HP Chromebook x360 14bレビュー:高品質&高性能な高級エントリー2-in-1

HP Chromebook x360 14b(2020年モデル)レビュー
HP Chromebook x360 14b-ca0000(以下”HP Chromebook x360 14b”)は、画面が回転する2-in-1タイプの14インチノートPCです。CPUはエントリー(入門)向けでありながら、本体のデザインや使い勝手に優れる点が特徴。ワンランク上のChromebook入門機としておすすめします。

HP Chromebook x360 14b(2020年モデル)レビュー

HP Chromebook x360 14b(2019年モデル)

HP Chromebook x360 14b-ca0000のスペック

OS Chrome OS
画面サイズ 14インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Pentium Silver N5000
・Pentium Silver N5030
メモリー 8GB
※オンボード LPDDR4 2400
ストレージ 64GB eMMC
HDD なし
グラフィックス UHD 605(CPU内蔵)
LTE
堅牢性テスト
色域 / 明るさ
幅×奥行き 326×225mm
厚さ 20.5mm
重量 約1.5kg
バッテリー 最大10.5時間
自動更新ポリシー 2026年6月

※2021年8月6日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー セラミックホワイト
画面の表面 光沢
パネルの種類 IPS
タッチ / ペン タッチ / USIペン対応
光学ドライブ
テンキー
有線LAN
無線LAN Wi-Fi 5
Bluetooth 5.0
USB3.1 1(Gen1)
USB3.0
USB2.0
USB Type-C 2(PD/DP対応)
Thunderbolt 4
メモリーカード microSD
HDMI
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ HD(92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー
付属品 ACアダプターなど
オフィス なし

この記事では筆者が購入したHP Chromebook x360 14bの実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

HP Chromebook x360 14b

HP Chromebook x360 14b(2020年モデル)

5万4000円~

※2021年8月6日時点


楽天のHP直営ショップでは、タイミングによっては10%オフで販売されていることがあります。大型イベント時のポイント還元を含めれば、実質4万円台で入手できることがあるので、ぜひチェックしてみてください。

※本製品はChrome OSを搭載したノートPCです。Windows向けのソフトは利用できないので注意してください。

2021年モデルとの違い

HP Chromebook x360 14b 2021年モデル

今回この記事で取り上げるのは、2019年に発売されたHP Chromebook x360 14b-ca0000です。2021年7月発売のHP Chromebook x360 14b-cb0000とは、CPUやストレージ容量などが異なります。2021モデルの詳細については、公式サイトでご確認ください。

新旧モデルの違い

x360 14b-ca0000 x360 14b-cb0000
2019年12月発売 2021年7月発売
Pentium Silver N5000 / 5030 Pentium Silver N6000
8GBメモリー
64GB eMMC 128GB eMMC
14インチ 1920×1080ドット IPS タッチ対応
Wi-Fi 5 Wi-Fi 6
幅326×奥行き225×高さ20.5mm 幅326.5×奥行き219.6×高さ18.5mm
1.5kg 1.6kg
最大10.5時間駆動 最大11時間駆動

リンク

HP Chromebook x360 14b(2021年モデル)製品詳細icon

デザインと使いやすさ

外観について

HP Chromebook x360 14b 外観

HP Chromebook x360 14bの位置付けは、性能を抑えたエントリー(入門)向けです。しかし、本体は非常に高品質。2~3万円台の格安機種にありがちな安っぽさは、まったく感じられません。Chromebookとしてはやや大きい印象ですが、見た目も手触りも上々。そのぶん値段がやや高いのですが、満足できる仕上がりです。

HP Chromebook x360 14b 2in1

画面が360度回転するタイプの2-in-1

HP Chromebook x360 14b 本体カラー

本体カラーはセラミックホワイト。高級な陶磁器を思わせる上品な白です

HP Chromebook x360 14b 天板

天板部分は樹脂(プラスチック)製。ツヤ消しのサラサラとした手触りで、指紋の跡がまったく目立ちません

HP Chromebook x360 14b パームレスト

パームレストはアルミ製。表面はサンドブラスト加工によるややザラつきのある手触り。エッジの立ったシャープな仕上がりです

HP Chromebook x360 14b タッチパッド

タッチパッド周辺にはキラリと光るダイヤモンドカット加工

HP Chromebook x360 14b ベゼル

ベゼルは左右8.2mm、上部15.5mm、下部25.7mm。エントリー向けとしてはベゼルが細く、画面周りがスッキリとしています

HP Chromebook x360 14b 底面

底面部はシルバーの樹脂製。ファンレス仕様のため、通気口がありません

HP Chromebook x360 14b サイズ

設置面積は幅(横方向)326mm×奥行き(縦方向)225mm

HP Chromebook x360 14b 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。A4サイズよりひと回り大きく、最近の14インチよりもやや大きめです

HP Chromebook x360 14b 厚さ

厚さは実測で18.7mm、底面部のゴム足を含めた設置時の高さは20.1mm

HP Chromebook x360 14b 背面

背面

HP Chromebook x360 14b 前面

前面

HP Chromebook x360 14b 重さ

重さは実測で1.493kg

HP Chromebook x360 14b 電源アダプター

付属の電源アダプターは45WのType-C。重さは295g

ディスプレイについて

HP Chromebook x360 14b 画面サイズ

ディスプレイのサイズは14インチで、解像度は1920×1080ドットです。2~4万円台のエントリー向けChromebookは1366×768ドットが多いのですが、HP Chromebook 14bはエントリー向け機種のなかでも画面が高精細です。ただし標準では画面が125%(1536×864ドット)に拡大表示されているので、小さな字でギッチリ表示されるわけではありません。ほどほどの大きさで、読みづらくは感じませんでした。

HP Chromebook x360 14b 画面

画面の文字は普通に読める大きさ

映像はやや暗く、コントラストは低めです。格安機種でよく使われるTNパネルよりも色は自然ですが、鮮やかさに欠けます。とは言え画面の内容は普通に確認できるので、色にこだわらないなら問題なく使えるでしょう。

HP Chromebook x360 14b 映像品質

映像はやや暗く、その影響で寒色系に見えます。コントラストが低く、色のメリハリもあまり感じられません

HP Chromebook x360 14b コントラスト

全体的に赤みが弱い印象。とは言え、画面の内容は普通に確認できます

キーボードについて

HP Chromebook x360 14b キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列で、バックライト対応です。キー配列はほぼ標準的ですが、EnterキーとBackSpaceキーだけ小さく作られています。右上はロックキーで押し間違えることがあるかもしれませんが、長押ししないと反応しないので問題はありません。

HP Chromebook x360 14b 配列

BackSpaceキーとEnterキーだけが小さく作られています

HP Chromebook x360 14b バックライト

キーボードバックライトは光がやや弱め

キーピッチは19mmで、標準的なサイズ。キーストロークは平均1.32mmでした。ただ1.2~1.3mmあたりで一度止まりそのままグッと押し込むとさらに沈むので、実際には1.4mmあたりかもしれません。この作りにより、キーを叩いたときの底打ち感は感じられませんでした。

キーを押した瞬間のクリック感は軽いのですが、思ったよりもストローク感あるので、打ち応えはそこそこ感じられます。軸のブレがわずかに感じられますが、タイプ感自体は悪くありません。

HP Chromebook x360 14b タイプ感

キーピッチは19mmで、キーストロークは平均1.32mmとやや浅めですが、ストローク感はあります

タイプ音は軽い力でもカタカタと聞こえますが、うるさく感じるほどではありませんでした。ただし強く叩くとそれなりに響くので、軽めのタッチ推奨です。

HP Chromebook x360 14b タイプ音

軽い力でもカタカタと聞こえますが、うるさくはありません

インターフェース/機能について

HP Chromebook x360 14b インターフェース

インターフェース構成は控えめです。USB端子は合計3ポートで、うち1ポートがフルサイズ、残り2ポートがType-C。あとはmicroSDカードスロットとヘッドホン端子が用意されています。やや物足りない印象ですが、最近はワイヤレスの周辺機器も多いので、それらを使えば問題ないでしょう。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 △ ※低電力
USB PD 30W充電
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
USB PD 100W充電
映像出力

HP Chromebook x360 14b ペン入力

別売りのUSIペンを使えば、手書き入力が可能です

HP Chromebook x360 14b スピーカー

スピーカーはキーボード上部に配置。音がややこもった感がありますがステレオ感は素晴らしく、Chromebookのなかでは高音質です

ベンチマーク結果

ここからは、HP Chromebook 14bのパフォーマンス (性能)について解説します。ベンチマーク結果は環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがある点をあらかじめご了承ください。

試用機のスペック

型番 14b-ca0000TU
CPU Pentium Silver N5000
メモリー 8GB
ストレージ 64GB eMMC
グラフィックス UHD 605 Graphics(CPU内蔵)

Octane 2.0

CPUとしては、インテルのPentium Silver N5000が使われています。位置付け的にはエントリー(入門)向けで、性能はあまり高くありません。JavaScritの処理速度を計測する「Google Octane 2.0」を試したところ、ミドルレンジのCore i3やハイエンドのCore i7よりもかなり低い結果が出ました。

しかし、エントリー機向けCPUのなかでは高性能です。位置付け的には「下の上」あたりで、CeleronやMediaTek系よりも高いスコアが出ています。2~3万円台の格安機種よりも、サクサク使えるでしょう。

ベンチマークスコアの比較

CPU Octane 2.0スコア
HP x360 13c (Core i7-10510U)
48847
ASUS Flip C436FA (Core i7-10510U)
48443
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
44600
HP x360 14c (Core i3-10110U)
43914
HP x360 14 (Core i5-8250U)
34408
HP 14a(Pentium N5030)
21124
HP x360 12b (Pentium N5030)
21081
HP x360 14b (Pentium N5000)
19455
Acer 712 C871T-A14N (Celeron 5205U)
16974
Acer CB311 (Celeron N4020)
16911
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
16810
IdeaPad Slim 350i (Celeron N4020)
15729
Lenovo 300e 2nd Gen (A4-9120C)
12932
ASUS C223NA (Celeron N3350)
11585
S330(MT8173C)
11460
Acer Tablet CT100PA(OP1)
10490
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
10076
IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
9934
Acer Spin 311 (MediaTek M8183C)
9870

CrXPRT 2

「CrXPRT 2」はChrome OS機器の総合性能の計測する、HTML 5ベースのベンチマークテストです。HP Chromebook 14bではミドルレンジのCore i3と大きな差が付いているものの、エントリークラスとしてはなかなか優秀な結果が出ました。格安機種でよく使われるCeleronよりも、性能的にはワンランク上です。

ベンチマークスコアの比較

CPU CrXPRT 2 Performanceスコア
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
110
HP x360 12b (Pentium N5030)
73
HP 14a(Pentium N5030)
70
HP x360 14b (Pentium N5000)
66
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
55
Acer 712 C871T-A14N (Celeron 5205U)
53
Lenovo 300e 2nd Gen (A4-9120C)
43
IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
40
ASUS CM3 (MediaTek MT8183)
39
ASUS C223NA (Celeron N3350)
37

GeekBench 5

Pentium Sliver N5000は4コア4スレッドのCPUです。CPUのマルチコア / シングルコア性能を計測する「GeekBench 5」でもほかのテストと同様に、エントリー機向けCPUのなかでは優れた結果でした。

ベンチマークスコアの比較

CPU Geekbench 5 マルチコアスコア
ASUS Flip C436FA (Core i7-10510U)
3626
HP x360 13c (Core i7-10510U)
3146
HP x360 14 (Core i5-8250U)
2938
HP x360 14c (Core i3-10110U)
2209
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
1812
HP x360 14b (Pentium N5000)
1503
HP x360 12b (Pentium N5030)
1450
HP 14a(Pentium N5030)
1428
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
1422
IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
1403
Acer Spin 311 (MediaTek M8183C)
918
Acer CB311 (Celeron N4020)
899
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
880
Acer 712 C871T-A14N (Celeron 5205U)
814
ASUS C223NA (Celeron N3350)
514
Lenovo 300e 2nd Gen (A4-9120C)
465

ベンチマークスコアの比較

CPU Geekbench 5 シングルコアスコア
HP x360 14c (Core i3-10110U)
1015
HP x360 14 (Core i5-8250U)
921
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
826
HP x360 12b (Pentium N5030)
520
HP 14a(Pentium N5030)
511
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
461
HP x360 14b (Pentium N5000)
447
Acer 712 C871T-A14N (Celeron 5205U)
431
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
301
IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
292
Lenovo 300e 2nd Gen (A4-9120C)
287
ASUS C223NA (Celeron N3350)
270

PCMark / 3DMark

アプリによる軽めの作業の快適さを計測するPCMarkでは、若干低めの結果が出ています。しかし3Dグラフィックス性能を計測する3DMarkでは、エントリー機のなかではもっとも高いスコアでした。おそらく8GBメモリーを搭載していることが影響しているのでしょう。グラフィックス性能の高さが、全体的なパフォーマンスに少なからず影響している可能性はあります。

ベンチマークスコアの比較

CPU PCMark Work 2.0スコア
ASUS Flip C436FA (Core i7-10510U)
11966
HP x360 14c (Core i3-10110U)
11792
HP x360 14 (Core i5-8250U)
10653
HP x360 13c (Core i7-10510U)
10010
HP x360 12b (Pentium N5030)
9692
HP 14a(Pentium N5030)
9455
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
9150
HP x360 14b (Pentium N5000)
8714
Acer CB311 (Celeron N4020)
8564
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
8249
Lenovo 300e 2nd Gen (A4-9120C)
8064
IdeaPad Slim 360 (MediaTek MT8183)
6743
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
6655
Acer Spin 311 (MediaTek M8183C)
6307
Acer 712 C871T-A14N (Celeron 5205U)
6177
ASUS C223NA (Celeron N3350)
5195

ベンチマークスコアの比較

CPU 3DMakr Sling Shotスコア
HP x360 13c (Core i7-10510U)
5522
ASUS Flip C436FA (Core i7-10510U)
4648
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
4243
HP x360 14c (Core i3-10110U)
4172
HP x360 14b (Pentium N5000)
2780
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
2538
Lenovo 300e 2nd Gen (A4-9120C)
2269
HP x360 12b (Pentium N5030)
2239
HP 14a(Pentium N5030)
2203
Acer 712 C871T-A14N (Celeron 5205U)
2107
Acer CB311 (Celeron N4020)
1871
ASUS Detachable CM3 (MediaTek MT8183)
1796
Acer Spin 311 (MediaTek M8183C)
1458
ASUS C223NA (Celeron N3350)
1445

起動時間

電源オフの状態から電源ボタンを押してパスワード入力画面が表示されるまでの時間を計測したところ、平均で10.54秒でした。Chromebookとしては標準的な結果です。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 11.4秒
2回目 10.6秒
3回目 10.2秒
4回目 10.7秒
5回目 9.8秒
平均 10.54秒

高品質かつ使いやすく満足感が高い

HP Chromebook x360 14b 感想

よかった点

エントリー向けとしては、高品質&高性能である点が魅力です。2~3万円台の格安機種は本体が安っぽいのですが、HP Chromebook x360 14bは中級機や高級機にも劣らない仕上がり。言うなれば”高級エントリー機”といったところでしょうか。デザインもわりといま風で、比較的洗練されています。

性能面も、エントリー向けとしては十分です。CPU性能もそこそこ高く、メモリー容量も8GBと問題ありません。入門用にはもちろん、普段使いにもおすすめできます。安い機種で妥協したくない人向きです。

気になる点

ディスプレイのコントラストが低く、やや鮮やかさに欠ける点が気になりました。また、最大の懸念は、エントリー向けなのに5万円を超える点です。2019年発売ということを考えると、正直なところ5万円台は高いと思います。セールで大幅に値引きされたり、ポイント還元等で実質価格を安く抑えられるならアリ。4万円半ばよりも安く入手できるような検討するべきでしょう。でなければ、2021年モデルが5万円以下に値下がりするの待つほうが得策です。

とは言えぶっちゃけた話、毎月4~11日や19~26日に行なわれる楽天のお買い物マラソンで、クーポン割引&ポイント大量還元を活かして買うのがもっともお得。条件しだいでは実質4万円台はもちろん、実質3万円台で買えるかもしれません。

リンク

楽天のHP Chromebook x360 14b販売ページ

HP Chromebook x360 14b

HP Chromebook x360 14b(2020年モデル)

5万4000円~

※2021年8月6日時点

関連リンク

HP Chromebook x360 14b(2021年モデル)製品詳細icon

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

Chromebook関連記事一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!