HP ENVY 13-ah0000 レビュー:エレガントなデザインの13.3インチモバイルノートPC

HP ENVY 13-ah0000 レビュー

日本HPのHP ENVY 13-ah0000 ( 以下、”HP ENVY 13″ ) は、13.3インチのフルHDディスプレイを搭載したモバイルノートPCです。特徴はデザインに優れる点。本体はコンパクトで薄く、ゴールドの高級感あふれるカラーを採用しています。PCの外観にこだわりたい人におすすめです。

HP ENVY 13-ah0000 スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i3 / i5、メモリー:4 / 8GB 、ストレージ:256 GB SSD、ディスプレイ:13.3インチ フルHD 光沢 タッチ対応

HP ENVY 13-ah0000の注目ポイント

上品なゴールドのデザイン

HP ENVY 13-ah0000 特徴

本体カラーは華やかでありながらも上品なたたずまいのシルクゴールド。ボディには質感と剛性に優れるアルミ素材が使われています。存在感は抜群!

パソコンの立ち上がりが速い

HP ENVY 13-ah0000

ウィンドウズの起動時間は平均10.58秒と非常に高速です。古いノートPCのように長時間待たされることがなく、使いたいときにスグに使い始められます。

HP ENVY 13-ah0000の評価

HP ENVY 13-ah0000の評価

総合評価: 3.8/5.0

(評者:こまめブログ)

デザイン 質感が高く薄型で洗練されたデザイン。欲を言えばゴールド以外のカラバリが欲しい
性能 第8世代のCore i3/i5に対応。ストレージはPCIe 3.0 x4のSSDで爆速
使いやすさ 端子類が少なく、USB端子が少し使いづらい。キーボードも一部が変則的
軽さ 13.3インチとしては標準的。多少のズッシリ感はあるが、頑丈なアルミが使われているのでやむなし
画面 フルHDのIPSパネル採用で映像は色鮮やか。ただしグレアタイプなので映り込みがある

こんな人にオススメ

  • 👍 デザインのいいノートPCを使いたい
  • 👍 起動の速さにこだわりたい
  • 👍 周辺機器はワイヤレス中心

今回はメーカーからお借りしたHP ENVY 13-ah0000の実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

HP ENVY 13-ah0000

HP ENVY 13-ah0000

税込10万円台~

※2019年1月31日時点。現在の価格は別記事のセール情報をご確認ください

関連記事

HP ENVY 13-ah0000のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i3-8130U
Core i5-8250U
メモリー 4GB
8GB
※オンボードのため増設非対応
ストレージ 256GB SSD (PCIe)
グラフィックス Intel UHD Graphics 620
ディスプレイ 13.3インチ、
1920×1080ドット、
IPS、光沢、タッチ対応
光学ドライブ なし
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、
Bluetooth 4.2
インターフェース USB3.1 Gen1 (フルサイズ) ×2、
USB3.1 Gen1 (Type-C) ×1、
microSDカードスロット、
ヘッドホン出力
セキュリティー TPM2.0、
指紋センサー、
マカフィーリブセーフ (30日版)
カメラ 92万画素
サイズ 幅306×奥行き212×高さ15~16.5mm
重量 約1.27kg
バッテリー駆動時間 約14時間
サポート メーカー保証1年間

※2019年1月31日時点。構成は変更される場合があります

HP ENVY 13-ah0000のラインナップ

HP ENVY 13には、CPUやメモリー容量などが異なる2種類のモデルが用意されています。標準ではオフィスが付属していないため、必要な場合は購入時の注文画面で追加してください。

HP ENVY 13-ah0000 オフィスの追加

オフィスが必要な場合は、購入時に追加します(要追加料金)。オフィスの価格はそのとき実施されているキャンペーンによって変わります

ラインナップ

ベーシックモデル
Core i3 4GBメモリー 256GB SSD 税込10万円台
スタンダードモデル
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 税込11万円台

※2019年1月31日時点。合計金額が税別10万円以上でクーポン利用可能

価格はそのとき実施されているキャンペーンに応じて大きく変わります。現在の価格については、当サイトのセール情報記事をご確認ください。タイミングによってはパーツアップグレードやオフィスの料金が安くなっていることもあるので、こまめにチェックすることをおすすめします。
HP ENVY 13のセール情報をチェック

特別クーポンでさらに値引き!

5~7%オフのクーポンを使えば、セール商品をさらにお得に購入できます。クーポン入手後はこのページに戻り、購入したいモデルを選んでください。
税別10万円以上で5%オフクーポンicon
税別12万円以上で7%オフクーポン

※8/2注記:現在一時的に5%オフクーポンが利用できなくなっています。しばらく時間をおいてからお試しください

本体の大きさやデザイン

HP ENVY 13の本体カラーはシルクゴールド。ゴールドと言ってもギラギラした派手さはなく、エレガントなたたずまいです。天板部分はエッジの立ったシャープなデザインで、スタイリッシュな印象を受けます。ボディにはアルミ素材が使われており、質感(手触りや見た目のよさ)や堅牢性(壊れにくさ)に優れている点もポイント。全体的にデザインはとても優れているのですが、「ゴールドはちょっと使いづらい」という人のためにほかのカラーがあってもよかったと思います。

HP ENVY 13-ah0000 本体カラー

シルクゴールドの本体カラー

HP ENVY 13-ah0000 天板

天板のデザイン。中央にはHPのプレミアムマークが配置されています

HP ENVY 13-ah0000 ボディの素材

梨地処理によるツヤ消しでサラサラとした手触り

HP ENVY 13-ah0000 外観

薄くてシャープなフォルム

HP ENVY 13-ah0000 ダマスカス鋼

ヒンジ部分にはダマスカス鋼の模様

HP ENVY 13-ah0000 キーボード面

キーボード面も天板と同じ仕上がり

HP ENVY 13-ah0000 パームレスト

手触りのいいパームレスト

HP ENVY 13-ah0000 タッチパッド

タッチパッド周辺はダイヤモンドカット加工

HP ENVY 13-ah0000 スピーカー

三角形をモチーフにした精密なスピーカーグリル

HP ENVY 13-ah0000 ベゼル幅

液晶ディスプレイのベゼル(枠)幅は左右6.5mm、上部11mm。画面回りがとてもスッキリしています

HP ENVY 13-ah0000 底面部

底面部にもアルミ素材が使われています

本体サイズはA4用紙よりもわずかに大きい程度。13.3インチタイプのモバイルノートPCとしてはコンパクトです。厚みもなくとてもスリムに感じました。

HP ENVY 13-ah0000 本体サイズ

本体サイズ

HP ENVY 13-ah0000 大きさ

大きさはA4用紙よりもわずかに大きい程度

HP ENVY 13-ah0000 小ささ

コンパクトでも持ち歩きやすく、バッグにも難なく収まります

HP ENVY 13-ah0000 厚さ

高さは公称値で15~16.5mm。設置時の高さも実測16.5mmでした

HP ENVY 13-ah0000 薄さ

手で持ってみると非常に薄く感じます

HP ENVY 13-ah0000 重さ

重さは公称値で1.27kg、実測では1.265kgでした。13.3インチタイプとしては標準的な重さです

HP ENVY 13-ah0000 電源アダプター

付属の電源アダプター。重さは実測292g

画面の色と見やすさ

液晶ディスプレイの大きさは13.3インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。モバイル向けとしては標準的なスペックです。発色と視野角に優れるIPSパネルが使われており、写真や動画は自然な色合いで映し出されました。特にコントラスト(色のメリハリ)が高く、非常に鮮やかです。

HP ENVY 13-ah0000 液晶ディスプレイ

画面サイズは13.3インチで、解像度は1920×1080ドット。タッチ操作にも対応しています

HP ENVY 13-ah0000 映像品質

映像は自然な色合い

HP ENVY 13-ah0000 ガンマカーブ

i1Display Proによるガンマカーブ。色のバランスは良好

HP ENVY 13-ah0000 明るさ

特別明るいわけではありませんが、動画視聴や作業には十分な明るさ

液晶ディスプレイの表面は、光沢ありのグレア仕上げです。光沢なしのノングレアに比べて色が鮮やかなのですが、光や背景が画面に映り込みます。画面の角度を変えれば映り込みは目立たなくなりますが、気になる場合は反射防止タイプの液晶保護フィルムを利用するといいでしょう。購入時のオプションとして用意されていますが、別途自分で購入したものでも使えます。

HP ENVY 13-ah0000 グレアパネル

光沢タイプとと非光沢タイプの違い

関連記事

光沢画面をフィルムで非光沢化する方法

キーボードの使いやすさ

HP ENVY 13では、液晶ディスプレイを開くとキーボードが斜めに傾くリフトアップキーボードを採用しています。キーボード全体を見渡しやすくなるほか、手首を自然な角度にキープしたまま作業できるのがメリットです。

HP ENVY 13-ah0000 リフトアップキーボード

液晶ディスプレイを開くとキーボードが斜めに傾くリフトアップキーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列で、キーピッチは横19×縦18.7mm。若干横長ですが、実際に使ったところ違和感はありませんでした。キーの配列(並び方)も標準的ですが、右端に特殊キーが縦に並んでいる点が特徴的。使い始めのうちは、Enterキーを押し間違えてしまうことがあるかもしれません。

HP ENVY 13-ah0000 キーボード

HP ENVY 13のキーボード

HP ENVY 13-ah0000 配列で気になる部分

Enterキー上部で一部のキーが小さいほか、右端に特殊キーが並んでいます

キーストロークは1.3mmで、ノートPCの標準(1.5mm)よりも浅めです。ただ最近はノートPCがどんどん薄型化されるに従ってキーストロークも浅くなっていますので、これが時代の流れなのかもしれません。

そんな最近の事情も踏まえると、タイプ感は個人的にはまずまずといったところです。押した瞬間に固めのクリック感がありますが押し込む力は弱く、軽いタッチでも入力できます。ストロークが浅いので底打ち感はややありますが、気になるほどではありませんでした。

HP ENVY 13-ah0000 タイプ感

軽いタッチで入力する使い方に向いています

ちょっと気になるのはバックライトを点灯すると、かえってキートップの文字が見えづらくなる点です。真っ暗な場所ではバックライトの効果はあるのですが、やや明るい程度だとキーの色とバックライトの光が同化してしまいます。明るい場所ではバックライトをオフにして使ったほうがいいでしょう。

HP ENVY 13-ah0000 バックライト

暗い場所でもキートップの文字が見えるキーボードバックライト

HP ENVY 13-ah0000 バックライト

ただし明るい場所でバックライトを点灯すると、キートップの文字が読みづらく感じます

タイプ音は比較的静かで、軽いタッチなら「タクタク」という感じ。強く叩いても「トストス」と控えめです。ただし耳をすませてタイプ音をよく聞くと、わずかに低音が響いていることがわかります。これはキーボードが持ち上がったことで底面と接地面とのあいだにすき間が生じ、ここでタイプ音が反響しているためでしょう。とは言え、普通に使っているぶんにはほとんど気にならないと思います。

HP ENVY 13-ah0000 リフトアップキーボード

底面部のすき間によってタイプ音が反響するため、ほんのわずかですが低い音が聞こえます

HP ENVY 13-ah0000 タッチパッド

タッチパッドはボタン一体型。ツルツルとした手触りで、反応は良好

端子類の種類と使いやすさ

インターフェース(端子類)は多くありません。USB端子は合計3ポート(うち1ポートはType-C)と十分ですが、映像出力端子としてよく使われていないHDMIがないのはちょっと残念です。とは言えUSB Type-CでDisplayPort出力できますし、本体がこれだけ薄ければかさばる端子が省略されるのも仕方がないでしょう。

HP ENVY 13-ah0000 左側面

左側面のインターフェース

  • ① ヘッドホン出力
  • ② USB3.1
  • ③ USB3.1 Type-C
  • ④ microSDカードスロット

HP ENVY 13-ah0000 右側面

右側面のインターフェース

  • ① 指紋センサー
  • ② USB3.1
  • ③ 電源コネクター

個人的に気になったのは、USB端子が少し扱いづらい点です。端子の下部にカバーが付いているため、USB端子を挿す際にななめ上から傾けた状態で差し込む必要があります。また端子の抜き差しが非常に固く、本体を押さえながら操作する必要がありました。

HP ENVY 13-ah0000 USB端子

カバー付きのUSB端子

セキュリティー機能としては指紋センサーに対応しています。あらかじめ指紋を登録しておけば、パスワードやPINを入力することなくWindows 10にサインインできるので便利です。

HP ENVY 13-ah0000 指紋センサー

右側面の指紋センサー

ベンチマーク結果

ここからは、HP ENVY 13-ah0000の性能について解説します。テスト機の主なスペックは以下のとおり。ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります。あらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i3-8130U
メモリー 4GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス Intel UHD Graphics 620(CPU内蔵)

ストレージ性能

HP ENVY 13では全モデル共通で256GB SSDが使われています。転送モードは爆速なPCIe 3.0 x4(NVMe)で、アクセス速度はシーケンシャルリードで3000MB/秒を超えました。SATA接続のSSDに比べて5.5~6倍、HDDとは20倍以上のスピードで、そのぶんファイルのやり取りが超高速に行なわれます。

HP ENVY 13-ah0000 ストレージのアクセス速度 (Crystal Diskmark)

256GB SSDのアクセス速度 (Crystal Diskmark)。試用機ではサムスン製のPM961が使われていました

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度の違い

ウィンドウズの起動時間も高速で、計測結果は平均10.58秒という結果です。「あれ、もう起動したの?」とビックリするほど速い! ちなみに日本HPのハイエンド向けモデルはとても起動が速いので、待ち時間を減らしたい人におすすめです。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
10.6秒 10.3秒 10.4秒 11.3秒 10.3秒 10.58秒

CPU性能

パソコンに詳しい人ならCore i3はCore i5やCore i7よりもランクが下、と考えていることでしょう。確かに試用機で使われていたCore i3-8130Uは、同時期にリリースされたCore i5やCore i7よりもパフォーマンスは劣ります。しかしその前の世代(2017年ごろ)のCore i7-7500Uとベンチマーク結果を比べたところ、遜色ない性能であることがわかりました。2017年ごろのハイスペックノートPCとほぼ同じと考えれば、Core i3-8130Uが意外に高性能であることがおわかりいただけるでしょう。

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i7-8550U
9075
Core i5-8250U
8437
Core i7-7500U
5564
HP ENVY 13-ah0000(Core i3-8130U)
5411
Core i5-7200U
4949
Core i3-7100U
3785

※そのほかのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

とは言え現在ではデータやソフトがいくらか重くなっている(規模が大きくなっている)ため、Core i3-8130は動画編集などの高度な処理には不向きです。軽めの作業であればなんとかこなせますが、重い処理にはより高性能なCore i5-8250Uを搭載したスタンダードモデルをおすすめします。

グラフィックス性能について

CPU性能はそこそこ高いものの、グラフィックス性能は控えめです。処理の軽いゲームなら画質や解像度を落とすことでなんとかプレーできますが、高いグラフィックス性能を必要とする中量級以上のタイトルはムリと考えたほうがいいでしょう。ゲームを息抜き程度に楽しめるくらいの性能です。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
UHD 620 (Core i5)
1040
HP ENVY 13-ah0000 (UHD 620)
906

※そのほかのGPUのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

ゲーム系ベンチマーク結果

FF14ベンチ
FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中量級
1980×1080 最高品質 899(動作困難) ※5.247 FPS
高品質(ノートPC) 1341(設定変更が必要) ※8.360 FPS
標準品質(ノートPC) 1548(設定変更を推奨) ※10.023 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1980×1080 最高品質 3881(普通)
標準品質 5175(快適)
低品質 6117(快適)

※FF14は平均60FPS以上が理想

バッテリー性能

バッテリー駆動時間は、公称値で14時間とされています。当サイトのテスト方法で計測したところ、最長で10時間という結果でした。テスト条件が異なるので公称値との違いが出るのは仕方がないのですが、バッテリー消費を減らすための特別な設定が行なわれていないぶん、こちらのほうが現実的な結果ではないかなと思っています(メーカーによっては駆動時間の計測時に出荷時とは大きくことなる状態になっている場合があります)。

ただBBenchのテストはバッテリー消費が小さく、実駆動時間はさらに短くなるかもしれません。PCMark 8のテストだと6時間50分という結果でしたがこちらは逆にバッテリー消費がかなり大きいため、もう少し長くなる可能性があります。ふたつの結果のあいだを取って、8時間半程度と考えたほうがいいでしょう。特別長いわけではありませんが、十分な結果です。

バッテリー駆動時間のテスト結果

公称値 約14時間
BBenchによる計測 10時間
PCMark 8による計測 6時間50分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

買うならCore i5搭載モデルがおすすめ

ということで、今回はHP ENVY 13-ah0000のレビューをお届けしました。

試用機を実際に使ってみて驚いたのは、Core i3+4GBメモリーの構成でも十分快適に使える点です。ウィンドウズそのものは処理が軽く、とてもメモリー容量が4GBとは思えないほど。ブラウザーでタブを20枚くらい開いても、重くなることはありませんでした(メモリー使用率は90%を超えましたが)。さすがに動画編集やプログラミングなどの高度な作業には厳しいものの、普段使いには十分なパフォーマンスです。

そんなわけで「Core i3搭載のベーシックモデルがおすすめ!」と言いたいところなのですが、Core i5+8GBメモリーのスタンダードモデルがプラス1万円程度なのでこちらのほうがお得です。Core i3+4GBメモリーでも十分でしたので、より快適に使えるでしょう。

ただこの構成だと他社製品では税込み7~8万円で買えるものがあるので、スペックだけで考えるとコスパがいいわけではありません。ボディの品質の高さや薄さ、タッチ対応である点にビビッときたら購入するのはアリだと思います。

HP ENVY 13-ah0000 感想

安さよりもデザインを重視したい人におすすめ

特別クーポンで値引き!

購入金額が税別10万円あるいは12万円を超えると、5~7%オフのクーポンを利用できます。オフィスやオプションを追加購入する際にご利用ください。

税別10万円以上で5%オフクーポン
icon
税別12万円以上で7%オフクーポン

HP ENVY 13-ah0000

HP ENVY 13-ah0000

税込10万円台~

※2019年1月31日時点。現在の価格は別記事のセール情報をご確認ください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました