ドスパラ GALLERIA RL5R-G50Tレビュー:Ryzen 5 4600H+GTX 1650 Tiで11万円台のエントリーゲーミングノートPC

ドスパラ GALLERIA RL5R-G50Tレビュー

ドスパラのGALLERIA RL5R-G50Tは、15.6インチディスプレイを搭載するエントリークラスのゲーミングノートPCです。CPUとGPUがひと世代前のものですが、そのぶん価格が安い点がポイント。画質を調整すれば人気ゲームを高リフレッシュレートのなめらかな動きで楽しめます。

GALLERIA RL5R-G50T

GALLERIA RL5R-G50T

GALLERIA RL5R-G50Tのスペック

OS Windows 10 Home
画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU Ryzen 5 4600H
メモリー 16GB(8GB×2)
※スロット2基、PC4-25600
SSD 512GB NVMe SSD
HDD なし
グラフィックス GTX 1650 Ti(4GB)
リフレッシュレート 120Hz
モバイル通信
堅牢性テスト ※表記なし
色域 / 輝度 ※表記なし
幅×奥行き 359.8×243mm
厚さ 20.5mm
重量 約1.9kg
バッテリー 約7.5時間

※2021年7月6日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー シルバー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 表記なし ※IPS相当
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー 3列
有線LAN 1000Mbps
無線LAN Wi-Fi 6(最大2.4Gbps)
Bluetooth 5
USB3.2 2(Gen1)
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C 1(3.2 Gen2)
Thunderbolt
メモリーカード SD
HDMI 1(2.0)
VGA (D-sub15)
DisplayPort 1(mini)
Webカメラ HD画質(92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー
付属品 120W ACアダプターなど
オフィス なし(オプションで追加可能)

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

raytrek R5-CA

GALLERIA RL5R-G50T

11万3280円

※2021年7月6日時点

デザインと使いやすさ

外観について

GALLERIA RL5R-G50T 外観

GALLERIA RL5R-G50Tが専用GPUを搭載するゲーミングノートPCですが、見た目は派手さを抑えた普通のノートPCです。唯一ゲーミングPCっぽく見えるのはキーボードのRGBバックライトだけですが、オフにすればゲーミングPCらしさはありません。スタイリッシュな印象で、スタンダードなノートPCとして使えます。普通の外観のほうが好みという人に向けです。

GALLERIA RL5R-G50T 外観

GALLERIA RL5R-G50Tの外観。本体カラーは暗めのシルバー

GALLERIA RL5R-G50T エンブレム

天板にはGALLERIAシリーズのエンブレム

GALLERIA RL5R-G50T 天板

天板はツヤ消しで指紋が目立ちません

GALLERIA RL5R-G50T アンテナ

質感は樹脂(プラスチック)風ですが、天板のヒンジ付近に電波を通すためのアンテナラインがあるので、もしかすると金属製かもしれません

GALLERIA RL5R-G50T パームレスト

パームレストはアルミ製

GALLERIA RL5R-G50T バックライト

RGBバックライト対応。色は標準収録ユーティリティーで変更できます

GALLERIA RL5R-G50T ベゼル

ベゼル幅は左右7.2mm、上部6.9mm、下部30.2mm

GALLERIA RL5R-G50T Webカメラ

下部ベゼルが広いのは、Webカメラが設置されているため。この角度だと撮影時に顔が下からあおられるように映ります

GALLERIA RL5R-G50T 排気口

排気口は左右側面と背面

GALLERIA RL5R-G50T 排気音

排気音は最大で55.1dBA。ヘッドホンを着用しても聞こえるほど大きいのですが、ゲームの効果音やBGMが再生されればかろうじて気になりません

GALLERIA RL5R-G50T 底面

底面部は樹脂(プラスチック)製のブラック

GALLERIA RL5R-G50T サイズ

設置面積は幅359.8mm×奥行き243mm

GALLERIA RL5R-G50T 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較

GALLERIA RL5R-G50T 厚さ

厚さは公称値で20.5mm、実測で22.9mm、底面部のゴム足を含めた設置時の高さは25.5mmでした

GALLERIA RL5R-G50T 背面

本体背面。ゴム足が高いので、設置時はやや厚めに見えます

GALLERIA RL5R-G50T 前面

前面の見た目はスリム

GALLERIA RL5R-G50T 重さ

重さは実測で1.946kg

GALLERIA RL5R-G50T 電源アダプター

電源アダプターは120Wの丸口タイプ。重さは567gで、けっこう大きめ

ディスプレイについて

GALLERIA RL5R-G50T 画面サイズ

ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ゲーミングノートPCと一般的なスペックです。リフレッシュレート(画面の書き換え速度)は120Hzで、一般的なノートPCやテレビなどの2倍。ゲームの動きは十分なめらかに感じられます。ただ144Hzで使っているなら、動きが少し荒く感じるかもしれません。とは言えエントリークラスとしては十分な性能です。

GALLERIA RL5R-G50T デスクトップ

GALLERIA RL5R-G50Tのデスクトップ

GALLERIA RL5R-G50T 映像品質

映像はやや暗く、色は若干寒色系。マニアックな視点だと、やや緑が強く感じます

GALLERIA RL5R-G50T 明るさ

バッテリー駆動時には画面がだいぶ暗く感じます。電源に接続すると普通の明るさなので、ゲームや作業は電源に接続した状態で行なうほうがいいでしょう

キーボードについて

GALLERIA RL5R-G50T キーボード

キーボードはバックライト対応の日本語配列です。数値入力に便利なテンキーが付いていますが、一般的な4列構成ではなく3列構成である点に注意してください。下から2行目の記号キーがやや小ぶりですが、ゲームや日本語入力にはあまり影響ないでしょう。しかしプログラミングなど記号キーを多用する作業では、違和感があるかもしれません。

GALLERIA RL5R-G50T 配列

Enterキー周りがやや特殊な配列

GALLERIA RL5R-G50T バックライト

RGBバックライト対応

GALLERIA RL5R-G50T バックライト

バックライトの色は標準収録ソフトで変えられます。キーボード全体に対して1色のみ

キーピッチは実測で18.7mmでした。一般的な19mmよりもわずかに狭く、実際に使うとほんのわずかに窮屈に感じます。キーストロークは実測で平均1.32mm。1.5mmの標準値よりも浅いのですが、クリック感が固いので手応えはしっかりとい感じられます。タイプ感は悪くはありません。

GALLERIA RL5R-G50T タイプ感

ストロークは浅めですが、タイプ感はハッキリとしています

クリック感が固いぶん、弱い力でもタイプ音がカタカタと聞こえます。とは言え、うるさく感じるほどではありません。ゲームプレー時であれば、(タイプ音については)周囲への配慮も必要ないでしょう

GALLERIA RL5R-G50T タイプ音

タイプ音ははっきりと聞こえますが、うるさくはありません

キーの同時押し認識数は英数字のみで最大で5キー、特殊キー込みで7キー程度でした。組み合わせや押す順番によっては、2~3キーしか認識されない場合もあります。WASDキー周りも認識数はキーの組み合わせしだいですが、ゲームでの必要最低限の基準はクリアーしていると言っていいでしょう。

GALLERIA RL5R-G50T キーの同時押し

キーの同時押し認識数は概ね5~7キー程度

インターフェース/機能について

GALLERIA RL5R-G50T インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース(端子)類は十分な構成です。左右側面にUSB端子があるので取り回しの自由度が高く、繋ぎっぱなしで使う端子類は背面に配置されているのでケーブルがジャマになりません。

またSDカードサイズのメモリーカードスロットが用意されている点もポイント。デジカメで撮影した画像を、手軽に取り込めます。Type-Cは充電には非対応ですが、電源アダプターが120Wと高出力なので仕方がないでしょう。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 ×
USB PD 45W充電 ×
USB PD 65W充電 ×
USB PD 100W充電 ×
映像出力 ×

GALLERIA RL5R-G50T スピーカー

スピーカーは底面配置で、音がややこもり気味。ゲームではヘッドホンの着用をおすすめします

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i7-10875H
メモリー 32GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
グラフィックス RTX 3060(6GB)

※各ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で、標準収録ソフト「Gaming Center」の「ターボモード」を有効化した最大パフォーマンス設定で実施しています

GALLERIA RL5R-G50T パフォーマンス

最大パフォーマンスでベンチマークを実施

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、AMDのRyzen 5 4600Hが使われています。すでに最新のRyzen 5000シリーズがリリースされていますが、性能的にはまだまだ現役レベル。特に6コア12スレッドCPUのなかでも、もっとも高性能です。ひと世代古いぶん価格が安いことを考えれば、十分アリかもしれません。

GALLERIA RL5R-G50T ベンチマーク

CPUベンチマークの結果 ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、専用グラフィックスのGeForce GTX 1650 Tiを搭載しています。すでに最新のRTX 30シリーズがリリースされており、位置付け的には前世代のエントリークラス。そのため3Dベンチマークテストでは、やや低めの結果が出ました。

とは言え重いゲームでもそこそこ快適に動きますし、価格の安いエントリーモデルであれば十分と言っていいでしょう。コスパを重視するのであれば、悪くありません。

GALLERIA RL5R-G50T ベンチマーク

Time Spy(DirectX 12)のスコア ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

GALLERIA RL5R-G50T ベンチマーク

Fire Strike(DirectX 11、フルHD)のスコア ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。GALLERIA RL5R-G50Tでは、すべてのテストで快適に使える目安の目標値を上回りました。そのほかのエントリー機やミドルレンジ機と比較すると、一般利用やビジネス利用ではあまり変わりません。ただしコンテンツ制作(動画編集や写真加工、3D制作)については、GPU性能の高いほうが有利な結果が出ています。

GALLERIA RL5R-G50T ベンチマーク

PCMark 10ベンチマークスコア ※目標値はPCMark 10公式サイトによるもの

ストレージのアクセス速度

ストレージは512GBのNVMe(PCIe 3.0 x4)SSDです。注文時のパーツカスタマイズには対応していません。

アクセス速度を計測したところ、なかなか優秀な結果が出ました。負荷の高い処理を連続で行なっても、アクセス速度は大きく低下していません。サーマルスロットリングの影響は少ないものと思われます。

GALLERIA RL5R-G50T ベンチマーク

512GB SSDのアクセス速度。左が標準テストの結果で、右が高負荷テストの結果

起動時間

ウィンドウズの起動時間(バッテリー駆動時)は平均12秒でした。最近のSSD搭載ノートPCの平均は15秒前後ですので、起動はやや速めです。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 14.4秒
2回目 10.2秒
3回目 12.7秒
4回目 10.4秒
5回目 12.3秒
平均 12秒

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークテストを試したところ、やや重い程度の中規模クラス作品でも高画質で快適に遊べるとの評価でした。画質をやや落とせば、高FPSのなめらかな動きでゲームを楽しめるでしょう。かなり重い重量級のゲームでも画質をグッと落とせばプレー可能ですが、軽量~中量級タイトル中心で考えたほうがいいかもしれません。人気のバトロワ系FPS / TPSも、十分楽しめます。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 3814 / 普通
標準品質 5728 / やや快適
軽量品質 7450 / 快適

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 10276 / 70 FPS
高品質 12537 / 89.9 FPS
標準品質 13979 / 111.5 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 17714 / すごく快適
標準品質 17754 / すごく快適
低品質 18660 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

PSO2 ニュージェネシスベンチ(やや重い / DX11)

PSO2 ニュージェネシスベンチ
画質 スコア / 平均FPS
ウルトラ 6654
22033
最低 42587

※1920×1080ドットの結果。5000以上が快適に遊べる目安

コスパの高さが魅力のゲーミングノートPC

GALLERIA RL5R-G50T 感想

よかった点

Ryzen 5 4600Hによる高いパフォーマンスが魅力です。価格も11万円台とお手ごろ。RTX 30シリーズでも同程度の価格の機種がありますが、CPU性能がイマイチだったりリフレッシュレートが低かったりと、いまひとつ決定打に欠けます。ゲームはもちろん、高いCPU性能が求められる重い処理で利用するのもいいでしょう。

気になる点

GPUがひと世代古い点が気になります。ベンチマーク結果を見ればおわかりのとおり、性能的には十分です。しかしRTX 3050 / RTX 3050 Tiの機能も魅力。とは言え最新GPU搭載だと値段もそれなりに跳ね上がるので、非常に悩ましいところです。重いゲームをプレーしないのであれば、十分アリなのですが。

raytrek R5-CA

GALLERIA RL5R-G50T

11万3280円

※2021年7月6日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ドスパラのPCレビュー一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!