HP 255 G7 Notebook PC:3万円台でSSD搭載の15インチスタンダードノートPC

HP 255 G7 Notebook PC

日本HPのHP 255 G7 Notebook PC (以下、HP 255 G7)は、価格の安さが魅力の15インチノートPCです。128GB SSD搭載の最安モデルなら3万円台で購入できます。その代わり性能は低め。PCをできるだけ安く買いたい人向けのモデルです。

HP 255 G7 Notebook PC

  • 性能 △
  • 画面 △
  • 価格 ◎

HP 255 G7は法人 (企業や自治体、各種団体など)向けのモデルですが、個人でも購入できます。注文時に所在確認などはありません。

HP 255 G7 Notebook PCのスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 ・1366×768
・1920×1080
CPU ・E2-9000e
・Ryzen 5 2500U
メモリー ・4GB
・8GB
ストレージ ・128GB SSD
・256GB SSD
グラフィックス ・Radeon R2
・Radeon Vega 8
幅×奥行き 376×246mm
厚さ 24.5mm
重量 約1.78~1.9kg
バッテリー 約14.5時間

※2019年5月7日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ダークアッシュシルバー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 ※非公開
光学ドライブ ・なし (E2)
・あり (Ryzen5)
テンキー あり
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
USB3.1 2 (Gen1 )
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 92万画素
顔認証カメラ
指紋センサー
オフィス なし

HP 255 G7の価格

HP 255 G7には、パーツ構成の異なる3種類のモデルが用意されています。それぞれのスペックと価格は以下のとおりです。

ラインナップ

 ベーシックモデル
AMD E2 4GBメモリー 128GB SSD 1366×768ドット 税込3万円台後半~
ベーシックプラスモデル
AMD E2 4GBメモリー 256GB SSD 1366×768ドット 税込4万円台半ば~
スタンダードモデル
8GBメモリー 256GB SSD DVDスーパーマルチドライブ 1920x1080ドット 税込7万円台後半~

※2019年5月7日時点

価格はタイミングによって変わります。最新の価格は別記事のセール情報をご確認ください。

関連記事

HP 255 G7のセール情報

外観について

HP 255 G7はビジネス向けモデルのため、派手さのない落ち着いたデザインです。見た目は少々安っぽいのですが、価格が安いことを考えれば納得できます。

HP 255 G7 デザイン

HP 255 G7の外観

HP 255 G7 天板

天板には繊維状のテクスチャー加工が施されています

本体カラーはダークアッシュシルバーで、公式サイトの写真ではほぼブラックに見えます。しかし同じカラーのバリエーションモデルでは、ブラックよりもダークグレーに近い色でした。

HP 250 G7 外観

バリエーションモデルのHP 250 G7も同じダークアッシュシルバーですが、グレーに近い色合いです

端子類は標準的な構成です。ただしVGA (D-sub15ピン)には対応していません。光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブで、DVDの再生や書き込みを行なえます。なお下位モデルは光学ドライブ非搭載である点に注意してください。

HP 255 G7 左側面

左側面

HP 255 G7 右側面

右側面

キーボードは数値入力に便利なテンキー付きです。標準的なに日本語配列で、キーの大きさも標準的。違和感なく入力できるでしょう。

HP 255 G7 キーボード

HP 255 G7のキーボード

HP 250 G7 キーボード

ほぼ同型のHP 250 G7のキーボード

液晶ディスプレイの大きさは15.6インチで、解像度は1366×768ドット (ベーシックモデル)または1920×1080ドット (スタンダードモデル)です。ほぼ同型のHP 250 G7では画面が青みがかってしましたので、HP 255 G7でも同じだと思われます。

HP 250 G7 ディスプレイ

HP 250 G7ではやや青みが強いTNパネルが使われています

HP 250 G7 視野角

画面の角度を変えると、色や明るさが変わって見づらくなってしまいます

CPU性能について

HP 255 G7ではCPUとしてE2-900eまたはRyzen 5 2500Uが使われています。Ryzen 5 2500UはCore i5相当で非常に高性能ですが、E2-9000eの性能はかなり控えめです。

CPU性能比較(CPU Mark)

名称 PassMark CPU Markスコア
Core i5-8250U
8328
Ryzen 5 2500U ※2
7332
Core i3-8130U
5527
Core i3-7020U
3838
Celeron 3865U
2035
E2-9000e
1727
Celeron N4000
1554

※データは当サイトで計測したほかのPCの平均値で、HP 255 G7 Notebook PCの性能を表わすものではありません ※2の参照元はPassMark CPU Benchmarks

日常的な作業を快適にこなしたいのであれば、Ryzen 5 2500U搭載の上位モデルをおすすめします。E2-9000e搭載の下位モデルでは、ちょっとした処理でも時間がかかるでしょう。下位モデルはネットやメールのチェック、簡単な文書作成向きです。

SSDについて

HP 255 G7は値段が安いにも関わらず、ストレージ (ファイルの保管場所)に高速なSSDが使われています。SSDだとファイルのやり取りが早くなるだけでなく、ウィンドウズやアプリの起動が高速化します。HDDのみのモデルよりも、作業を快適にこなせるでしょう。

SSDとHDDの起動時間

SSDとHDDのウィンドウズの起動時間の違い

ただし、容量はあまり多くありません。128GBといってもドライブ全体の容量は100GB程度で、システム領域になどでも使われるため、実際に使える容量は60~70GB程度かもしれません。写真や動画は外付けHDDなどに保存するといいでしょう。

オフィスソフトについて

HP 255 G7には、マイクロソフトのオフィスは付属しません。エクセルやワードが必要なら、ソフトを別に購入する必要があります。

別途料金を支払うことで、オフィス互換ソフトのWPS Office Gold Editionを追加することが可能です。エクセルやワードの簡単なファイルなら閲覧 / 編集できますが、高度な機能を使った文書は正常に扱えない可能性があるので注意してください。

HP 255 G7 オフィス

注文画面ではオフィス互換ソフトを追加できます ※要追加料金

HP 255 G7は買うべきか?

業務で使うならRyzen 5 2500U搭載のスタンダードモデルがおすすめです。スペックも高く、日常的な作業を快適にこなせるでしょう。

しかし、ほぼ同じスペックのHP 15-db0000 スタンダードモデル (個人向けモデル)が7万円前後とこちらのほうが安く購入できます。日本HPの法人向けサポートなどのサービスにこだわらないなら、個人向けモデルを検討してはいかがでしょうか?

関連記事

HP 15-db0000のセール情報

3万円台で買えるE2-9000e搭載のベーシックモデルは魅力的ではあるものの、ビジネス業務をガッツリこなせるスペックではありません。あくまでもメールのチェックや簡単な文書作成向けです。業務用PCとして使うなら、8GB以上のメモリーを搭載したノートPCをおすすめします。ただし自分でメモリーを増設できるならアリです。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

\おすすめ記事/

マカフィーリブセーフ
 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました