Fire HD 10 2021年モデル(第11世代)レビュー ・2019年モデル&旧モデルとの違い編:わずかに軽量薄型化するも性能面で大きな違いはなし

Fire HD 10 2021年モデル(第11世代)レビュー
アマゾンのFire HD 10シリーズは、これまでに5モデル発売されています。ラインナップは以下の表のとおり。世代数が連続した数字ではないのは、2010年を「1」としてそこから何年たっているかでカウントしているためです。

これまでに発売されたFire HD 10シリーズ

モデル名 発売年 世代
Fire HD 10 NEW 2021年 第11世代
Fire HD 10 Plus NEW 2021年 第11世代
Fire HD 10 2019年 第9世代
Fire HD 10 2017年 第7世代
Fire HD 10 2015年 第5世代

Fire HD 10 2021年モデル 第11世代

2021年に発売された第11世代のFire HD 10 / Fire HD 10 Plus

この記事では筆者が購入した実機を使って、Fire HD 10新旧モデルの比較結果を解説します。これから購入しようとしている方や買い換えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

Fire HD 10

Fire HD 10 / 10 Plus

1万5980円~

※2021年6月20日時点

スペックの違い

2021年発売の新モデル(第11世代)と2109年発売の前モデル(第9世代)では、スペックに大きな変化はありません。CPUや画面サイズなど基本のスペックはまったく同じです。異なるのはメモリー容量やカメラの画素数などの細かな部分や、機能面についてです。

新旧Fire HD 10の違い

Fire HD 10
第11世代
Fire HD 10 Plus
第11世代
Fire HD 10
第9世代
本体カラー ブラック
デニム
オリーブ
スレート ブラック
ブルー
ホワイト
画面サイズ 10.1インチ 1920×1200
CPU MediaTek MT8183 (8コア、2.0GHz)
メモリー 3GB 4GB 2GB
Wi-Fi 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0LE 4.0LE
前面カメラ 200万画素
背面カメラ 500万画素 200万画素
センサー 加速度 / 照度
USB USB2.0 Type-C
microSD 1TB 512GB
バッテリー 最大12時間
ワイヤレス充電 × ×
2画面分割 ×
幅×奥行き×高さ 247×166×9.2 262×159×9.8
重量 465g 468g 504g

前モデルからの進化点はあまり大きくはありませんが、初代モデルから確認するとかなり変化していることがわかります。

Fire HD 10の違い

第11世代 第9世代 第7世代 第5世代
1920×1200 1280×800
MediaTek MT8183 (8コア) MediaTek MT8173 (4コア) MediaTek MT8135 (4コア)
3GB / 4GB 2GB 1GB
11a/b/g/n/ac
前面200万画素 前面30万画素 前面92万画素
背面500万画素 背面200万画素 背面500万画素
加速度 / 照度 加速度 / ジャイロ
USB2.0 Type-C USB2.0 micro-B
12時間駆動 10時間駆動 8時間駆動
247×166×9.2 262×159×9.8 262×159×9.8 262×159×7.7
465/468g 504g 500g 432g

外観の違い

Fire HD 10新旧モデルの外観面での大きな違いは、旧モデルが縦向きベースで作られているのに対して、新モデルでは横向きベースで作られている点です。旧モデルは画面が縦向きのときにフロントカメラが上に位置しますが、新モデルでは画面を横向きにしたときにカメラが上に位置します。

Fire HD 10 外観

左から新モデルの第11世代、第9世代、第7世代

新モデルは前モデルに比べて本体が7%薄型化され、さらに重量も8%軽量化されました。しかし実際に手で持ってみたところ、違いはほとんど感じられません。ただ本体の縦横比率が変わったことで、新モデルのほうが手で持ったときの安定感が増しています。

Fire HD 10 新旧モデル比較

Fire HD 10の新モデル(左)と前モデル(右)

Fire HD 10 新旧モデル比較

それぞれの背面。新モデルはFire HD 10 Plusなので、カラーはスレートです

Fire HD 10 新旧モデル 薄さ

新モデル(上)と前モデル(下)の薄さの違い。新モデルのほうが0.6mm薄いのですが、違いはほとんどわかりません

Fire HD 10 新旧モデル 重さ

新モデルのFire HD Plus(左)と前モデル(下)の重さの違い。両方手で持てば、重さの違いがかろうじてわかる程度

Fire HD 10 新旧モデル 側面

側面のインターフェースの並び。新モデル(上)では横置きにしたときに操作しやすいよう、ヘッドホン端子と電源ボタンの位置が入れ替わっています

画面は新モデルのほうが10%程度明るくなったとのことです。確かにふたつ並べると微妙に違いがあるのがわかりますが、個別に見るとほとんど変わらないように感じます。また新モデルでは表面のガラスに、強度の高い強化アルミノシリケートガラスが使われています。前モデルに比べて割れにくいと考えていいでしょう。

Fire HD 10 新旧モデル 画面サイズ

どちらも10.1インチの1920×1200ドット(アスペクト比16:10)

Fire HD 10 新旧モデル 明るさ

最大輝度にしたときの画面の明るさ。新モデル(左)のほうがわずかに明るいことがわかります

Fire HD 10 新旧モデル 映像

同じ写真を見比べると、新モデル(左)のほうが明るく見えます

Fire HD 10 新旧モデル ガラス

新モデルでは硬度の高い強化ガラスが使われています。指で叩いたり押したりすると、確かに新モデル(左)のほうが固い感じがしました。ただ視野角は前モデル(右)のほうが広い気がします

性能の違い

前述のとおり、新モデルと前モデルでCPUと画面サイズは変わりません。性能面で異なるのは、メモリー容量とカメラの画素数程度です。ただ、メモリー容量が増えたことでパフォーマンスはある程度改善されていると考えられます。

基本スペックの違い

Fire HD 10
第11世代
Fire HD 10 Plus
第11世代
Fire HD 10
第9世代
画面サイズ 10.1インチ 1920×1200
CPU MediaTek MT8183 (8コア、2.0GHz)
メモリー 3GB 4GB 2GB
前面カメラ 200万画素
背面カメラ 500万画素 200万画素

しかしベンチマークテストを実行したところ、パフォーマンスが大きく改善されているようには見えませんでした。むしろ旧モデルのほうが高いスコアが出ています。

Google Octane 2.0スコア ※アレクサ有効

第11世代 第9世代 第7世代
メモリー 4GB 2GB
スコア 8835 8851 9080

音声アシスタントのアレクサを有効にしているとパフォーマンスが低下するらしいので、無効にしてから再テストを行なったところ、確かに新モデルではパフォーマンスが向上しました。しかし旧モデルではあまり変わっていません。

Google Octane 2.0スコア ※アレクサ無効

第11世代 第9世代 第7世代
メモリー 4GB 2GB
スコア 9134 8851 9065

ベンチマークスコアはタイミングや個体差によって変わることもあるので一概には言えませんが、新モデルではアプリや機能の利用状況によってパフォーマンスが大きく変わる可能性があります。

試しにアプリを3種類ほどインストールしてアレクサを有効化したところ、同じベンチマークテストのスコアが「8069」にまで下がりました。Fire HD 10タブレットを少しでも快適に使うのであれば、余計なアプリや機能は使わないほうがいいかもしれません。メモリー容量の増加は複数アプリの同時使用時に効果があるはずですが、Fireタブレットではアプリの多様は避けたほうがいい気がします。

アウト(背面)カメラについては、新モデルのほうが画素数が高くスペックは上です。実際の写真の解像度は新モデルで2592×1944ドット(503万画素)で、前モデルは1600×1200ドット(192万画素)でした。確かに新モデルのほうが精細に写せますが、そもそもカメラの性能があまりよくないので、いい写真が撮れるというわけではありません。写真を撮るならスマホを利用したほうがいいでしょう。

Fire HD 10 新旧モデル カメラ

新モデルで撮影

Fire HD 10 新旧モデル 

前モデルで撮影

ということで、今回はFire HD 10の新旧モデルを比較しました。正直なところ、前モデル(第9世代)から買い換える意味はそれほどないと思います。どうしてもワイヤレス充電と2画面分割機能を使いたいなら、買い換えはアリでしょう。第7世代も微妙なところです。第5世代を使っているなら、ぜひ買い換えてください。

Fire HD 10 新旧モデル まとめ

使い勝手は向上しましたが、性能は大きくは変わりません。急いで買い換える必要はないと思います

Fire HD 10

Fire HD 10 / 10 Plus

1万5980円~

※2021年6月20日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのTwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

Fireシリーズ関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!