IdeaPad Flex 360 Chromebookレビュー:3万円台からの格安な11.6インチ2-in-1

IdeaPad Flex 360 Chromebook
レノボのIdeaPad Flex 360 Chromebookは、価格の安さが魅力の11.6インチノートPCです。価格は3万8000円台からと、PCとしては非常にリーズナブル。画面が回転する2-in-1タイプで、さまざまなスタイルで利用できます。

IdeaPad Flex 360 Chromebook

IdeaPad Flex 360 Chromebook

主なラインナップ

スペック 価格
MediaTek MT8183 / 4GB / 32GB eMMC 3万8438円
MediaTek MT8183 / 4GB / 64GB eMMC 4万2064円

※2021年7月15日時点

IdeaPad Flex 360 Chromebookのスペック

OS Chrome OS
画面サイズ 11.6インチ
解像度 1366×768
CPU MediaTek MT8183
メモリー 4GB
※オンボード LPDDR4x-1866
ストレージ ・32GB eMMC
・64GB eMMC
HDD なし
グラフィックス Mali-G72 MP3
LTE
堅牢性テスト
色域 / 明るさ 45% NTSC / 250nit
幅×奥行き 285×202.7mm
厚さ 17.45mm
重量 約1.2kg
バッテリー 最大16時間
自動更新ポリシー 2028年6月

※2021年7月15日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー アークティックグレー
画面の表面 光沢
パネルの種類 IPS
タッチ / ペン タッチ対応 / ペン非対応
光学ドライブ
テンキー
有線LAN
無線LAN Wi-Fi 5
Bluetooth 4.2
USB3.1
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C 1(USB2.0、PD/DP対応)
Thunderbolt 4
メモリーカード microSD
HDMI
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 720p(92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー
付属品 ACアダプターなど
オフィス なし

この記事では筆者が購入したIdeaPad Flex 360 Chromebookの実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

IdeaPad Flex 360 Chromebook

IdeaPad Flex 360 Chromebook

3万8438円~

※2021年7月15日時点

※本製品はChrome OSを搭載したノートPCです。Windows向けのソフトは利用できないので注意してください。

デザインと使いやすさ

外観について

IdeaPad Flex 360 Chromebook 外観

IdeaPad Flex 360 Chromebookは、画面が360度回転する2-in-1ノートPCです。普通のノートPCとして使えるのはもちろん、ちょっと大きめのタブレットとして使ったり、画面を立てて動画を観たりするに使えます。

IdeaPad Flex 360 Chromebook 2in1

ディスプレイが回転する2-in-1タイプ

3万円台の格安なChromebookは本体が安っぽいことが多いのですが、IdeaPad Flex 360 Chromebookはわりとしっかり作られています。ボディは樹脂(プラスチック)製ではあるものの強度が高く、手で持つと中身が詰まった印象を受けました。格安モデルにありがちなベコベコ感はありません。

IdeaPad Flex 360 Chromebook カラー

本体カラーはアークティックグレー。実際の見た目はメタリックなグレーです

IdeaPad Flex 360 Chromebook 天板

天板はほかの格安モデルと同じ樹脂製ですが、安いモデルでよく見られるベコベコ感がありません

IdeaPad Flex 360 Chromebook デザインn

右端から10cmの部分にラインを彫り込んだデュアルトーン仕上げ。最近のレノボ製Chromebookでよく見られる意匠です

IdeaPad Flex 360 Chromebook パームレスト

パームレストも樹脂製のメタリックなシルバー

IdeaPad Flex 360 Chromebook ベゼル

ベゼルは左右14.3mmで上部15.5mm、下部26.7mm。最近の機種としては極太レベルですが、2-in-1は強度を高くする必要があるので仕方がないでしょう

IdeaPad Flex 360 Chromebook 底面

底面も樹脂製。ファンレス仕様のため通気口がありません

IdeaPad Flex 360 Chromebook サイズ

設置面積は幅(横方向)285mm、奥行き(縦方向)202.7mm

IdeaPad Flex 360 Chromebook 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。A4サイズよりもひとまわり小さい程度

IdeaPad Flex 360 Chromebook 厚さ

厚さは実測で18.6mm、底面部のゴム足を含めた設置時の高さは202.mm

IdeaPad Flex 360 Chromebook 厚さ

数値的にはそれほど厚くはないのですが、本体がコンパクトなので、実際の数値以上に厚く感じます

IdeaPad Flex 360 Chromebook 背面

背面

IdeaPad Flex 360 Chromebook 前面

前面

IdeaPad Flex 360 Chromebook 重さ

重さは実測で1.248kg

IdeaPad Flex 360 Chromebook 重さ

ノートPCとしては軽いのですが、本体がコンパクトなぶん、実際の数値よりもズッシリとした重みを感じます

IdeaPad Flex 360 Chromebook 電源アダプター

付属の電源アダプターは45WのType-Cタイプ。重さは305g

ディスプレイについて

IdeaPad Flex 360 Chromebook 画面サイズ

ディスプレイのサイズは11.6インチで、解像度は1366×768ドット。3万円台の格安ノートPCとしてはよくあるスペックです。文字のドット感は多少感じられますが、画面が小さいので気になるほどではありません。文字も目を凝らすことなく、普通に見える大きさです。

IdeaPad Flex 360 Chromebook 画面

画面の文字は普通に読める大きさ

ディスプレイには広い視野角と自然な色合いが特徴のIPSパネルが使われています。公式スペックによると、色域はNTSC 45%で輝度は250nit。質の高いパネルではありませんが、色に違和感はありませんでした。やや暗いため寒色系の色合いですが、格安機種で使われているTNパネルよりも色が自然です。ただコントラストがやや低く、小さいグレー系の文字だとわずかにかすれて見えます。

IdeaPad Flex 360 Chromebook 映像品質

映像は比較的自然な色合い。厳しめに見ると赤みが足りない印象です

IdeaPad Flex 360 Chromebook 明るさ

輝度は250nit。実際の画面は少し暗く、文字がかすれて見えづらいことがありました

キーボードについて

IdeaPad Flex 360 Chromebook キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列で、バックライト非対応です。キーボード左半分の配列は(Chromebookとしては)標準的ですが、右側がやや変則的。特に「¥」キーが非常に小さく、記号を入力しづらいかもしれません。

IdeaPad Flex 360 Chromebook 配列

Enterキー周辺で一部のキーが隣接しているほか、「¥」キーがとても小さく作られています

キーピッチは18.7mmで、標準値である19mmにわずかに足りません。キーストロークは非常に浅く、実測で平均1.03mmでした。入力時にカツッとしたクリック感があるので手応えは感じられるものの、慣れないうちはキーを押している最中に途中で止まってしまうような感覚を覚えます。キーをグッと押し込むのではなく、軽く押すようなタッチで入力するといいでしょう。

IdeaPad Flex 360 Chromebook タイプ感

ストロークが浅く、押し応えは控えめ。カツカツとした底打ち感のあるタイプ感です

クリック感が固いため、弱い力で入力してもタイプ音がカツカツと聞こえます。うるさく感じるほどではありませんが、静かな場所では周囲への配慮が必要かもしれません。

IdeaPad Flex 360 Chromebook タイプ音

なでるような軽い力でもカツカツと音が聞こえます。強く叩くとパチパチと響くので、軽いタッチ推奨です

インターフェース/機能について

IdeaPad Flex 360 Chromebook インターフェース

USB端子は合計2ポートで、片方がフルサイズ、もう片方がType-Cです。どちらも転送速度が遅いUSB2.0。そのほかはmicroSDカードスロットとヘッドホン端子のみ。インターフェース構成は、数も種類もいまいちです。

USB Type-Cは充電と映像出力に対応しています。しかしモバイルディスプレイの場合はType-C 1本だけでは利用できないので注意してください。本体とディスプレイをType-Cでつないだ上で、ディスプレイ側にも別途電源の供給が必要です。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 △ ※低電力
USB PD 30W充電
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
USB PD 100W充電
映像出力 △ ※補助電源が必要

IdeaPad Flex 360 Chromebook カメラ

カメラはプライバシーシャッター付き

IdeaPad Flex 360 Chromebook スピーカー

スピーカーはキーボード上部に配置。音はこもり気味で厚みに欠けます

ベンチマーク結果

ここからは、IdeaPad Flex 360 Chromebookのパフォーマンス (性能)について解説します。ベンチマーク結果は環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがある点をあらかじめご了承ください。

試用機のスペック

型番 82KM000KJP
CPU MediaTek MT8183
メモリー 4GB
ストレージ 32GB eMMC
グラフィックス Mali-G72 MP3

Octane 2.0

IdeaPad Flex 360 Chromebookで使われているMediaTek MT8183で、2019年にリリースされたARM系のCPU(SoC)です。性能よりも価格の安さが重視されており、低価格帯のChromebookやアマゾンのFire HD 10などでも使われています。

JavaScritの処理速度を計測する「Google Octane 2.0」のスコアは「9934」とかなり低めでした。場合によっては過去に発売された機種のほうが、CPU性能が高い場合があります。

ベンチマークスコアの比較

CPU Octane 2.0スコア
HP x360 13c (Core i7-10510U)
48847
ASUS Flip C436FA (Core i7-10510U)
48443
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
44600
HP x360 14c (Core i3-10110U)
43914
HP x360 14 (Core i5-8250U)
34408
Acer CB311 (Celeron N4020)
16911
Lenovo IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
16810
Lenovo IdeaPad Slim 350i (Celeron N4020)
15729
低価格Windows PC (Celeron N4000)
14495
Lenovo S330(MT8173C)
11460
Acer Tablet CT100PA(OP1)
10490
Lenovo IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
9934
Acer Spin 311 (MediaTek M8183C)
9870

GeekBench 5

CPUの処理速度を計測する「GeekBench 5」のマルチコアテストでは、インテルのCeleronシリーズよりも高いスコアが出ています。おそらく8コア(高速4コア+低速4コア)であるため、単純にマルチコア性能が高く出たのでしょう。

ベンチマークスコアの比較

CPU Geekbench 5 マルチコアスコア
ASUS Flip C436FA (Core i7-10510U)
3626
HP x360 13c (Core i7-10510U)
3146
HP x360 14 (Core i5-8250U)
2938
HP x360 14c (Core i3-10110U)
2209
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
1812
Lenovo IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
1403
Acer Spin 311 (MediaTek M8183C)
918
Acer CB311 (Celeron N4020)
899
Lenovo IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
880

PCMark / 3DMark

アプリによる軽めの作業の快適さを計測するPCMarkは、イマイチな結果でした。実際の性能はかなり低いと考えてよさそうです。3DMarkについてはエラーで計測できませんでした。

ベンチマークスコアの比較

CPU PCMark Work 2.0スコア
ASUS Flip C436FA (Core i7-10510U)
11966
HP x360 14c (Core i3-10110U)
11792
HP x360 14 (Core i5-8250U)
10653
HP x360 13c (Core i7-10510U)
10010
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
9150
Acer CB311 (Celeron N4020)
8564
Lenovo IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
6743
Acer Spin 311 (MediaTek M8183C)
6307

起動時間

電源オフの状態から電源ボタンを押してパスワード入力画面が表示されるまでの時間を計測したところ、平均で11.06秒でした。Chromebookとしては標準と同じかやや遅い程度ですが、SSD搭載のWindows PCでは平均15秒程度なので、起動が速く感じます。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 12.7秒
2回目 11.8秒
3回目 10.2秒
4回目 10.2秒
5回目 10.4秒
平均 11.06秒

安いのはありがたいがやや遅い

IdeaPad Flex 360 Chromebook 感想

よかった点

3万円台でタッチ対応の2-in-1 & 見やすいIPSパネル & 軽量コンパクトと、かなりお買い得感の高い機種です。見た目もそれほど安っぽくなく、なかなかの仕上がり。スペックとコンセプトはエイサーのSpin 311とほぼ同じですが、こちらのほうがCPU性能がわずかに高く、本体品質も高め。いまは発売直後で値段がやや高いのですが、今後割引されればお得感はさらにアップするはずです。

気になる点

レスポンスがあまりよくない点が気になります。処理に多少時間がかかるのを待てるならアリですが、軽快に使いたいならCeleron系CPUを搭載したモデルのほうがいいかもしれません。検証中に、意外と処理に時間がかかることが何度かありました。

またキーストロークの浅さも気になりました。個人の好みの問題ですが、高速入力で軽快に作業できるキーボードではありません。とは言えスマホやタブレット向けのキーボードよりは使いやすいので、これでもOKという人はいるでしょう。

IdeaPad Flex 360 Chromebook

IdeaPad Flex 360 Chromebook

3万8438円~

※2021年7月15日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

Chromebook関連記事一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!