MSI GF63 Thin 10Uレビュー:RTX30シリーズ搭載で11万円台からのお手頃エントリーゲーミングノートPC

MSI GF63 Thin 10Uレビュー

MSIのGF63 Thin 10Uは、15.6インチディスプレイ搭載のゲーミングノートPCです。第10世代Coreプロセッサ&RTX 3050 / 3050 Ti搭載で、価格は11万円台からとお手頃な点が特徴。エントリークラスでも性能は前世代のミドルレンジ相当で、重いゲームでも十分楽しめます。

MSI GF63 Thin 10U

MSI GF63 Thin 10U

ラインナップ

GF63-10UD-415JP
Core i7-10750H / 8GB / 512GB SSD /RTX 3050 Ti / 144Hz 13万9800円
GF63-10UC-429JP
Core i7-10750H / 16GB / 512GB SSD /RTX 3050 / 144Hz 15万4800円
GF63-10UD-059JP
Core i5-10500H / 8GB / 512GB SSD /RTX 3050 Ti / 60Hz 11万3800円

※2021年6月25日時点

GF63 Thin 10Uのスペック

OS Windows 10 Home
画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Core i7-10750H
・Core i5-10500H
メモリー ・8GB
・16GB
※スロット2基、最大64GB
SSD 512GB NVMe SSD
HDD なし
グラフィックス ・RTX 3050(4GB)
・RTX 3050 Ti(4GB)
リフレッシュレート ・144Hz
・60Hz
モバイル通信
堅牢性テスト ※表記なし
色域 / 輝度 ※表記なし
幅×奥行き 359×254mm
厚さ 21.7mm
重量 約1.86kg
バッテリー 51Whr、3セル4500mAh ※駆動時間は非公開

※2021年6月25日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ブラック
画面の表面 非光沢
パネルの種類 表記なし ※IPS相当
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー
有線LAN 1000Mbps
無線LAN Wi-Fi 6
Bluetooth 5.1
USB3.2 3(Gen1)
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C 1(3.2 Gen1)
Thunderbolt
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 92万画素
顔認証カメラ
指紋センサー
付属品 120W ACアダプターなど
オフィス なし

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

GF63 Thin 10U

GF63 Thin 10U

11万3800円~

※2021年6月25日時点

デザインと使いやすさ

外観について

GF63 Thin 10U 外観

GF63 Thin 10Uは、ゲーミングノートPCとしては軽量スリムである点が特徴です。本体は樹脂(プラスチック)製ですが、安っぽさは感じられません。エントリー向けとしては十分すぎるほどの仕上がりです。

GF63 Thin 10U 本体カラー

本体カラーはブラック。天板にはヘアライン加工が施されています

GF63 Thin 10U 天板

ボディの素材は樹脂製。軽くて丈夫ですが、キズに弱いので取り扱いに注意してください

GF63 Thin 10U パームレスト

パームレストも樹脂製。指紋の跡が少し残ります

GF63 Thin 10U ベゼル

ベゼル(フレームと非表示領域を含む)は左右7mm、上部18.5mm、下部25.4mm。上下がやや太めですが、左右は細め

GF63 Thin 10U 排気口

排気口は左側面と背面

GF63 Thin 10U 底面

底面部も樹脂製。左右非対称の先進的なデザイン

GF63 Thin 10U サイズ

設置面積は幅359mm×奥行き254mm

GF63 Thin 10U 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。156.インチとしては標準的な大きさです

厚さは公称値で21.7mm、実測で21.9mm、ゴム足を含めた設置時の高さは26.4mm

GF63 Thin 10U 薄さ

前面はとてもスリムに見えます

GF63 Thin 10U 背面

背面も比較的スリムですが、ゴム足の影響で設置時はやや厚く見えます

GF63 Thin 10U 重さ

重さは実測で1.857kg。一般的な15.6インチノートPCと変わりません

GF63 Thin 10U 電源アダプター

付属の電源アダプター120Wの丸口タイプではやや大きめ。重さは428g

ディスプレイについて

GF63 Thin 10U 画面サイズ

ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ゲーミングノートPCとしては、一般的なスペックです。リフレッシュレートは中上位モデルが144Hzで、下位モデルが60Hz。144HzはFPSやTPSなど動きの速い対戦ゲーム向きで、60HzはRPGやシミュレーションなどソロプレイのゲームに向いています。

GF63 Thin 10U デスクトップ

GF63 Thin 10Uのデスクトップ。今回試用した下位モデルは60Hz

映像は、比較的自然な色合いです。画面がわずかに暗いため若干寒色系の色合いですが、違和感はありません。ややコントラストが低くく鮮やかさに欠けますが、ゲーム中の暗いシーンでも影で見えづらくなることはありませんでした。ゲーム用にチューニングされた映像です。

GF63 Thin 10U 映像品質

映像はわずかに寒色系ですが、違和感はありません

Prestige 15 映像品質

ほかのクリエイター向けノートPCの映像(sRGB 100%)※別機種

GF63 Thin 10U 明るさ

画面はやや暗めですが、ゲームや作業に支障はありません

キーボードについて

GF63 Thin 10U キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列で、バックライト対応です。Enterキーの左側で一部のキーが小さいほか、右側には特殊キーが縦に並んでいます。長文の入力やプログラミングなどでは違和感があるかもしれませんが、ゲームプレイにはそれほど影響はないでしょう。

GF63 Thin 10U バックライト

バックライトは赤のみ

GF63 Thin 10U 配列

Enterキー左側で一部のキーが小さく、さらに右側に特殊キーが縦に並んでいます

キーの同時押し認識数は最大で15キー程度でした。キーの組み合わせによっても変化しますが、ゲームでよく使うWASDキー周りはしっかりと認識されています。ちゃんとゲーム用に配慮されたキーボードです。

GF63 Thin 10U キーの同時押し

キーの同時押し認識数は概ね8~10キー程度。WASDキー周りの組み合わせには問題ありません

キートップの大きさは16.1mmと大きめ。キーピッチは19mmと十分な余裕があり、タイプ時に窮屈さを感じません。キーストロークは実測で1.06mmと、ゲーミングノートPCとしてはかなり浅めです。個人的には若干物足りなさを感じますが、キーを押した瞬間に固めのクリック感があるので、手応えはしっかりと感じられます。

GF63 Thin 10U タイプ感

大きくて入力しやすいキー

GF63 Thin 10U タイプ感

ストロークがかなり浅いのですが、手応えはしっかりと感じられました。キーのグラつきも少なく、入力は安定しています

タイプ音は比較的静かです。軽い力でもカタカタと聞こえますが、うるさくは感じません。ただし上から打ち下ろすようにしてタイプすると音が響くので、軽いタッチ推奨です。

インターフェース/機能について

GF63 Thin 10U インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース(端子)類はUSB端子が合計4ポートで、うち1ポートがType-C、あとは映像出力用のHDMIと有線LAN、オーディオ端子など。Type-Cはデータ通信のみで、USB PDや映像出力に対応していない点は残念です。

また電源コネクターや有線LANなどつなぎっぱなしで使う端子類が左右に配置されているんで、本体の周りがケーブルでゴチャついてしまいます。USB接続のゲーミングデバイスを利用する場合は、ケーブルの取り回しに多少工夫したほうがいいかもしれません。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 ×
USB PD 45W充電 ×
USB PD 65W充電 ×
USB PD 100W充電 ×
映像出力 ×

GF63 Thin 10U スピーカー

スピーカーは底面配置で、音がこもって聞こえます。ゲーミングヘッドセットをしながらプレーしたほうがいいでしょう

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i5-10500H
メモリー 8GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス RTX 3050 Ti(4GB)

※各ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で、標準収録ソフト「MSI Dragon Center」の「ユーザーシナリオ」を「ユーザーモード」に変更し、さらに「Cooler Boost」をオンにした最大パフォーマンス設定で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、第10世代のCore i5-10500HまたはCore i7-10750H(共に6コア12スレッド)が使われています。すでに最新の第11世代CoreプロセッサHシリーズがリリースされていますが、まだまだ現役レベルの性能です。

Core i5-10500H搭載の試用機でCPUベンチマークテストを行なったところ、ゲーミングノートPC向けCPUとしてはやや低めの結果でした。しかしゲームはCPU性能よりもGPU性能が重要で、特にエントリー向けGPUではCPU性能はそれほど強くは影響しないため問題ありません。

また高いFPSを出すにはCPU性能が高いほうがいいのですが、Core i5-10500Hモデルはリフレッシュレートが60Hzなので、高いCPU性能も必要ありません。エントリーモデルとしては十分な結果と言っていいでしょう。

GF63 Thin 10U ベンチマーク

CPUベンチマーク(コア性能)の結果 ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、エントリーむけGPUのGeForce RTX 3050またはRTX 3050 Tiが使われます。基本的にはRTX 3050よりもRTX 3050 Tiのほうが高性能です。

RTX 3050 Ti搭載の試用機で3Dベンチマークテストを行なったところ、前世代のエントリークラス(GTX 1650 / GTX 1650 Ti)を大きく上回る結果が出ました。性能的には、前世代のミドルレンジ(GTX 1660 Ti)相当です。

ただし試用機では最大パワーが40Wに設定されていました。RTX 3050 / 3050 Tiはパフォーマンスを35~80Wで設定できるのですが、GF63 Thin 10Uはやや低めに抑えられています。とは言え、ゲームを普通に楽しむには十分な結果と言っていいでしょう。特にRTX 3050 / 3050 TiではDLSSに対応しているので、対応ゲームであればパフォーマンスが改善されるはずです。

GF63 Thin 10U ベンチマーク

Time Spy(DirectX 12)のスコア ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

GF63 Thin 10U ベンチマーク

Fire Strike(DirectX 11、フルHD)のスコア ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

またRTX 3050 / 3050 Tiは、リアルタイムレイトレーシングに対応しています。しかしベンチマークの結果を見る限りではただ対応しているだけで、十分な結果とは言えません。ゲームのフォトモードでスクリーンショットを撮る際に、一瞬切り替える程度の使い道だと思います。

GF63 Thin 10U ベンチマーク

Port Royal(レイトレーシング性能)のスコア ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。GF63 Thin 10UのCore i5-10500Hモデルでは、すべてのテストで快適に使える目安の目標値を上回りました。ただしコンテンツ制作(動画編集や写真加工、3D制作)については、RTX 3060やRTX 3070を搭載する機種のほうが有利です。

GF63 Thin 10U ベンチマーク

PCMark 10ベンチマークスコア ※目標値はPCMark 10公式サイトによるもの

ストレージのアクセス速度

ストレージは512GBのNVMe(PCIe 3.0 x4)SSDです。アクセス速度を計測したところ、そこそこ高速な結果が出ました。しかし負荷の高い処理を連続で行なうと、シーケンシャルリードの速度が低下しています。サーマルスロットリングの影響が出ているのかもしれません。

GF63 Thin 10U ベンチマーク

1TB SSDのアクセス速度。左が標準テストの結果で、右が高負荷テストの結果

駆動音計測結果

GF63 Thin 10Uは、標準収録ソフト「MSI Dragon Center」でパフォーマンスやゲームごとのカスタマイズ設定などを行なえます。今回は空冷ファンを最大出力で動作させる「Cooler Boost」をオン/オフにした状態で動作音を計測しました。

標準設定の「バランス」では高負荷時に音は大きくなるものの、うるさく感じるほどではありません。ヘッドホンを着用してゲームをすれば、気にならない程度です。しかしCooler Boostをオンにすると音がかなり大きく聞こえます。部屋の外にまで音が聞こえるので、夜間は周囲への配慮が必要です。

駆動音の計測結果

電源オフ 38.4dBA
待機中 39.8dBA ファンの回転音がわずかに聞こえる程度。うるさくはない
バランスモード高負荷時 55.3dBA 排気音が大きく聞こえる。ヘッドホンを着用すればかろうじて気にならない程度
Cooler Boost有効時 60.5dBA 音がかなり大きい。ヘッドホンを着用しても大きく聞こえる上、部屋の外からでも音が聞こえる

ゲーム系ベンチマーク結果

Core i5 + RTX 3050 Ti搭載機でゲーム系ベンチマークを行ないました。重いゲームでも、画質を落とせばそこそこ快適に楽しめそうです。前世代のエントリーGPUでは画質を落としても厳しかったので、性能はかなり向上しています。

ただしCore i5モデルはリフレッシュレートが60Hzなので、eスポーツレベルのプレーには不向きです。高リフレッシュレートでプレーするなら外付けのゲーミングディスプレイの利用をするか、Core i7モデルをおすすめします。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 4375 / 普通
標準品質 6039 / 快適
軽量品質 6602 / 快適

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 10648 / 78.68 FPS
高品質 11869 / 96.3 FPS
標準品質 12572 / 105.9 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 18941 / すごく快適
標準品質 18992 / すごく快適
低品質 19635 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

PSO2 ニュージェネシスベンチ(やや重い / DX11)

PSO2 ニュージェネシスベンチ
画質 スコア / 平均FPS
ウルトラ 6107
12588
最低 24218

※1920×1080ドットの結果。5000以上が快適に遊べる目安

サイバーパンク2077 (重い / DX12)

サイバーパンク2077
レイトレ対応重量級タイトル。レイトレオフでDLSSを有効化すれば低画質で快適。レイトレはムリそうです。
画質設定 平均FPS
画質:ウルトラ/DLSS:オフ 18.3 FPS
画質:ウルトラ/DLSS:バランス 31.6 FPS
画質:レイトレーシングウルトラ/DLSS:バランス 18.7 FPS
画質:レイトレーシング低/DLSS:パフォーマンス 42.8 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

アサシン クリード ヴァルハラ (重い / DX12)

アサシン クリード ヴァルハラ
DLSS非対応の重量級タイトル。画質をグッと落とせば、目標値である平均60FPSオーバーはクリアーできます。
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 9 FPS / 6 FPS
56 FPS / 13 FPS
71FPS / 24 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

手頃なエントリーモデル

GF63 Thin 10U 感想

よかった点

本体が軽量な点と、価格が安い点が魅力です。特に今回試用したCore i5モデルは11万円台で、性能は旧世代のミドルレンジクラスとお買い得感があります。ただしCore i5モデルはリフレッシュレートが60Hzなので、FPSやTPSなど動きの速いゲームを楽しみたいなら、144Hz対応のCore i7モデルをおすすめします。

気になる点

RTX 3050 Ti搭載で16GBメモリーのモデルが用意されていないのが残念です。MSI製品は自分でメモリーを増設するとメーカー保証が無効になってしまうので、メーカー公認ショップで増設の手続きを行なわなければなりません。アマゾンなどショップによっては対応していない場合があるので、少々面倒です。

GF63 Thin 10U

GF63 Thin 10U

11万3800円~

※2021年6月25日時点


当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ゲーミングノートPC関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!