト角度

液晶ディスプレイには、発色に優れるIPSパネルが使われています。実際に映像をチェックしてみたところ画面が非常に明るく、写真や動画が色鮮やかに映し出されました。光沢ありのグレア仕上げであるためコントラストが高いのですが、明るい場所では背景や光の映り込みが生じます。

映像品質

画面はとても明るく、色鮮やかです

ガンマカーブ

液晶ディスプレイのガンマカーブ。赤青緑の3色の線がほぼ1本にまとまった、バランスのいい発色です

グレアディスプレイ

光沢ありのグレアディスプレイはコントラストが高く色鮮やかですが、映り込みが生じます

液晶ディスプレイ部分には色調整用のOSD(オンスクリーンディスプレイ)は用意されていません。その代わり、標準収録の「ステータスパネルスイッチ」でWindows 10上から画質を調整できます。

ステータスパネルスイッチ

標準収録の「ステータスパネルスイッチ」から、映像の色合いを調整可能

使い勝手のいいインターフェース

周辺機器接続用のインターフェース(端子類)は十分な構成です。繋ぎっぱなしで利用する端子は背面に、よく抜き差しする端子は前面に配置されているので、周辺機器利用時にわずらわしさを感じません。

ちょっと変わっているのは、フルサイズのUSB3.1 Gen2端子を用意している点です。最大転送速度は10Gbpsで、USB3.0/USB3.1 Gen1よりも2倍も高速な点がメリット。これからUSB3.1 Gen2対応機器がもっと増えれば、有効に活用できるでしょう。

背面

背面のインターフェース(TVモデル)

  • ① USB3.1 Gen2(フルサイズ)
  • ② HDMI出力/入力
  • ③ 電源コネクター
  • ④ アンテナ入力
  • ⑤ 1000BASE-T対応有線LAN端子
  • ⑥ miniB-CASカードスロット
  • ⑦ CONNECTボタン(ワイヤレスキーボード/マウス接続用)

前面

前面のインターフェース(TVモデル)

  • ① ヘッドホン出力/マイク入力
  • ② USB3.0
  • ③ メモリーカードスロット
  • ④ リモコン受光部
  • ⑤ 電源ボタン
  • ⑥ 外部入力(HDMI)ボタン
  • ⑦ ディスク取り出しボタン
  • ⑧ 光学ドライブ

光学ドライブ

光学ドライブにはDVDスーパーマルチドライブかブルーレイディスクドライブのどちらかを選択できます

液晶ディスプレイ上部には、Webカメラが配置されています。モジュールは引き出し式で、使わないときは本体内部に収納可能です。また赤外線カメラも搭載されており、Windows Helloの顔認証サインインにも対応しています。

Webカメラ

Webカメラは引き出し式で、使わないときは収納可能です

背面のカバーを外すことで、メモリーを交換・増設できます。ただし自分でパーツを交換するとメーカー保証のサポート外となる点に注意してください。

本体背面のカバー

本体背面のカバーは取り外し可能

メモリースロット

カバーの下にメモリースロットが配置されています

TV機能とHDMI入力に対応

購入時のカスタマイズ画面でTV機能を追加すると、地上/BS/CSデジタル放送対応のダブルチューナーが搭載されます。チューナーの数は2基で、録画中の番組視聴や2番組同時録画も可能です。リビングのTVでは家族間のチャンネル争いが生じることもありますが、個人用にESPRIMO WF2/B3を使うなら、自分が観たい番組を好きなタイミングで楽しめます。

TV機能

テレビ視聴用アプリ「DigitalTVbox」で番組を視聴

リモコン

TV機能選択時に付属するリモコン

TV機能

TV機能追加時に搭載されるアンテナ入力端子とminiB-CASカードスロット

背面のHDMI端子を使えばほかのTVやプロジェクターなどに映像を出力できるだけでなく、ゲーム機やネットワークプレーヤーをESPRIMO WF2/B3の大画面で利用できます。

HDMI入力に対応

ゲーム機やネットワークプレーヤーなどのHDMI対応機器で、ESPRIMO WF2/B3のディスプレイとスピーカーを利用できます

ハイレゾ対応スピーカーを搭載

ESPRIMO WF2/B3の魅力のひとつに、ハイレゾ対応スピーカーを搭載している点が挙げられます。スピーカーはPCとしては大型の4W+4Wで、さらに低音を強調させるサブウーファーも搭載。音楽はもちろん、動画やテレビの音も迫力のあるサウンドで再生されます。

スピーカー

フロント部分には4W+4Wのステレオスピーカー、背面部分には10Wのサブウーファーを配置

パワーオフスピーカーの設定

パワーオフスピーカーを有効にすることで、PCの電源がオフの状態でもマイク/ライン入力経由でスピーカーを利用できます

スピーカーで実際に音楽を聞いてみたところ、ビックリするほど高音質でした。音の広がりは素晴らしく、個々のサウンドに厚みが感じられます。特に低音域から中音域にかけての情報量が多く、精細なディティールまでハッキリと聞こえました。また全体的に透明感が非常に高く、音がとてもクリアーです。おそらくPC本体内蔵のサウンドとしては、最高クラスではないでしょうか。

Waves MaxxAudio

標準収録のサウンドユーティリティー「Waves MaxxAudio」により、臨場感あふれるサウンドを実現

CurioSound

ハイレゾ音源対応プレーヤー「CurioSound for FUJITSU」は、圧縮音源をハイレゾ相当の音質で再生可能

スピーカーも非常に高音質ですが、ハイレゾ対応ヘッドセットを前面の端子につなげば、さらに高音質なサウンドを楽しめます。

消費電力と駆動音、CPU温度について

今回の検証では、以下の構成のPCを利用しました。なお検証・ベンチマーク結果は個体差や環境、タイミングなどによって大きく変わることがあります。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-7700HQ
メモリー 8GB
ストレージ 3TB HDD
グラフィックス Intel HD Gpraphics 630(CPU内蔵)

消費電力について

さまざまな状況での消費電力を計測したところ、全体的に高めの結果となりました。ただしこれは、27インチの大型ディスプレイを内蔵しているため。分離型(セパレートタイプ)のデスクトップPCよりも消費電力が大きいのは仕方がありません。

1分間の平均消費電力

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
48.6W 53.4W 101.4W 80.4W

※消費電力の計測方法はコチラ

駆動音について

ネットや動画を見ているときや音楽を聞いているときは、駆動音(ファンの回転音や排気音など)はほとんど気になりません。しかしCPUに高い負荷がかかる動画変換時には、冷却ファンが強く動作していました。と言っても、うるさく感じるほどではありません。

駆動音の計測結果

電源オフ 36.8dBA
待機中 40.3dBA ファンの回転音がわずかに聞こえるが気にならない
動画視聴 40.7dBA 同上
動画変換 51.1dBA 排気音がけっこう目立つ
3Dゲーム 44.6dBA ファンの回転音がはっきりと聞こえる

※駆動音の計測方法はコチラ

CPU温度について

CPUの最大温度は96度で、限界温度の100度まであまり余裕がありません。しかしそのぶん空冷ファンが強く動作しているので、ほかのパーツへの影響は小さいものと思われます。

CPUの最高温度

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
69℃ 68℃ 96℃ 87℃

※本体温度の計測方法はコチラ

起動時間について

起動時間(電源ボタンを押してからデスクトップが表示されるまで)は平均で33.76秒でした。HDD搭載機としては、まずまずの結果です。ただし長期間使い続けるうちに、起動時間が長くなる可能性があります。予算が許すなら、SSDを追加しましょう。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
47.8秒 29.5秒 28.3秒 35.4秒 27.8秒 33.76秒

ESPRIMO WF2/B3のベンチマーク結果

ストレージ性能

試用機ではストレージとして、3TB HDDが使われていました。アクセス速度は、標準的なHDDよりもやや高速です。

CrystalDiskMark

3TB HDDのアクセス速度

ストレージ別アクセス速度の目安

ストレージ別アクセス速度の目安

TV番組を録画するなら、大容量のHDDは必須です。試用機では高性能なCPUが使われているためかHDD機特有の遅さは特に感じられませんでしたが、録画した番組や写真、各種データを長期間保存するならSSDの追加がおすすめ。Windowsや各種ソフトがより快適に使えるだけでなく、システムストレージに不具合が生じてもデータは復旧できる可能性が高いからです。

CPU性能

ESPRIMO WF2/B3で使われているCore i7-7700HQは、ノートPC向けのCPUです。デスクトップPC向けのハイエンドCPUよりも性能はやや劣りますが、日常的な利用には十分でしょう。プロレベルの高度な3D/動画制作を考えているなら、ESPRIMO WF2/B3以外の機種を検討することをおすすめします。

CINEBENCH R15

CPU性能を計測する「CINEBENCH R15」の結果とほかのCPUとの比較 ※当サイト計測の平均値

PassMark PerformanceTest 9.0

「PassMark PerformanceTest 9.0」の「CPU Mark」の結果とほかのCPUとの比較 ※当サイト計測の平均値

3D性能

グラフィックス機能はCPU内蔵のIntel HD Graphics 630で、ゲーム用のdGPU(専用グラフィックス機能)を搭載したモデルよりも性能は低めです。ただし3Dゲームをプレーしたり3D映像を制作するのでなければ、気にする必要はありません。

3DMark

「3DMark」の「Fire Strike」ベンチマーク結果と、ほかのGPUとの性能差 ※当サイト計測の平均値

グラフィックス重視の重量級ゲームは厳しいものの、ドラクエ10など負荷の軽いゲームなら解像度や画質を調整することで問題なくプレーできそうです。

ゲーム系ベンチマーク結果(フルHD)

FF14ベンチ FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中規模クラスの目安
最高品質 高品質(デスクトップPC) 標準品質(デスクトップPC)
1088(設定変更が必要)※6.601 FPS 1183(設定変更が必要)※7.280 FPS 3212(普通)※15.220 FPS
ドラゴンクエストX ドラゴンクエストX ※軽めのゲームの目安
最高品質 標準品質 低品質
4833(普通) 6380(快適) 7739(とても快適)

※FF14の標準品質で「普通」との評価が出ていますが、シーンによっては画面がかなりカクつきます

VR性能

内蔵グラフィックス機能のIntel HD Graphics 630では、Oculus RiftやHTC Vive向けのVRコンテンツをプレーするにはパワー不足です。これらのVRコンテンツについては、考えないほうがいいでしょう。

Windows MR(Mixed Reality)の快適さをテストするアプリを試したところ、グラフィックスカードの項目で警告が出ましたが、実際には問題なく動作しました。ホームアプリとしてのクリフハウスはスムーズに動作しますし、マインクラフトも普通に楽しめます。ただし負荷の高いゲームでは、少し動きがカクつくかもしれません。

Windows Mixed Reality PC Check

Windows Mixed Reality PC Checkの結果

Windows MRコンテンツ

Windows MRのクリフハウス(Mixed Reality ポータル)とマインクラフトをチェック。どちらも快適に動作しました

Windows MR HMD

追加オプションとして用意されているMRヘッドセット+コントローラ (FMVHDS1)

3年間のメーカー保証とセキュリティソフト付き

富士通の直販サイトでESPRIMO WF2/B3を購入すると、通常は1年間のメーカー保証が自動的に3年間(通常1年間+延長2年間)に延長されます。長期間安心して利用できますね。

また通常のメーカー保証では自然故障にしか対応していませんが、有料の「ワイド保証」に申し込むことで落下や水こぼしなどによる故障でも無料で修理してもらえます。より安心して使いたいなら、申し込むといいでしょう。

保証サービス

メーカー保証が3年間に延長。有料の「ワイド保証」に申し込むことで、落下や水こぼしなどによる故障でも無料で修理が可能です

さらにセキュリティーソフト「マカフィーリブセーフ」の3年版が付いているのもポイント。ESPRIMO WF2/B3だけでなく自分が所有するほかのPCやスマホ、タブレットなど台数制限なく利用できます。

マカフィーリブセーフ

ほかのPCやスマホ、タブレットにも台数無制限で使える「マカフィーリブセーフ」

本格的なAVデスクトップPC

ESPRIMO WF2/B3は映像面もサウンド面も完成度が非常に高く、満足できる仕上がりです。特にハイレゾ音源対応スピーカーの音質は驚くほど素晴らしく、音楽にこだわる人でも満足できるでしょう。

注意していただきたいのは、液晶ディスプレイが大きいため接地面積もそれなりに必要な点です。しかしPC本体と大型の液晶ディスプレイ、TVにレコーダー、そしてハイクオリティーなスピーカーセットがひとつにまとまっていると考えれば、この上なくコンパクトであるとも考えられます。家族の共有PCとしてはもちろん、個人用PCとしてもおすすめのモデルです。

ESPRIMO WF2/B3の感想

PC本体やTVレコーダー、スピーカーセットがひとつにまとまったと考えれば、ある意味コンパクト。その上ケーブルも少なく、手軽に設置できます

ESPRIMO WF2/B3のまとめ

  • 高画質&迫力のある27インチフルHDディスプレイ
  • ハイレゾ対応スピーカーが驚くほど高音質
  • ダブルチューナー対応でTV番組の録画や視聴が可能

シークレットクーポンで特別割引!

注文時に当サイト向けのシークレットクーポンを入力すると、ESPRIMO WF2/B3を通常よりもお得な価格で購入できます。ぜひご利用ください。

シークレットクーポン

注文画面で当サイト向けのシークレットクーポンを適用すると、通常よりも安く購入できます

当サイト向けシークレットクーポン

  • FRU302LSJ

富士通 ESPRIMO WF2/B3

ESPRIMO WF2/B3

税込14万円前後から

シークレットクーポン利用時

富士通パソコン LIFEBOOK/ESPRIMOシリーズまとめ【特別割引クーポンあり】
国内大手PCメーカーの富士通(富士通クライアントコンピューティング)から発売されているノートPC「LIFEBOOK(ライフブック)」……

※記事中の価格や構成は、記事執筆時のものです。予告なく変更される場合もございますので、あらかじめご了承ください。

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました