FMV Chromebook WM1/F3(FMV Chromebook 14F)レビュー:丁寧に作られた日本向けChromebook

FMV Chromebook WM1/F3(FMV Chromebook 14F)レビュー

富士通の「FMV Chromebook WM1/F3(FMV Chromebook 14F)」は、14インチサイズのChrome OS搭載ノートPCです。大手国内ブランドの製品でありながら価格は高くはなく、どちらかと言えば標準的。使い勝手を重視した作りで、長時間作業する人に向いています。

FMV Chromebook WM1/F3(FMV Chromebook 14F)

FMV Chromebook WM1/F3(FMV Chromebook 14F)

今回は実機に触れる機会がありましたので、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

FMV Chromebook WM1/F3のスペック

OS Chrome OS
ディスプレイ 14インチ、1920×1080、非光沢、タッチ対応 または タッチ非対応
CPU Core i3-1115G4 または Celeron 6305
メモリー 8GB または 4GB
ストレージ 128GB SSD または 64GB eMMC
通信 Wi-Fi 6 + Bluetooth 5.1
キーボード 日本語配列
インターフェース USB 3.2 Gen2 Type-C×2、USB3.2 Gen2×2、microSDカードリーダー、HDMI、ヘッドホン端子
生体認証 なし
カメラ 92万画素
サイズ / 重量 幅323.8×奥行き216×高さ19.9mm / 約1.29kg
バッテリー 約10時間
自動更新ポリシー 2029年6月
付属品 電源アダプターなど

※2021年11月28日時点。構成は変更される場合があります

ラインナップ

FMV Chromebook WM1/F3(FMV Chromebook 14F)には、合計4種類のモデルが用意されています。最上位モデルは量販店向けですが、公式サイトでも入手可能。価格の安いCeleronモデルは、アマゾンで販売されています。

なお今回の記事では、Core i3 / 4GB / 64GB eMMC構成のWM1/F3(FCBWF3M13T)を使用しました。

ラインナップ

14F(FCB143FB)※量販店向け
Core i3-1115G4 / 8GB / 128GB SSD 7~8万円台
WM1/F3(FCBWF3M13T)
Core i3-1115G4 / 4GB / 64GB eMMC 6万4800円
WM1/F3(FCBWF3M11T)※アマゾン限定
Celeron 6305 / 4GB / 64GB eMMC 5万4800円
WM1/F3(FCBWF3M111)※アマゾン限定
Celeron 6305 / 4GB / 64GB eMMC ※タッチ非対応 4万9800円

※2021年11月17日時点

本体デザイン

外観部分の仕上がりは悪くはありませんが、特別優れているわけでもありません。個人的には、値段を抑えるためにがんばっているなという印象を受けます。7~8万円台としては「まあ、こんなものかな」という印象。しかし4~5万円台なら、なかなかお買い得の高い仕上がりです。

FMV Chromebook WM1/F3 外観

本体カラーはダーククロム

FMV Chromebook WM1/F3 外観

ボディは樹脂製。メタル素材のような質感の高さは感じられませんが、見た目は安っぽくありません

FMV Chromebook WM1/F3 外観

光の当たり方によって、印象がだいぶ変わります。ただし指紋の跡が残りやすいので、こまめに拭き取るといいでしょう

FMV Chromebook WM1/F3 フォルム

最近の機種としては、ややドッシリとした印象のフォルム。強度を高めるためかもしれませんが、堅牢性についての情報は公開されていません

FMV Chromebook WM1/F3 前面

前面部の見た目はスリム。ディスプレイ側は光沢仕上げでキーボード側は非光沢の変わった組み合わせです

FMV Chromebook WM1/F3 パームレスト

パームレストも天板と同じ仕上がり。キーとタッチパッドはダークグレーで、色に統一感があります

FMV Chromebook WM1/F3 ベゼル

ディスプレイのベゼル(枠)は標準的な太さ。カメラのある上部はやや太めです

FMV Chromebook WM1/F3 インターフェース

インターフェースは十分な構成。USB端子がフルサイズ×2 + Type-C×2の構成はなかなかありません

FMV Chromebook WM1/F3 電源アダプター

電源アダプターは65WのType-C。重さは248g

FMV Chromebook WM1/F3 スピーカー

スピーカーは底面配置。音の解像感は比較的高いものの、ややこもって聞こえます。最近のノートPCとしては標準的な音質

FMV Chromebook WM1/F3 カメラ

カメラは92万画素でマイクはモノラル、シャッターはなし。機能はシンプルなのに、カメラユニットが少し大きい気がします

FMV Chromebook WM1/F3 排気口

排気口は背面部。使用時には排気がディスプレイに直接当たります

FMV Chromebook WM1/F3 底面

底面部はブラック

サイズと重量

14インチタイプとしては軽量で、設置面積はややコンパクトです。ただ全体的に厚みがあり、角ばった印象を受けます。おそらく構造部分で強度を出すためでしょう。富士通内部では厳しい耐久テストが行なわれているはずなので、そのあたりはもっとアピールしてもいいのではないかと思います。

FMV Chromebook WM1/F3 サイズ

大きさは幅323.8mm、奥行き(縦方向)216mm

FMV Chromebook WM1/F3 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)との比較。A4サイズよりもひと回り大きめです

FMV Chromebook WM1/F3 厚さ

厚さは実測で19.5mm(突起部を除く)、底面部のゴム足を含めた設置時の高さは22.5mm

FMV Chromebook WM1/F3 背面

本体背面。デスクに置くとやや厚みを感じます

FMV Chromebook WM1/F3 重さ

重さは実測で1.273kg。14インチとしては軽量で、難なく持ち運べます。ただ実際に手で持つと、多少のズッシリ感はありました

ディスプレイについて

ディスプレイの映像はいい意味で標準的です。スマホやタブレットに比べると明るさや鮮やかさでは劣りますが、長時間作業するのには適しています。格安機種で見られる発色の弱さや見づらさはありません。

FMV Chromebook WM1/F3 ディスプレイ

画面サイズは14インチで、解像度は1920×1080ドット。パネル表面は映り込みのない非光沢で、長時間の作業向き。ただしベゼルが光沢仕上げです

FMV Chromebook WM1/F3 スケーリング

標準時の画面の拡大率は125%(1536×864ドット相当)

FMV Chromebook WM1/F3 タッチ操作

画面はタッチ対応(一部モデルを除く)。非光沢のタッチ対応機種は最近少なめ

FMV Chromebook WM1/F3 映像品質

映像はやや暗いものの、自然で違和感のない色合いです。色域を計測できないのですが、感覚的にはNTSC 72%のWindowsノートPCと同等レベル

FMV Chromebook WM1/F3 コントラスト

非光沢画面はコントラストが低下しがちですが、FMV Chromebook WM1/F3では色のメリハリがしっかり出ています

FMV Chromebook WM1/F3 明るさ

画面はやや暗めで、感覚的には250nitはない印象。とは言え、作業には支障のないレベルです

キーボードについて

国内の大手ブランドが手がけただけあって、日本語キーボードの仕上がりは最高レベルです。配列に違和感がまったくなく、使い始めからサクサク快適に入力できます。ストロークが深い点は人によって好みはあると思いますが、昔から長文入力する人にはしっくりくるはず。筆者としても、Chromebookのなかではもっとも好みのタイプ感です。

FMV Chromebook WM1/F3 キーボード

キーボードは日本語配列。バックライトには対応していません

FMV Chromebook WM1/F3 リフトアップ

ディスプレイを開くとキーボードが持ち上がるリフトアップ機構。手首を自然な角度にキープしたまま作業できます

FMV Chromebook WM1/F3 配列

均一な大きさの英数字キーや大きめのEnterキー、1段下がったカーソルキーなど、違和感がまったくない配列。キーボードを重視する富士通ならではの仕上がりです

FMV Chromebook WM1/F3 タイプ感

キーピッチは19mmでキーストロークは1.7mm。クリック感は軽いもののストロークが深いので、キーを押している感はしっかりあります。ホームポジション付近でわずかなたわみあり

FMV Chromebook WM1/F3 タイプ音

ストロークが深いぶん、ごく軽い力で入力してもタイプ音がカタカタと聞こえます。打ち下ろすようにタイプすると音が響くので注意

ベンチマーク結果

テスト機のスペック

CPU Core i3-1115G4
メモリー 4GB
ストレージ 64GB eMMC
グラフィックス UHD Graphics (CPU内蔵)

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

Octane 2.0

FMV Chromebook WM1/F3で使われているCore i3-1115G4は、2021年11月時点では現行世代のCPUです。インテル第11世代Coreプロセッサのなかでは、薄型ノートPC向けの「Tiger Lake-UP3」にカテゴライズされます。WindowsノートPCではエントリー向けノートPCで使われていますが、ChromebookではCore i3はミドルレンジあたりの位置付けです。

ところがブラウザーによるJavaScritの処理速度を計測する「Google Octane 2.0」では、従来のハイエンド機種を大きく上回る結果が出ました。この結果だけでハイエンドクラス相当とは言えませんが、従来のミドルレンジクラスよりも性能面で大きく上回ると考えていいでしょう。

ベンチマークスコアの比較

CPU Octane 2.0スコア
FMV WM1/F3(Core i3-1115G4)
55846
HP x360 13c (Core i7-10510U)
48847
HP x360 14c (Core i3-10110U)
43914
HP x360 14b(Pentium N6000)
29424
Lenovo 14e Gen2(3015Ce)
23518
HP 14a(Pentium N5030)
21124
HP x360 14b (Pentium N5000)
19455
CB314(Celeron N4020)
17922
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
16810
Acer Spin512 (Celeron N4100)
16471
ASUS C223NA (Celeron N3350)
11585
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
10490
IdeaPad Duet (MediaTek Helio P60T)
9676

CrXPRT 2

「CrXPRT 2」はChrome OS機器の総合性能の計測する、HTML 5ベースのベンチマークテストです。Core i5 / i7搭載機種のデータがないためハイエンド機種とは比較できませんが、従来のミドルレンジクラスからはスコアが30%程度アップしています。従来のハイエンドクラスに迫るほどと考えてもいいでしょう。非常に優秀な結果です。

ベンチマークスコアの比較

CPU CrXPRT 2 Performanceスコア
FMV WM1/F3(Core i3-1115G4)
141
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
110
HP x360 14b(Pentium N6000)
96
HP 14a(Pentium N5030)
70
Lenovo 14e Gen2(3015Ce)
70
HP x360 14b (Pentium N5000)
66
Acer Spin512 (Celeron N4100)
61
CB314(Celeron N4020)
59
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
55
Acer 512 C851T-H14N (Celeron N4000)
54
ASUS CM3 (MediaTek MT8183)
39
ASUS C223NA (Celeron N3350)
37

GeekBench 5

Core i3-1115G4は、2コア4スレッドで動作します。マルチコアのテストでは4コア8スレッドのCore i7にはかないませんでしたが、それでも十分な性能です。シングルコアのテストはCore i5 / i7のデータがないため比較できませんが、エントリークラスを大きく上回る性能と言っていいでしょう。

ベンチマークスコアの比較

CPU Geekbench 5 マルチコアスコア
HP x360 13c (Core i7-10510U)
3146
FMV WM1/F3(Core i3-1115G4)
2187
HP x360 14c (Core i3-10110U)
2209
HP x360 14b(Pentium N6000)
1769
HP x360 14b (Pentium N5000)
1503
HP 14a(Pentium N5030)
1428
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
1422
Acer Spin512 (Celeron N4100)
1393
CB314(Celeron N4020)
910
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
880
Acer 512 C851T-H14N (Celeron N4000)
792
Lenovo 14e Gen2(3015Ce)
696
ASUS C223NA (Celeron N3350)
514

ベンチマークスコアの比較

CPU Geekbench 5 シングルコアスコア
FMV WM1/F3(Core i3-1115G4)
1143
HP x360 14c (Core i3-10110U)
1015
HP x360 14b(Pentium N6000)
726
Lenovo 14e Gen2(3015Ce)
558
HP 14a(Pentium N5030)
511
CB314(Celeron N4020)
483
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
461
HP x360 14b (Pentium N5000)
447
Acer 512 C851T-H14N (Celeron N4000)
426
Acer Spin512 (Celeron N4100)
397
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
301
ASUS C223NA (Celeron N3350)
270

PCMark / 3DMark

アプリによる軽めの作業の快適さを計測するPCMarkではそこそこ優秀な結果ではあったものの、8GBメモリー搭載機種を下回りました。しかし3Dグラフィックス性能を計測する3DMarkでは、トップクラスのスコアです。ゲーミングスマホのように重いゲームを快適に楽しめるほどではありませんが、優秀な結果です。

ベンチマークスコアの比較

CPU PCMark Work 2.0スコア
ASUS Flip C436FA (Core i7-10510U)
11966
HP x360 14c (Core i3-10110U)
11792
HP x360 14b(Pentium N6000)
11179
FMV WM1/F3(Core i3-1115G4)
11135
HP 14a(Pentium N5030)
9455
Lenovo 14e Gen2(3015Ce)
9364
CB314(Celeron N4020)
9052
HP x360 14b (Pentium N5000)
8714
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
8249
Acer Spin512 (Celeron N4100)
8191
Acer 512 C851T-H14N (Celeron N4000)
8011
IdeaPad Duet (MediaTek Helio P60T)
6686
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
6655
ASUS C223NA (Celeron N3350)
5195

ベンチマークスコアの比較

CPU 3DMakr Sling Shotスコア
FMV WM1/F3(Core i3-1115G4)
7374
HP x360 13c (Core i7-10510U)
5522
HP x360 14b(Pentium N6000)
4704
HP x360 14c (Core i3-10110U)
4172
HP x360 14b (Pentium N5000)
2780
Acer Spin512 (Celeron N4100)
2636
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
2538
Acer 512 C851T-H14N (Celeron N4000)
2247
Lenovo 14e Gen2(3015Ce)
2245
HP 14a(Pentium N5030)
2203
CB314(Celeron N4020)
2095
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
1796
IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
1789
ASUS C223NA (Celeron N3350)
1445

ブラウザーの使用感

Google Chromeでアマゾンのページを20ページ同時に開いたところ、はじめの一瞬だけ動作がカクとしたものの、あとは普通にページを利用できました。GoogleドキュメントなどのWebアプリ系だと20ページ同時に開くと少しカクカクする場面がありますが、全体的に普通に使えそうです(扱うデータ量や回線速度によって変わります)。Core i3 + 4GBメモリーモデルでも、ブラウザーのタブを複数使った作業には問題なく使えると思います。

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は公称値で約10時間とされています。画面の明るさを最大にした状態でCrXPRT2のバッテリーテストで駆動時間を計測したところ、6時間50分でバッテリー切れとなりました。画面の明るさや処理の内容によっては駆動時間は延びるでしょう。

バッテリー駆動時間の比較

CPU CrXPRT2バッテリーテスト
HP x360 14b
8時間48分
Lenovo 14e Gen2
7時間27分
FMV WM1/F3
6時間50分
ASUS Detachable CM3
6時間13分

実用性重視の良機種

FMV Chromebook WM1/F3 感想

富士通の個人向けChromebook第1弾ということで、気合いを入れて作られている印象を受けました。価格帯にしても仕上がりや使い勝手にしても、他社製品をかなり研究しているのでしょう。

海外メーカーの製品は外装に力を入れる傾向ですが、FMV Chromebook WM1/F3はディスプレイの映像やキーボードのタイプ感、筐体の強度など、実用性が重視されています。全体的な品質としては、ミドルレンジとしては十分な仕上がりです。

しかしCeleron搭載のエントリーモデルでも同様であるならば、お買い得感はグンと跳ね上がります。5万円前後でここまで仕上がりのいい機種は、なかなかありません。いまの価格でも十分お買い得ですが、なんらかのセールで値引きされれば買わなきゃ損レベルにまで達します。

FMV Chromebook WM1/F3 外観

5万円前後のアマゾン限定モデルは異様なコスパの高さ

このように開発陣の並々ならぬ意気込みが感じられる良機種なのですが、最大の欠点は「華がない」ところです。価格が非常に安いわけでもなく特別薄いわけでもなく、性能や機能がぶっ飛んでいるわけでもありません。玄人受けはするけれども、エントリー層にはピンとこない可能性があります。デスクトップ版のオフィスが使えない時点で候補から外す人もいるでしょう。

この記事を読んでいるあなたがChromebook初心者でこれからWindows / Mac代わりに使いこなしたいと考えているなら、アマゾン限定のタッチ対応モデルをおすすめします。大手国内ブランドの安心感もあり、5万円前後としては仕上がりは十分過ぎるほどです。ガッツリ使いたい人には、Core i3搭載モデルをおすすめします。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

Chromebook関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!