アフィリエイト広告

GTX960でStar Warsバトルフロントを試めす 最高画質でもなんとか遊べるレベル?

00-02

 

先日購入したPC版「Star Warsバトルフロント」を、GTX 960搭載PCで試してみました。ごく簡単にFPSを計測した結果を紹介します。

1920×1080ドットの最高画質でプレー

とりあえず今回は、筆者が所有しているPCでFPSを計測してみました。主なスペックは以下のとおりです。

 

テストに利用したPCの主なスペック
OS Windows 10 Home
CPU  Core i7-6700K(4.0GHz)
メモリー DDR4 16GB
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 960(2GB)
ストレージ 256GB M.2 SSD(Samsung SM951、PCI Express接続)+2TB HDD

 

このPCに関してはほかの記事でレビューしていますので、そちらもご覧ください。

 

 

プレー時の解像度は1920×1080ドットで、グラフィックスは「最高画質」に設定。「ホス」と「タトゥイーン」、「エンドア」、「サラスト」の4種類のバトルミッション をシングルでプレーしたときのFPSを計測しています。マルチプレーやほかのミッションでは、FPSが変わることもあるので、あらかじめご了承ください。

 

解像度は1920×1080ドットで、グラフィックスを「最高」に設定した状態でプレーしています

解像度は1920×1080ドットで、グラフィックスを「最高」に設定した状態でプレーしています

 

ミッション「バトル-ホス」

02

 

FPS計測結果
最小 最大 平均
47 FPS 75 FPS 57.2 FPS

 

今回試した4種類のミッションのなかでは、このホスがもっとも重めでした。雪原という環境であるため、光の処理が重いのでしょうか。

 

平均FPSは、57.2FPSでした。理想とされる60FPS以上にはなりませんでしたが、特にカクつく場面もなく、スムーズにプレーできたと思います。ただ、やっぱり最小FPSで50を切っているところが気になりますね。

 

ミッション「バトル-タトゥイーン」

03

 

FPS計測結果
最小 最大 平均
64 FPS 88 FPS 70.4 FPS

 

砂漠ステージのタトゥイーンでは、かなり軽めでした。建造物も少なく、ステージ構成がシンプルだからでしょうか。最小FPSでも64FPSで、まったく問題ない結果が出ています。

 

ミッション「バトルーエンドア」

04

 

FPS計測結果
最小 最大 平均
51 FPS 85 FPS 59.2 FPS

 

エンドアは木々や建造物が多い上に、雨まで降っているので、負荷がかなり高そうです。とは言うものの、実際の計測結果では平均でほぼ60FPは出ています。プレー状況によって変わるかもしれませんが、問題ない結果だと言えるでしょう。

 

ミッション「バトルーサラスト」

05

 

FPS計測結果
最小 最大 平均
56 FPS 82 FPS 63.1 FPS

 

最期のサラストは基地内のステージで、影が多いためか負荷はやや軽めです。平均で60FPSを超えていますので、問題なくプレーできるレベルだと思います。

 

シングルならGTX 960でもOKでは?

「Star Warsバトルフロント」は推奨GPUがGTX970なので、正直なところGTX960ではかなり厳しいと思っていました。ですが実際にFPSを計測してみたところ、普通に楽しめるレベルの結果が出ています。

 

ただしこれはあくまでもシングルプレーでのこと。マルチプレーではさらにFPSが落ちるかもしれませんし、またそのFPSの低下がシビアなプレーに影響を及ぼすかもしれません。このあたりについては、今後さらに検証していくつもりです。

 

それにしても、「Star Warsバトルフロント」はなんだか難しいですね。筆者がこのような動きの早いゲームに慣れていないからかもしれませんが。トレーニングの「エンドア」でさえ、まだクリアーできていません(涙)

 

 

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
ゲーム
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました