ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E レビュー:144Hz&狭額縁なGTX1060搭載ゲーミングノートPC

ドスパラ GALLERIA-GCF1060GF-E レビュー

最大10%のポイント還元中!

5/10~5/30のキャンペーン期間中にドスパラでパソコンを購入すると、抽選で1000名に最大10%ぶんのポイントを還元中! 詳しくは以下のリンクから、キャンペーン情報をご確認ください。
キャンペーン情報をチェック

ドスパラのGALLERIA GCF1060GF-Eは、コンパクト&高性能なゲーミングノートPCです。専用グラフィックス機能(GPU)はGeForce GTX 1060(6GB)で人気ゲームを快適に楽しめる上に、144Hzの高リフレッシュレート対応ディスプレイで画面の動きはヌルヌル。しかも液晶ディスプレイのベゼル(枠)が細い狭額縁デザインで、本体は非常にコンパクトです。

 GALLERIA-GCF1060GF-E スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i7-8750H、メモリー:8GB 、ストレージ:250GB SSD+1TB HDD、 グラフィックス:GeForce GTX 1060(6GB)、ディスプレイ:15.6インチ 1920×1080ドット

値段は税込+送料込で15万3338円から。性能とコスパに優れるドスパラのゲーミングノートPCのなかでも、GTX1060搭載モデルとしては最安です。144Hz対応狭額縁デザインでこの値段は非常にリーズナブル!

GALLERIA GCF1060GF-Eの注目ポイント

144Hz対応の狭額縁ディスプレイ

 GALLERIA-GCF1060GF-E 特徴 144Hz対応の狭額縁ディスプレイ

液晶ディスプレイのベゼル(枠)は実測7.5mmと非常にスリム。画面周りがスッキリとしているので、集中してゲームをプレーできます。さらにリフレッシュレート(画面の書き換え速度)は144Hzで、一般的なディスプレイの2.4倍!

反応速度の速い光学式スイッチ

 GALLERIA-GCF1060GF-E 反応速度の速い光学式スイッチ

キーボードには認識速度と耐久性に優れる光学式スイッチを採用。メカニカルキーボードのようなカチッとしたタイプ感も心地よく感じます。もちろんRGBイルミネーションにも対応!

GALLERIA GCF1060GF-Eの評価

GALLERIA-GCF1060GF-Eの評価

総合評価: 4.0/5.0

(評者:こまめブログ)

デザイン ゲーミングノートPCとしては本体がとてもコンパクト。落ち着いたデザインも好印象
性能 ハイエンド向けGPU&高性能CPUに対応。メモリーやSSDのアップグレードも可能
使いやすさ 端子類は十分で、キーボードの打ち心地も上々。ただしキー配列が微妙
軽さ 重さは実測で約2.1kg。ゲーム用としては非常に軽く、普通の15.6インチタイプと比べても軽め
画面 144Hz対応ディスプレは画面の動きがなめらか! 発色や明るさは十分なクオリティー

今回はメーカーからお借りしたGALLERIA GCF1060GF-Eモデルの実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

GALLERIA-GCF1060GF-E

GALLERIA GCF1060GF-E

税込15万3338円から

※2018年12月30日時点の価格。最新の価格やキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください

GALLERIA GCF1060GF-Eのスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU 第8世代 Core i7-8750H
メモリー 8GB(最大32GB)
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD ※カスタマイズ可
グラフィックス GeForce GTX 1060(6GB)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチ、1920×1080、非光沢、ペン/タッチ非対応、リフレッシュレート144Hz
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0、1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース USB3.0(フルサイズ)×2、USB3.0(Type-C)×1、USB2.0×1、HDMI、Mini DisplayPort×2、有線LAN、SDカードスロット、ヘッドホン出力
セキュリティー TPM 2.0、セキュリティーロック、マカフィー・リブセーフ 12ヵ月 製品版
カメラ 90万画素
サイズ/重量 幅360×奥行き245×高さ27mm/約2.00kg
バッテリー駆動時間 ※非公開
オフィス ※オプション
サポート メーカー保証1年間

※2018年12月30日時点。構成は変更される場合があります

購入時のカスタマイズ画面でメモリー容量やストレージ構成などを変更できます。SSDについてはSATA接続のみだけで、PCIe接続へのアップグレードには対応していません。また光学ドライブには非対応である点に注意してください。

ちなみに標準搭載の250GB SSDを「なし」にすると、価格が7560円安くなります。SSDがあったほうが快適ですが、少しでも安く入手したいあるいは自分でSSDを追加したいという人におすすめです。

本体の大きさやデザイン

GALLERIA GCF1060GF-Eの本体は非常にコンパクトで、15.6インチのGeForce GTX 1060搭載モデルとしては最小クラスです。360mmの幅はほかの他社製モデルでも実現していますが、奥行きはほかのモデルよりも2~3センチほど短め。スタンダードタイプの15.6インチノートPCよりも、ひと回り小さいサイズを実現しています。

GALLERIA-GCF1060GF-E 本体サイズ

GALLERIA GCF1060GF-Eの本体サイズ。標準的な15.6インチよりもひと回り小さめです

GALLERIA-GCF1060GF-E 大きさ

A4用紙とB5ノートとのサイズ比較。B4サイズ(B5ノートの見開き)よりもやや小さめ

GALLERIA-GCF1060GF-E 前面と背面

前面と背面

GALLERIA-GCF1060GF-E 厚さ

高さは公称値で27mm、ゴム足を含めた設置時の高さは29mmでした

GALLERIA-GCF1060GF-E ゴム足

底面部のゴム足には本体を保護するほか、接地面とのあいだにすき間を作ることで冷却効果を高める役割があります

GALLERIA-GCF1060GF-E 軽さ

重量は実測2.074kg。普通の15.6インチタイプと比べても軽めです

GALLERIA-GCF1060GF-E 電源アダプター

付属の電源アダプター。重量は653g

本体カラーはブラックのみ。天板とキーボード面は金属製で、落ち着いた雰囲気ながらも質感の高さを感じさせます。

GALLERIA-GCF1060GF-E 本体カラー

ブラックの本体カラー

GALLERIA-GCF1060GF-E 天板のデザイン

天板にはロゴやエンブレムはなく非常にシンプルなデザイン

天板のデザイン

表面には薄めのヘアライン加工が施されています。触ると指紋や油脂が付くので、まめに拭き取るといいでしょう

GALLERIA-GCF1060GF-E キーボード面

キーボード面も天板部分と同じ仕上がり

GALLERIA-GCF1060GF-E タッチパッド

タッチパッドの周囲は面取りされておりメタリックに輝きます

GALLERIA-GCF1060GF-E 前面

前面部にはRGB LEDが仕込まれています

GALLERIA-GCF1060GF-E ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル(枠)は左右7.5mmで上部19mm。画面回りがとてもスッキリとしています

GALLERIA-GCF1060GF-E 底面部

底面部は樹脂製

GALLERIA-GCF1060GF-E 通気口

エアインテークには通気性に優れるメッシュ素材が使われていました

GALLERIA-GCF1060GF-E フォルム

ゲーミングPCならではのゴツさのないシャープなフォルム

画面の色と見やすさ

液晶ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ゲーミングノートPCとしては、標準的なスペックです。

GALLERIA-GCF1060GF-E 液晶ディスプレイ

画面サイズは15.6インチで解像度は1920×1080ドット

普通のノートPCと異なるのは、液晶ディスプレイのリフレッシュレート(画面の書き換え速度)が144Hzである点です。通常のディスプレイだと60Hzですので、実に2.4倍もの差があります。ちょっとイメージしづらいかもしれませんが、たとえるなら1秒間に60枚のパラパラ漫画と1秒間に144枚のパラパラ漫画の違いのようなもの。枚数が多いぶん画面がスムーズに動く、と考えるといいでしょう。

GALLERIA-GCF1060GF-E リフレッシュレート

リフレッシュレートは144Hz。通常のディスプレイよりも画面がなめらかに動くので、ターゲットの動きを正確に捉えられます

ただし、どんなゲームでも144Hzで動作するわけではないので注意してください。CPUやGPUの性能が低いとゲーム側の処理が追いつかず、高リフレッシュレートを実現できない場合があるのです。

GALLERIA-GCF1060GF-E 高リフレッシュレート

ターゲットの動きを正確に捉えられるので、対戦プレーで勝ちたい人におすすめ

映像の色合いは標準的です。色に違和感はなく、コントラストもしっかりと表現されています。ゲームだけでなく、写真や動画を楽しむのにもいいでしょう。

GALLERIA-GCF1060GF-E 映像品質

自然な発色でコントラストも高めです

GALLERIA-GCF1060GF-E ガンマカーブ

i1Display Proによる液晶ディスプレイのガンマカーブ。色のバランスは良好

GALLERIA-GCF1060GF-E 

画面は特別明るいわけではありませんが、ゲームには十分な明るさです。物陰や暗いシーンでも周囲をハッキリ見渡せました

キーボードの使いやすさ

GALLERIA GCF1060GF-Eのキーボードはちょっとクセがある作りです。まず一般的なノートPCと異なり、キーボードのキー同士が隣接しています。とは言えデスクトップPC向けや一部のゲーミングノートPCでは見かけるタイプなので、人によっては違和感はないでしょう。

GALLERIA-GCF1060GF-E キーボード

GALLERIA GCF1060GF-Eのキーボード

個人的にかなり気になったのは、キーの配列です。英数字キーについては標準的なのですが、一部の記号キーが特殊な場所に配置されています。特にShiftキーはゲームで使うことが多く、プレー中に押し間違えてしまうことが度々ありました。慣れるまでは小指を意識して気に開くように使うといいかもしれません。

GALLERIA-GCF1060GF-E キー配列で気になる部分

キー配列で気になる部分

タイプ感については良好です。キーピッチ(キーとキーの間隔)は実測18mm強でやや窮屈さを感じるものの、キーストローク(キーを押し込む深さ)は2mm弱と深め。特にカチカチとしたタイプ感とタイプ音が心地よく、使っていて楽しいキーボードです。

GALLERIA-GCF1060GF-E キースイッチ

耐久性と認識速度に優れる光学式スイッチを採用

GALLERIA-GCF1060GF-E タイプ感

感触は青軸のメカニカルキーボードに近いのですが、クリック感が青軸よりも軽めです。強めのタッチだとやや底打ち感がありました

GALLERIA-GCF1060GF-E バックライト

キーボードバックライトはRGB LED。専用ユーティリティーで色や発光パターンを変更できます

GALLERIA-GCF1060GF-E タッチパッド

タッチパッドはボタン一体型タイプ

GALLERIA-GCF1060GF-E タッチパッドの無効化

タッチパッドの左上をダブルタップするとオン/オフを切り替えられます

端子類の種類と使いやすさ

インターフェース(端子類)は十分な構成です。ただし光学ドライブには対応してない点に注意してください。

GALLERIA GCF1060GF-E 左側面

左側面のインターフェース

  • ① セキュリティースロット(盗難防止用)
  • ② 1000BASE-T対応有線LAN
  • ③ USB2.0
  • ④ ヘッドホン出力

GALLERIA GCF1060GF-E 右側面

右側面のインターフェース

  • ① USB3.0
  • ② SDカードスロット

GALLERIA GCF1060GF-E 背面

背面のインターフェース

  • ① Mini DisplayPort
  • ② HDMI
  • ③ USB3.0(Type-C)
  • ④ 電源コネクター

ベンチマーク結果

今回のテストでは、以下の構成のモデルを使いました。なおベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります。あらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Pro
CPU Core i7-8750H
メモリー 8GB
ストレージ 250GB SSD+1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1060(6GB)

ストレージ性能

試用機では使われていたSSDはCrucialのMX500(M.2 SATA)タイプでした(個体によってはほかのSSDが使われている場合があります)。SSD/HDDともにアクセス速度が平均的です。

GALLERIA GCF1060GF-Eのアクセス速度(CrystalDiskMark)

250GB SSD(左)と1TB HDD(右)のアクセス速度(CrystalDiskMark)

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度の違い

ウィンドウズの起動を計測したところ平均起動時間は12.98秒で、SATA接続SSDの平均値(16~17秒)よりも高速でした。ドスパラのPCはBIOSの立ち上がりが速いので、その点が影響しているのかもしれません。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
15.3秒 12.2秒 12.3秒 12.5秒 12.6秒 12.98秒

注文時のカスタマイズ画面でSSDを「なし」にすると、価格を7560円安く抑えられます。HDDのみで利用するのもいいのですが、別途購入した500GB~1TBのSSDを自分で取り付ければ大容量SSDを安く追加可能です。ただしSSDにHDDのクローン(コピー)を作る作業が必要になるので注意してください。なおPCIe接続のSSDに対応しているかは確認できませんでした。

WD 内蔵SSD M.2-2280 / 500GB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS500G2B0B

WD 内蔵SSD M.2-2280 / 500GB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS500G2B0B

6,979円(05/27 12:42時点)
Amazonの情報を掲載しています
Crucial SSD M.2 1000GB MX500シリーズ SATA3.0 Type 2280SS CT1000MX500SSD4/JP

Crucial SSD M.2 1000GB MX500シリーズ SATA3.0 Type 2280SS CT1000MX500SSD4/JP

15,288円(05/26 23:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

CPU性能

CPUとして使われているCore i7-8750Hは非常に高性能で、ノートPCとしてはトップクラスのパフォーマンスです。GALLERIA GCF1060GF-EでもノートPC全体としては優秀な結果でしたが、当サイトで計測したほかのCore i7-8750H搭載機の平均値を下回りました。もしかすると熱対策のために、パフォーマンスを調整しているのかもしれません。

※サーマルスロットリングの可能性を調べようとしたのですが、いつも使っているソフトではなぜかCPU温度とクロックを取得できませんでした

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i7-8700 ※2
15300
Core i7-8750H
13484
GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H)
11482
Core i5-8400 ※2
11228
Core i7-7700 ※2
10880
Core i5-8300H
10238
Core i7-7700HQ
9381
Core i7-8550U
9127

※そのほかのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値 ※2デスクトップ向けCPU

グラフィックス性能について

総合的な3D性能を計測する「3DMark」でも、GeForce GTX 1060の平均値を若干下回る結果が出ています。おそらくCPUパフォーマンスが影響しているものと思われるのですが、実際のところゲームにそれほど大きな影響はない範囲だと思います。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GTX 1070
14715
GTX 1060
10187
GALLERIA GCF1060GF-E(GTX 1060)
9543
GTX 1050 Ti
6742
GTX 1050
5275

※そのほかのGPUのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

ゲームを快適に遊べるGPUの目安(フルHD時)

ゲームの重さ 画質 推奨GPU
重量級
FF15、Assassin’s Creed Origins、Ghost Recon Wildlands、黒い砂漠など
高画質 GTX 1080以上
標準画質 GTX 1070以上
低画質 GTX 1060以上
中量級
FF14、PUBG、Fortnite、OverWatch、AVAなど
高画質 GTX 1060以上
標準画質 GTX 1050 Ti以上
低画質 GTX 1050以上
軽量級
ドラクエ10、League of Legends、ガンダムオンライン、CSO、PSO2など
高画質 GTX 1050 Ti以上
標準画質 GTX 1050以上
低画質 GTX 1050以上

※ 当サイトの検証結果を元にした指針で、実際のゲームの動作を保証するものではありません

ゲーム系ベンチマーク結果

FF15ベンチ
FF15 (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 高品質 4189(普通)
標準品質 5836(やや快適)
軽量品質 7213(快適)
FF14ベンチ
FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 9775(非常に快適) ※67.275 FPS
高品質(ノートPC) 11101(非常に快適) ※79.924 FPS
標準品質(ノートPC) 11624(非常に快適) ※84.965 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 17418(すごく快適)
標準品質 18338(すごく快適)
低品質 19141(すごく快適)
Assassin's Creed Odyssey
アサシンクリード オデッセイ (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 43 FPS
57 FPS
65 FPS
Assassin's Creed Origins
アサシンクリード オリジンズ (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 47 FPS
61 FPS
超低 67 FPS
Far Cry5
Far Cry5 (DX11) ※中規模
1920×1080 (フルHD) 最高 55 FPS
64 FPS
72 FPS
SOTTR
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー(DX12) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 46 FPS
56 FPS
最低 78 FPS
ROTTR
ライズ オブ ザ トゥームレイダー(DX12) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高 68.05 FPS
90.96 FPS
最低 110.78 FPS

※平均60 FPS以上が理想

フォートナイトを実際にプレーしてFPS(描画速度の目安)を計測したところ、最高画質の「エピック」では平均74 FPSでした。理想とされる平均60 FPSを上回っていますが、高リフレッシュレートを実感するにはちょっと足りません。プリセットの”高”画質をベースに、ゲームに影響のない範囲でやや画質を落とせばなめらかな動きを実感できるでしょう。

ALIENWARE M15 フォートナイトFPS計測結果

フォートナイトFPS計測結果

エピック(最高画質) 74.000 FPS
77.250 FPS
82.500 FPS
低(最低画質) 116.117 FPS

PUBGでも最高画質で平均60 FPSを上回っていますが、高リフレッシュレートを実感するなら”中”画質以下に設定したほうが良さそうです。このゲームは画質が低くてもプレーにはあまり影響しないので、低めの画質でも問題ないでしょう。

ALIENWARE M15 PUBG FPS計測結果

PUBG FPS計測結果(フルHD)

ウルトラ(最高画質) 68.200 FPS
73.183 FPS
72.883 FPS
80.533 FPS
非常に低い(最低画質) 76.717 FPS

ゲーム中の発熱と騒音について

FF15ベンチを1時間駆動し続けたところ、CPU温度は最大で85度とゲーミングノートPCとしては低めの結果でした。ただしクロックが最低797MHzまで落ちているので、もしかするとサーマルスロットリングが発生していたのかもしれません(前述のとおり、試用機ではCPUのクロック/温度を記録できませんでした)。

GALLERIA GCF1060GF-E CPU温度

CPUの最大温度は85度

キーボード面の温度を計測したところ中央部はそれなりに高温だったものの、ゲーム中に常時触れ続けるWASDキーはまったく温度が上がっていませんでした。もしかするとGALLERIA GCF1060GF-Eは、熱を抑えることを重視しているのかもしれません。本体の熱が低ければ低温やけどの心配もなく、さらに熱によるパーツの劣化を遅らせることができるからです。

GALLERIA GCF1060GF-E キーボード面の温度

WASDキーはまったく熱くありません

キーボード上部のボタンを押すと空冷ファンが強く回転し、内部の熱をさらに抑えることができます。ただし空冷ファンを強制駆動すると騒音がかなり大きく(実測60dBA前後、電源OFF時は37dBA前後)なるので注意してください。

ただし駆動音の大きさについては、ヘッドホンをしていればまったく気になりません。最近のゲームではターゲットの位置を把握するために効果音が重要であることが多く、そのためにゲーミングヘッドセットを使う人が増えています。プレーを有利に進めるためにも、ゲーミングヘッドセットの利用をおすすめします。

関連記事

おすすめのゲーミングヘッドセット

軽さと小ささを重視するならコレ

ということで、今回はGALLERIA GCF1060GF-Eのレビューをお届けしました。

正直な感想を言えば、GeForce GTX 1060搭載機としてはパフォーマンス面で少々物足りなさを感じます。ただしこれは試用機固有の症状だったのかもしれませんし、もしかするとGALLERIA GCF1060GF-E全般で見られるのかもしれません。

でもひとつ言えるのは、これだけ軽くてコンパクトなのは確かに魅力的であるということです。GeForce GTX 1060搭載のゲーミングノートPCとしては、最小クラスと言っていいでしょう。フォートナイトやPUBGで144Hzのヌルヌル感は実感できませんでしたが、ゲーム自体はストレスなく快適にプレーできます。とにかく軽くて小さいゲーミングノートPCが欲しいという人におすすめします。

GALLERIA GCF1060GF-E まとめ

人気ゲームが快適に遊べる上に、小さくてコンパクトな点が魅力

GALLERIA-GCF1060GF-E

GALLERIA GCF1060GF-E

税込15万3338円から

※2018年12月30日時点の価格。最新の価格やキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください

もう少し安いほうがいいという人には、同じ形状でCore i5+GeForce GTX 150Ti搭載のモデルはいかがでしょうか?

GALLERIA GCF1050TGF-E

GALLERIA GCF1050TGF-E

税込13万1738円から

※2018年12月30日時点の価格。最新の価格やキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください

パフォーマンス重視の人には、より高性能なGeForce GTX 1060/1070搭載モデルがおすすめです。

GALLERIA GCF1060GF

GALLERIA GCF1060GF

税込18万0338円から

※2018年12月30日時点の価格。最新の価格やキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください

GALLERIA GCF1070NF

GALLERIA GCF1070NF

税込22万8938円から

※2018年12月30日時点の価格。最新の価格やキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

\おすすめ記事/

マカフィーリブセーフ
 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました