ドスパラ GALLERIA GCF2060RGF-E レビュー:RTX 2060搭載でコンパクト!

ドスパラ GALLERIA GCF2060RGF-E レビュー

ドスパラのGALLERIA GCF2060RGF-Eは、GPU (グラボ)としてミドルレンジのGeForce RTX 2060を搭載するゲーミングノートPCです。ゲーム用としては本体サイズがコンパクトな上に、144Hzの高リフレッシュレートディスプレイや誤認識の少ないキーボードなど、ゲーマー向けの機能が充実しています。

GALLERIA GCF2060RGF-E

GALLERIA GCF2060RGF-E

今回はメーカーからお借りしたGALLERIA GCF2060RGF-Eの実機を使って、デザインや性能などをレビューします。

1万ポイント還元 (10/23まで)

10/23までにこのモデルを購入すると、周辺機器 / PCパーツやゲームの購入に使えるドスパラポイント1万円ぶんが還元されます。さらに購入者のなかから抽選で10名に、3万5000円ぶんのポイントを還元! 詳しくは以下のリンクから公式サイトをご覧ください。

キャンペーン情報を見る

キャッシュレス決済で5%還元!

ドスパラは経産省が実施する「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象企業です。指定の支払い方法をで購入すると、5%の還元を受け取ることができます。詳しくは以下のリンクから、5%還元の受け取り方法をご確認ください。

5%還元を受け取る方法を確認する

GALLERIA GCF2060RGF-E

GALLERIA GCF2060RGF-E

税込21万1178円~

※2019年10月4日時点。価格や構成は変更される場合があります

関連記事

GALLERIA GCF2060RGF-Eのスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU Core i7-9750H
メモリー 16GB
SSD 512GB
HDD なし
※オプションで追加可能
グラフィックス RTX 2060 (6GB)
幅×奥行き 360×245mm
厚さ 27mm
重量 最大2.01kg
バッテリー ※非公開

※2019年10月4日時点。構成は変更される場合があります


リフレッシュレート 144Hz
表面処理 非光沢
パネルの種類 ※不明
光学ドライブ
テンキー あり
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5
USB3.1
USB3.0 2
USB2.0 1
USB Type-C 1 (USB3.0)
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort 2 (Mini / Type-C)
Webカメラ あり
顔認証カメラ
指紋センサー

ベンチマーク結果

まずはGALLERIA GCF2060RGF-Eの性能について紹介します。ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがある点をあらかじめご了承ください。

3Dグラフィックス性能

GALLERIA GCF2060RGF-EではGPU (グラボ)として、GeForce RTX 2060が使われています。総合的な3Dグラフィックス性能は現行世代のRTX / GTXにおいてちょうど中間あたり。いわゆるミドルレンジのGPUです。

ベンチマークテストでは、同じRTX 2060の平均値を若干上回る結果が出ました。ただ、同じミドルレンジのGTX 1660 Tiとベンチマークスコアはあまり変わりません。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2080 Max-Q
20160
RTX 2070
19807
RTX 2070 Max-Q
17147
GALLERIA GCF2060RGF-E (RTX 2060)
15520
RTX 2060
14945
GTX 1660 Ti
14750
GTX 1650
11894
UHD 630 (Core i7)
1176

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

RTX 2060とGTX 1660 Tiの違いは、ハードウェアレベルでレイトレーシングに対応しているかどうかです。レイトレーシング対応のRTX 2060では、レイトレーシング性能を計測するテストでGTX 1660 Tiを上回っています。

レイトレーシング機能の性能比較

GPU 3DMark Port Royalスコア
RTX 2080 Max-Q
4618
RTX 2070
4473
RTX 2070 Max-Q
4243
GALLERIA GCF2060RGF-E (RTX 2060)
3314
RTX 2060
3085
GTX 1660 Ti
1470
GTX 1650
※計測不能

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ただし現状はレイトレーシングに対応するゲームは多くありません。また仮に対応ゲームをプレーしたとしても負荷が非常に高いため、画質を落とす必要があるでしょう。

今後軽いレイトレーシング対応ゲームが登場する可能性もありますが、レイトレーシングにこだわらないなら価格の安いGTX 1660 Ti搭載モデルを選ぶか、逆にワンランク上のRTX 2070 / 2080搭載機種を選ぶという選択肢もあります。

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークや実際のプレーにおけるFPS (画面の滑らかさを表わす目安)計測結果は以下のとおりです。処理の重い重量級のゲームでも、フルHDのそこそこ高画質で快適に楽しめます。

FPS / TPSやバトロワ系シューターについては、最高画質で100 FPS前後といったところです。これでも十分高リフレッシュレートのディスプレイでなめからな動きを楽しめますが、144 FPSあたりまで出すには画質を落としたほうがいいでしょう。軽めのOverwatchであれば、最高画質でも144Hzの動きを楽しめそうです。

FF15ベンチ (重量級 / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 6037 / 快適
標準品質 8231 / 快適
軽量品質 10133 / とても快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 13665 / 非常に快適  / 97.2FPS
高品質 14705 / 非常に快適 / 116FPS
標準品質 15564 / 非常に快適 / 129.8FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 20484 / すごく快適
標準品質 20468 / すごく快適
低品質 21276 / すごく快適

フォートナイト (中量級 / DX11)

フォートナイト
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 102.3 FPS / 83 FPS
138.2 FPS / 109 FPS
176.8 FPS / 150 FPS
247.7 FPS / 208 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PUBG (中量級 / DX11)

PUBG
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 92.6 FPS / 85 FPS
102.9 FPS / 80 FPS
108.4 FPS / 78 FPS
122.1 FPS / 96 FPS
非常に低い 114.2 FPS / 81 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

オーバーウォッチ (軽量級 / DX10)

オーバーウォッチ
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 144.3 FPS / 121 FPS
ウルトラ 193.7 FPS / 164 FPS
223.5 FPS / 200 FPS
NORMAL 251.3 FPS / 227 FPS
298.7 FPS / 276 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ (中量級 / DX11)

Apex Legends
画質 平均FPS / 最低FPS
最高設定 120.9 FPS / 101 FPS
最低設定 143.8 FPS / 143 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

アサシンクリード オデッセイ (超重量級 / DX11)

アサシンクリード オデッセイ
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 49 FPS / 27 FPS
68 FPS / 22 FPS
71 FPS / 19 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (重量級 / DX12)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー
画質 平均FPS
最高 74 FPS
85 FPS
最低 103 FPS

※DLSSオン、平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ゴーストリコン ワイルドランズ (重量級 / DX11)

ゴーストリコン ワイルドランズ
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 48.95 FPS / 38.96 FPS
89.6 FPS / 75.92 FPS
113.98 FPS / 96.13 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ファークライ ニュードーン (中重量級 / DX11)

ファークライ ニュードーン
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 77 FPS / 57 FPS
89 FPS / 71 FPS
94 FPS / 73 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

CPU性能

CPUとして使われているCore i7-9750Hは、非常に高性能です。インテルのCPUラインナップとしてはさらに上位のCore i9が存在しますが数は多くないため、実質的に最高クラスと言っていいでしょう。

CPUのマルチコア性能を計測するベンチマークテストでは、同じCore i7-9750Hを上回る結果が出ました。ゲームを快適に楽しめるパフォーマンスです。

CPUの性能比較

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
GALLERIA GCF2060RGF-E (RTX 2060)
2830
Core i7-9750H
2695
Core i7-8750H
2626
Core i5-9300H
1947
Core i7-8565U ※2
1351

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均 ※2は一般用途向けノートPC用

ストレージ性能

試用機では、PCIe 3.0 x4の超高速タイプSSDが使われていました。アクセス速度は非常に早く、ファイル操作はもちろん、ウィンドウズも快適に動作します。

GALLERIA GCF2060RGF-E アクセス速度

512GB SSDのアクセス速度

実際にゲームを10本くらいインストールしてみましたが、容量不足にはなりませんでした。容量的には特に問題ないでしょう。より多くのゲームをインストールしたり大容量の動画ファイルを保存したりするなら、オプションで1TB HDDを追加してもいいかもしれません。

CPUの温度について

GALLERIA GCF2060RGF-Eは通常動作のモードに加え、ファンを強制的に回転させることで内部の冷却効果を高める「ターボモード」が用意されています。あらかじめモードを有効にしておけば、キーボード上部のボタンを押すだけでモードを切り替え可能です。

GALLERIA GCF2060RGF-E 電源ボタン

キーボード上部にある電源ボタンとターボーモード切り替えボタン

GALLERIA GCF2060RGF-E Gaming Center

標準収録の「Gaming Center」。パフォーマンス設定での「ゲームモード」で「ターボモード」を有効にできます

通常モードとターボーモードでどれくらいの違いがあるのか、実際にCPUのクロックと温度を計測して比較しました。

まず通常モードの結果がコチラ。クロックは4GHzあたりを上限として、だいたい3.7~3.8Ghzあたりを推移しています。平均温度は93.8度とやや高めです。

GALLERIA GCF2060RGF-E CPU温度

通常モード時でFF15ベンチを30分間実行したときのCPUクリックとCPU温度の推移

ターボモードを有効すると平均温度が下がるかと思いきや、誤差レベルではありますが微妙に上がっています。逆にクロックはほぼ変わりません。今回のテストでは、通常モードとターボモードで差が見られませんでした。

GALLERIA GCF2060RGF-E CPU温度

ターボモード時のCPUクリックとCPU温度の推移

ただしターボモード有効時は駆動音 (ファンの回転音や排気音)がかなり大きめです。通常モードでも高負荷時はターボーモードと変わらないぐらいなのですが、ターボモード時は常時大きな音が鳴りっぱなしで、かなりうるさく感じます。今回のテストではあまり効果が見られなかったので、通常モードだけで利用してもいいのかもしれません。

駆動音の計測結果

電源オフ 37.4dBA
待機中 42.9dBA 排気音がわずかに聞こえる程度。うるさくはない
FF15ベンチ (通常モード) 58.9BA 排気音がかなり大きい。うるさく感じるレベル
FF15ベンチ (ターボモード) 60.2dBA 同上

デザインと使いやすさ

本体はコンパクト

GALLERIA GCF2060RGF-Eは、ゲーミングノートPCとしてはとてもコンパクトです。接地面積は幅360×奥行き245mmで、B4サイズ (幅364×奥行き257mm)よりひと回り小さい程度。一般向けの15インチノートPCと同等か、やや小さいくらいです。

GALLERIA GCF2060RGF-E 本体サイズ

15インチのゲーミングノートPCとしては非常にコンパクト

GALLERIA GCF2060RGF-E 高さ

高さは27mmで、やや厚みがあります

GALLERIA GCF2060RGF-E 本体カラー

本体カラーはブラック。天板側はとてもシンプルなデザイン

GALLERIA GCF2060RGF-E 天板

天板には質感と剛性に優れるアルミ素材が使われています

GALLERIA GCF2060RGF-E 天板のデザイン

表面にはヘアライン加工

GALLERIA GCF2060RGF-E キーボード面

キーボード面もアルミ製。タッチパッドの下部に、LEDイルミネーションが仕込まれています

GALLERIA GCF2060RGF-E バックライト

キーボードはRGBバックライト対応

GALLERIA GCF2060RGF-E LED

標準収録のユーティリティーでLEDの色や発光パターンを変更可能

GALLERIA GCF2060RGF-E ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右7.5mmで上部11mm。いわゆる狭額縁デザインで、画面周りがスッキリとしています

GALLERIA GCF2060RGF-E 対面部

対面部には大きめの吸気口

144Hzディスプレイは動きがなめらか!

液晶ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ゲーミングノートPCとしてはスタンダードな仕様です。パネルの種類は不明ですが映像は自然な色合いで、違和感がありません。

GALLERIA GCF2060RGF-E ディスプレイ

画面の大きさは15.6インチで、解像度は1920×1080ドット

GALLERIA GCF2060RGF-E 映像品質

映像は自然な色合い

液晶ディスプレイのリフレッシュレート (画面の書き換え速度の目安)は144Hzです。一般的な60Hzに比べて、画面の動きが非常になめらか。コマ送りのような画面のカクカク感はなく、画面がとてもスムーズに動きます。映像には残像感もなく、素早く動くターゲットでもしっかりと補足できました。動きの速いゲームでも、相手に遅れを取ることはないでしょう。

GALLERIA GCF2060RGF-E リフレッシュレート

リフレッシュレートは143Hzと表示されていますが、実際には144Hzです

GALLERIA GCF2060RGF-E 映像

高リフレッシュレートは画面の動きがすべるように滑らか。映像のブレを感じることなく、ターゲットをしっかりと捉えることができます

ややクセのあるキーボード

キーボードはテンキー付きの日本語配列です。英数字キーの配列は標準的なのですが、一部の記号キーが特殊な部分にありました。特にゲーム中に左下の「¥」キーをShiftキーと間違えて押してしまうことがあります。慣れれば問題ないかもしれませんが、しばらくはキーコンフィグなどで入力を無効化するか、別のキーを割り当てるなどするといいかもしれません。

GALLERIA GCF2060RGF-E キーボード

キーボードはテンキー付きの日本語配列。キー同士が離れたアイソレーション型ではなく、密接型です

GALLERIA GCF2060RGF-E 配列

「¥」キーが左下に、「ろ」キーが右側の最下段にあります

キーピッチは19mmで、キーストロークは約2mm。ストロークはかなり深く感じます。メカニカルほどではありませんが、入力時にサクッとした固めのクリック感を感じられました。ストロークの深さもあいまって、確かな手応えを感じられます。

GALLERIA GCF2060RGF-E キー

しっかりとしたタイプ感で、操作時に迷いを感じません

入力時に「タチっ」 (カチっではなく)としたタイプ音が聞こえますが、気になるほどではありません。プレーに白熱しても、周りの人がうるさく感じるほどではないはずです。

なおタッチパッドは左上の角を軽くダブルタップすることでオン / オフを切り替えられます。有効になっているとタッチパッドが反応して誤操作の原因となるため、あらかじめ無効にしておくといいでしょう。

GALLERIA GCF2060RGF-E タッチパッド

タッチパッドの左上をダブルタップすることで、オン / オフを切替可能

キーの同時押し認識数は非常に多く、50キー以上を確認できました。指の本数の関係ですべてのキーを同時に押せませんでしたが、もしかするとNキーロールオーバー (全キー対応)なのかもしれません。WASDキー周りもしっかりと認識されるので、キー入力時の誤認識はないはずです。

GALLERIA GCF2060RGF-E キーの同時押し

最大で50キー程度の同時押しを確認。キーの誤認識の心配はなさそうです

端子類は十分な構成

周辺機器接続用のインターフェース (端子)類は数も種類も十分。ゲーミングノートPCとしては標準的な構成です。ちょっと特殊なのはMini-DisplayPortがふたつある点ぐらいでしょうか。外付けの液晶ディスプレイを用意すれば、最大3画面でプレーできるかもしれません。

GALLERIA GCF2060RGF-E 左側面

左側面にはセキュリティースロット、有線LAN、USB2.0、マイク入力 / ヘッドホン出力

GALLERIA GCF2060RGF-E 右側面

右側面はUSB3.0、SDカードスロット

GALLERIA GCF2060RGF-E 背面

背面にはMini DisplayPort、HDMI、USB3.0 Type-C、電源コネクター

USB端子が左右側面のみで、背面にないのはちょっと残念です。USB接続のゲーミングデバイスを利用すると、両サイドがケーブルでゴチャついてしまいます。有線LANもできれば背面にあるとありがたいですね。

GALLERIA GCF2060RGF-E ケーブル周り

3つのUSB接続ゲーミングデバイスを接続した様子

GALLERIA GCF2060RGF-E USB端子

USB端子は手前側で、マウス操作時にケーブルがジャマに感じることがありました

キャンペーンを使って賢くゲット!

ということで、今回はGALLERIA GCF2060RGF-Eのレビューをお届けしました。

製品としての仕上がりは悪くないのですが、税込 & 送料込みで21万1178円はちょっと高いかな、というのが正直な感想です。

ただしいまなら1万円ぶんのポイント還元があり、なおかつキャッシュレシュ決済で5%還元 (1万円前後)ですから、実質的には19万円ちょっとという感じでしょうか。そのくらいの価格であれば製品のクオリティーを見る限りアリだと思います。さらに会員向けのポイントサービスもありますので、いろいろチャレンジしてお得に購入してください。

GALLERIA GCF2060RGF-E 感想

キャンペーンを活用すれば、通常よりもお得な価格でゲットできます

1万ポイント還元 (10/23まで)

10/23までにこのモデルを購入すると、周辺機器 / PCパーツやゲームの購入に使えるドスパラポイント1万円ぶんが還元されます。さらに購入者のなかから抽選で10名に、3万5000円ぶんのポイントを還元! 詳しくは以下のリンクから公式サイトをご覧ください。

キャンペーン情報を見る

キャッシュレス決済で5%還元!

ドスパラは経産省が実施する「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象企業です。指定の支払い方法をで購入すると、5%の還元を受け取ることができます。詳しくは以下のリンクから、5%還元の受け取り方法をご確認ください。

5%還元を受け取る方法を確認する

GALLERIA GCF2060RGF-E

GALLERIA GCF2060RGF-E

税込21万1178円~

※2019年10月4日時点。価格や構成は変更される場合があります

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました